フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 ハイウェイショップ小田原 冷やし豚しゃぶそば、ミニカレー丼 | トップページ | 秦野市 かっぱ寿司 秦野店 秋の魚魚ずくし、秋のトロずくし他 »

2018年9月 8日 (土)

秦野市 熟成味噌ラーメン まるひで まるひでボンバー

658
Dsc_7605

Dsc_7606


Dsc_7608


Dsc_7613


Dsc_7616


Dsc_7617

658_2
Dsc_7618

658_3
Dscn4703

658_4
Dscn4693


Dscn4694


Dscn4696


Dscn4697

658_5
Dscn4698

658_6
Dscn4699

658_8
Dscn4700


Dscn4701


Dscn4702

残り50MBを切りましたね。

さあ、どうしましょう?

ゲームショウはご紹介出来そうですかね?

ゲームショウを紹介出来て終了なら、私のブログらしくていいと思うのですが、

まずは、ゲームショウに行ける様にしないとね。w









秦野戸川公園と言う所に行ってみた。

以前から、存在は知ってはいたのだが、天気が悪いこの日、何故か訪問。

天気が良かったら、凄い汗をかいていただろな。w

紅葉の時期に、来てみたいと思った。

公園からの帰路、新しく出来たラーメン店にお邪魔する。

以前、ねぎやというラーメン店だったのだが、味噌専門店にリニューアル?

結構客も入っている様なので、入ってみましょう。




店の名前は「まるひで」。

まるひで?もしかして大勝軒系列のまるひでの味噌バージョン?

妄想が空想を呼び、想像が誤解を生みそうな店名である。

中に入ると、いらっしゃいませの大合唱。

オヤジ一人と告げると、カウンター席に案内される。

店内は、テーブル席とカウンター席に分かれている。

店内のレイアウトは、ねぎや時代の物をそのまま使用の様だ。

メニューを見ると、ボリュームのあるラーメン画像が目に飛び込む。

実は私、この日はラーメン店でニンニクを摂取しようと思った。

少々お疲れ気味の体であったので、ニンニク注入で活を入れようと思った。

しかし、卓上にはニンニクの入れ物が無い。

う~ん、これは残念だ!と思ったら、まるひでボンバーなる二郎インスパイアがある。

それにはニンニクがのっている。

「これにすっぺ!」

大盛りにしようかどうか迷うが、まるひでボンバー950円を注文する。

この時、味の濃淡や麺の茹で加減などは聞かれなかった。

それにしても、この日は日曜日とは言え、客が入っている。

すでに順番待ちである。

オーダーも、ボンバーが多いね。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











てんこ盛りはいいのだが、これだと食べにくいね。

口の広い丼ぶりに盛ってもらいたいね。

それにしてもニンニク、多いな。w

この量だと、明日も臭いそうだな。w

関内二郎のニンニクマシマシに匹敵するかな?

明日、仕事なんだよな。

私は、ニンニクを三分の一程、レンゲにのせる。

残りは慎重に天地返しをし、全体的に混ぜる。

肉は佃煮というか甘辛煮というか、ほぐし豚と言うか、肉自体に濃い目の味が

浸み込んでいる。

私としてはショッパイが、モヤシには味が無いので、モヤシで中和かな?

では一口、麺は太麺かな?この手のガッツリ系の麺として考えると、

細くてインパクトが弱いね。

味噌ベースの濃厚スープに、麺全体が染まってしまった印象。

麺の表面はツルツル感があり、この辺はインスパイア系と考え、受け入れましょう。

モヤシが多いね。

モヤシが多いのは大歓迎だが、丼ぶりの口に余裕が無いので、混ぜにくい。

刻み生ニンニクの混ざった、モヤシを食べる。

モヤシの量を減らし、全体を混ぜ合わせる。

肉の甘辛煮はいいと思います。

チャーシューとか豚と呼ばれる肉の塊が無くても、この場合満足出来ます。

味噌ベースのスープの味わいは、しょっぱくは無いと思うけど、肉の味がスープに行き、

それが少々ショッパサを感じさせる。

やがて完食。

スープは残しました。

全体的にウエルカムな味です。

味噌二郎と言うより、味噌三郎、味噌四郎と言えるでしょう。

食べ難さを何とかしていただければ、またもや食べたいですね。

勿論、ニンニク多目で注文したいです。

大盛りも注文してもいいかも?

 

ここで一句

    味噌二郎

        何処かに居そう

              そんな気が

« 小田原市 ハイウェイショップ小田原 冷やし豚しゃぶそば、ミニカレー丼 | トップページ | 秦野市 かっぱ寿司 秦野店 秋の魚魚ずくし、秋のトロずくし他 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事