フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

静岡県 ラーメン

2017年10月22日 (日)

伊東市 こうや みそちゃーしゅーめん大盛り

22_9

Dscn0909_2817

22_10
Dscn0910_2818


Dscn0911_2819


Dscn0912_2820


Dscn0913_2821

22_11
Dscn0914_2822

22_12
Dscn0916_2823

22_14
Dscn0917_2824


Dscn0918_2825

22_13
Dscn0919_2826

この日は寒かった。

やはり、ラーメンが食べたいね。

先日、ラーメン店を2軒ハシゴしたが、正直2軒目はつらかった。

腹がいっぱいでつらいのではなく、ラーメンを2杯食べる事がつらい。

体が、ラーメンを食べたら違う物を食べろ!と訴えている。

正直、年齢を感じる近頃の食生活であった。











丁度、店の開店時間だったので、3年ぶりに再訪問をしてみた。

この界隈では人気のあるラーメン店、「こうや」である。

前回はつけ麺を食べたが、さすがに温かいラーメンが食べたい。

それにこの前、つけ麺を選ばなくなった、と書いたばかりでもある。w

駐車場は店からほんの少し離れた場所にある。

中に入ると、カウンター席に3人の客が居るだけ。

私もカウンター席に座る。

他は座敷席になるが、そちらがメインになりますかね。

メニューを見ると、醤油、味噌、魚介の3種類があるが、汁無し坦々麺もあるね。

う~~ん、汁無し坦々麺もいいな~。

でもこの日は寒いし、やはり、ラーメンにしますか!

選んだのは味噌チャーシューメン大盛り1150円。

3年前は行列が出来ており、待たされたが、この日はさほど待たずに登場。

記念撮影をし、いただきま~す!









見た目は一瞬、家系かな?と思わせるキャベツの存在。

チャーシューは厚みがあり、ボリューム感がある。

ではまずはスープを事逗ず図事・・・微かだが、酸味を感じる。

ほんのわずかな酸味だが、この酸味の由来はどこからであろうか?

味噌ダレの酸味かな?

スープの味わいは、味噌の芳醇な味わいを感じながらも、まろやかである。

ガツンと来る塩気なども感じず、いい塩梅です。

上品さを感じる味わいですが、私としては多少アグレッシブな面が欲しい。

そこで卓上の豆板醤とニンニクを投入します。

これで、個人的に好きな味になりました。

麺は中太麺ですが、表面がツルツルのストレート麺。

啜ってみると、のど越しは非常にいいですね。

表面がツルツルなので、スープとの絡みはどうかな?と思いますが、

食べてみると、特に気になりませんね。

加水率はやや高めと思いますが、弾力というか、コシはあると思います。

チャーシューは、厚みがありますが、ホロホロと崩れるほどやわらかい。

ただ、提供時はチャーシューは冷たいもの。

崩れるほどやわらかいので、チャーシューを冷やしてカタメにして、切る時に

切り易い様にするためにしたと思われます。

多分、温かいまま切ると、ボロボロになったのでしょうが、食べるときに冷たいと、

ちょっと残念かな?と思いますね。

メンマは少々業務用の香りというか、味が残る物。

キャベツは、軽く茹でてあるので、食べ易い。

大盛りを注文しましたが、ボリューム的には妥当でしょうか?

結局、スープは完飲。

最後まで、微かな酸味は感じました。

スープもしっかりとダシの旨みを感じ、美味しいと思います。

前回のつけ麺はかなり、高評価をしていますね。

今回も美味しいと思います。

接客もいいと思います。

 

ここで一句

     汁無しは

        辛さで汗が

              吹き出そう

2017年10月11日 (水)

富士宮市 CoCo壱番屋 富士宮バイパス店 チャーシューカレーらーめん

Dscn0765_2646

22_16
Dscn0766_2647

22_17
Dscn0767_2648

22_18
Dscn0770_2649

22_19
Dscn0771_2650


Dscn0775_2651


Dscn0777_2652

22_20
Dscn0778_2653


Dscn0779_2654


Dscn0781_2655

何故か、カレーが食べたいと思い、ラーメンが食べたいと思った。

駒門PAに行けば食べられるか?愛鷹PAでも。

ああ・・・ココイチがあった。

ココイチはカレーライスしかないと思っているアナタ!

ラーメンが食べられる店があるんです!

ラーメンを提供する店は非常に少ないが、どこかにあるのです。

それも静岡の富士宮にあるのです。

桜前線などで、本栖湖周辺をお邪魔した時、何度も通り過ぎ、近所のココイチで

ラーメンを食べようとしてもやってないのです。

私の中では富士宮が一番近いので、カレーラーメンを食べに行きました。

丁度開店時刻にお店にお邪魔すると、ポールポジションをゲット!

ココイチでポールを取って、何が楽しいのか?と思われるだろうが、まさしくその通り!w

なんも楽しくはない。w

一番乗りで入ると、好きなところに座れというので、テーブル席に座る。

カウンター席もあるが、写真を撮るので恥ずかしいので、テーブルに座る。

メニューを見ると、ラーメンの限定メニューが充実しておりますね。

タレカツカレーラーメンとかつけ麺とかありますね。

ああ・・・でもチャーシューメンがありますね、これにしましょう。

うまこくチャーシューカレーラーメンを注文しますが、濃厚うまこくラーメンに変更出来るか

訊いてみました。

出来ませんと。

何ででしょうか?濃厚うまこくラーメンの上に、チャーシューを乗せるだけですよ。

おかしくないですか?

私の訊き方が悪かったのでしょうか?

海は死にますか?山は死にますか?

面倒なので、うまこくで注文します。

辛さはどうするか尋ねれるが、中辛まで無料でそれ以上は有料だと。

しかし、卓上のとび辛スパイスを使えば、無料だと。

教えてくください。

ならば、最初から無料でいいのでは?

海は死にますか?山は死にますか?

注文後、暫し待つ。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










何となく丼ぶりからパワーが伝わってこない。

濃厚うまこくよりも、スープにパワーが無いのが、視覚から伝わってくる。

まずはスープを事逗ず・・・うん、美味い。

カレーとスープが一体化し、ありきたりなカレーのルーのせとは一線を画す。

ややピリッとした刺激があり、カレーの風味は香りなども突出したものは感じない。

万人受けするカレーの味わいである。

見た目はオイリーな印象だが、この油分が味の要かもね。

具にはキャベツ、味付けされたひき肉などがのる。

チャーシューは5枚だが、3枚も選べるらしい。

価格は税込み1058円だが、チャーシューが5枚乗っている事を考えると妥当かな?

ただ、ボリューム感と言う事でいえば、もう少し頑張って欲しい。

大盛り可能であるが、普通サイズだと物足りない。

ライスを追加したりできるが、そうすると価格がどんどん跳ね上がる。

トッピングであれこれ乗せると、価格が上がる。(当たり前だが)

チャーシューは脂身も適度にあり、やわらかく美味い。

小さい感じのするチャーシューだが、ペラペラではないので、これで良しとしましょう。

刺激感が物足りないので、スパイスを追加する。

香りと刺激がアップするが、ガンガン来るものではない。

麺は太麺をチョイスした。

ややよじれた感じの麺は、コシもありスープに負けず存在感がある。

やがて完食。

スープは全部飲み干しました。

美味しいけど、濃厚うまこくを知っているので、やや物足りない。

次回は濃厚うまこくですね。

 

ここで一句

    出来ないと

        発言前に

              考える

2017年9月26日 (火)

沼津市 愛鷹PA(下り) しっとしてご麺

22

Dscn0614_2253

22_2
Dscn0615_2254

22_3
Dscn0616_2255

22_4
Dscn0617_2256

22_5
Dscn0619_2257

豚バラを野菜で炒め、豆板醤で味付けする。

卓上にはニンニクやコショウがある。

この場合、ニラやニンニクの茎などの存在を考えると、おろしニンニクは不可欠。



でもね、何でここで食べたの?

我慢しろよ!



野菜も肉も多く、満足だけど・・・

美味いです。

 

ここで一句

    手抜きなど

         出来ない時代

               高速も

2017年9月 2日 (土)

静岡市 珉珉 広東麺

22
Dscn0338

Dscn0337

22_2
Dscn0326


Dscn0327

22_3
Dscn0331


Dscn0332

22_4
Dscn0333


Dscn0334


Dscn0336

洋食の店で、金とき本店というのがあって、行ったら閉店。

閉店して間もないらしい。

まさしくタッチの差!

まさかまさかだよな。

ネットで情報を仕入れれば良かった。

ここまで来て、何も食べずに帰るのか?

すると、何となく入りたくなるような外観の店を発見。

店主には申し訳ないが、プレハブみたいな外観でこじんまりとした雰囲気で、

何故か入口はごちゃごちゃした印象。

少し怪しさを感じるそれは、私にビビビ光線を放射させる。

駐車場もあるし、入ってみようぢゃねえ~か!



店の名前は珉珉。

何の予備知識も無し。

金とき本店閉店につき、選ばせていただきました。

店の入口には写真付きメニューがある。

大きいので、老眼の私には助かるよ。w

中に入ると、カウンター席とテーブル席。

キャパは多くは無いね、10人ちょっとでいっぱいでしょう。

先客は子供連れがテーブルに座り、カウンターにも3人いる。

私はカウンター席に座る。

ギ~~ ギ~~とイスが音を立てる。

真っ直ぐ座ったつもりが、少し横を向く。

修正すると、また横を向く。w

この店の椅子は、アクティビティだと思えば、気にはならないか?

チャーシューワンタンメンにしようかと思ったが、画ずらが茶色いので、広東麺に。

広東麺か、注文するのも久しぶりかな?

日高屋で食べたのは、五目だし。w

広東麺750円を注文する。

いつもは大盛りだが、連食予定なので、大盛りは無し。

それほど待たずに広東麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!








水はセルフになる。

風通しの良い店内は、厨房内が丸見えなのは勿論、後ろの通用口の方まで見える。w

正直、年期を感じる店内だが、外観からすれば当然?と思えるかな。

広東麺は当然、アツアツですね。

まずはスープを事逗ずz・・・うん、美味しい。

ダシはガラや野菜を中心に取られているようで、旨みがあります。

餡は、スープよりも味薄目かな?

野菜や肉が入っております。

普通盛りを注文したけど、ボリューム的には十分かな?

セットメニューがいろいろあるけど、隣の客がそれか?

セットだと十分に、お腹が膨れそうですね。

麺は細麺ですね。

コシはあるようで、むにゃむにゃした食感はありません。

ズルズルとのど越しがいいです。

途中、卓上のコショウと酢をいれます。

広東麺には多少、酢を入れる事にしています。

カタ焼きそばも酢を入れます。

酢が無ければ、マスタードたっぷりですね。

広東麺には、マスタードはいれませんが。w

やがて完食。

750円という価格を考えると、コスパのいい広東麺といえます。

カウンターの椅子はどれもギーギーいいますが、私が座ったのが一番うるさい。w

なるべく、上半身を揺らさない様に食べました。

メニューが多彩なので、いろいろ食べてみたい。

そう、思いました。

 

ここで一句

     味よりも

        音が気になる

              お店かな?

2017年8月22日 (火)

掛川市 喜八屋 チャーシューメン大盛り

22_17

Dscn0192_1809


Dscn0193_1810


Dscn0204_1811


Dscn0195_1812


Dscn0196_1813

22_18
Dscn0198_1814


Dscn0200_1815


Dscn0201_1816

22_19
Dscn0203_1817

なんか分かりませんが、1日で3か所の寺社を巡り、何となく御利益があったような・・・

汗まみれになるが、ナビで自宅に帰るを選択する。

すると、ナビは掛川インターから帰ろうとする。

その途中で何か食事処を見つけたら、そこで食べようと考えるが、無い。

掛川インター近くには、行列の出来るラーメン店、サスケがあるが、凄い行列。w

並ぶ気など、さらさらないし、早く帰りたい。

駅周辺迄行き、行列の無い店を探す。

すぐに見つけたので、そこに入る事にする。

それにしても、掛川も何度目だ?

イルミネーションで2度、桜前線などで結構訪問をしている。

勝手知ったる掛川であるが、どこで食べようか?

あの店は、餃子は美味いがラーメンは食べたくないな。w

すると、中華そばの看板を発見。

以前にも見た事あるな。

ここにするか。




店の名は喜八屋。

何も予備知識は無し。

中華そばと言うので、鶏ガラベースの細麺のラーメンなのでしょう。

中に入ると、カウンター席だけかね?

Uの字型の細長いカウンター席だけのようです。

席に座る前に食券を購入します。

つけ麺とかいろいろあるけど、醤油チャーシューメンの大盛り980円を選ぶ。

食券を渡し、暫し待つ。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











見た目はオーソドックス。

腿肉のチャーシューがのり、細麺でやや縮れた麺がスープの中にある。

まずはスープを事逗ずz・・・確かに、中華そばですね。

ガラの旨みがほんわかと伝わります。

卓上に魚粉があるので、魚粉とコショウを入れてみました。

魚介の風味と香りが追加され、旨みアップですね。

次に麺をいただきます。

細麺の麺を啜ると、割とコシを感じます。

細麺ですが、ダレた印象は無く、これはこれで美味い。

チャーシューの味付けはそれほど濃いことは無い。

少しかたいかな?と思われますが、腿肉なのでこれ位なのでしょう。

少し酢をかけて、味の変化を楽しむ。

やがて完食。

無難に美味しいという感じでしょうか?

大盛りのチャーシューメンで1000円以内に納まっているし。

今年は必ずやつま恋のイルミネーションが復活するでしょう。

そうすれば、掛川に宿泊するのは間違いない。

更に来年、掛川桜でお邪魔するかも?

掛川を開拓するか?

 

ここで一句

     昼間より

        夜を知りたい

             掛川の

2017年8月10日 (木)

秦野市 濃厚家 台湾まぜそば

Dscn0017
22_7
Dscn0027


Dscn0018


Dscn0019

22_8
Dscn0020


Dscn0022

22_9
Dscn0024


Dscn0025

22_10
Dscn0026

ラーメン食べたい!

うどんもいが、ラーメンを食べたい!

しかしこの時期、アツアツの麺を食べれば、発汗は免れない。

だが、冷やし中華は食べたくない。

つけ麺?私の中ではブームは去った。w

まぜそばですね。

台湾まぜそばを食べましょう!

この前食べたけど、違う店で食べましょう。

そんな理由で選んだのは、濃厚家。

ええ、毎度贔屓にしております。

開店して間もない時間に訪問しました。









券売機で台湾まぜそばを選びます。

価格は790円。

大盛りは不可ですが、半ライスが付きますので、満足できるでしょう。

ラーメンだと好みなどいろいろ注文できますが、台湾まぜそばだとニンニクを入れるか?

それだけです。

ニンニクを少し入れてくれと注文し、暫し待ちます。

やがてまぜそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!







定番の見た目ですね。

刻まれたネギと韮が台湾まぜそばを主張します。

味付けのされたひき肉、魚粉、玉子の黄身、海苔が付きます。

それらをよ~く混ぜ混ぜします。

こちらのまぜそばは辛さに関しては、卓上にOhホット!などがあるので、

それらで味を調整しましょう。

では人口、ズルズル・・・うん、美味しい。

しかし、池めんのまぜそば、美味かったな。

そんな事を思い出した。

こちらのまぜそばも美味いし、麺も美味いな~と思っていたが、池めんのまぜそばの為か

少し、印象が弱くなってしまいましたね。

ライバル登場ですよ!w

それでも味が悪い訳ではないので、食べ進みます。

途中、酢を足したり、コショウをかけたりして、味の変化を楽します。

麺を食べ終えると、半ライスをいただき、追い飯としていただきます。

やがて完食。

美味いと思っていた物に、更に上が現れた。

世の中、そんなものですが、満足満足。

 

ここで一句

 

     混ぜながら

        思いだすのは

             無料の差

2017年8月 6日 (日)

沼津市 麺鶏一番沼津国一店 鶏白湯つけ麺大盛り

22
Dscn1861

Dscn1848

22_2
Dscn1849


Dscn1850


Dscn1852


Dscn1854
22_3
Dscn1855


Dscn1856


Dscn1858

松居一代騒動が一段落したと思ったら、石原真理子が出てきた。

北朝鮮が挑発行動を繰り返す中、日本は暴走熟女の話題が優先されるらしい。








やはり、休日は麺を食べたい。

「麺類が好きだね!」と御指摘を受けた事もある。

個人的に麺とご飯とどちらが好きかといえば、麺である。

蕎麦、うどん、ラーメン、パスタ・・・細くて長ければ何でもいい。

そんな細くて長い物を求め、焼肉が売りの店にやって来た。

店の名前は麺鶏一番。

看板にどでかく「焼肉!」と書いておきながら、麺鶏一番である。

鶏白湯を提供すると言う事は、事前に知っていたので、ラーメン狙いで入店する。

店内は13時を過ぎていたためか、閑散としてものであった。

カウンター席に2人居ただけである。

私もカウンター席に案内される。

テーブル席は焼肉が焼けるようになっているが、カウンターにはない。

ランチメニューを見ると、定食系が充実しているかな?

しかしここは、鶏白湯で行きましょう。

鶏白湯つけ麺大盛り950円を注文する。

注文時、麺をあつもりかひやもりのどちらにするか?ときかれた。

あつもりもいいだろうが、ひやもりで注文。

それほど待たずにつけ麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!








さて、見た目に関しては税抜き価格で考えれば、妥当かな?と思いつつも、

税込価格だと950円か、もう少し何かが欲しいな。

鶏白湯は見た目からも、鶏だと分かる。

白濁した中にもやや茶色い色合い。

麺の上には炙ったチャーシューが1枚とたっぷりのネギ、メンマ、海苔とつく。

では麺をスープに浸し、啜ってみる。

ズルズル・・・スープからわずかだが、焦げた感じの香りがする。

恐らく、注文ごとにスープを温めているのであろが、同じ鍋を使用しているのでしょう。

そのため、前回、前々回の分のスープが鍋にこびりつき、それが焦げ臭くなる。

気にはなりませんが、感じるのは確か。

濃厚ではあるが、濃厚過ぎない鶏の旨みがあります。

麺は中太麺ですが、むっちり感、もっちり感は感じない。

鶏白湯と言う範疇で、無難に美味しいと言えるものでしょうか?

それと、あつもりの方が良かったか?と思わせました。

麺が熱い方が、つけ汁がぬるくなるのが、遅くなる。

つけ汁は、温くなると鶏の為か、やや癖を感じる。

だから、あつもりを進めてきたか?

つけ汁はショッパイとは思わない。

スープ割が可能かどうか確認しなかったが、した方が良かったかな?

食べ終えたあと、ハラミが気になりました。w

 

ここで一句

    チキンより

       ハラミの美味さ

             気になるね

2017年8月 3日 (木)

藤枝市 まぜそば池めん ちょい辛台湾まぜそば

22_14

Dsc_8711_1598


Dsc_8712_1599


Dsc_8713_1600


Dsc_8714_1601


Dsc_8715_1602


Dsc_8716_1603

22_15
Dsc_8717_1604


Dscn1821_1605

22_16
Dscn1808_1606


Dscn1809_1607


Dscn1810_1608


Dscn1811_1609


Dscn1812_1610


Dscn1814_1611


Dscn1815_1612


Dscn1816_1613

22_17
Dscn1818_1614


Dscn1820_1615

今回、2泊3日の旅を締めくくるのは、岡部宿の中にある「池めん」。

以前から気になっていましたが、やっと訪問することが出来ました。

じつは、少し早めに到着したので、時間つぶしのために巨石の森公園に行きました。

何があるか?

ご覧の通りです。

営業関係の車が数台、日陰を求め、駐車場に止まっていました。

何となく進撃の巨人の様な、巨石軍団を求めたのは、間違いだったか?

店に戻り、中に入ると7分ほど席が埋まっている。

食券制なので券売機の前で悩む。

基本的にまぜそばオンリー。

何にするか迷うが、ちょい辛台湾まぜそばに決めた。

普通盛りで880円なのだが、価格的には少し高いと思う、

しかし、日々の小遣いに苦労するサラリーマンに対しては嬉しいサービスがあった。

ライスが食べ放題である。

ライスに付随する漬物類、キムチも食べ放題である。

刻んだニンニクも食べ放題であるが、生刻みニンニクですか?手間がかかlっています。

更に牛骨スープも飲み放題。

つまり、大盛りをわざわざ注文しなくても、飯で十分腹を膨らますことが出来る。

私もライスをいただくが、昨夜の暴飲もあるので、半ライス程度で済ます。

暫し待たされた後、まぜそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!











王道のまぜそばスタイルといえますか?

ボリューム的にはややボリュームを感じるか?と思うところ。

卓上には昆布酢、煮干し酢とある。

いろいろ試してみましょう。

何はともあれ、とにかく混ぜます!

混ぜて混ぜて混ぜます!

麺は太麺の専用麺の様です。

ある程度、混ぜたところでいただきます!

モグモグ・・・魚粉が効いている。

それと、ちょい辛は物足りない。

味に関しては、マイルドな醤油ダレに極太麺が混ぜ合わさり、麺のモチモチ感が

楽しいですね。

魚粉が効いています、美味い!!!

今回はニンニクを入れませんでしたが、ニンニクを入れた方がいいかな?

魚粉が効いて、割と和の印象があるので、ニンニクは回避したが、普通の辛さなら、

入れた方が美味しいと思います。

それと、キムチが食べ放題だから、キムチを投入して、アレンジもいいかも?

基本の味がいいので、ズルズルと食べ進みます。

途中、昆布酢を投入しましたが、これはいい!!!

昆布の旨みが麺全体に行き渡り、味が締まる。

この時点で煮干し酢の投入はやめる。

味がごちゃごちゃになりそう。w

隣のガテン系の兄ちゃんは、カレー味の大盛りを注文していたが、カレー臭はいいね!

美味そう!!!

それと大盛りは結構食べ応えがありそう。

麺を食べ終えたところで、丼ぶりに残ったタレの余りに飯を投入する。

混ぜ飯ですね、これも美味しい。

最後に牛骨スープをいただく。

やや牛骨の癖を感じるが、食後には良いです。

私はアクセントして、刻みニンニクを少し投入して飲みました。

そして完食。

なかなか美味しいと思うし、食べ放題サービスが嬉しい。

次回はカレーか、辛めの物にチャレンジをしたい。

 

ここで一句

     まぜそばは

         混ぜればイケる!

                危険無し

2017年7月12日 (水)

伊豆の国市 みやこいち大仁店 ぶたしゃぶ辛味噌野菜特大麺大盛り

22_15

Dscn1649_1326


Dscn1639_1327


Dscn1640_1328


Dscn1641_1329


Dscn1642_1330


Dscn1643_1331

22_16
Dscn1645_1332

22_17
Dscn1646_1333

22_18
Dscn1647_1334


Dscn1648_1335

4月以降、夜のメニューが無いね。

白河で飲んだ居酒屋以来、無いね。

この暑いのに、お泊りで出かけるの?

心霊スポットに行って、お泊りで居酒屋?何かが起こるわ!w












確か以前は「くるまやラーメン」だったはず。

いつの間にかくるまやは撤退をし、違う業態のラーメン店が入っている。

みやこいち?聞かない名前だ?知らないのは私だけ?

丁度開店時間に通りかかってので、入ってみることに。

中に入ると厨房を含め、女性スタッフ3人がお出迎え。

好きなところに座れというので、アナタの膝の上に座りたいと言ったら拒否された。(冗談)

カウンター席とテーブル席があるが、レイアウトはくるまや時代と変わらない。

メニューを見ると、京風ラーメン?ブラック?つけ麺を含め、いろいろあります。

初訪問の店はチャーシューメンが定番の私ですが、どれにするか迷うね。

その中でも気になったのが、野菜特大。

この文字を見て、二郎を食べた事がある方なら、マシマシ野菜を想像します。

私も勿論、マシマシを妄想しました。

選んだのはぶたしゃぶ辛味噌野菜特大麺大盛りを注文しました。

税込みで993円になる。

「半ライス付くけど食べる~?」と聞かれたので、ウエルカム!と答える。(冗談)

それほど待たずのラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










これで特大か?

バベルの塔の様な野菜タワーを空想していたが、もろくも崩れ去った。

これで特大であれば、普通盛は一体、どのようなものだったのか?

しかし、ボリューム感が無い訳ではない。

大きな丼ぶりに、みっちりと麺や具材が詰まっている。

まずはスープを事逗ずずz・・・コッテリピリ辛の味噌スープ。

ダシの出具合はまあまあといいましょうか、くるまやで食べているみたい。w

チェーン展開をしているのであれば、十分合格というか、満足できる味だと思います。

背脂が多少浮かんでいるようで、コッテリしていますが、クドイことは無い。

味噌の風味もまろやかで、誰でも受け入れられる味だと思います。

次に麺をいただきます。

麺は中太麺といいましょか、一般的な中華麺レベルの太さ。

こちらも、万人に受け入れられる太さといえましょう。

食べてみると、割とシコシコ感があります。

加水率は低めかな?そのためか、歯応えを感じる麺だと思います。

小麦の主張は低めです。

ぶたしゃぶということですが、豚バラ肉を湯がいた物。

食べてみると、特に味付けはしていませんが、豚肉にやや癖を感じます。

当然、注文を受けてから湯がくので、生肉で管理しているためでしょうか?

野菜はモヤシとキャベツを茹でた物。

シャキシャキ感は残っており、見た目は少ないが、丼ぶりの半分くらい沈んでいた。

その分、麺の大盛りを注文しましたが、麺の量は私としては少々少ないかな?

卓上にいろいろ調味料がありますが、ピリ辛度が高いので、必要としません。

ああ・・でも体は正直だ、

段々汗が出てきた。

辛味噌には更に辛いメニューがあるが、無理だろうな。

汗を拭くのに忙しい。

麺を食べ終えたところで、半ライスをいただく。

ライスはなかなか美味しい。

有りがちな黄色く変色しかけたライスではなく、米はつやつやしている。

やがて完食。

野菜は特大とは思えないが、腹は十分に満たされました。

味もくるまやと比較しても、悪くは無いと思います。

ただ、外税なので会計時におや?と思いますが。w

 

ここで一句

     天下一

         それより選ぶ

               都一

2017年7月 9日 (日)

伊東市 赤のれん 五目冷やし中華大盛り

22_12

Dscn1572_1273

22_13
Dscn1564_1274

22_14
Dscn1565_1275

22_15
Dscn1566_1276


Dscn1567_1277


Dscn1568_1278


Dscn1569_1279


Dscn1570_1280

22_16
Dscn1571_1281

松居一代さんはいったい、どうしたのでしょうか?

どうしたのかは、本人以外はどうでもよい。

文春とコラボして、話題作り?

そんな気がする。










暑い。

暑い時はスタミナをつけたい。

もつ煮なんかいいのでは?

もつ煮といえば、伊東市の赤のれん!あの店のもつ煮定食を食べたい!

食べた事が無いから食べたい!

そこで行ってみたのだが、とにかくこの日は激熱日和。

ホットメニューを注文すれば、間違いなく激汗。

店内に入ると、冷房は効いているが・・・冷やし中華始めましたか?

サウナと運動以外では汗をかきたくないので、冷やし中華にしましょう。

冷やしも五目があるね、冷やし五目中華大盛り1200円を注文する。

テレビを見ながら待つうちに、冷やし登場、記念撮影をし、いただきま~す!









1200円と言う価格であるが、十分に納得できる内容と言うか、見た目である。

チャーシューが2枚、かまぼこが2枚、ナルトが2枚、海老1本、ワカメ大量、プチトマト、

錦糸玉子に茹でて冷やされたモヤシとキャベツ。

麺の量もたっぷり。

更に小鉢として切干大根の煮物。

何が何でも満足をしてもらおう!という気概を感じる。

では麺をほじくり出して啜る、ズルズル・・・茹ですぎかな?

麺はやわらかい。

通常、ラーメンよりも長めに茹でられ、冷水で〆る事により、麺のコシを出すのだが、

麺にシコシコ感がありません。

ちょっと茹ですぎね?と思われる中細麺でございます。

スープでございますが、こちらは割と多目に入っております。

しかし、味は薄目。

なんとなく、熱海のわんたんやを思い出したね。

あの店より、味は薄いと思うが。

それでもマスタードもあるので、刺激を足しながら味わいます。

麺の茹で加減やスープの味など気になる部分はありますが、客に何が何でも

満足してもらおう!というボリューム感はありますね。

具材もそれぞれは美味しいけど、かまぼことナルトは想像できるね。

野菜も多いのでヘルシー感はあるけど、腹いっぱい詰め込めばそれは無意味か?

やがて完食。

お腹は満たされました。

コスパに関しては異議なし。

次回は麺の茹で時間を短くするか、氷水で麺を〆てみてください。

きっと、シコシコ感が出ると思います。

それと、次回は必ずもつ煮定食を食べます!w

 

ここで一句

     流す汗

        その分以上

            腹満たす

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水