フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

神奈川県 ラーメン

2018年9月23日 (日)

藤沢市 ラーメンショップ石川店 ネギラーメン

124
Dscn4861

Dscn4860


Dscn4854


Dscn4855


Dscn4856


Dscn4857


Dscn4858

128
Dscn4859

次の時代。

何だろう?

渡せぬバトンを未だ、握りしめたまま・・・

このブログは終えようとしています。

常連の皆様に関しては感謝しかありません。

だからこそ、見届けて欲しい。













八景島に行ったのだが、どうしてもあの施設内で食事をする気が起きない。

八景島を出て、どこかで食べようと思ったら、藤沢まで来てしまった。

それにしても、東名集中工事に加え、事故の多い事!

渋滞回避で国一を走るが、のろのろ運転。

なんだかんだでランチタイムは過ぎ、気が付けば3時近く。

すると、ラーショの赤い看板が目に入る。

救世主とは良く言ったものだ!

ランチ難民の救世主、ラーショにお邪魔した。








それにしても、雨が良く降るね。

八景島に居た時は、傘をささなくても何とかなる様な時間があったが、

お昼過ぎからは、ず~っと降っている。

私は店に入ると、券売機の前へ。

いろいろあるけど、ネギラーメンでいいや!

いつもなら大盛りを注文するが、時間的に中途半端なので、普通盛り750円に。

それほど待たずラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!







普通盛でもボリューム感を感じるね。

まずはスープを事逗ず図・・・ガラ出た旨みと背脂の旨味。

美味しいね。

ここに豆板醤とニンニクをドバドバ入れる。

明日も休みなので、誰に遠慮もしなくていい。

ニンニクと豆板醤を混ぜ込み、アグレッシブな味わいを楽しむ。

ネギは少々辛味があり、それが更にアグレッシブな面を演出。

麺は細麺ストレート、ラーショブランドの定番だ。

茹で加減は普通であるが、コシものど越しもいい。

海苔も、黒々として美味そうだ。

海苔でネギと麺を巻き込み、口に入れる。

レンゲでスープを啜る。

ニンニクの香りが弱い気がするが、このおろしニンニクは胃に入ってから、

存在感を発揮するので、明日のお楽しみか?

やがて完食。

この店、朝7時から営業か?

久々のラーショ、堪能できました。

そして通し営業に感謝。

 

ここで一句

     ラーショなら

         ランチ難民

             いなくなる?

130

2018年9月13日 (木)

足柄下郡 国味 セットB(半ラーメン、ミニ中華丼)

584
Dscn4764

Dscn4765_2

584_3
Dscn4766


Dscn4768


Dscn4770

584_4
Dscn4771


Dscn4772


Dscn4773


Dscn4775

584_5
Dscn4776

何というか、食欲の秋である。

このところ、気温が下がり過ごしやすい。

それは困る!汗が出ない!

汗をかかなければ痩せない!

先月、白鳥スポーツでトレーニングウエアを買って来た。

秋冬用のウエアである。

これを猛暑の中、着込んでウォーキングをしてみた。

死ぬかと思った。w

軽くて薄手で、こんなので汗が出るのか?と思ったら、とんでもない!

徐々に汗が噴き出て、その汗で発熱をし、ほとんどサウナスーツ状態。

風を全く通さないので、熱中症どころか体が煮える!w

勿論、水分補給をしながらのウォーキング。

あまりにも汗をかき過ぎ、靴の中まで汗が伝わる。

痩せるのも大変である。w











それにしても、汗をかくと腹が減る。

汗をかき過ぎると、塩分補給もしなければならない。

昼時に湯河原に差し掛かったので、湯河原で食事をすることに。

ところで、熱海のビーチラインの湯河原側の入口近くに、テレビに出た食事処がある。

そこに行こうとしたら、駐車場がいっぱいであった。

このブログで紹介することは、出来そうも無いようだが、いつかは立ち寄ってみたい。




私は久々に国味に行くことにした。

大西系の店に行くのも久しぶりか?

丁度開店時間の頃にお邪魔したが、すでにカウンター席は埋まり、テーブル席にも

客がちらほらといる。

私はカウンターに席がひとつあったので、そこに座る。

今回、ランチに注目してみた。

ランチは3種類あり、ラーメンライスの餃子とか、ミニ中華丼、カタ焼きそばがあった。

カタ焼きそばもいいかな?と思ったが・・・それは後ほど。w

半ラーメンとミニ中華丼のセット880円にした。

この店、店主1人で調理を基本的に担当をしているが、回転がよろしい。

何しろ、麺の茹で時間が1分か?博多ラーメン並の茹で時間の短さだが、

それでも、麺はカタメであるが、違和感は全くない。

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








半ラーメンということであるが、お上品なラーメン店の1人前以上は有りそうだ。

遅れて中華丼が登場するが、白菜など野菜餡がたっぷりかかり、この内容で880円

ならば、満足できると言えるでしょう。

まずはスープを事逗ず図・・・豚ガラ主体のスープは美味しいね!

醤油ダレが強めだが、これは大西系全体に言える事。

旨みがしっかり出たスープに、カタメに茹でられた麺に絡む。

コシをしっかりと感じ、歯応えがある。

う~~ん、やはり美味しい!!!

久々に食べたが、ワイルドな味わいに魅了される。

次にミニ中華丼を食べる。

御飯の量は少ないが、野菜餡の量が多いので、ボリュームを感じる。

ゴマ油の風味をやや感じるかな?香りがいいですね。

餡の味付けはしっかりとした味付けだが、ショッパイとは思わない。

シャキシャキした野菜の食感は、気持ちがいい。

時々、ラーメンスープを口に含み、ラーメンとのコラボを楽しむ。

やがて完食。

スープは残しました。

ボリューム的に満足です。

ラーメンだけだと物足りないですが、このセットなら野菜も食べる事が出来、

尚且つ腹も満たされる。

皆さんも、国味に来たらランチボードを確認してください。

もしかしたら、メンチカツのある日があるかも?

 

ここで一句

    少食は

       食べ切れないと

               思います

2018年9月12日 (水)

厚木市 麵や食堂 246号店 中華そばセット(ちきんかつライス)

584_7
Dscn4763

Dscn4753

584_8
Dscn4755


Dscn4756


Dscn4757


Dscn4758
584_9
Dscn4760


Dscn4761

最近、色々と好みや嗜好が変わったか?

偏執感が無くなった気がする。

「どうしても、これでなくてはダメ!」という事とか。

特にブランドに対する偏執。

「なんでもいいや!」

変な自暴自棄感がわいてくる。

二郎でなくてもぎ郎でいいや!

本店でなくても支店でいいや!

何なんだろうね?

確実に言えることは、齢と共にそれが強くなっている気がする。

妥協。

それが増えているのかもしれない。












久しぶりに麺や食堂に来た。

やはりこの店は美味い!

本店は本厚木駅近くにあるが、私が訪問するのは、246号店ばかり。

本店までそれほど距離は無いが、246号店でいいんです!

台風の為か、駐車場に車が少ないじゃな~い!

人気店であるが、待たずに食べる事が出来そうである。

私は中に入ると、カウンター席に案内される。

テーブル席などは家族連れなどで、満席か?

メニューを見ると、ランチメニューが充実している気がする。

何となくランチがお得に感じたので、それにすることにする。

からあげ丼などはパス!チキンカツライスがいいんじゃない?

私は中華そばとチキンカツライスのセット、950円を注文する。

注文後、ワンタンの文字が目に入る。

あ~、ワンタンメンか~、それもありだよな~。

まあいいか、今日はランチのお得感がどれほどか?確認しましょう。

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











相変わらず、美しいビジュアルのラーメンである。

スープの中で麺は、綺麗に整列され、インスタ映え間違いなしである。

まずはスープを事逗ずz・・・煮干しというか、魚介系の味わいを強く感じる。

今回は、煮干しスープ?と思いたくなるような味わいである。

こんなに煮干しが強かったかな?

少々私としては、醤油ダレが濃い目で、所謂しょっぱめであるが、旨みの強いスープは

毎度の事ながら、飲み干したい美味さである。

麺は細麺ストレート。

細いが、しっかりとしたコシがあり、食感のど越し共に抜群である。

そして遅れてチキンカツがやってくる。

カツは、ファミマのチキンみたいなサイズですかね?

勿論、揚げ立てです。

ライスは半ライスサイズよりも多いか?

卓上のソースをかけ、食べる。

揚げ立てなので勿論美味い。

肉に特にジューシー感は感じない。

淡白な味わいで、ささみの様な食感と味わい。

途中、ラーメンスープを啜るが、ソースの味わいと違和感を感じない。

ボリューム的にどうかと言われれば、これで十分、腹は膨れますよ!という印象。

もし足りないと思っても、スープを残しておけば替え玉が注文できる。

博多ラーメンではないが、この店は替え玉制度があるので、便利だ。

やがて完食。

チャーシューメン大盛りよりも、価格の安い今回のセット。

ボリュームも内容も満足出来ました。

しかし、単品のチャーシューメンとか魅力的なんだよな~。

 

ここで一句

     ランチだと

         お得感より

              何選ぶ?

2018年9月11日 (火)

厚木市 ゆで太郎 厚木西インター店 ざる中華大盛り

584
Dscn4738

584_2
Dscn4739

584_3
Dscn4741

584_4
Dscn4743


Dscn4745


Dscn4747


Dscn4748

584_5
Dscn4749

584_6
Dscn4750

またネタ切れを起こすかもしれない。

今月終了ということで、あちらこちらに挨拶回りをしているのに、10月まで引っ張ったら

名残り惜しいんかい?と言われそうだな。w

ネットで挨拶回りと言うのもおかしいか?

まあ、デー家としては16年の歴史がありますからね。

ブログも11年目だし。

お茶菓子など、配らなくていいのがネットでの挨拶回りの利点だが。w












何かと忙しい毎日、休日は・・・台風。

この日、日本は21号の上陸で大騒ぎ。

そんな台風の日に、休日。

これで2度目か?前回は台風でも山中湖周辺まで行ったぞ。

今回は厚木まで来たぞ。

時刻は午前10時。

ゆで太郎の看板が目に入る。

ここにしましょう!

ゆで太郎の蕎麦は美味い!

美味いけど、そんなに頻繁に食べたくは無し。

しかし、今は他に営業をしている店が無いから、ここにしましょう!

基本的にカレー蕎麦か蕎麦にカレー丼みたいなつもりでいた。

だが、メニューに中華そばがあり、ざる中華がある。

めんつゆはそばつゆと同じだという。

それはまるで山形のラーメンの様な感覚!

山形で冷やしラーメンを食べた時、どの店もその冷やしのツメの甘さにがっかりした。

関東圏で出す冷やしラーメンの方が、どの店もキンキンに冷やしている。

ざる中華もキンキンに冷やし、提供をしてくれるだろう。

私は大盛りを注文し、完成を待つ。

やがて番号で呼ばれる。

記念撮影をし、いただきま~す!









天かすなどが無料だが、果たしてこれに入れていいものか?

合計490円という、サラリーマンにとっては、ワンコイン以下でこの内容である。

私としては、普通ですねとしか言いようがない。

チャーシューの破片と若布、貝割れ、ネギ、メンマ。

私は飾りとして、鷹の爪の輪切りを散らす。

どこかのラーメンチェーン店でも、同じような価格で提供出来そうである。

では一口、チュルチュル・・・麺はキンキンに冷えて〆でおり、のど越しが気持ちいい。

そして、めんつゆだが蕎麦と同じだと言う事だが、特に違和感は無し。

こんな味のめんつゆなんだな、と思えば、気にならない。

所謂和風ざる中華なのであろうが、カエシの色濃い味わいが好みであれば、

これは美味い方だと思う。

麺は冷たい水のおかげで、しっかり感があり、麺の食感も感じる。

中細麺の縮れ麺であるが、なかなかいいのでは?

こうなると、中華そばが気になりますね。

ボリュームは大盛りでも、それほど満たされると思わない。

ざる中華という品名状、麺はいくらでも胃の中に入りますよ。

蕎麦用のカスタムアイテムが多いが、応用したいものは無かった。

やがて完食。

割りスープは無し。

もっともわずかしか残らなかったが。

安い価格で気軽にざる中華。

あると思います!

 

ここで一句

    セットだよ

       ツーコインだよ

              サラリーマン!

2018年9月 8日 (土)

秦野市 熟成味噌ラーメン まるひで まるひでボンバー

658
Dsc_7605

Dsc_7606


Dsc_7608


Dsc_7613


Dsc_7616


Dsc_7617

658_2
Dsc_7618

658_3
Dscn4703

658_4
Dscn4693


Dscn4694


Dscn4696


Dscn4697

658_5
Dscn4698

658_6
Dscn4699

658_8
Dscn4700


Dscn4701


Dscn4702

残り50MBを切りましたね。

さあ、どうしましょう?

ゲームショウはご紹介出来そうですかね?

ゲームショウを紹介出来て終了なら、私のブログらしくていいと思うのですが、

まずは、ゲームショウに行ける様にしないとね。w









秦野戸川公園と言う所に行ってみた。

以前から、存在は知ってはいたのだが、天気が悪いこの日、何故か訪問。

天気が良かったら、凄い汗をかいていただろな。w

紅葉の時期に、来てみたいと思った。

公園からの帰路、新しく出来たラーメン店にお邪魔する。

以前、ねぎやというラーメン店だったのだが、味噌専門店にリニューアル?

結構客も入っている様なので、入ってみましょう。




店の名前は「まるひで」。

まるひで?もしかして大勝軒系列のまるひでの味噌バージョン?

妄想が空想を呼び、想像が誤解を生みそうな店名である。

中に入ると、いらっしゃいませの大合唱。

オヤジ一人と告げると、カウンター席に案内される。

店内は、テーブル席とカウンター席に分かれている。

店内のレイアウトは、ねぎや時代の物をそのまま使用の様だ。

メニューを見ると、ボリュームのあるラーメン画像が目に飛び込む。

実は私、この日はラーメン店でニンニクを摂取しようと思った。

少々お疲れ気味の体であったので、ニンニク注入で活を入れようと思った。

しかし、卓上にはニンニクの入れ物が無い。

う~ん、これは残念だ!と思ったら、まるひでボンバーなる二郎インスパイアがある。

それにはニンニクがのっている。

「これにすっぺ!」

大盛りにしようかどうか迷うが、まるひでボンバー950円を注文する。

この時、味の濃淡や麺の茹で加減などは聞かれなかった。

それにしても、この日は日曜日とは言え、客が入っている。

すでに順番待ちである。

オーダーも、ボンバーが多いね。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











てんこ盛りはいいのだが、これだと食べにくいね。

口の広い丼ぶりに盛ってもらいたいね。

それにしてもニンニク、多いな。w

この量だと、明日も臭いそうだな。w

関内二郎のニンニクマシマシに匹敵するかな?

明日、仕事なんだよな。

私は、ニンニクを三分の一程、レンゲにのせる。

残りは慎重に天地返しをし、全体的に混ぜる。

肉は佃煮というか甘辛煮というか、ほぐし豚と言うか、肉自体に濃い目の味が

浸み込んでいる。

私としてはショッパイが、モヤシには味が無いので、モヤシで中和かな?

では一口、麺は太麺かな?この手のガッツリ系の麺として考えると、

細くてインパクトが弱いね。

味噌ベースの濃厚スープに、麺全体が染まってしまった印象。

麺の表面はツルツル感があり、この辺はインスパイア系と考え、受け入れましょう。

モヤシが多いね。

モヤシが多いのは大歓迎だが、丼ぶりの口に余裕が無いので、混ぜにくい。

刻み生ニンニクの混ざった、モヤシを食べる。

モヤシの量を減らし、全体を混ぜ合わせる。

肉の甘辛煮はいいと思います。

チャーシューとか豚と呼ばれる肉の塊が無くても、この場合満足出来ます。

味噌ベースのスープの味わいは、しょっぱくは無いと思うけど、肉の味がスープに行き、

それが少々ショッパサを感じさせる。

やがて完食。

スープは残しました。

全体的にウエルカムな味です。

味噌二郎と言うより、味噌三郎、味噌四郎と言えるでしょう。

食べ難さを何とかしていただければ、またもや食べたいですね。

勿論、ニンニク多目で注文したいです。

大盛りも注文してもいいかも?

 

ここで一句

    味噌二郎

        何処かに居そう

              そんな気が

2018年9月 6日 (木)

厚木市 ぎょうてん屋 特ぎ郎野菜増し、ニンニク少し

658_13
Dscn4658

Dscn4659


Dscn4660

658_14
Dscn4661


Dscn4663


Dscn4664

658_15
Dscn4665

すき家の次は、ぎょうてん屋か。

厚木方面に来ると、使い勝手がいいので入ってしまう。

何の使い勝手か?

二郎を何となく食べた気にさせる、使い勝手である。

ブログを始める前、関内二郎、相模二郎に通い詰めた。

しかし、人気店ゆえに並ぶし、何より二郎に来るお客は、食べるのが早い!

ロットを乱すな!という暗黙の掟が、二郎にはある。

私もその辺は十分に分かっている。

だから私も、負けじと食べるが、早食いが得意では無いので、ロットを乱しがちである。

もっとゆっくり二郎を食べたい!

意外と穴だと思ったのが、三田本店である。

あまりガツガツ早食いをしなくても、ロットに影響が無いと思った。

その為か、一時期三田本店に通ったが、春先からエアコンの無い環境に苦しみ、

ある夏の日、スープの寸胴の前に座ったら、足元から熱気を感じる。

ラーメンを食べる前から発汗が始まり、食べ終わる頃には、タオルが汗を吸って重い。

何より、上半身からパンツにかけて、汗でびっしょりである。

とてもではないが、着替えが無いと無理!

以来、三田本店もご無沙汰。

そんな時に出会ったのがぎ郎である。














特ぎ郎1000円。

野菜増し、ニンニク少な目。

ニンニクは足りないと思えば、卓上の行者ニンニクを入れれば良い。

ニンニク酢なる物もある。

私は天地返しをして、麺と野菜をスープにまんべんなく絡ませる。

ところで、ぎ郎と二郎の味を差とは何ぞや?

まず麺。

フーズ系と呼ばれる店の麺に似ていると思った。

私はフーズ系と呼ばれる二郎では、池袋東、新宿歌舞伎町店くらいか?

因みにフーズ系とは何ぞや?という事に関して、私は三田本店とちと違う。

似ているけど、なんか違う。

その様に認識している。

その最たるものが麺だと思う。

自家製麺ではないよね~!という位の認識かな?

筋金入りのジロリアンからすると、アンタは浅い!となるだろうが。

スープに関しては、これはこれで良いのでは?

甘さと言う事に関しては、とことん排除はしているが、無い訳ではない。

脂が浮かぶスープであるが、不思議と今までこのスープを完飲したことは無い。

まずショッパイ。

後はやはり、ダシ感かな?

ボリュームに関しては、文句無し。

麺を300g使用とあるが、茹でると倍以上ですかね?

非常に食べ応えがあります。

大盛りを食べたいなんて、一度でも思ったことはありません。

肉は脂身が多いとはいえ、ボリュームがある。

私としては、ぎ郎はどこの二郎に似ているの?となると、

誤解を承知でいえば、池袋東の味に似ていると思う。

しかし、池袋東も10年以上行ってないね。

二郎を好んで食べた時代は終わった。w

 

ここで一句

    脂とは

       腹の回りを

           好むもの?

 

2018年8月20日 (月)

秦野市 みや古食堂 冷やし中華

328_5
Dscn0014_609

Dscn0015_610

328_6
Dscn0017_611

328_7
Dscn0018_612

328_8
Dscn0019_613

328_9
Dscn0021_614


Dscn0022_615


Dscn0023_616


Dscn0024_617


Dscn0025_618

8月も後半である。

今月、どこかへ行ったか?

清水とか用宗とか静岡市内だけか?

まあ、仕方がない。

それでも今月、どこかへ行きたい気がするが、夏の終わりの思い出作り?

何処が良いかな?

それよりも、行けるのか?おれ。w







夏と言えば、夏限定のメニューは多々ある。

そういえば、今年は冷やし中華を食べたか?

食べた気がするが、セブンイレブンのカップ麺だったりする。

毎年進化をしているらしいが、食べている側からすると、進化はわからない。w

どこか、進化を感じさせる冷やし中華は無いのか?

と、いうことで久しぶりに「みや古食堂」に行ってみた。

みや古食堂といえば、多彩なメニューが特徴だが、数年前に気が付いた「唐揚げ定食」。

そろそろそれを食べるべきか?と思いつつも、前回メニューを見渡して、冷やし中華が

無い様な気がすると思った。

もう、冷やし中華はやっていないのか?

それを確認するためにも、訪問してみた。

訪問時間は10時半頃だったと思う。

中に入ると、先客は無し。

一応、メニューを見渡すが、冷やし中華は無い。

お冷を置きに来たオヤジさんに、「冷やし中華はある?」と尋ねる。

すると、アルアル!と答えるが、「時間がかかるぜべいび~!」と。

時間がかかっても、食べたいぜべいび~!と答える。

承知しましたちょんまげ!と言って、厨房に引き返す。

この時点で、冷やし中華がいくらかは不明。

最後に確認した時は、1000円だった記憶している。

それと、連食をするつもりだったので、大盛りは注文しなかった。

やがて、店にはサードパーティーたちが、入店し始める。

すると、冷やし中華登場、記念撮影をし、いただきま~す!




H・T エボリューションだな。(ひやし・ちゅうか えぼりゅーしょん)

随分とビジュアル的に進化をしたと思うぞ!

初めて注文した時は、なんじゃこりゃ?状態だったからね。

これなら、見た目はお洒落な冷製パスタに間違われても、不思議はない。

何より、ツユダクである。

この店では、冷やし中華のスープがいつも少なかったが、今回はダクダクで更に、

追加でかけられるように、追加冷やし中華タレも別にある。

しかし、マスタードは小袋かよ。w

まあ、その方がコスト的に有利なんだろうね。w

具には、スライスオニオン、モヤシとキャベツの茹でた物、乱切りトマト、錦糸玉子、

鉄板焼肉定食用の焼肉、キュウリか。

とても具沢山で、これなら野菜不足を気にするオヤジやおばさんにピッタリの

ピタットハウスだ!

では一口、少々醤油の味わいが強めで、酢加減もやや強めかな?

この辺は、人に拠りけりだろうが。

麺はこの店共通の中細麺のストレート。

ラーメン類は勿論、焼きそばまで同じ麺を使用する。

甘辛の味付けをされたバラ肉は、今回はそれほどホカホカではないな。

何しろ、今までこの店で食べた冷やし中華は、ホカホカの具材がのっていた。

焼肉、スクランブルエッグなどで、冷と温の味のコントラストがあった。

マスタードがもっと欲しいな~。

全体的に野菜が多く、麺ののど越しうんぬんかんぬんよりも、食べるという満足度が高い。

やがて完食。

確実に進化を感じた。

そしてお会計。

1280円。

それって、昔は大盛りのお値段でしたが・・・

価格も進化したか・・・w

 

ここで一句

    進化なら

       お会計だけ

            退化して

2018年8月16日 (木)

小田原市 麺や げんまん 醤油チャーシューメン大盛り、半ライス

328
P1000003_01

328_2
P1000002_01

色々な事が起こり、まあ何というか・・・

負けてなるものかと!





世の中、ハプニングと言うものが付きもので、生きていればいろいろ起こる。

この日、愛車のオイル交換をすることになり、その間に飯を食べる事に。

当然、徒歩で出かける。

雨が降っていたので、あまり遠くまで行く気は起きず。

いつも通り過ぎていたラーメン店に、寄ることにした。

店の名前は「げんまん」。

予備知識は無し。

店の前の駐車スペースが狭いので、敬遠していた。

入店する前に店の外観を撮影するか?と思い、カメラを取り出す。

Nikonのクールピクスを取り出し、電源ON!

おや?前日の夜間違いなく充電完了していたはずだが!こんなバカな!

私は非常に焦った。

今の私は、外食時に撮影するのが当たり前になっている。

逆に言えば、写真を撮らないと飯が食えん。w

この日、一眼レフは持ってきていたが、オイル交換中の車の中に入っている。

おがああああ!!!!

以前、同様なことが起こり、一時期コンデジを常に2台持ち歩いている事があった。

しかし、それを落とし故障してしまい、結局何をしているのか?ということで、

1台だけ持ち歩いていた。

今年の初めから、カメラの調子が良くなかった。

また落としたから。w

その結果が、充電不良か?ついて無いね~!

どうしましょ?どうしましょ?

とにかく、店に入る。

券売機で食券を買うシステムだが、いろいろ種類があるね。

油そばもある様だ。

何にしましょうかね?チャーシューメンにしましょうか?

ワンタンも面白そうだったが、醤油チャーチャーメン大盛りを選ぶ。

食券を渡すと、店主が「半ライスどう?」と尋ねたので、所望致すと答える。

ラーメンが完成するまでの間、どうしましょう?と考えると、ガラ携があった。

何年ぶりでしょうか?ガラ携で撮影するしか無いようです。

私は最後の手段として、ガラ携で撮影することにした。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目は正攻法というか、王道スタイルのラーメンである。

醤油スープの色合いが美味そうである。

まずはスープは事逗ず図・・・美味しいわね!!!

何か素材の旨みが突出したスープではないが、口に入れた瞬間から旨みを感じる。

う~ん、美味しい!!!こんなに美味しいのに通りすぎていたか?

醤油タレの味わいは、まろやかすぎず、尖がり過ぎず。

いい塩梅です。

麺は中細麺でしょうか?

チュルチュル感のある食感は、のど越しが愉快である。

チャーシューはバラ巻きスタイル。

やわらかく美味い!脂の旨みもしっかりと味わえ、なかなかいいですね。

メンマは一般的かな?と思いました。

大盛りを注文しましたが、私としてはボリューム的にもう少し欲しいけど、

半ライスが無料でサービスなので、この辺りは十分満足と言いたいですね。

やがて完食。

スープは殆ど飲み干しました。

塩分はそれほど高いとは思われないので、ずるずるといただきました。

是非とも、再訪問したいですが、オイル交換の度に、ここに寄るか!

そして、明日からネタ切れの日々が続く。

決して、最終回を先延ばしにしているわけではない。w

 

ここで一句

     再訪問

       指切りします

            約束よ!

2018年8月12日 (日)

秦野市 なんつッ亭 なんつッ亭スペシャル大盛り

652
Dscn4494

652_3
Dscn4480


Dscn4481


Dscn4482


Dscn4483


Dscn4484


Dscn4485

652_4
Dscn4486


Dscn4487


Dscn4489


Dscn4491

652_2
Dscn4492


Dscn4493

気が付けば、アクセスカウンターは170万を超えていた。

200万超えを狙っての、第2部再始動であったが、無理であったか。

予想より早く、上限に到達するでやむを得ない。

忙しい毎日でありますが、ネタ切れの危険がまたもや!

約1か月以内で、2度のネタ切れはそうそうない。

激熱すぎるセ!この夏!











暑いぜべいび~!

いったいこの暑さはいつまで続くのだい?

暑いながらも苦しい我が家。

ところで最近、秦野市内を走っていると、ちらほらとなんつッ亭のオーナーのポスターを

見かける。

これは何なんだい?べいび~!

何か政界進出を狙っているらしい。

まあ、何処の誰が立候補をしようが、どうでもいいことですが。

政治はカネがかかるぜべいび~!

ではその志に敬意を表し、久しぶりになんつに食べて、売上協力をしましょう。

多分、2時前だったと思う。

店内に入ると、先客は一人。

遅いランチタイムとはいえ、寂しいぜべいび~!

人気店のはずでしょう?

まあ、訪れた時間が遅いので、こんな事もあるのでしょう。

メニューを見ると、何か増えましたかな?

個人的には青海苔つけ麺が食べたかったですね。

何にしようか迷いますが、基本の豚骨ラーメンにしましょう。

いろいろな具材がのった、スペシャル1150円を選びました。

この日は、カメラを持った女性が、ラーメンを撮影していましたね。

雑誌か何かに載せるのかね?

私もこの日、一眼レフを持っていたが、コンデジで撮影です。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただくぜべいび~!








ああ・・・久々のビジュアルだな。

マー油の浮かんだなんつのビジュアルである。

では、まずはスープを事逗ずず図・・・美味しいね。

いつもと変わらない、なんつの豚骨スープは、エグミや豚骨臭さなど皆無。

女性でも受け入れられる、スッキリしながらも、コクのあるスープです。

ところで先日、四日市で博多ラーメンを食べた。

あのスープ、ニンニクありきのスープであったが、あちらも美味しいスープであった。

あちらは直球ストレートで、なんつは私としては、変化球的。

やはり、マー油多めにすれば良かったか?

麺は自家製麺のストレート麺。

コシもあるし、美味しい。

チャーシューはやわらかく、味付け玉子も美味い。

う~ん、なんだろうな?

私の味の好みが変わったのか?

直球ストレートの味が、恋しいな~と思ってしまった。

ニンニクはフライドガーリックがのっていたが、生ではなかったのね。

生がのっていると思い、少な目をお願いしたが、フライドガーリックなら、

話は別でございますね。

間違いなく、美味しいラーメンでございますが、女心の様に、私の味覚というか、

好みは変化したようです。

ごめんね、べいび~!

 

ここで一句

    赤ちゃんも

       味の好みが

           あるのかな?

2018年8月 7日 (火)

伊勢原市 大黒家伊勢原店 青ネギラーメン

652_5
Dscn4444

Dscn4455


Dscn4445


Dscn4449

652_6
Dscn4450


Dscn4451


Dscn4453

また台風か・・・

エルニーニョ現象だか、ハラペーニョ現象だか知らないが、海水温が高い影響か?

8月に入り、トレーニングを開始した私だが、台風のせいでお休みしなければならないな。

トレーニング?まずはウォーキングから。

足腰鍛えにゃ仕方あるまい。

ライザップだか、パテックスだがに行かなくても、焼肉、いや筋肉つけます!

それにしてもユーミン!あの歳であのファッション!

がば!ごぼ!げべ!













世の中には、売れ線というものがある。

陳列棚に売れ線を並べて置けば、間違いない!

ラーメンも同じく、家系と二郎系をメニューにラインナップしておけば、間違いない。

そんな間違いなさそうな店に、私は間違えて入ってしまった。

二郎といえば、私は本店、関内、相模、池袋、新宿に行ったことがある。

二郎もご無沙汰である。

ブログ終了前に、ニンニクマシマシをどこかで食べたいね。

ところで、今回訪れたのは、昨日紹介した「たちばな」の斜め前の店である。

たちばなのカウンター席で食べていると、何気に視界に入り、気になっていた。

ボリュームのある豚バラ飯であったが、ラーメン一杯くらい入る。

私は大黒家にお邪魔した。









店は大きな店だと思うが、店の前の駐車場は車が少ない。

店の壁には、大きなラーメン画像が掲げてある。

二郎系ね、今日はいいわ!w

家系狙いで中に入る。

券売機で食券を買うシステム。

どれにしようか迷うが、青ネギラーメンを選ぶ。

カウンター席があるが、テーブル席に座ってもいいという。

厨房内は一人で切り盛りしてますが、接客もそうなのね。

ていうか、あちらの方でございますか?

恐らく、中国の方と思われる方が、調理と接客で所謂ワンオペですか?

まだランチタイムだと思いますが、頑張りますね!

男性スタッフは私からすると、若い。

食券を渡すとき、味薄目で注文をする。

「半ライスはどうしますか?」

「ください」

暫し待ったのち、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!













メニュー画像と比べると、ネギが一回り少ない気がする。

まずはスープを事逗ず図・・・薄味だが、スープの濃度も薄い気がする。

ネギをスープに浸すと、スープは温くなるであろうが、その前にスープが更に薄くなる。

二郎のスープは当然別だろうね。

一つの店舗内で二種類のスープ、しかし、調理は一人接客も兼ねる。

う~~ん・・・

う~~~ん・・・

スープは店舗内で煮だしているのでしょうか?

卓上のニンニクを入れるが、それほどニンニクの香りは強くないですね。

麺はコシは感じます。

ところで、半ライスは?

半ライスをお願いしたけど、半ライス出てこなかった。

まあ、十分お腹は膨れたので、無くても構いません。

お水はセルなのですが、ジュースのサーバーと兼用。

水はタダだが、ジュースは有料と書いてありましたかな?

やがて完食。

売れ線を並べるのであれば、商品そのものの魅力も大切ですね。

 

ここで一句

    家系か?

        小屋系もある

             気がしたね

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 東京都 演劇 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 居酒屋 | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 茨城県 グルメ | 茨城県 旅行、観光 | 茨城県 海鮮 | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水