フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 すき家小田原早川店 サラ旨ポークカレーサラダセット並盛 | トップページ | 小田原市 ハイウェイショップ小田原 冷やし豚しゃぶそば、ミニカレー丼 »

2018年9月 6日 (木)

厚木市 ぎょうてん屋 特ぎ郎野菜増し、ニンニク少し

658_13
Dscn4658

Dscn4659


Dscn4660

658_14
Dscn4661


Dscn4663


Dscn4664

658_15
Dscn4665

すき家の次は、ぎょうてん屋か。

厚木方面に来ると、使い勝手がいいので入ってしまう。

何の使い勝手か?

二郎を何となく食べた気にさせる、使い勝手である。

ブログを始める前、関内二郎、相模二郎に通い詰めた。

しかし、人気店ゆえに並ぶし、何より二郎に来るお客は、食べるのが早い!

ロットを乱すな!という暗黙の掟が、二郎にはある。

私もその辺は十分に分かっている。

だから私も、負けじと食べるが、早食いが得意では無いので、ロットを乱しがちである。

もっとゆっくり二郎を食べたい!

意外と穴だと思ったのが、三田本店である。

あまりガツガツ早食いをしなくても、ロットに影響が無いと思った。

その為か、一時期三田本店に通ったが、春先からエアコンの無い環境に苦しみ、

ある夏の日、スープの寸胴の前に座ったら、足元から熱気を感じる。

ラーメンを食べる前から発汗が始まり、食べ終わる頃には、タオルが汗を吸って重い。

何より、上半身からパンツにかけて、汗でびっしょりである。

とてもではないが、着替えが無いと無理!

以来、三田本店もご無沙汰。

そんな時に出会ったのがぎ郎である。














特ぎ郎1000円。

野菜増し、ニンニク少な目。

ニンニクは足りないと思えば、卓上の行者ニンニクを入れれば良い。

ニンニク酢なる物もある。

私は天地返しをして、麺と野菜をスープにまんべんなく絡ませる。

ところで、ぎ郎と二郎の味を差とは何ぞや?

まず麺。

フーズ系と呼ばれる店の麺に似ていると思った。

私はフーズ系と呼ばれる二郎では、池袋東、新宿歌舞伎町店くらいか?

因みにフーズ系とは何ぞや?という事に関して、私は三田本店とちと違う。

似ているけど、なんか違う。

その様に認識している。

その最たるものが麺だと思う。

自家製麺ではないよね~!という位の認識かな?

筋金入りのジロリアンからすると、アンタは浅い!となるだろうが。

スープに関しては、これはこれで良いのでは?

甘さと言う事に関しては、とことん排除はしているが、無い訳ではない。

脂が浮かぶスープであるが、不思議と今までこのスープを完飲したことは無い。

まずショッパイ。

後はやはり、ダシ感かな?

ボリュームに関しては、文句無し。

麺を300g使用とあるが、茹でると倍以上ですかね?

非常に食べ応えがあります。

大盛りを食べたいなんて、一度でも思ったことはありません。

肉は脂身が多いとはいえ、ボリュームがある。

私としては、ぎ郎はどこの二郎に似ているの?となると、

誤解を承知でいえば、池袋東の味に似ていると思う。

しかし、池袋東も10年以上行ってないね。

二郎を好んで食べた時代は終わった。w

 

ここで一句

    脂とは

       腹の回りを

           好むもの?

 

« 小田原市 すき家小田原早川店 サラ旨ポークカレーサラダセット並盛 | トップページ | 小田原市 ハイウェイショップ小田原 冷やし豚しゃぶそば、ミニカレー丼 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事