フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

静岡県 グルメ

2018年5月20日 (日)

伊豆の国市 伊豆之助 でんでん天ぷら定食

Dscn3563


Dscn3562

111
Dscn3551


Dscn3552

111_2
Dscn3555


Dscn3558


Dscn3559


Dscn3560

111_3
Dscn3561

何かいろいろと忙しくなりそうである。

私の事ですが。

それはそれで、良い事なのかもしれませんが・・・











この日、どこで何を食べようか?

そんな事を考えながら運転をしていた。

特派員から、「沼津の魚河岸流れ寿司どうよ?」と以前勧められたのだが、

私は清水ドリームプラザの店で、それほどいい印象は無い。

そう書くと、悪かったのか?と思われるが、価格的にあら~そうなの~?という印象。

つまり、結構いい値段だったな、という事。

大仁の流れ寿司に入ろうか悩むが・・・やめた!w

そのまま車を走らせると、伊豆之助に入る。

丁度、開店時間だったので、客は私一人だけ。

毎度の事ながら、入口にお品書きがあるので、それを見る。

でんでん天ぷら定食?

鯵アジ定食か鰯のフライ定食にしようかと思ったが、でんでんですか?

でんでんと言えば、お笑い芸人ですよ。

ええ、私も古い人間ですので、でんでんといえばお笑いスター誕生ですか?

知らない方は全く、知らないし、知っている方は、ああ・・・!!と思うでしょう。

そんなお笑い芸人の天ぷら定食ですか?

店内に入ると、お品書きなど一部リニューアルをされていた。

「すいません、でんでんって何ですか?」

私は奥様に尋ねる。

「シロムツの事です」

シロムツは、相模湾で獲れる魚ですね。

私としては、シロムツなら・・・あ~~なるほど~~と思いますが、でんでんでは通じない。

シロムツをでんでんって言ったことなど、一度も無い。

まあ、これは地域性の問題ですが・・・

私はでんでんの天ぷら定食1000円を注文する。

それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











シロムツが3匹にしし唐、舞茸、南京の天ぷらが付き、小鉢として玉子焼き、奴が付く。

味噌汁はワカメだが、桜海老らしきものが浮かんでいる。

では、さっそくシロムツ事でんでんをいただきましょう。

アツアツの天つゆに、大根おろしと生姜を入れ、でんでんを付けます。

モグモグ・・・あふ~~~!!!アツアツでホクホクで美味い!!!!!

でんでんの身は、ばらけやすいので、食べ方を注意しなければならないが、

白身魚でありながら、旨みもあり、これは美味しい!!!!!

キスよりも、個人的にこちらの方が好みかもしれない。

あ~~~美味いわ~~~!!!!!

冷や奴には、醤油を少し垂らし食べる。

厚焼き玉子はしっかり感がある食感で、美味い。

しし唐も、南京も、舞茸も美味しい。

天つゆは品の良い味で、淡白なでんでんの味を損なわない。

私は、白飯を搔き込み食べる。

2匹目、3匹目とでんでんを食べる。

小骨があったのは愛嬌ですね。

ホクホクの身は美味いな~~~!!!

今度、どこかでシロムツの天ぷらがあったら、それを注文しよう!

味噌汁も一般的な美味さでした。

やがて完食。

でんでんの天ぷらは、美味かった!!!

同じものをまた、食べたいです!

でんでんは煮魚が一般的だけど、天ぷらは最高です!

 

ここで一句

    シロムツが

       全然知らぬ

            名前とは!

2018年5月19日 (土)

沼津市 愛鷹PA上り The・黒はん丼

111_16
Dscn3539

Dscn3540


Dscn3542

111_17
Dscn3544


Dscn3545

111_18
Dscn3546


Dscn3548


Dscn3549


Dscn3550

遠出をしたので、もう一軒行きましょうか?

しかし、ランチタイムを過ぎていたし、すでに高速道路上である。

私は愛鷹PAに立ち寄ると、フードコートをチラリと覗く。

あらま!黒はん丼ですって!あらあら・・・おやま~!

これなら、読者様も「それはなんだべや?」と興味をお持ちになるでしょう。

アタシはね、券売機で黒はん丼をぽちっとな!としたのね。

価格は610円なのね。

安いのか高いのか分からないわ。

やがて、おばちゃまが「Aの56番!Aの56番!」と呼ぶのよ。

なんか、刑務所の中みたいじゃない?

刑務所に入ったことは無いけどね。

な~んだ!アタシのことね!と思って、丼ぶりを取りに行ったのよ。

「ご飯に味が付いているので、そのまま食べて」というのね。

あら~、味付きなんだ~と思ったわ。

一応記念撮影をして、お手手のしわとしわを合わせて、いただきま~す!










しらす丼でもいいんぢゃね?

黒ハンペンは一口サイズになっていたわ。

では一口、モグモグ・・・黒ハンペンのフライだけど、味付けは天丼みたいな味付け。

アタシは静岡県人だけど、ハンペンと言ったら白くて厚くてふわふわのやつね。

黒ハンペンは、ブログであちらこちら出掛けるようになり、静岡で食べる事が増え、

へ~、そうなの~~と言う感じで、食べたわ。

白いハンペンと違って、しっかりした食感と素材の魚介の旨みが特徴ね。

全体的にもっさりした味わいね。

何か刺激が欲しいわ。

個人的に、生姜やワサビをベースにした丼ツユでもありぢゃねえのかな?

釜揚げのシラスも淡白な味わいだし、何か薬味か何かで刺激が欲しいわ。

逆にフライをソースで食べさせてもいいかもね?

この辺は、それぞれ好みがあるだろうから、そういうチョイスが出来てもいいわね。

ご飯の量が多い方だと思うわ。

この前に、余脂肪ラーメンを食べたから、少し苦しいかもね。

やがて完食。

食べ終えてから、七味をかけても良かったか?と思ったわ。

 

ここで一句

    黒よりも

       白が好かれる

             ハンペンは?

2018年5月15日 (火)

伊東市 とんかつ きぬ山 特ロースかつ定食300g

223
Dscn3522

223_5
Dscn3523

223_3
Dscn3524

223_4
Dsc_5176

223_6
Dsc_5174

223_7
Dsc_5177

223_8
Dsc_5178


Dsc_5180


Dsc_5182


Dsc_5183


Dsc_5184

223_9
Dsc_5185


Dsc_5186


Dsc_5187


Dsc_5188





Dsc_5189


Dsc_5190

223_10
Dsc_5199


Dsc_5194


Dsc_5195

223_11
Dsc_5196


Dsc_5197


Dsc_5200


Dsc_5202


Dsc_5205

223_12
Dsc_5206


Dsc_5208

今回の店の存在を知ったのは、約1年位前であろうか?

何気にネットで検索をして、見つけたのだが、見つけたらすぐに行けばいい!

と、思われる読者もいるであろう。

赤のれんに3回も4回も行くのであれば、先に行けばいい!と思うだろう。

私はあまり、トンカツは食べない。

己のブログを遡ってみても、カツカレーは1年に2~3度食べる様だ。

とんかつ専門店に入っても、まともにトンカツ定食を注文していない。

何故か?

それはやはり、我が実家に問題がある!としか言いようがない。

以前もどこかで書いた気がするが、母親は子供たちにトンカツを食べさせなかった。

母親の手作り餃子、コロッケ、春巻きなどは、随分と食べた気がするが、

実家に住んでいる間、トンカツを食べた記憶が無い。w

社会人になっても、特にトンカツを食べる人生を送ってこなかった。

下田のとんかつ一には良く行ったが、良く行ったと言っても、3~4年に一回程度。

かつやが出来て、カツ丼を食べる様になったが、トンカツは特に食べない。

ブログを始めて何年かして、ブログのネタになれば、という程度で食べ始めたくらいだ。

それでも、トンカツ定食というものを、近頃食べていない。

ゆえに、情報を得てから約1年越しの訪問である。









店の名前は「きぬ山」。

HPがあるので、それを見ると「事前に連絡をください」の文面がある。

炊きたてのご飯を提供したいので、連絡が欲しいと言う事だが、事前に分かれば、

仕込みなどもスムーズに行われるからであろう。

私は、訪問前日の夕方頃に電話をした。

「明日のお昼ですが、オヤジ一人お願いします。それとHPを見ると、限定メニューが

あるようですが、明日それを食べる事は可能ですか?」(演出箇所あり)

「特ロースかつの事ですか」

電話に出たのは女性であった。

「ええ、その特ロースかつを食べたいのですが」

「大きさはどうします?」

「HPだと250gまでありますね?何グラムまであるのですか?」

「今回は、300gまで大丈夫です。」

「300g?おいくらですか?」

「2200円です」

「ではそれでお願いします。開店時刻が11時30分でしたよね?その頃伺います」

以上予約をして、翌日出掛けた。

カーナビに電話番号を入力すると、すんなりと目的地が表示される。

出かけると、伊豆急行の川奈駅から700mほど離れている。

先日、小室山でツツジを撮影したが、小室山の裏手というか、旧道に近いと言うか・・・

道が狭いね~~~、こんな道を通るのか?

カーナビだとあちらこちら行き止まりになっているぞ!

対向車が来ないことを祈りながら進むと、踏切がある。

その踏切もうねりがあるね。

私の車はTRDのフルエアロ装着車である。

フロントスポイラーと、下部を擦らないか心配である。

踏切を渡ると看板があり、右折しろとある。

ハッキリ言って、シャコタンは無理。w

必ず擦るでしょう。

店に到着すると、割と新し目な感じ。

店の前に駐車場とは別にスペースがあるのだが、ここに止めていいのかな?

私は、車から降りると周辺の撮影をした。

すると、丁度店主が店の前を掃除をしようとして、出て来た。

「あ!11時半に予約をしたデーです。」

凄いところに店がありますね~といか言いながら、ここに車を止めても大丈夫ですか?と

尋ねると、ここはダメなので、店の前の駐車スペースに止めて欲しいという。

と、いうことで、この店の駐車スペースは2台です。

大人数で行く場合は、相乗りか電車で行きましょう。

駅からは12~3分で到着します。(実証しました。w)

外観もそうだが、店内に入ると木目を生かした落ち着いた雰囲気。

掃除も行き届いていて、ピカピカで気持ちがいい。

店主は初老の女性店主、60代半ばくらいか。

店内はテーブル席だけで、椅子席か座敷席かになるようだ。

私はテーブル席に案内される。

一応、メニューを見させてもらう。

いろいろある様だが予約通り、特ロースかつ定食300gを注文する。

注文後、店内や窓の外の景色などを眺めたり、撮影させてもらう。

因みに今回は、一眼レフでの撮影である。

先客もいないので、遠慮なく撮影をさせてもらう。

大体15分ほど待ったであろうか?

定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











300gのトンカツはさすがに大きいね。

千切りキャベツの量が多いね、これは嬉しい。

御飯の量は私としては、軽めかな?なめこの味噌汁と漬物が付く。

小皿にソースを取って、トンカツを付けて食べる様に食べて欲しい様だ。

私としては、塩で食べさせるかな?と思ったが、それは無いようだ。

ではソースを小皿に取り、トンカツを付けて食べる。

モグモグ・・・あああああああああああ!!!!!!!!うめえええええええ!!!!!

ジューシーであるが、実にさっぱりした味わいのトンカツである。

基本、ロースかつなので、脂の旨みが来るかと思ったが、脂身よりも肉質ですね。

口に入れた瞬間から、サッパリした味わいを感じるのだが、ジューシーなので、

コクのある味わいも伝わる。

久々に美味いトンカツだ~~~!!!!これは美味いぞ!!!!!!!!!!!!

ソースはもっさり感が無く、このサッパリ感のある肉に対して、主張し過ぎない味わい。

カラシがあるので、カラシをソースに添える。

パン粉は荒くもなく、細かいことも無い。

薄目の衣は、肉から剥がれることも無い。

キャベツはスライスオニオンものり、サラダの様である。

これに自家製と思われるドレッシングをかける。

うん、美味い!!!!

ドレッシングは、野菜ベースなのかな?

トンカツの余韻を消すことも無く、こちらもサッパリと食べさせてくれる。

御飯は、美味いね~~~!!!米が美味い!!!!

肉が美味けりゃ、米も美味い!!!

米が美味ければ、飯もススム。

味噌汁は、なめこが入っている。

ところで、今回トンカツは300gである。

店主曰く、300gのトンカツは珍しいらしい。

通常、200gで大きくても250g。

今回は良い肉が入り、その時に私からの電話があり、300gまで引き受けたという。

タイミングも大事なんですね、これもご縁。

ご縁。

これは間違いなく、大切にしたいご縁!

メニューの中に新聞の切り抜きが入っており、この店の成り立ちの記事があった。

東京の人気店であったが、伊東市で新しい店をやろう!として、今の店の建築中に

店主の旦那さんが、亡くなってしまった。

絶望に打ちひしがれる奥様を、周囲が励まし、この店をオープンさせたという。

だからこそ、こちらの店をご利用されるのであれば、事前予約をして欲しいという。

炊きたてのご飯の提供をしたい!のは勿論、奥様一人でこなすので、

仕込みや準備など、連絡があれば事前に済ます事が出来る。

良い物をベストの状態で提供したい。

その意味でも、皆さんも利用するのであれば、事前予約をお願いします。

そうすれば、私の様にメニューにない300gのトンカツなどが、可能かもしれない。

人生、思いもかけないことなど、多々ある。

絶望の壁が突如、目の前にそびえ立つ事もある。

明日をどう生きるか?悩む事もある。

しかし、自分のまわりには人がいる!

今、やらなきゃならない仕事がある!

夢を失いたくない!

家族を失うのはツライ。

まして、夢半ば。

戻れないのであれば、進むしかない!









300gのトンカツは、さすがに食べ応えがあるが、食べていても飽きずに食べられる。

サッパリしたトンカツは、スイスイ胃に納まっていく。

食べても食べても、ジューシーな印象は消えない。

やがて完食。

ご飯のお替りをしようと思ったが、それは無し。

食べ終えると、コーヒーが出てくる。

私はサッパリして、ジューシーなとんかつで、とても美味い!と告げた。

店主はニコリとして、300gのトンカツは本当に珍しいと告げる。

コーヒーを飲み終え、会計をする。

すると、入れ替えに新しい客が一人、入店する。

車はプレジデントか・・・よくぞここまで・・・w

トンカツ定食なんて、オヤジの食べ物!と思っている女性に、

是非ともここの特ロースを食べてください!とお伝えします。

店主の人生と重ね合わせる事が出来る方、何か見える気がしませんか?

 

ここで一句

     名店は

        隠れた場所に

               あるものだ

2018年5月 6日 (日)

静岡市 浜のかきあげや 沖漬け丼セット、かき揚げ追加

223_4
Dsc_4886

Dsc_4869

223_5
Dsc_4870


Dsc_4871


Dsc_4872


Dsc_4876


Dsc_4878


Dsc_4880


Dsc_4881

223_6
Dsc_4883

GWも今日で終わりか・・・

9日連続勤務をしたが、その前に桜前線第十三陣のため、遠出をした。

めちゃくちゃ疲れた。w

9日連続勤務よりも、遠出の方が疲れたわ。w

ところで、毎年GWに訪問者数が前年越えをし、毎年最高を更新してきたのだが、

今年はついに、前年割れの様である。

前年比、マイナス13人少ない。

ついに頭打ちか・・企業でいえば前年比未達で、マイナス成長か?

どうする?

テコ入れが出来なければ、潔く良く散ろう。

それが桜だ。







 

この時期、桜海老を食べなければ。

私のブログでは、恒例行事となりました「桜海老を食べる」。

山菜と同じく、この時期是非とも食べたいものです。

伊勢海老の方が、濃厚で美味いのは分かっています。

しかし、淡白な旨味をぎゅ~っと凝縮した桜海老も、いいものです。

この日、平日であったが、テーブル席はほぼ満席。

時刻は11時頃。

注文時は並ばずに済んだ。

注文したのは、沖漬け丼セットにかき揚げを1枚追加。

内容としては、沖漬け丼、味噌汁、かき揚げ2枚となる。

かろうじて空席があったので、そこに座ると沖漬け丼を持って、ポットのところへ。

沖漬け丼に関して、私はいきなりお茶漬けで行きます。

たっぷりとダシを注ぎ、沖漬け丼全体を浸す。

席に戻ると、桜海老を撹拌し、半生状態にする。

卓上には桜海老の塩、無料の漬物などがある。

私は、漬物をいただくとさっそくいただく。

ズルズル・・・沖漬け丼をサラサラと口に運ぶ。

う~~ん、美味しいね。

桜海老の旨味、海苔の香り、ネギの香り、山葵の香り、ダシの旨味。

贅沢で美味しいお茶漬けです。

かき揚げは、桜海老の塩をかけていただく。

まだ温もりの残るそれは、カリッ!とした食感と桜海老の旨みと香ばしさが口に広がる。

屋根があるとはいえ、港の風を受けながら食べるそれは、美味いな~。

あまり風が強いと、容器が飛ばされるので、ほどほどがいいが。

茶漬けを半分ほど食べたところで、あることを思いだした!

かき揚げで天茶!

私は、かき揚げを投入し、天茶で食べてみた。

これ、いいと思いますよ!

かき揚げはしっとりしながらも、食感は残る。

味噌汁はいつもの通り美味く、漬物で口直し。

やがて完食。

毎度毎度ですが、美味しくいただきました。

当然、秋の漁期にも行きます!

 

ここで一句

     天茶なら

        お茶が欲しいが

               ダシで食う

2018年4月25日 (水)

伊東市 弐番館 正油カルボナーラセット

157_5

Dscn3241

Dscn3255


Dscn3256


Dscn3242


Dscn3244

157_6
Dscn3245


Dscn3247

157_7
Dscn3249


Dscn3254

157_8

Dscn3257


Dscn3258


Dscn3260


Dscn3264


Dscn3267


Dscn3268


Dscn3270


Dscn3271


Dscn3272

157_9
Dscn3273


Dscn3276


Dscn3282

ナイターが始まったが、ニッポン放送のオールナイトニッポンは面白かった。

前半、藤井フミヤの時はつらかった。

ファンはいいけど、一般聴衆からすれば、退屈でおもろない!

話し方も夜向きで無いし。

しかし今年、トシ、 MIWAに関しては、面白かった!

大槻ケンヂは宇宙人ネタでべりべり、べりべりで引っ張り、昭和の生き残り丸出し。

MIWAは面白かった!

ボケ突っ込みを兼ね備え、結構イケた!

TOSHIはぶっちゃけが面白かった!

夜の聴取者を覚醒させるDJ。

居眠り運転防止にも、フミヤはもういいです。w




 

この日、天気は生憎の曇り空。

そうだ!小室山のつつじの開花具合はどうだろうか?

そう思い、行ってみた。

超見頃じゃない!

それよりもつつじが咲いている時、初めて来たけど、素晴らしいね!

話には聞いていたが、現場に来るとやはり、感動が違うが一眼レフは無し。w

忍野八海に続き、またもやコンデジで撮影。

天気が悪いと、レンズに水滴が着くかもしれないでしょ?

良いカメラ買ったから、極力汚さない様にしているのだが、裏目に出ているな。

しかし、お待ちください!

これ以上の物を撮影に出かけました。









もう一軒行くか。

どこにしようか?

またラーメン食べている!と指摘されない様にしないと。

軽く食べるつもりで入ったのは、弐番館。

こちらも何度かお邪魔してます。

何しろ、名物がありますからね。

誰が見てもカルボナーラではない物を、カルボナーラと呼んでいますから。

専用の駐車場に車を止め、店内へ。

弐番館にためらわず入る。

因みに壱番館は道路の反対側にある。

2つの店は10メートルも離れていない。

個人的に、弐番館の方が静かで煙草の煙も少ない気がするので、そちらにした。

中に入ると、だみ声のおばちゃまがカウンター席で、店の者と話をしている。

先客は二人か?狙った通りだな。w

私はテーブル席に座ると、一応メニューを見る。

まだこの店のハンバーグなどは、食べた事が無いが、正油カルボナーラでいいでしょう。

醤油を正油と表記されるあたり、この店の歴史を感じさせますね。

カルボナーラは930円だが、ランチタイムはサラダとコーヒーが付いて同価格。

ドリンクはホットコーヒーを選ぶ。

まずは、サラダが出てくるが、タバスコと粉チーズも出てくる。

それほど待たずにカルボナーラ登場、記念撮影をし、いただきま~す!









大盛りを注文しないと、少し物足りないな。

細長い皿で提供されたそれは、ボリューム的には物足りない。

以前同じものを注文した時、大盛りを注文した時は丸皿でボリュームもあった。

基本、喫茶店なのでボリュームを期待する方が、おかしいか?

それにしても、目の前の物はハムやピーマンなどと一緒に炒められたパスタである。

そのパスタにスクランブルエッグが入り、醤油かかった大根おろしが付く。

大根おろしは注文ごとにおろしていて、フレッシュである。

サラダはトマトが入っているが、葉物が主体である。

では一口、パスタは細めであるが、食感はいい。

ふにゃふにゃな印象は無く、アルデンテ!とはいわないが、食感はしっかりしている。

大根おろしとパスタを和え、口に運ぶ。

大根おろしの爽やかさが好印象である。

和風パスタと言う名であれば、何の異論も無いであろうが、カルボナーラか?w

ピーマンのシャキシャキの食感と香りに、和風パスタでいいではないか?

カルボナーラにピーマン入っていたか?

ピーマンたべれる?おらシンノスケ!

ベーコンを使用と思われるが、これがツナ缶のツナでも面白いよな?

やがて完食。

コーヒーは香り高く、ほんのりビターである。

多分、このブログでこの店をご紹介するは最後であろう。

伊東市に来たのであれば、干物を食べずにこれを食べては?

話題作りにはなる。w


食後、生憎の天気であったが、小室山に行ってみた。

この時期、つつじが満開で綺麗だという事は知っていた。

しかし、見頃は常にGW(ゴ~ルデン ウィ~ク)なので、混雑ぶりが想像できる。

わざわざ混雑する中に、ダイビングする気も起きない。

それに、私自身もGWは忙しい。

どんなものかな~と、のぞき見をするつもりで行ってみたが・・・

結構いいですよ!

つつじの群生を初めて間近にしましたが、ある意味、芝桜よりもいいかも?

それにしても、また一眼レフを持ってきてない。

ご覧の通り曇り空で、たま~に雨粒を感じる様な天気だったので、

一眼レフは持ってこなかったのです。

それでもコンデジで頑張りましたよ。

出来ればリフトがあるので、小室山の頂上から全景を撮影したかったですね。

何より、天気が悔やまれる。

さあ、次も我がブログ、初登場と言えるものをご紹介します。

画像を貼り過ぎて、5月終了にならなければいいけど・・・w

   

ここで一句

    ツツジより

       包まれたいね

             愛情に

2018年4月24日 (火)

伊東市 赤のれん もつ煮定食

157
Dscn3225

157_2
Dscn3226


Dscn3229

157_3
Dscn3239

157_4
Dscn3232


Dscn3234


Dscn3235


Dscn3236


Dscn3237

このブログの延命措置を本日から実施します。

画像のサイズと質を落としました。

スマホの方は、まったく気にならないレベルですが、PCだと小さくなった!と分かります。

今のままだと7月でさよならなので、さすがにそれは私の本意ではない。

当初、5GB追加なので3年は余裕で書けるな!と思っていたが、3年持たないか?w

今年終了はやむを得ないとしても、せめて9月頃まで。

今年に入り、オートサロンは2本、桜前線は12本、CP+にモーターサイクルショー。

画像をバンバン貼り付けてきましたが、これほど消費が早いとは・・・w

ブログの引っ越し先も見つけ、アーカイブとして残す事も決めました。

それにしても、一番ネタ枯れする時期に、もしかして終わり?

最終回は冷し中華にしたくないな。w









悔いを残さず食わなければ。

そういえば、伊東市の赤のれんのもつ煮定食。

まだ食べていなかった。

今日は無い!と2回言われたか?

ならば、3度目の正直!

開店と同時に店にお邪魔する。

先客は無し。

「もつ煮定食、できますか?」

ようやく頷いてくれた。

カタ焼きそばが急に食べたくなったが、もつ煮定食を選ぶ。

因みにこの店では、もつ煮は通常単品扱い。

ライスは別売りという事になる。

250円追加になる。

注文後、テレビを見ながら待つ。

やがてもつ煮登場、記念撮影をし、いただきま~す!










総額900円の定食であるが、単品のもつ煮だと650円。

御飯は丼飯、スープはラーメンスープ、白菜の漬物、タケノコの煮物が付く。

この内容なら、900円でも十分納得でしょう。

メインのもつ煮は大根やコンニャクも入っていますが、大根は味が滲みて美味そう!

御飯は丼飯で、ボリュームがありそうですが、ふわっと盛られていて、

それほどボリュームがあるとは感じません。

まずはもつ煮をいただきましょう。

モグモグ・・・やわらかいですね~。

もつの臭みはありません!

多少味が濃いかな?と思いますが、ご飯のおかずにはいいでしょう。

味付けは隠し味程度の味噌でしょうか?

煮汁にコッテリ感はありません。

大根が中まで味が浸み込み、大根も美味~い!

筍の煮物も家庭的な味です。

御飯はホカホカでみずみずしい美味さ!

御飯がすすみますね~。

美味しい!

もつ煮を注文すると、卓上には無い一味を出してくれます。

勿論、バンバンかけます。w

スープがラーメンスープではなく、味噌汁なら最高ですね。

やがて完食。

もつ煮の残ったおつゆまでいただきました。

酒のツマミとしては、少々塩気が足りないかもしれませんが、おかずとしては良いですね。

さあ、これでこの店に思い残すことはない?w

 

ここで一句

     もつ煮より

        気になるおかず

              酢豚です

2018年4月20日 (金)

御殿場市 駒門PA(上り) ラーメン、ミニビーフ丼セット

157
Dscn3090

Dscn3104

157_2
Dscn3103


Dscn3091

157_3
Dscn3094

157_4
Dscn3095


Dscn3098


Dscn3097

157_5
Dscn3099

Dscn3100

157_6
Dscn3102

新潟県知事が援助交際か・・・

結婚願望が非常に強い男が選んだ道、それは援助交際。

社会的地位があるとはいえ、50のオヤジが22歳の女性と普通の恋愛など無理。

出来る方もいるかもしれないが、それは超低確率な出来ごと。

結婚したい!女性とお付き合いしたい!でもモテない!

ならばカネをばらまく。

その方程式、分からんでもない。

私も時々釣竿の先に、一万円札をぶらさげて、釣りをすることがあるが釣れない。(ウソ)

ネズミ捕りに一万円札を入れて、人通りの多い所に仕掛けたことがあるが、取れない。

(ウソに決まっているでしょう!信じてはダメです!)

それにしても、高学歴と理性は比例しないと言う事を、知事と事務次官が教えてくれた。












今日はお休み。

どこに行こうか?

山梨がご無沙汰かな?

なのになぜ、駒門に寄るのか?

特に食べる予定ではなかったが、新メニューにビーフ丼?

ビーフシチューみたいなものをご飯の上にかけただけ!

ただそれだけ。

面白そうではあ~りませんか!

しかし、味に関しては推して知るべし。

だいたい推察できる味わいである。

ならばこの場合、ラーメンとか蕎麦のセットであるものを注文し、合うのか?

それを確認するのも面白い。

私はラーメンとミニビーフ丼セット850円を選ぶ。

券売機で食券を買い、厨房内のスタッフに渡す。

席に座り、注文の完成を待つ。

すると、大陸系の匂いを積載した観光バスが止まる。

それからはぞろぞろとフォリナーの皆さんが降りてくる。

すると、その中の一人のオッサンが、持参の水筒を指差し、なんじゃらかんじゃらと

話しかける。

私はスピードラーニングの中国はおろか、イングリッシュもフランス語もした事が無い。

私はスピードラーニング日本語で、未だジャパニーズを勉強中だというのに、

意味が分からない。

「ほわっつ どぅゆー うぉんと?」

適当に話しかける。

相変わらず、水筒を指差し、大陸語で話しかける。

私は、水筒を奪い、それでオヤジの頭を小突く。

「なんでやねん!(中国語)」と言ったと思う。

私は水筒を頭に載せ、「サムライ ちょんまげ~!」とやってみせた。

すると、大陸系の観光客は、スタンディングオベーションで笑ってみせた。

ウケる!俺のギャグはインターナショナルであったか?

私は更に水筒をバトンに見立て、「ケンブリッジ飛鳥のバトンリレー!」とやってみせた。

中国人観光客の皆さんは、悶絶して笑っている。

「お客さん、それ水筒に水を入れたいと言う事でしょ」

厨房内のスタッフが話しかける。

私は水筒をオヤジに渡し、「あべソーリ~」と言った。

「お客さん、セット出来ましたよ」

では記念撮影をし、いただきま~す!

よくある半カレーラーメンと違うのは、実に気前よく、肉の角切りが入っている。

この場合、ビーフ丼から行くか。

モグモグ・・・レトルトのビーフシチューをご飯の上にかけた味。

それ以外でもそれ以上でも無いが、肉のボリューム感は嬉しいね!

肉がゴロゴロ入っている印象で、逆に根菜類やタマネギなどは無し。

ラーメンはどこでも食べられるパーキングエリアの味だが、不思議とスープが美味い!

醤油タレが少々自己主張が強いかな?と思われるが、ダシ感とは違う美味さがある。

やはり、これが水の美味さなんだろうね。

千葉の森田知事もここの水を飲んでみんしゃい!

千葉の水は不味いよ!

ビーフ丼には福神漬けを添え、ラーメンにはおろしニンニクを入れました。

どちらもトッピングコーナーにあり、自由に入れられます。

やがて完食。

今回のセット、アリアナグランデだと思いました。



ああ・・・途中の中国人とのやりとり、勿論話を盛っています。

盛り過ぎなぐらい盛っています。

読者様は御承知でしょうが・・・w

 

ここで一句

     肉あれば

        白いお米も

            踊り出す

2018年4月13日 (金)

伊豆市 きびなご寿し 味千 地魚盛り合わせ

157_8
Dsc_4243

Dsc_4244


Dsc_4246


Dsc_4247

157_9
Dsc_4249


Dsc_4250

157_10
Dsc_4252


Dsc_4253


Dsc_4254


Dsc_4255


Dsc_4256

Dsc_4257

157_2
Dsc_4258

157
Dsc_4263


Dsc_4264


Dsc_4265

今年は、桜の開花と私の休日がシンクロしなくて、満開前ばかりでした。

ようやく、満開の画像をお見せすることが出来ましたかな?

ところで、食事に関しては地味目な画像が続きましたので、少し派手な画像を・・・









この店の前をほぼ一年に一度、通過していると思う。

FINAL SEASONなので、来年西伊豆まで来るかどうかわからない。

ならば、今回寄るべきであろう。

店の名前は「きびなご寿し 味千」。

店の情報に関しては、多少入手している。

きびなごに関してはググって欲しい。

私にしては、ワカサギみたいな魚?という印象がある。

ところで、以前西伊豆で鯵寿司を食べた。

鯵寿司自体は、珍しい物ではないだろうが、鮨自体に特徴があった。

さて、どんなものを提供してくれるのか?

店は、国道の横にあるが、側道の様な道に入ることになる。

車は店の前に止めさせてもらう。

入口には、うどんと寿司とかメニューの貼り紙がある。

うどんと寿司でも1300円か?少し高い印象がある。

中に入ると先客はゼロ。

入口のすぐ横にストッカーがあり、そこにはきびなご寿しといなり寿しが陳列してある。

「もしかして、これを買うのか?」

丁度その時、どこかの奥様が一人、入って来た。

店の奥から店主?らしきオバサマが登場する。

「おふたり?お持ち帰り?それとも召しあがる?」

夫婦に間違えられた。w

奥様と言っても30代か?そちらは持ち帰りで、私は食べていくことに。

すると店主は、メニューは一種類しか無く、きびなご寿しだけかそれに、

地魚を混ぜるのか?どちらにする、と聞かれる。

どうも、メニューに関してはバリエーションが少なく、基本、きびなご寿しだけと

思った方が良いようだが、この店、朝早くから営業をしてるみたい。

私の様に、昼頃に訪れる客が珍しいのかもしれない。

何しろ、あと2食ほどしか提供出来ないという。

私は地魚入りのきびなご寿しのセットを注文した。

価格は1700円。

注文後、店内で大人しく待つ。

すると、テイクアウトの予定の奥様は、子供と亭主を連れてきて、店で食べると言う。

持ち帰りのきびなご寿しは、保存性を高める為、酢が効いていると言われたからだ。

個人的には酢の効いた方が好きだが、酢が苦手なのか?

家族3人、まだ決め切らない様だ。

やがて、きびなご寿し登場、記念撮影をし、いただきま~す!

なかなか良いボリュームである。

寿司ひとつひとつの大きさは、結構ありますね。

サラダ、デザート、吸い物、サザエが付く。

地魚はメジナとアカギを使用という。

メジナは知ってはいるが、アカギは知らないな~。

「アカギって何ですか?赤魚みたいな魚ですか?」

すると、店主はそれとは違うという。見せてやりたいが、切ったので原形が無いと。w

ではきびなご寿しを食べてみる。

モグモグ・・・サッパリした味わいである。

きびなご自体の味わいは、それほど特徴のある味ではない。

白魚の様に、クセの無い味わいと少し、プチっとした食感がある。

きびなごの下には、薬味が入っている。

大葉、茗荷、ネギなどが入っており、それぞれ違う味わいになる。

山葵などは入っていない様だが、山葵はいらないかもね。

味が繊細なので、刺激や香りの強い山葵だと、きびなごが生きないのかも。

メジナはしっかりした食感で、旨みが強い。

白身の魚であるが、噛み締めると旨みを感じる。

アカギもしっかりした旨みを感じる。

メジナもアカギも鯛の様な美味さがいいですね。

姫さざえのつぼ焼きは、メスであったか?

肝を最後まで引きずり出すと、最後まで黒っぽい物だった。

しかし、特に苦みなども無く、美味いサザエであった。

サラダは葉物が中心だが、満足感は高い。

シャキシャキ感があり、サラダの素材の鮮度も良いようだ。

途中、吸い物をいただく。

事逗ずz・・・う~~~~~~ん!!!!!美味い!!!!!!!!!!!!

俗に言うアラ汁の分野であろうが、実に旨みが良く出ている。

なんというか、美味すぎてほっとする味である。

細かい骨や鱗なども無く、品よくまとめられている。

あ~~~~~~、このお椀、美味いわ~~~~~~!!!!!

小鉢の酢の物もいただく。

結局、家族連れは店主に促され、お土産のきびなご寿しを買って帰った。

店主は優柔不断なお客ね!とぼやく。

ぼやくのはいいが、客のいないところでぼやいた方がいいよ。

私、一応お客だから。w

デザートを食べて、やがて完食。

美味い!!!!!満足!!!!!

ボリュームもある。

格安なセットもあるが、訪問時は売り切れ。

地魚の入ったセット選ぶが、これは大正解!

メジナ、アカギ、美味しく堪能しました。

来年も西伊豆に行くかもね?w

 

ここで一句

     小さくて

         しかし大きい

              満足度

2018年4月11日 (水)

賀茂郡 堂ヶ島食堂 塩かつおうどん

157_2
Dsc_4192

Dsc_4193


Dsc_4194


Dsc_4195


Dsc_4196

157_3
Dsc_4197

157_4
Dsc_4198


Dsc_4199

157_5
Dsc_4200

ご当地グルメがある。

しかし、ご当地グルメはご当地を出たがっている時代である。

だが、世に出て評価されるご当地グルメは少ない。

それをあからさまに証明するのは、B1グランプリである。

悲しいかな、B1グルメも話題に上らない時代になったか?

時代は口コミの時代であろう。

わざわざ食べに行って、不味ければ辛辣なコメントが永久に残る時代。

味も、多数決の時代になった!

それには賛同できるが、発掘は完結していない。











堂ヶ島に来た。

堂ヶ島は、多分15年ほど前に来たことがある。

その時も遊覧船に乗らなかった。

波が高くて、運航禁止だったと思う。

そんな因縁の堂ヶ島に来た、

この日は快晴、波も穏やか。

でも乗らない。

加山雄三のミュージアム?入るわけないでしょう!

私はザードのファンですよ。

ところで、ザードミュージアムというか記念館は出来ないのか?

ザード展は何度か知ってはいるが、グッズがしょぼい。

ファンであるが、グッズがしょぼくて高い!

まあいい、食事にするか。






訪れたのは堂ヶ島食堂。

見ただけで見晴らしの良さそうな食堂である。

メニューを見ると、海鮮が主役であるが、気になるものがある。

塩かつおうどん。

何度か耳にしているが、どうなのであろうか?

私は入店することにした。

店のスタッフは皆さんお若いかな?私がジジイなのもあるが。

食堂は階段を上り、2階になる。

窓側の特等席は、先客で埋まっていた。

私は少し見晴らしの悪い席に座る。

何でこの席だけ、テーブルが低いのか?w

メニューを見るが、この日の私は少し、良いお値段ね?と感じる。

一番安いのは塩鰹うどん。

単品メニューなどもあるので、組み合わせもいいか?

イルカもあるね。

ここは、ご当地グルメだと言う、塩かつおうどん734円にしましょう。

注文後、スタッフのお姉さんが、「トコロテン食べ放題だから」と教えてくれる。

その無料のトコロテンをいただきますが・・・この形はサイコロ状。

私は、トコロテンと言われると、酢醤油を掛けたくなる。

しかし、目の前のトコロテンはサイコロ状。

つまり、みつ豆用の寒天である。

こうなると、見た目だけで黒蜜をかけたくなる。

一応、黒蜜と酢醤油と選べるが、どうしましょう。

この形状で、酢醤油をかけてみるか。

私は人生初のサイコロ状のトコロテンに、酢醤油をかけて食べる事にした。

モグモグ・・・何でみつ豆に酢醤油をかけるのかな?

脳内が拒否している。

やがて塩鰹饂飩登場、記念撮影をし、いただきま~す!









見た目は釜玉うどんである。

丸亀製麺なら500円くらいで食べられるか?

それを考えると、見た目だけだとお高く感じる。

肝心の塩鰹であるが、鮭フレークみたいね。

薬味も多少あるが、基本釜玉だね。

卓上に出汁醤油があるので、好みでかけろという。

うどんをよ~く混ぜ混ぜし、食べてみる。

うん、釜玉うどんとは違うのは、何となく鰹の風味が漂う。

そこが違うと言うか、差を感じるところだが、丸亀でもトッピングにあれば

同じ味になる様な気がします。

後は、うどんの差でしょうが、昨今の冷凍うどんの美味さはよ~く知っています。

うどん自体は、適度なコシとのど越しを感じる。

やがて完食。

悪くはないです。

美味しいと思いますが、どこでもマネされちゃうね。

塩鰹をかければいいだけだから。

私としては、もし、自宅で釜玉をたべるのであれば、塩鰹をいれるか?

そんな感じで誰でも同じ味になる。

そんな気がしました。

チェーン店でも再現できない味。

それが重要だと思った。

 

ここで一句

    うどんとは

       手打ち足踏み

              多彩だわ

2018年4月 6日 (金)

静岡市 礼門 カレースパゲティグラタンセット

77_6
Dsc_3878
77_7
Dsc_3879


Dsc_3880


Dsc_3881

157
Dscn2989


Dscn2987

157_2
Dsc_3882


Dsc_3885


Dsc_3886

157_3
Dsc_3887


Dsc_3889

女人禁制である。

神威岬でそんな文言を見たな。

土俵もそうである。

それに関して、伝統を重んじるのであれば、そんな世界もあると納得する。

しかし、今回は人命救助である。

尚且つ、土俵に大量の塩をまいたという。

この場合、死人が出ていればどうなっていたのか?

「お前は女だから土俵上で人命救助などしなくていい」。

相撲協会に夜明けは無い様な気がする。









何というか、日本人はカレーである。

インド人にも美味いと言わしめるジャパンスタイル。

少なくとも、高校時代までは親の作るカレーは楽しみであった。

しかし、年齢を重ねオヤジ世代になると、家庭的なカレーも含め、

カレーって子供の食べ物じゃん!と思ったりする。

そんな事を思いつつも、蕎麦屋に入ればカレー南蛮を注文し、半カレーがあれば、

ラーメンのお供にしたりする。

この日、駿府城公園まで来て、かき揚げ天丼を食べたが、まだ食べたい。w

駿府城公園の近くにある体育館の下の駐車場に車を止め、公園を一周し、

浅間神社まで歩き回る。

当然、腹は減るというか、エネルギーを消耗する。

私は、もう一軒行くことにしたが、公園の近くに喫茶店らしきものがある。

外観は曇りガラスに包まれ、何となく綺麗な感じ。

メニューボードが出ていたので、それを見ると、カレードリア、カレースパゲティグラタン、

カレースパゲティのパングラタンとか、およそカレーとグラタン系の壮大な

コラボレーションを売りにしている店がある。

店の名前は「礼門」。

多分、れもんと読ませると思う。

これは面白そうではあ~りませんか!私のブログの読者の中には女性もいるはず。

そんな女性読者様は、「チャーシューメンばかり食ってるなよ!」と思っているはず。

ラーメン好きでない読者様の欲求を持たすべく、この店に入ってみよう。

中に入ると初老のマスターが「いらっしゃい」と出迎える。

入口は細い通路だが、奥は広々とした空間になっている。

私は奥のテーブルに座る。

椅子はソファアの様な座り心地で、尻がしっかりと沈み込む。

正直、低い印象はある。

私が座った後ろと横にはマガジンラックがあり、コミックが置いてある。

テーブルの上の灰皿を見て、私は少しいぶかしげな表情になる。

メニューを見るといろいろあるが、セットメニューがあり、単品メニューもある。

セットメニューが何となくお得に感じたので、カレースパゲティグラタンのセットにした。

価格は税込みで780円。

ドリンクはホットコーヒーにした。

注文後、コミックを見る。

ドラゴンボールを見る。

字はよく見えない。w

私は外出時、眼鏡を持ち歩かないので、コミック、新聞などは読めない場合が多い。w

だから見るである。

魔人ブーか、何もかもみな、懐かしい。w

それほど待たずにグラタン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ボリューム的には私としては足りないが、価格を考えれば、頑張っている方では?

サラダはすでにドレッシングがかけられており、トマトなどは無い。

こんがりと焼かれたグラタンは美味そうである。

カレーの香りもほんのりと感じる。

フォークで、スパゲティを引きずり出すと、細麺ですね。

この細さだと、注文ごとに茹でているのかな?

たっぷりチーズと玉子が上にのり、私としてはおやつ感覚。

では一口、モグモグ・・・マイルドだわ~~~~!!!

カレーの存在は控えめと言うか、お子ちゃまのカレーみたいなものですね。

辛くはないです。

むしろ刺激が欲しい気もするが、チーズと玉子の影響か、刺激は要らない気がする。

パスタはしっかりとコシがあり、ちゅるんといただけるが熱い!

とろけるチーズの熱と、パスタの熱で、最初は激アツタイム。

タバスコがあるので、タバスコを投入する。

日本人にはタバスコだね~~。

カレー、チーズ、玉子、パスタの組み合わせだけど、タバスコは合うね~~。

おやつ感覚が、少し洒落た一品料理になったか?

少し、おこげの部分も美味しいね~。

釜飯とグラタンはおこげが命だわ。w

やがて完食。

その後、コーヒーが提供される。

コーヒーの味わいは、香りとやや苦みを感じるものかな?

何となく、ストロングな印象。

食後、ドラゴンボールの続きを見る。

周囲の客が煙草を吸うが、少し我慢する。

たまにはこの様なところで、食事をするのもいいですね。

ハンバーグ入りの物を次回は注文してみたい。

 

ここで一句

     カレー臭

        グラタンドリア

             何でも来い!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 居酒屋 | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 茨城県 旅行、観光 | 茨木県 グルメ | 茨木県 海鮮 | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水