フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

東京都 ラーメン

2017年4月10日 (月)

台東区 刀削麺荘 唐家 麻辣刀削麺全部入り

1

Dsc_5589


Dsc_5592


Dsc_5593


Dsc_5594

1_2
Dsc_5595

1_3
Dsc_5598

1_4
Dsc_5599

ああそうか・・

ネットニュースの憶測ぶりに、辟易する。

憶測やうわさをニュースとして流す。

確定事項ではないものを、紙面にする。

それは東スポ以外、考えられない。

不確実なソースは、求めていない。

氾濫する噂や憶測、そしてデマ。

流せばいいという風潮は、ネットの大罪だと思う。








比較的牛かつが軽めだったので、もう一軒行きましょう。

それにしても、昼から飲んでいますね。

御徒町では昼から飲む、夜は寝る。w

花見酒の客も合わせ、よくぞこれだけ昼から飲める者が集まった!

その中に、混ぜてくれないか?w

刀削麺の専門店を見つけたので、話しのタネに入ってみた。

店の前にはメニューがあり、いろいろバージョンがあるようだ。

私は汁無しに興味が行ったが、店のお勧めの麻辣刀削麺の全部入り1000円にした。

全部入りとは、半熟玉子、肉、コリアンダーなどが入った物。

辛くて痺れるとあるが、そんなに辛くはなさそうだ。

中に入ると、細長い店内。

カウンター席のみかな?先客は2名。

券売機で食券を買い、店主に渡す。

すでに1時半近い時間であったが、それほど賑わっていないね。

近所に麺屋むさしの武骨があるが、行列が凄かったの比べると・・・

刀削麺であるが、説明の必要は無いであろう。

麺の玉を特殊な道具で削り、鍋の中に投入するおのである。

ところがこの店、それは無し。

すでに削ってあるものを、袋から出して茹でている。

バーミヤンで似た様なものがあったな。

すると、「パクチーは大丈夫ですか?」とスタッフが尋ねてきた。

「大丈夫」

私は即答する。

私が何故、コリアンダーと書いたかと言うと、パクチーという言葉が流行る前から、

使っていたから。

カメムシみたいな匂いだが、不味い訳ではない。

それほど待たずに刀削麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!









見た目はパクチーラーメンだな。w

パクチーがもっこり、いやこんもりと盛られている。

中から麺を引きずり出すと、ちゃんと削ったもののようですね。

バーミヤンの偽物とは、クオリティーが違います。

赤い唐辛子がまるまる一本、入っています。

まずはスープを事逗ずず・・・エスニック~!!!!

まずは酸味、辛味を感じ、香辛料の自己主張が始まる。

刀削麺は中国料理だろう?四川料理とタイ料理のハイブリッドな味わいだ。

むしろ、タイ料理のような感覚。

麺を口に入れると、ムチムチぷるん!という感触。

悪くは無いが、スープの自己主張が強いので、負け気味かな?

刺激感は適度な辛味と痺れがあるが、それに負けずに酸味やパクチーの香りが来て、

バトル状態の味わい。

個人的には、これなら汁無しの方が面白かったか?と思われるもの。

味付け玉子や角煮の様な豚も、悪くは無い。

食べ進むと、スープの下部には挽肉みたいな物も沈んでいるし、香辛料らしきも沈んでる。

全体的に悪くはないが、パクチーはいらなかったか?

やがて完食。

汗もじんわりと吹き出し、いい刺激です。

今回食べた物に関しては、好き嫌いはハッキリ出るでしょう。

結構、様々な味の自己主張が強いです。

しかし、個性的な味を好む方であれば、ウエルカムでしょうね。

 

ここで一句

     個性とは

       みんなが出せば

              癖になる?

2016年4月 5日 (火)

豊島区 鬼金棒 特カラシビ味噌ラーメン、辛味普通+痺れ少な目

人気店は雨の日を狙え!

Dscn8559

スタッフはお兄さんばかり。

鬼の様な方はいません。

むしろ、客の私が鬼顔。w
Dscn8560

HPではなく、Facebookなんだね。


Dscn8561

シビレを抑え気味に注文をしました。

Dscn8562

味は良い!本当に美味い!味噌ラーメン。

Dscn8564

私がMAXを注文したらどうなるのだろう?

Dscn8565

体中分泌物だらけ?(食事中の方、ごめんなさい)

Dscn8566

毎度の事であるが、辛いものが苦手である。

しかし、凄く辛いものが苦手であって、辛いもの自体は嫌いではない。

またもや池袋に出張でありまして、昼飯を食べる事に。

この日は天気が良く無かったので、客足も鈍るだろうと予測をし、行ったのが鬼金棒。

この店、カラシビラーメンが食べられる、ということで人気のお店。

カラシビとは辛くて痺れるという意味。

唐辛子の辛さと、中国山椒のシビレが味わえるらしい。

店の前に行くと、行列が無い!これはラッキーである。

カウンター席だけの店内だが、空席もある。

これなら待たずに食べられる。

食券制なので、券売機の前に行く。

何にしようか迷うが、悩んだ時はチャーシューメンか特製ラーメンがいいだろう!

左の上には特カラシビラーメン1000円とある。

これでいいか!と思い、それを選ぶ。

「辛さとシビレはどうしますか?」と尋ねられる。

「辛さ普通でシビレ少な目で」

一応、自分的には安全パイと思われる範囲を選ぶ。

店内は地獄の一丁目のかな?w

金棒や鬼の面などがある。

人気店なのだが、キャパが少ないな、と思った。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!









何というか、大盛りを注文しなかったが、1000円分のボリュームはありそうだ。

所謂特製ラーメンなのだが、厚めのチャーシューが2枚、味付け玉子が乗る。

チャーシューは上から見るとそうでもないが、横から見ると極厚である。

まずはスープを一口、事逗ずず・・・濃厚な味噌ラーメン!

背脂味噌ラーメン的な濃厚さがある。

勿論、ダシもしっかり出ており美味い!

辛さは普通だが、私としては許容範囲。

ややドロリとしたスープであるが、なるほど並ぶわけですね、美味い。

すると、口の中に電撃が走る。

味噌ラーメンを食べて初めて感じる「シビレ感」である。

中華街で食べる本格四川の麻婆豆腐の様なシビレを感じる。

このシビレ、少な目で注文したが個人的にはこれで十分。

これ以上痺れると、味が分からなくなるでしょう?

麺は太麺やや縮れ麺。

ゴワゴワした感じの麺なのだが、この麺が美味い。

小麦の美味さというか、甘さも感じられる。

そういえば、基本のスープも若干甘みを感じる。

味噌から来る甘味なのか?背脂から来る甘味なのか?両方か?

チャーシューも肉厚で美味い。

味玉は半熟を少し過ぎた感じだが、スープに浸し食べると美味い。

具には他にヤングコーンや炒めたモヤシなどが乗る。

ボリューム的にも満足!

十分に食べ応えのある量だと思う。

それにしても、汗が出てきた。w

毎度の事ながら、汗を拭きながら食べる。

スープが美味いので、残したくはない。

そして完食。

私としては今回のカラシビ加減で十分!

ボリュームもあるし、満足。

それにしても、夏場には食えないな。

着替えを持って行かないと。w

 

ここで一句

     シビレとは

         電撃だけと

             限らない

2016年3月 9日 (水)

豊島区 無敵家 ねぎ豚麺大盛り

Dscn8236


Dscn8237


Dscn8238


Dscn8233


Dscn8234

Dscn8239


Dscn8240


Dscn8241


Dscn8243


Dscn8244


Dscn8247

さて、昼休みだ。

出張を利用して、東京グルメを楽しみましょう。

東京といえば「ラーメン」ですよ。

お江戸で展開しているラーメン店は、どこも美味しい。

しかし、お江戸のランチラッシュは忙しない。

どこの店にも待ちが発生する。

妥協して空いている店に行くのもいいが、妥協は負組である。w

負け組にならないためにも、少しギャンブルをしてみますか?








無敵家。

池袋では間違いなく大人気店であり、長い行列が出来る店ではある。

そんな店なのだが、限られた休憩時間では長蛇の列に並ぶのは無理だ。

並んでいる間に休憩時間が終わってしまう。

そんな大人気店にも、エアーポケットのような時間帯があった。

私はそのタイミングを逃さず並んだ。

すると、行列はすぐに長くなり、後ろの方では40分待ちとか言われている。

それにしても、フォリナーが多い。

私の前後から中国語らしき会話が聞こえる。

フォリナーたちにスタッフが英語で話しかける。

身振り手振りでメニューの内容を伝える。

するとフォリナーたちも「これこれ」みたいに注文をする。

私も並んでいる最中にメニューを渡され、注文を決める。

チャーシューメンもいいが、ネギ豚麺も面白そうなので、それにする。

大盛りが同一価格なので、大盛りをお願いする。

更に記念撮影も堂々と撮影をし、おかげで私も遠慮なく記念撮影が出来る。

やがて、店内においでおいでと招かれる。

店内はカウンター席がメイン。

久しぶりに無敵家に入ったが、前は窓側のカウンター席であったが、今回は厨房側。

卓上には魚粉や辛し高菜、ジャスミン茶の元、ニンニク、コショウなどがある。

それにしても、店内に入り行列が何故出来るのか分かった。

客の回転が悪い。

食べるのが遅い、ということですね。

フォリナーの皆さん、グループ単位でいますので、全員食べ終えるまで待っています。

それでも、マナーは良かったですね。

私の場合ですけど。

ラーメン博物館でのフォリナーの皆さんは、記念撮影大会で、やかましいのなんの。

人が食べていても、横で「いえ~~~い!」とばかりにはしゃぎまくり。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











ネギ豚と言うほどネギが多いとは思わないな~。

豚は面積は狭いが、厚みは結構ある。

角煮に近いボリューム感がある。

海苔に文字が書いてあるが、これはカルシュームを利用した物。

安心して召し上がれ。w

まずはスープを事逗ずず・・・う~~~~む、美味い!!!!!!!

豚骨の旨みが凝縮されている。

トロリとした粘度も感じさせる。

豚骨のクセなどが無い訳ではないが、濃厚なコクと旨味が「おお~!」と唸らせる。

塩加減は私としては標準。

次に麺をいただく。

麺は中細と中太の間?何とも微妙な線の太さである。

啜ると、麺の表面がツルンとしており、意外だな?と思わせる。

これだけ麺の表面がツルツルだと、スープを纏わないと思うのだが、

スープに粘度がややあるため、そのためかもしれない。

個人的にはこの麺でこのスープ?みたいなものはあるが、不味い訳ではない。

チャーシューというか、角煮の様なものは食べ応えがあり、価格に見合う分の物はある。

やわらかく煮こまれたそれは、味わいも申し分ない。

卓上にニンニクがあるが、会議なので控える。w

その分、辛し高菜を投入し、味にアクセントを加える。

大盛りを注文したが、麺量は230gということ。

まあまあのボリューム感。

やがて完食。

うん、やっぱり美味い!けど並びたくない。w

私が食べ終えても、私の後ろのフォリナーの皆さんはまだ食べていた。

私は早食いが出来ないのだが、その私より遅いか?

客がすべてジャパニーズだった場合、行列の長さはどうなんだろうか?

そんな事を考えた。

 

ここで一句

     行列に

        ガイジン枠を

             設けては?

2016年1月20日 (水)

豊島区 やすべえ つけ麺中盛り

Dscn7427


Dscn7428


Dscn7429


Dscn7430


Dscn7432


Dscn7433


Dscn7434


Dscn7435


Dscn7437


Dscn7438


Dscn7439

やはり、東京に来たらラーメンを食べないと!

色々ご当地ラーメンとか全国各地に美味しいラーメンはあるが、東京ですよ。

東京ほどバリエーションが豊富で、美味しいラーメン店が多いところはないですよ!

池袋もラーメン激戦区で、行ってみたい店が多い!

そんな激戦区で、超久しぶりに行きたい店がある。

無敵家である。

豚骨ラーメンの店なのだが、確か、約20年前に食べたのかな?

美味い!と思いつつも、大勝軒、べんてんに通い続けましたね。

早速店に行ってみると・・・すげぇ~~~行列!

パッと見て、20m位行列が出来ているかね?

凄い人気だね!しかし、待ちきれないよ!出張だし。w

仕方がないので、諦める。

いろいろ面白い店があり、入ってみたいな~。

だが、時間的に制限があるので、行列の無かったやすべえに行く。

これで2度目ですね。

濃厚豚骨魚介系とは一線を画すつけ麺なので、ここにしましょう!

店に入ると、大盛りまで統一価格。

当然、大盛り760円を選びたいのだが、お好み焼きが・・・w

中盛りにして、食券を渡す。

店内は満席。

カウンターのみの席になる。

隣との間隔が後ろから見ると、狭く感じるが、密着するようなことは無い。

やがてつけ麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!










やはり、大盛りを選べば良かったか?

目の前の中盛りは、楽に完食出来そうだ。

隣は並を選んだようだが、少ないね。

今回はシンプルにつけ麺を選びました。

いつもならチャーシューとかトッピングを選びますが、今回は無し。

では麺を浸しいただきます。

ズルズル・・・うん、美味い!

太麺がシャバシャバのスープを纏い、美味い。

つけ汁は私としては、懐かしき大勝軒リスペクトを感じさせる。

麺は大勝軒より間違いなく太い。

しかし、その麺は緩い起伏が存在し、つけ汁を纏う。

つけ汁は白濁したスープに、醤油ダレが混ざるのだが、醤油感は薄い。

甘さを感じ、好みで酢を垂らしても良いかもしれない。

だが、このつけ汁は前回そうだったが、アツアツとは言い切れないもの。

ヌルイとは言わないが、個人的に最初の一口、二口は熱いね!と思いたい。

つけ汁の中には短冊状のチャーシューが数切れ沈む。

すると、隣の客が麺に魚粉をまぶした。

卓上には魚粉と玉葱のみじん切りが置いてある。

それらは自由に使っていいのだが、その代りというか、豆板醤、ニンニクは無い。

豆板醤が欲しければ辛つけ麺がある。

次回、辛つけ麺もいいかもしれない。

ピリ辛程度なら、私も好きな味だ。





私も真似て魚粉を麺に絡める。

うん、香ばしさと旨味があるね。

やがて完食。

スープ割を所望すると、腹は満腹。

何だかんだ言っても、美味い!

濃厚豚骨魚介系に飽きた方とかに、いいかもしれませんね。

私自身も好きな味です。

次回は辛つけ麺ですが、近くに蒙古タンメンがあるね。

あそこは無理だ!w

 

ここで一句

    大盛りを

       食べずに券を

           押すなかれ?

2015年4月 5日 (日)

台東区 えぞ菊 御徒町店 味噌チャーシューメン+餃子

Dsc_1691


Dscn4855


Dscn4857


Dscn4858


Dscn4859


Dscn4860


Dscn4862


Dscn4865


Dscn4866

私は人ゴミに押されるように、上野公園を出た。

「食事をしよう」

時刻は2時になっていた。

しかし、上野公園周辺は勿論、上野駅周辺からアメ横まで、人ごみは連なっていた。

どこの店も行列が出来ている。

「こんな店まで!」と言っては失言になるかもしれないが、どの店も客であふれる。

このままでは昼飯難民になってしまう!

私は朝飯代わりに、野菜たっぷり味噌ラーメンを食べていたのだが、やはり腹が減る。

どこで食べようか探すうちに、御徒町駅まで来てしまう。

その時、脳裏に浮かんだのが「えぞ菊」。

「えぞ菊か・・・何もかも皆、懐かしい・・・」

昔、ラーメンと言えば味噌であった。

味噌ラーメンがラーメンだと思っていた。

そんな私が美味いと思ったのが、えぞ菊の味噌ラーメン。

先代が御健在の時は、本当に良く食べた。

そんなえぞ菊のラーメン、10年以上の時を経て、再訪問となった。








えぞ菊の本店は高田馬場になるが、高田馬場の店は1回しか行っていない。

何故か?べんてんが好きだったので、高田馬場と言えばべんてんである。

今回、行ったのは御徒町店。

この店を贔屓していました。

店内に入ると、何となくこんなレイアウトだったよな~、と思いつつ、満席。

3人待ちの状態だったが、適当に待つ。

すると、注文どうぞと聞いてきた。

平日限定のセットを注文するが、やってないと言われる。(日曜日だから)

私はメニューの中から、あるメニューを探していた。

(ヤングラーメンがない!)

えぞ菊で一番食べたのが、ヤングラーメンである。

ペヤングラーメンではない!ヤングラーメンである。

麺が大盛りで、具なども多めになると、確か記憶にある。

ヤングという言葉が死語に相応しい今、メニューから排除されたか?

困った時はチャーシューメン!

私は味噌チャーシューメン1000円と餃子450円を注文する。

やがて席が空き、椅子に座ると、スムーズにラーメンが提供される。

時間差で餃子も焼きあがる。

記念撮影をし、いただきま~す!



懐かしい外観であるが、チャーシューの存在感が凄いな。w

厚みが薄いけど、チャーシューメン!!!という存在感が素晴らしい。

まずはスープを事逗ずz・・・うん、美味しい!!!あの時の味や!

スープは分厚いラードの膜などは無い。

味噌の味わいも濃すぎることもない。

キレのいい味噌の風味の中に、僅かに感じる甘み。

誰にでも受け入れられる、オールマイティーな風味。

ダシもしっかりと抽出されているが、奥からじんわりと感じるコクがある。

麺は中太縮れ麺。

しかし、縮れは強いものではなく、ふんわりウエーブという感じでしょうか?

表面はツルンとした印象ですが、これが不思議とスープの絡みがいい。

今回は普通盛ですが、ボリューム感はあります。

炒めたモヤシ、メンマなどはたっぷりと盛られています。

チャーシューは元々1枚入っていますが、トッピングチャーシューなので、6枚入りになる。

チャーシューはやわらかく煮こまれ、味付けも濃すぎることは無い。

塩や醤油ラーメンもあるので、極端な味付けはされていない。



次に餃子を食べる。

私はえぞ菊の餃子が好きで、ヤングラーメンを注文した時でも、餃子を注文した。

昔のえぞ菊の餃子と言ったら、焼き目がパリッ!としてなかなかジューシーだった。

今回も焼き上がりは良い色である。

まずは酢だけで食べてみる。

モグモグ・・・うん、美味い!!!

餃子は餡もびっしり入っていて、なかなかジューシーである。

皮はしっかり感を感じる。

焼き目の芳ばしさはたまりませんね~。

餃子は大きい方では?

なかなかボリュームがあると思います。

餡の味わいは、野菜と肉の旨みを程よく感じます。

軽すぎず、重すぎず、味付けもタレを付けなくても良い位、しっかり感があります。

これでビールが飲めたら最高でしょうね!

昔は、東京出張などの帰りに寄り、ビールを飲んだ。

電車で帰るので、安心してビールを飲み、餃子をツマミ、ラーメンで〆る。

それが出来たんだな~。

今回は車だからビールはダメ!

スープは残したものの、完食。

隣の客はスープ完飲でした。w

何というか、久々に食べましたが、変わらぬ老舗の美味さに感動というか、浸るというか。

ヤングラーメンが無くなったのは、ある意味寂しいですが、味は変化を感じなかった。

餃子も「ああ、、、こんな味だったよな」と感慨深いものが。

御徒町界隈、行きたい店が沢山ありますが、また、えぞ菊に寄るかも???

 

ここで一句

    懐かしさ

       麺と餃子に

            詰まっている

2014年3月23日 (日)

豊島区 蒙古タンメン中本 池袋店 蒙古タンメン

069

070_2

072

073

074

私は辛いものが苦手。

食べることは出来るには出来る。

しかし、体が猛烈に拒否をする。

胃に入れると、一刻も早く体外に出そうと体がアクションを起こす。

そんなわけで、私にとって辛いものが売りの店は鬼門中の鬼門。w

蒙古タンメン中本も、食べたいが行きたくない店だった。

勿論、辛くないメニューもあるので、それを注文すればいいのだろうが、

それではその店の魅力など、語れるわけもない。

そんなある日、池袋に行かなければならなくなった。

1日拘束されるわけでもないので、自由に食事をしようと思い、中本にした。

蒙古タンメンを食べるために、ハンドタオルを準備し、発汗対策もしっかりやった。



私としては緊張感に包まれていた。

激辛ラーメンを自分から進んで食べようというのだ、緊張しないわけがない。

店への階段を上り、入店する。

私は店内とスタッフをにらみつけると、着席しようとした。

「お客様、食券を購入してください!」

スタッフはさわやかな表情で私に言った。

あ、そう・・・

私は券売機の前で考えるが、蒙古タンメンを選び食券を渡す。

さほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








初体験の蒙古タンメンであるが、ボリューム感はない。

何となくこじんまりした感じがある。

まあ、これは普通盛なので、大盛りはどうなのであろうか?

蕩けるほど煮込まれた野菜と、マーボー餡が丼ぶりを半分づつ埋める。

何はともあれスープを・・・事逗ずずずz頭z・・・美味いね。

味噌ラーメンですね。

スープ自体は辛くなく、マーボー餡が辛味の元のようです。

スープそのものはインパクトのあるものではなく、ライトな印象がないでもない。

面倒なので、マーボー餡をスープに溶かし込み、ぐちゃぐちゃにして食べる。

辛いけど、そうでもないね。

ぷぷぷぷぷぷぷぷぷ・・・この程度か?

蒙古タンメンの辛さとはこの程度の辛さなのか?

今まで尻込みしていた自分が情けないわ!





私はこの店を過剰演出していたらしい。

こんなの激辛ではない!





ん?

汗か?


頭のてっぺんから汗が出てきた。

それとともに私の唇がタラコに変化してきた。

ぐぐぐ!!!直撃型ではなく、後半捲り型か?

なんだよ、辛いじゃん!

汗が止まらなくなってきたぞ。

冷房が店内には効いていたが、俺は効いてないよ~~!w

マジで汗が止まらない!

体が拒否をしている!

俺の体が拒否権を行使している!

ウマ~~カラ~~ウマ~~カラ~~カラ~~!!!

蕩けた野菜も、麺もスープも何もかもが辛い!

このラーメンの詳細を語りたいが、辛くて美味いしか言えない!!


言えないよ~~美味いなんて~~何よりも舌がマヒして~~

ヒロミ郷だな。w

スープの完飲はやめた。

店を後にすると、汗シミだらけのワイシャツがキモイね。

その日、池袋はお祭りだった。

2013年9月、その日は少し、涼しい日だった。

 

ここで一句

 

     どうせなら

 

          真夏に食えば

 

                 健康か?

 

 

 

 

2014年3月18日 (火)

豊島区 流星ラーメン 味噌ラーメン、モヤシ大盛り

Original


Original1


Original2


Original3


Original4


Original5


Original6

池袋の西口って立教があるじゃない。

そのせいかもしれないけど、学生街だと思っていたわけよ。

ず~~~~~っとね。

駅出て、右の方に行くとガラリと変わるね。w

あ~そう~~、こんなのがあるんだ!ってね。

なんか知らない人生を歩んで来たというか、遊びを知らないというか・・・w

昔はドキドキしながら店の前を通り過ぎたのが、今では何の感情も無し。

どんなうたい文句の風俗店も、なんの興味も無し。

男は少しスケベなくらいが、丁度いいと思っているが、何なんだろうね~、自分は?

ピンクの看板にそそられない様では、オレも終わったかな?





ん!!!なんかそそられる看板を見つけたぞ!

店の名前は・・・流星ラーメン!

なんか20年ぐらい前のラーメン本で見た様な気がするぞ!

昔、環七の土佐っ子ラーメンに通っていた頃の記憶だ!

なんか無性に食べてみたいじゃん!w

風俗の客引きの誘惑に負けず、私は流星ラーメンに入店した。



いらっしゃ~~い。

まだ昼時なのだが、客は私の他に一人。

ご夫婦二人で切り盛りをしているようだが、ご主人は店の奥で待機していた?

メニューを見ると味噌ラーメンがお勧めの様である。

味噌ラーメンを注文するのは決めたが、普通に味噌!では済まないのが私。

ここは何か違う物を・・・モヤシ大盛り100円?よし!これにしよう!

私は味噌ラーメンモヤシ大盛り800円を注文した。

私の注文を作っているうちに、先客は退店。

店内は私だけになった。

・・・沈黙が店内を包む中、ラーメン登場。

記念撮影をし、いただきま~す!






う~~む、確かもやし大盛りのはずだが・・・

う~~むむむ・・・これで大盛りか?

自重気味と言うか、遠慮がちというか、期待していた物と違うな。

まあいい、まずはスープをズズ頭図っず・・・美味いね。

ほどほどに抽出されたダシ加減、これまた自重気味の味噌加減。

すべてが遠慮がちの味噌ラーメン。

私の記憶の中ではえぞ菊の味に似ているが、例えられた方から苦情が来るかな?w

味噌の風味は、控えめである。

味はショッパイことはない。

作り手の年齢に応じた、シツコク無い食べ易いもの。

インパクト重視な方には当然、物足りないであろうが、酒の〆でも良い味わい。

麺はやや細麺と言ったところか?

多少の縮れ、捩れがある。

食べてみると加水率がやや高めかな?

ちゅるんとした滑らかさを感じる。

滑らかな分、スープの纏わりが悪い気がするが、そこは捩れ、縮れがカバー。

チャーシューは2枚乗る。

こちらは可も無く不可も無くと言った感じか?ジスイズチャーシューという感じ。w

メンマも味の濃そうな色合いだが、そうでもない。

モヤシは本当に何とかならないかな?

せめて山盛りと言えるぐらい、盛ってほしいね。

しかし、なんだかんだで完食。

店をあとにすると、ピンク色の看板に更に興味が無くなっていた。w

ここで一句!

     客引きが

         いない店なら

              安心だ?

2014年3月16日 (日)

豊島区 つけ麺屋 やすべえ池袋店 味玉チャーシューつけ麺

Original


Original1


Original3


Original4


Original5


Original6


Original7

池袋の東武デパートで食事をしようとした。

レストラン街をうろうろして品定めをしたが、決まらない。

訳の分からぬ入り難さが、何故か私にはある。

どうにもテナント代やなんやらで高い!少ない!コスパ悪い!という先入観がある。

昔、どこかのデパートのレストランで生姜焼き定食を食べたら、ペラペラの肉が3枚で、

サンプル通りの盛りだが、詐欺じゃね?と思った事がある。

五目ラーメンがカマボコ、ワカメ、チャーシュー、玉子、メンマで五目!なんてのも・・・

結局、どこにも入らないで、出て来た。w

それに引き換え、ラーメン屋の入り易い事!w

長蛇の列が無い限り、すいすい入れるのがラーメン屋。

出張を終え、池袋でランチでも!と思った時に見つけたのがやすべえ。

「おお!ここがやすべえか?」

噂には聞いていたが、何度も池袋に来ていながら、やすべえには未訪問。

見たところ行列も無いし、ずさーー!と入店。

券売機でつけ麺を選択する。

トッピングもいろいろあるが、ここは定番のチャーシューと味玉のセットにした。

全部で970円。

因みに麺の量は並盛りから大盛りまで同一価格。

この場合、大盛り以外は損!と思った方がいいのか?w

因みに中盛りを選択した。

麺の量は330g、私としては腹八分目に余裕で収まる量だ。w

食券をスタッフに渡し、カウンターに座る。

卓上には玉ねぎや魚粉などがある。

ローテーションの関係で少し待ったが、つけ麺登場。

記念撮影をし、いただきま~す!



盛り付けはなかなか美しい。

チャーシューが花弁のように飾られ、玉子が艶やかでもある。

麺も綺麗に揃えられる様に盛られている。

因みにこの盛り付け、トッピングによって違うようだ。

別皿で提供されているのもあった。

つけ汁は濁った醤油ベースの模様。

茶褐色とか飴色と言ったほうがいいかも?

では太麺を浸し、啜ります。

ズルズルチュルチュル・・・う~~む、美味い!

それと共に、東池袋大勝軒がオーバーラップする。

根底にあの味があり、それが大幅なグレードアップをしたような・・・

それはまるで仮面ライダー1号の技、2号の力を合わせ持ったV3のような・・・
(最近導入されたパチンコの影響でこのような表現になりました)

麺は極太と言う表現が相応しいかもしれない。

モチッとしながらもシコシコ感もある。

喉越しは跳ねるようにチュルンとした気持ちよさがある。

つけ麺が売りの店なので、麺に関してはハイグレード。

喉越しや食感は勿論だが、噛み締めて広がる麺自体の旨味も良い。

肝心のつけ汁だが、昨今のつけ汁激アツタイプと比べると温め。

いや、これヌルイでしょう?

私のだけがそうだったのかね?

そんな事は無いと思うが、意外なほど温く感じた。

トッピングのチャーシューやら玉子やら入ったためかな?

ただ、この温さが大きなマイナスポイントかというと、そうでもない。

美味いんだよね、つけ汁。

しっかりと素材の旨味が抽出されたそれは、肉系と魚介の旨味がいいバランスである。

濃厚豚骨魚介系とは明らかに違うそれは、インパクト重視と言うよりも、

味わい重視とお見受けしましたが、どうでしょうか?

ガツガツ麺を喰らう!というよりもあくまでもハーモニーを楽しむもの。

この方向性の根底に、昔の東池袋大勝軒を思い浮かべたのだ。

醤油ダレの風味を生かしたつけ汁に、太麺を浸し啜ると、なんかニヤけてくる。

なんかこのつけ麺、美味いよな。

そんなニヤけた感情が浮かぶ。





ここでチャーシューを食べてみる。

バラ巻きタイプのものであるが、割と厚みはある。

それが3枚。

ちゃーしゅーつけ麺だと300円アップになるが、5枚になるのかな?

初訪問ゆえに、その辺の詳細は不明である。

口に入れると肉の旨味が来て、美味い。

過度な味付けはされておらず、やわらかい食感と肉の味を楽しむもの。

ブランド豚を使用しているとは思わないが、満足度が高い。

半分ほど食べたところで、卓上の玉ねぎやら魚粉を投入。

玉ねぎのみじん切りの投入は特に何も感じなかったが、

魚粉投入は明らかに、風味があがった。

更にここで酢を少々投入すると、あ~やはり大勝軒を思い出すな~。

すべてを食べ終えたところで、スープ割を所望する。

忙しい中でもスタッフは的確に素早く、割スープを持ってきた。

ん?割スープは蕎麦つゆ入れで提供された。

これを自分で好みの量に・・・全部入れるに決まってるだろ!w

このスープ割を飲む時が、つけ麺の余韻を楽しむ瞬間だよな。w

完食し、店を後にしようとすると、店内には待ちが発生していた。

たまたまタイミング良く、入店したが、普段はやはり待つのであろうか?

美味いラーメン店がひしめき合う東京であるが、美味い物は並んでも食べたい!

そんな欲求に合致する店の多さに、地方の田舎サラリーマンは、

わずかでも嫉妬心を抱かずにはいられなかった。

因みにアツ盛りもやっているようなので、次回は是非、アツ盛りを食べてみたい!

(また敦盛論争が起きるかな???)

ここで一句!

      つけ麺は

          〆の割まで

               お楽しみ!

2013年12月19日 (木)

江東区 らーめん酒房GOCHI コクうま味噌らーめん

Dscn9561


Dscn9563


Dscn9564


Dscn9565


Dscn9566


Dscn9568_2

正直に言います。

東京モーターショーには3回行きました。

車もコンパニオンもすべて含めて、1100枚以上撮影しました。

ひとつのイベントでこんなに撮影したのは人生初ですし、この先、もう無いと思います。

ところで、毎度のことですが、イベントと食べる歩きは別に考えています。

イベントはイベントで集中することにしています。

でも、腹は減る。

ビッグサイトの帰り、空腹に耐えかねた私は、駅近くのビルの壁面に、

この店の看板を見つけ、行ってみました。




店の名前はらーめん酒房GOCHI(ゴチ)。

名前からすると、居酒屋風のラーメン店かと思いきや、店内に入ると意外とお洒落?

小さなテーブル席がずらりと並び、一瞬Caféか?という印象。

訪問時、2時を過ぎていたが、イベントのおかげなのかほぼ満席。

私は一人だったので、カウンターに案内された。

カウンターは全部で5~6人ぐらいか?

俺しか座ってないね。w

何故かカウンター席周辺はごちゃごちゃした感じ。

カウンターに座ると、ラーメン屋だな~と思う。

隣にはレジスターもあるし、従業員のロッカーらしきものもあるし、

こちらは余程の事が無いと使わないのか?w

まあ、カウンターは予備席扱いなんだろうね?w

注文したのは味噌ラーメン。

他にもつけ麺などがあるが、コクウマ味噌ラーメンにチャーシューをトッピング。

全部で1050円。

まあ、それにしても忙しそうだね~。

注文、片付け、レジなど、男性スタッフ4人かな?フル回転だ。

やがて・・・しばし待たされラーメン登場。

記念撮影をし、いただきま~す!







チャーシューはペラペラだが、大きく5~6枚入っているな?

あとはモヤシとメンマが目立つぐらいか。

まずはスープをズズずず頭図事ず・・・美味いね。

コクウマとあるが、確かにコクを感じる。

コッテリした物ではないが、ベースのスープが良い為かも知れない。

次に麺を啜る。

捩れて縮れた中細麺は札幌西山製麺の様な感じ。

スープを纏い、これはなかなかいい。

チャーシューはなかなか食べ応えがある。

トッピングとして200円だが、この内容ならいいかもしれない。

それにしても、ラーメンの味の印象より、客の出入りの多い、入り口付近に座らされ、

隣にレジがあるから、勘定待ちの客が待っている。

なんか久しぶりに落ち着かないね。

一人で来る客が少ないのか、ず~っとカウンターは私だけ。

複数人数の客は外で待ち。

なんだかんだで食べ終えたが、悪くは無い。

まあ、この周辺でラーメンを食べるのであれば、味に不都合は無い。

だが、味の記憶が薄れてしまう環境は困ったものだ。





所で帰路、やはり港北あたりで眠気が襲ってきました。w

 

ここで一句

      味よりも

         人が気になる

               席の位置

2013年8月31日 (土)

豊島区 馳走麺 狸穴 辛つけ麺

PhotoDscn8974

Photo_2

Dscn8972


Photo_3

Dscn8975

Photo_4

Dscn8977


Photo_5

Dscn8978


Photo_6

Dscn8981


Photo_7

Dscn8983

今年の日テレの大晦日は、「笑ってはいけない○○」だろうな?

紅白歌合戦の裏番組として民放№1の視聴率らしいが、マンネリ感があるのも確か。

そこで、デーさん考えました。

今年の笑ってはいけないシリーズの企画を。

それは・・・






「笑ってはいけない宝塚」

どうよ?宝塚で笑ってはいけないは?w

レスラーの蝶野が宝塚の姿で現れ、山崎をしばくって?

どうよ?熱心な宝塚ファンからクレームがバンバン来るかもしれないが、

年に一度の打倒紅白の大義名分の中、やってみては?

もう一つある。

それは・・・





「笑ってはいけない吉本興業」

どうよ?菅ちゃんどうよ?w

どうよ!どうよ!イケてるだろう?

吉本興業社内で笑ってはいけないをやっては?

灯台下暗しではないが、笑ってはいけないをやるにはこんなにうってつけの所は無い!w

ええん?どうする菅ちゃん?大晦日に向け、悩んでいるだろ?

吉本興業社内なんて、今まで考えられない仕掛けが出来るぜ!

おいしい~ぜ!楽しい~ぜ!菅ちゃん!!!

今年の大晦日、大いに楽しみだぜ~。

ほんと、どうよ?菅ちゃん!デーさんのアイディア使えるだろう?

さて、池袋まで来たか。

どこに行きましょうか?

東京といえばラーメンですよね。

なんだかんだいって、東京のラーメンは日本一ですよね。

そんな訳でまた狸穴に行きました。

美味しいラーメンが沢山ある東京なのに、私が行くのはべんてん、二郎本店ばかり。

でも、狸穴もこれで3回目、お気に入りのブックマークですね。w

何しろ初訪問が蕎麦でしたからね。w

つけ麺を食べるつもりがつけ蕎麦でした。

あれ以来、私は狸穴のレポを書くときは業界用語的表現をしていますが。w

訪問時は14時近い時間でした。

お店の入っているビルの修理なのか、足場が組まれていましたが、営業中。

券売機の前で悩む前に、お店の外にあるメニューボードを眺め、品定め。

蕎麦を食べ、つけ麺を食べたので残るは中華蕎麦と辛つけ麺の2つ。

この日は、空気がからりとし、気温も低めで発汗は少ない方でした。

そこで、思い切って辛つけ麺大盛り880円を選択。

店内に入ると食券を購入しますが、丁度満席。

表のベンチで数分待つのちに客が一人お帰り。

涼しい店内でつけ麺を待つ事5分くらい。

やがてつけ麺登場、記念撮影をし、いただきま~~す!











つけ汁の中にポツンポツンと赤い物が浮いている。

良く見ると、唐辛子の破片と言うか、刻んだものというか。

もっと、真っ赤かなつけ汁をイメージしていたが、少々拍子抜け。

しかし、大きな安心感が起きたのも確か。

(激辛ではなさそうだ・・・)

少々茶色がかった太麺ストレートをつけ汁に浸し、啜る。

ズズずずズルズル・・・むほ~~~~ウマ~~~~~い!!!!!

濃厚豚骨魚介系の範疇であるつけ汁であるが、嫌味や臭みなどなく、

濃厚ではあるが、受け容れ易く親しみやすいものである。

そんなつけ汁を証明するように、私の隣には若い女性2人がつけ麺を堪能していた。

ところで、肝心の辛さであるがピリ辛では無い。

ピリッとしたあとで、少々ヒリヒリした辛さが残る。

あくまでも私としての辛さ基準であるが、問題なく食べられる辛さであるが、

口の中にいつまでも辛さが残るかな?と思える物。

勿論、激辛ツウにしてみれば、「おまえの舌はおこちゃまか?」となるだろうが?w

辛口とはいえ、とろみの付いた濃度の高いつけ汁に負けじと麺も美味い。

太麺ストレートであるが、厳密に言えば非常に緩やかなウェーブがある。

全粒粉と思われる色合いの麺の歯応えはカタイ。

しかし、単純にカタイでは済まされぬ弾力感があり、噛み応えの楽しさと、喉越しがある。

器にこんもりと盛られた麺は特盛りまで同一価格。

ならば当然、特盛りを注文したいのであるが、小田原でまかない丼を入れた腹には、

特盛りの麺量は少々辛い。

やはり、人間余裕を持って完食出来る分量が美味しく感じる範囲。

だが、いつかは特盛りを完食したいですね。

それにしてもこの麺、エッジがピーンと立っていますね。

まるで、讃岐うどんの様なアプローチです。

咀嚼すると小麦の美味さが広がり、チュルンと飲み込めば心地よい喉越し。

つけ汁の底にはナルト、肉など具材が少々。

いつもの私ならチャーシューつけ麺とか特製を選ぶはずなのだが、この店は

麺だけでお腹がいっぱいになるので、他のトッピングは考えず。

麺を食べ終えたところで、スープ割を注文。

すると、つけ汁の中には柚子が浮かび、最後まで飽きさせず、味わえる。

う~~~~~む、満足。

さあ、本社の会議室に行くべ。www

 

ここで一句

    穴の中

       手を突っ込んだら

               泥だらけ?w

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水