フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

神奈川県 グルメ

2017年12月 3日 (日)

厚木市 ごはん処 かつ庵 厚木長谷店 チキンカツカレー

22
Dscn1401_3144

Dscn1402_3145

22_2
Dscn1408_3148


Dscn1409_3149


Dscn1406_3147


Dscn1410_3150

22_3
Dscn1412_3151

22_4
Dscn1413_3152


Dscn1415_3153

22_5
Dscn1417_3154

22_6
Dscn1421_3155

私の人生に於いて、ランチタイム前の昼飯は重要である。

10時からの営業をしているのであれば、それは歓迎し、訪問しなければならない。

しかし、何故にわざわざ厚木まで来て「かつ庵」なのか?

それは、急にカレーが食べたいと思ったからだ。

カレーといえば「すき家」のカレーだが、それほど熱心に食べたい味ではない。

世の中に溢れる手ごろに食べられるカレー。

それを求めたら、かつ庵に来てしまった。

ゆで太郎でもカレー蕎麦を注文するかもしれない。(メニューにあるかどうか未確認)

男はカレーが好きなのである。

何しろ、カレー臭を発するのも男。





駐車場に車を止め、中に入ると先客はいなかった。

11時前に食べる。

それも10時半。

俗に言うエアーポケットの時間か?

この広い店内に、店員と私しかいない!

ハンターチャンスとアタックチャンスが一緒に来た様な時間帯だ。

じっくりとメニューを眺め、何を食べるか考える。

「チキンカツカレーをください」

「申し訳ありません、ご注文は目の前のタブレットでお願いします」

口頭による注文が、ここでは通用しないことを思いだした。

タブレットをちょいちょいちょいと操作をし、チキンカツカレーを注文する。

すると、店内にチャイムが鳴動し、注文決定をスタッフが確認する。

私は自分がアナクロ、いやアナログな人間とは思っていないが、最先端を行っているとは、

到底思わない。w

注文決定後、暫し待つ。

やがてチキンカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!









税込702円か、ボリューム的には満足できるが、カレーのルーの量が何とかならんか?

チキンカツは大きく、粗目のパン粉がカラッとした揚がり具合を演出している。

ライスは標準サイズだが、満足できる見た目である。

だが、カレーのルーは足りないよな。

では、まずは一口、モグモグ・・・ルーはややスパイシーで大人の味わい。

ルーの中に固形の具材は無いが、溶け込んだ素材の美味さを感じさせる。

キレの良い味わいだと思う。

ライスはホカホカでツヤがある。

この手の店では、米の美味さも重要だろう。

カツは粗目のパン粉がきつね色に染まり、食欲をそそる。

食べてみると、パン粉のサクサク感とパン粉自体の美味さを感じる。

店内には、自家製だという生パン粉。

肉質自体は特筆する物は感じず、一般的な美味さである。

ジューシーな味わいは無いが、ふわっとした美味さはある。

ルーを掬い過ぎない様に留意し、食べ進む。

正直、ルーの追加は別料金であるのだろうか?

私が見たところ、それは無かったと思う。

とにかく、ライスとカツだけが残らない様に、食べ進む。

最悪、卓上のソースで食べると言う方法もあるが。

やがて完食。

702円と言う価格を考えると、納得できる味とボリュームだが、

ルーの追加があると利用したいと思った。

 

ここで一句

     ライスより

          ルーが多くて

               悩みたい

2017年11月13日 (月)

中郡 大磯PA上り 天玉そば

22_24

Dscn1179_2890

22_3
Dscn1180_2891

22
Dscn1181_2892

22_2
Dscn1182_2893

我がブログの読者様。

大変申し訳ございません。

私はテレビの取材を受けました。

取材というか、私が訪れた店にテレビ局が、取材に訪れていました。

私はインタビューを受け、食事風景も撮影され、確信しました。


俺は絶対テレビに出る!!!!!!!!!!!!!!!

その時のカメラマンに、テレビ局と番組名を確認しました。

尺が50分くらいある。

これ、マジでテレビデビューじゃん!

私の周辺の者たちに、番組名を伝え、録画を強要しました。






ものの見事にカットでした。w

このブログで告知しなくてよかった!と思う反面、私の周辺では「出てねえじゃん!」と

批判の嵐。w

インスタ映えしない強面は却下ですか?フジテレビさん???w

おたくには、もしもツアーズでお世話してますよ!











基本的に、大磯パーキングエリアはトイレ休憩である。

人間、自然の摂理として、出せば食べたくなる。

それだけである。

この先、どれほどの渋滞が待っているかもしれぬ。

出すものは出し、食べる物は食べる。

そこで今回は、天玉そばである。

思うに、天玉そばの玉子の白身が、完全に白くなるほどの熱いおつゆはあるのか?

私は、生玉子を投入するのであれば、白身は加熱された状態で食べたい。

そこで、温玉そばがあればいいと思うのだが。

天ぷら温玉そば。

どうにも、おつゆに混ざり切らない白身が邪魔である。

撹拌も出来ない。

この場合、蕎麦を食べ終えてから、おつゆを白身事すべて飲み干す。

その方がいいかもしれない。

さあ、出掛けよう。

一句、省略。

2017年11月11日 (土)

小田原市 魚市場食堂 イナダの漬けどん

Dscn1165


Dscn1166

22
Dscn1150

22_2
Dscn1151

22_3
Dscn1152

22_4
Dscn1153

22_5
Dscn1155


Dscn1156

22_6
Dscn1158


Dscn1159


Dscn1160


Dscn1162

22_7
Dscn1163

人間、朝から始まる。

朝飯を食べないと、一日のエネルギーを得ないまま、生活や仕事をする事になる。

イケません。

これはイケマセン。

小田原方面で、柔術、いや、充実した朝食を食べるには、小田原港の魚市場食堂!

時に文句をいい、時にコスパが悪いと書き、時にため息が出るのだが、

時に注文して良かった!時に美味いと思い、時にさすがだなと思う。

飴とムチを兼ね備えた店であると、私は勝手に思っている。

この日も、特に宛の無い休みだったので、小田原港で食事をしようと思った。







時刻は9時前。

店内に入る前に、入口横にある「本日のお勧め」を見る。

ううう!!!カマ焼きがある。

私はおかまではないが、カマ焼きが大好きである。

ブリカマなんか、最高ですよ。

その他にもブリと鮪、イクラとサーモン丼とか今日は、良いんではないかい?

その中で、気を惹いたのは、イナダのヅケ丼。

イナダのヅケ丼だけなら大したことは無いが、それにカマスのフライが付き、

尚且つアラ汁が付いて1020円。

カマ焼き定食は1000円以下であったが、イナダのづけ丼、いいですね。

私はそれを券売機で購入し、スタッフに渡す。

今更であるが、この店はセルフサービスである。

配膳片付けお冷にお茶、すべてセルフである。

食券と引き換えに、番号札を渡させるので、番号が呼ばれるまで待つ。

テレビを見ながらぼけ~っと待つと、それほど時間はかからなかった。

では記念撮影をし、いただきま~す!










斜め前のテーブルのオヤジ、注文したのはカレーライスとフライ盛りか。

そのスタイル、俺のスタイルだな。w

もしかして、私のブログの読者様か?w

さて、目の前の御膳にはイナダのヅケ丼、カマスのフライ、アラ汁がのる。

アラ汁のお椀は大きくてボリュームがあるもの。

カマスは標準的と思われるサイズの物が、1匹。

半身づつ揚げてある。

イナダのヅケ丼は、丼ぶり表面を覆いつくすボリューム感がある。

これ、見た目だけでもいいじゃない!

魚市場食堂で、この内容で1020円なら、満足ですよ。

では、イナダのづけ丼からいただきましょう。

イナダにはヅケのタレが軽く浸みこむ程度。

ご飯の方にもタレが意識的にまぶしてある。

食べてみると、しょっぱくはなく、醤油漬けの軽い味わいである。

ワサビが添えらえているが、これで十分ですね。

敢えて、醤油をかけてなどしなくても、十分イケます。

刺身の鮮度もいいので、これは美味しいと言えます。

ご飯は酢飯ではなく、ホカホカご飯です。

この店は、ご飯の大盛りが無料なので、大食漢の方は、注文時に大盛りと言ってください。

アラ汁は、魚のアラがぶつ切りで入っており、アラを食べる楽しみもあります。

臭みも無く、美味しいアラ汁です。

アラ汁特有の細かい身や骨も無く、美味しくいただく。

カマスのフライは、卓上のソースをかけていただきます。

この店の特徴として、フライの衣がカリカリなのですが、相変わらずカリカリ。

もう、これがこの店の特徴と思うしかないでしょう!

でも、中はフワッと感もあり、こちらも文句はない。

小鉢にシラス卸しも付き、満足。

今日は当たりだな。

そんな気持ちにさせたメニューでした。

 

ここで一句

    飴とムチ

      飴だけ貰う

           太るわな

2017年11月 7日 (火)

伊勢原市 花々亭 〆鯖タタキ、ぶつ切り胡瓜、ハイボール

22_44

Dscn1109


Dscn1110


Dscn1113


Dscn1114


Dscn1115

22_45
Dscn1116


Dscn1117

22_46
Dscn1118


Dscn1119


Dscn1120


Dscn1121


Dscn1124

22_47
Dscn1126


Dscn1127

生ビール3杯では、べろべろにならない!

やはり、ハイボールが欲しい。

私の飲み歩きは、ビールとハイボールだけ。

毎度のことですが、アルコールに関して、何でも来いです。

日本酒であろうが、ワインであろうが、嫌いな酒はありません。

しかし、私は自他ともに認める、ハイペースな飲み方。

それと、チビチビ飲めません。

まさしくグイのみです。w

お世話係がいる時は、まさしくグイグイ行きます。

しかし、1人飲みでは、自分で何とかしなければなりません。

それが、私の一人飲みの大前提なのです。










さあ、2軒目を訪問する言い訳をだらだらと書いたところで飲みましょう。

場所は、ルートインホテル伊勢原店の中にある居酒屋です。

以前、秋田のルートインに泊まった時、利用したことがあります。

さて、伊勢原ではどうでしょうか?

中に入ると、正直ガラガラ。

開店ガラガラ・・・うわっお!

朝は朝食バイキングが行われる店内は、シンプルなテーブルとカウンター席。

大きなテレビが1台あり、その前のテーブルに座る。

ブラックニッカのハイボールが安そうですね。

注文したのは、〆鯖のタタキとぶつ切り胡瓜、そしてハイボール。

ハイボールと共に、お通しも提供される。

お通しは、切干大根の煮物でった。

多分これは、明日の朝食に出てくるだろう。w

おつまみも、それほど時間がかからずに出て来た。

テレビを見ながら酒とツマミを楽しむ。

鯖は炙ってあり、これはなかなか美味しい。

キュウリはドレッシング和えみたいな感じ、これもいいね。

2杯目行きましょうか。

忙しそうなスタッフを捕まえ、2杯目を注文する。













やっときたか。

ハイボール1杯に5分以上待ったな。

秋田の時は、満席だったから待たされたが、この日は三分の一程度ですがな。

結局、2杯目を飲み終えたところでフィニッシュ。

伝票にサインをし、翌日清算にする。

総額1800円ちょっと。

バーミヤンで6杯、生ビールを飲めば良かった。w

 

ここで一句

    ハシゴなら

        表の店を

            探そうね

2017年11月 6日 (月)

伊勢原市 バーミヤン伊勢原店 おつまみバンバンジー、揚げワンタン、生ビール

22_39

Dscn1090


Dscn1106


Dscn1091


Dscn1092

22_40
Dscn1094


Dscn1095


Dscn1096

22_41
Dscn1097


Dscn1099


Dscn1100


Dscn1101

22_42
Dscn1102


Dscn1103


Dscn1104

22_43
Dscn1105

何故か、伊勢原に泊まることに。

もう、伊勢原のこの界隈、歩いて飲みに行ける店も絞られてきた。

翌日も出かけるので、ちょい飲み程度に抑える事にする。

焼肉屋と中華の店がまだ、未訪問だな。

う~~ん、でもちょい飲みには向かないか?

バーミヤンがあるので、バーミヤンでちょい飲みをしてみましょう。

バーミヤンと言えば、ランチでは2~3度利用をしていますね。

中に入ると、スタッフがウエルカムとお出迎え。

1人だと告げると、テーブル席にご案内。

窓側の隅の席に座る。

オヤジ一人、ちょい飲みをするには相応しい空間である。

背中に壁があるのは落ち着く。

つまり、背後からの視線は無いと言う事。

水はあっちにあるから、お好きにどうぞか。

メニューを見ると、ご当地ラーメンフェアみたいな事をしている。

喜多方、徳島などなど・・・バーミヤンですから、味は何となく想像できる。

おつまみシリーズとして、小皿に盛ったおつまみ類がある。

「2皿で500円か、これでいいか」

私は、揚げワンタンとバンバンジーを選ぶ。

そして、ワンパターンである生ビール。

グラスワインとかあるけど、揚げワンタンに合うのか?

それほど待たずにビール登場、記念撮影をし、かんぱ~い!

周囲はカップル、家族連れなどが多い。

夜の場合、1人で利用する客は少ないだろうね。

揚げワンタンとバンバンジーも同時提供ですね。

サイズとボリューム的に、このサイズで2皿で税込み540円。

生ビールは最初の1杯が税込み486円、2杯目から431円という2段逆スライド方式。w

生ビールを流し込み、まずはバンバンジー。

蒸し鶏にゴマダレがかかっているが、ゴマダレはやや味濃い目。

つまみとしてはいいかもね?

鶏は脂身もなく、淡白な身だけ。

揚げワンタンは、餡は少な目で、皮のパリパリ感を楽しむものですね。

専用のアレンジされた塩が付きますが、卓上に酢や醤油、コショウもあるので、

自分好みのタレで食べてもいいだろう。

1杯目を空けると、2杯目を注文する。

ファミレスあたりで、オヤジが一人で酒を飲んでいると、飲酒運転?と思われそうだが、

絶対に車は運転をしていない。

この日は、夜から雨だったが、ホテルから傘をさしてきましたよ。

他人の目線など気にしても仕方がない。

2杯目もすいすいと飲み干し、3杯目を注文する。

ここで、更にツマミを追加するか?それともラーメンで〆るか?と考える。

メニューを眺めると、から揚げが充実している。

世の中、鶏の唐揚げが大好きな方は、沢山いるだろ。

唐揚げでビールを飲むのもいいかもしれない。

しかし、3杯目を空けたところでフィニッシュ。

やはり、ハイボールが飲みたい。

合計で1888円。

ちょい飲みとしては、1500円ほどで収めたかったな。

ところで、センベロという言葉がある。

千円でべろべろに酔える飲み屋の事だが、マンベロとかゴセンベロなら知っているが、

センベロの店には出会ったことがない。

安く飲める店は、魅力的である。

バーミヤンでセンベロは可能であるか?

餃子とアルコール度数の高い酒でやれば可能か?

まずは、酒に弱いというのが大前提か?

 

ここで一句

    ちょい飲みで

         センベロしたい

             どこかない?

2017年11月 3日 (金)

中郡 大磯PA上り 朝のそばセット

22

Dscn1074

Dscn1067

22_2
Dscn1069


Dscn1071

22_3
Dscn1072

Dscn1073

先月のアクセスで、当然東京ゲームショウが1番だと思ったら、3番手か4番手。

ラーメンが強い!そして松茸が強い!色気より食い気!が強い!

まあそれならそれで、ラーメンを食べ続ければいいか?

松茸を食べればいいのか?

・・・それは出来ませんな。w







さあ、大磯パーキングエリアである。

もう少し我慢して、海老名で食べればいいのに!と思うだろうが、海老名に寄ると

いろいろな物があり、無駄な買い物や食事をしそうである。

サービスエリアやパーキングエリア専門のブロガーがいるだろうから、

その辺は専門の皆様に任せればいい。





今回、私が選んだのは、朝のそばセット500円。

かけそばとミニチャーシュー丼が付いて500円である。

かけそばが350円なので、お得と思えばお得かもしれない。

実際、私はこれを注文するのが2回目か?

本当はラーメンとチャーシュー丼の方が、相性がいいのかもしれないし、実際そうでしょう。

しかし、500円でそれなりに満足出来る内容。

そう考えると、これはこれでヨシ子ちゃんである。

ところで、今回2回目のミニチャーシュー丼だが、前回は美味いと思ったが、今回は普通。

何ででしょうかね?

七味をかけたりしましたが、印象変わらず。

まあいい。

さあ、出発じゃ!

 

ここで一句

     これならば

        省略しろと

           言われそう

2017年10月31日 (火)

秦野市 ひろよし 本日のおすすめ膳(松) いなだ刺身、豚の味噌煮、天ぷら

22_31

Dscn1066


Dscn1065


Dscn1045


Dscn1046

22_32
Dscn1047


Dscn1049


Dscn1048

22_33
Dscn1056

22_34
Dscn1052


Dscn1053

22_35
Dscn1055

22_36
Dscn1059

22_37
Dscn1060

22_39
Dscn1061

22_38
Dscn1062

大企業の怠慢が目立つ今日この頃、何故に間違った道を歩ませたのか?

神戸製鋼、日産、スバル。

ああ、形は違うが東芝もそうか。

製造業が押し上げた今の日本の地位を、その企業が引きずり降ろそうとしている。

天使は堕ちて悪魔になった。

日本は堕ちたら、何に変わるのであろうか?












食べ歩きをしていて、再度の訪問で味が落ちたと思うことは多々ある。

その逆で、こんなに美味かったか?美味くなった!と思うこともある。

出来る限り、新しい店に行こうとしているが、なかなか実現しないこともある。

今、4~5年前から気にかけていた店に、今年中に行くつもりである。

そして今回、2年前に訪問をしようとして、休みのために実現できなかった店に行く。


国道246号を走らせると、興味深い店がいくつもある。

それらを折を見ては、訪問をしているのだが、今回訪問した店は、店先に

地鶏料理、季節料理とある。

これは期待できるのでは?

そう思っての最初の訪問であったが、休みだった。

あれから2年は過ぎたな。

この日も、246号沿いにいくつかの店を見かけるが、脳裏に浮かんだ店に行くことにした。

店の名前は「ひろよし」。

看板の季節料理を思いだしての再訪問となった。

今回は、店の前を通り、営業中を確認した。

離れた場所にある駐車場に車を止め、店に行く。

店の前には、ランチメニューが2種類、ホワイトボードに書いてある。

松と竹と2種類あるが、デザート付きで1100円?

中に入ると、店主がいらっしゃいとお出迎え。

先客はおらず、1人であると告げると、どこでもドウゾとなった。

カウンター席と座敷席とある。

座敷席のキャパはどれほどか分からないが、それほど広いとは思わない。

カウンター席に座ると、奥様がお茶とメニューを差し出す。

日替わりランチと思われる松と竹以外にも、自然薯料理、カツ丼、うな重、天丼とある。

やはり、お勧めの日替わりにしよう。

私はお勧めの松を選んだ。

内容は、豚肉の味噌焼き、天ぷら、イナダの刺身が付く。

料理が出来るまでの間、店内を見渡す。

写真などが飾ってあるが、店主は釣りが好きなようだ。

釣り好き、これは刺身に関しては、期待していいだろう。

やがて料理が登場、記念撮影をし、いただきま~す!










これで税込み1100円?

夢庵の鍋焼きうどん大盛り1132円よりも安いのか?

天ぷらには海老、鱚、蓮根、丸十、鯖の切り身が揚げられ、イナダの刺身は

納豆が添えられているとはいえ、厚い切り身が3切れか?

豚肉の味噌焼きは、ゴマ味噌を使用との事。

更にこれにデザートが付くか?

豚肉の味噌焼きは、固形燃料で加熱するので、時間がかかる。

その間、揚げたての天ぷらをいただきましょう。

天ぷらは、天つゆに浸けていただくタイプ。

まずは蓮根、揚げ立てアツアツで、シャクシャクした歯触りが最高である。

キスも海老も、丁寧に揚げられ、美味い。

天ぷらはいずれも、カラッと揚げられ、店主の技を感じさせる。

次にイナダの刺身をいただく。

個人的に納豆を入れなくてもよかったと思う。

刺身は一緒に提供された刺し猪口に、醤油が入っている。

その醤油も色が濃い目で、風味の高い醤油であると思われる。

イナダの刺身は結構大き目。

それをいただく。

うん、美味い!!!さすが、釣り師!w

期待通りの鮮度と味わいである。

納豆は少し納豆をかけ、イナダとは分けて食べた。

豚肉の味噌焼きがふつふつと音を立てたので、味噌を肉を混ぜ合わせる様に焼く。

味噌の香りが鼻腔を刺激する。

一切れ、口に運ぶ。

うん、味が濃すぎず美味い!

塩気が強いかと思ったが、そうでもない。

ゴマ味噌の風味と豚肉のコクが合わさり、白い飯もどんどん進む。

蒟蒻、ニンジンなども味噌を纏い、おかずとして堪能できる。

ご飯も米が美味い!

味噌汁は、豆味噌ですかね、赤味噌かもしれないが。

こちらも美味い。

すべてを食べ終えると、デザートの登場である。

デザートは、花豆を珈琲で煮た物だと言う。

口に入れると、ほのかに珈琲の香りがする。

うん、和と洋のコラボを感じさせる。

しっとりした花豆の食感と、ほのかな甘み、わずかな苦み、そして香り。

品がある大人の味わい。

そして、お茶をすべていただき、お会計。

会計時、奥様に「この内容で1100円は凄いですね、イナダも美味かった!」と言う。

すると、「これはサービス品です。刺身は毎日釣りに行っているから」と。

店主も、客と会話を積極的にしようとし、もてなしの心は感じる。

店を後にすると、2年間の空白の間に、何回この店に来てたのか?

そんな妄想を考えた。

 

ここで一句

    看板に

        偽りなしと

             太鼓判

2017年10月30日 (月)

小田原市 夢庵 早川店 鍋焼きうどん大盛り

22_22

Dscn1042


Dscn1018

22_23
Dscn1019


Dscn1022

22_24
Dscn1023


Dscn1026

22_26
Dscn1027

22_27
Dscn1028


Dscn1029

22_28
Dscn1031


Dscn1033

22_29
Dscn1038

22_30
Dscn1039

待ってました!

BORDERの続編!

小栗旬主演のこのドラマ、最初は期待なんかまったくしていませんでした。

しかし、たまたま見たら嵌りました。

小栗旬、笑わねぇ~し!

恋愛関係ねぇ~し!

とにかく面白い!

ところが、視聴率が良かったのに、続編ナシ。

なんでなんでと思いながら、あれから3年。

ついに、続編登場。

見逃さないように、ビデオ予約をしました。

死者と話せる刑事、最初は安直と思いましたが、中身は深い!

大いに期待します。














すき家から歩いて1分以内に夢庵はある。

1分以上かかるのであれば、一度、医者に行かれたら?

今回訪れたのは、夢庵早川店。

すき家の早川店から目と鼻の先の夢庵に何故、行ったのか?

それは希望・・・私は失った希望を求め、夢庵に来た。

夢庵に入ると、先客は2名。

開店時間が10時からとはいえ、余りに少ない。

この店は、しゃぶしゃぶ食べ放題とか、お得なメニューがある。

それなのに、何故に客が少ないのか?

食べ放題をしたくない味なのか?それ以外考えられぬ。

しかし、この日は寒い。

これほど寒いのであれば、注文するのはただ一つ。

「すいません、鍋焼きうどんを所望する」

「鍋焼きうどんでござるか?」

「御意」

「水はあちらのドリンクコーナーにて所望せよ」

「ああ、麺は大盛りにて候」

「うどん大盛りに候つかまつった」

「したりしたり」

「太郎冠者、二郎冠者、饂飩を・・・・」

お待たせしましたと言って出てきたのは、カセットコンロの上に乗ったうどん。

「うどんが煮えたらお召し上がりください」

それは当たり前でしょう!

それにしても、何故にこれほど枯山水的なビジュアルなのか?

一応、鍋焼きうどんの必須アイテムはのせました。

そんなビジュアルである。

饂飩は、平たく太目。

しかし、茹で上がり時間の短縮をねらうそれは、コシと味わいをスポイルする。

海老天、かしわ、カマボコ、ネギ、玉子。

取り敢えず、3種の神器?は揃えた。

何故にこれほど、スカスカ感を感じるのか?

スカジャンでもあるまいし。

私は、まずはお出汁を事逗ず図事逗うz・・・といただいてみた。

ダシ感の薄い味わいであるが、悪くはない。

醤油の味わいも薄く、年配の客層を狙った味わいである。

うどん自体の味わいは、鍋焼きなら讃岐の方向性がいいのでは?と思う。

饂飩がぺらぺらで、鍋焼きには役不足と思う。

具材も、力を感じない。

唯一、玉子だけは好印象。

玉子があって良かった。

そんな事を感じさせる、鍋焼きうどんであった。

 

ここで一句

     早川で

        早めのランチ

              悔い残る

2017年10月29日 (日)

小田原市 すき家 早川店 カレー南蛮牛丼中盛り

22_15

Dscn1006


Dscn1017

22_16
Dscn1007

22_17
Dscn1009

22_18
Dscn1011

22_19
Dscn1012

22_20
Dscn1013


Dscn1014


Dscn1015

22_21
Dscn1016

人間、手のひら返しとよく言うが、今回の選挙はまさしくそれ!

小池都知事の神輿を担ぎたい輩が、選挙後、それを拒む。

確かに、都知事は言い過ぎた。

自滅したといえるが、選挙前に助け舟として、群がった皆さん。

芥川龍之介の蜘蛛の糸みたいですよ。

まあ、糸を切ったのは都知事ですが。

野党の手のひら返しに、お釈迦様は嘆いていることでしょう。












牛丼は食べない私だが、たまには手のひら返しで食べてもいいのでは?

何というか、たまに湧き出るジャンク愛。

牛丼がジャンクかどうかは、個人の勝手だが、すき家の牛丼はジャンクでしょう?

ハンバーガーを殆ど食べない私としては、牛丼はジャンクなんです。

もっとも、私としてはすき家はカレー屋でもある。

そうか・・・牛丼にカレーがかかっていれば、いいのか!

すると、期間限定か通年メニューか分からぬが、カレー南蛮牛丼なるものがある。

すき家のカレーは好き!を宣言している私としては、これはどんなものか興味がある。

以前、すき家のカレーと牛丼の合い掛けを食べ、ず~っとカレーにしよう!と思った。w


入店したのはすき家の早川店。

2度目か?

入店すると先客は無し。

メニューを見る。

私としては、食欲の湧かないメニューばかり。。。

おでんを売っているな。

すき家は外食チェーンのコンビニだな。

もはや何でもありだ!

この前も、麺類を食べたし。

予定通り、カレー南蛮牛丼中盛り610円を注文する。

すぐに牛丼登場、記念撮影をし、いただきま~~~・・・・・・・・・・・・・
















なんてインスタ映えしないビジュアルなんだ!

私のカメラ、撮影技術が劣っているとはいえ、このビジュアル、何とかならぬか?

むしろ、牛丼の部分いらん!カレー南蛮丼でいいのでは?

それにしても、何故に中盛りを頼んだ?

並み盛りで良かった。

とにかく、残さず食べる!

ではまずは一口、モグモグ・・・カレー南蛮の部分は、和風テイストが感じられ、悪くない。

久しぶりに食べるすき家の牛丼の部分は、相変わらずショッパイ!

味付けが濃く、塩分を感じる。

私は吉野家も久しく食べていないが、すき家のこの味の濃さが、苦手である。

勿論、牛丼に関しての事だが。

それに比べ、カレーはマイルド。

牛丼のしょっぱさをカレーがカバーしている様そう。

カレー南蛮は葱が主役か?

油揚げとかどこ?どこどこ?ドコモ?

何となく、食べていてファックだと思った。

丼物を食べていてファックに思う瞬間とは?

味噌汁が無い。

丼物に汁物が無い。

まさしく、画竜点睛!棚から牡丹餅、田中から美奈子。

バブル時代であれば、味噌汁付で1000円か?

汁物をつければ800円近くなるのか?

今の時代、その価格はファックである。

仕方がない、水で流し込む。

ここで、卓上のカスタマイズアイテムを見る。

紅生姜、七味、ドレッシングなどなど・・・

私は、紅生姜と七味に出陣を願い出た。

七味は合うが、紅生姜とカレーは、フォークダンスで指一本しか触れていない男女だな。

男女と言う表現も久しぶりだ。

森羅万象二極一対!

今気が付いたが、すき家の七味はそれほど辛くはない。

私はもしかしたら、日本を失墜させるような疑惑に首を突っ込んだのかもしれない。

これは、もしかしたら「オデッサファイル」なのか?

この七味なら、いくらかけても悲鳴を上げる辛さなど感じないのでは?

ファティマ第3の予言。

それは、すき家の七味はそれほど辛くはない。

大司教は、それを見て恐れおののいた。

グランドクロスが近づいている!!!

人類滅亡まであと365日。

さらば~地球よお~












何というか、様々な妄想を抱かせる食べ物である。

カレー南蛮のおかげでするすると米は入る。

やがて完食。

私の目から、涙が溢れていた。

食べたよ、残さずに。

610円のカルマを克服したよ。

ホラーのいない世界。

それこそ桃源郷。


すき家のカレー南蛮牛丼中盛りで、これ以上の文章を書ける方、いますか??w

 

ここで一句

   味よりも

      妄想詰め込み

           ご満悦

2017年10月13日 (金)

中郡 大磯PA上り 天ざるそば

22

Dscn0808_2724

22_2
Dscn0799_2718


Dscn0803_2719

22_3
Dscn0804_2720


Dscn0805_2721


Dscn0806_2722

22_4


Dscn0807_2723

10月もそろそろ半ばである。

しかし、書いているのは、10月初旬である。

前も書いたが、このブログの悪いところは、鮮度が悪いところである。

今まで最大の時差はどれほどあったか?

1か月遅れか?

余りの時差に、1日2回更新したこともある。

鮮度重視であるなら、SNSである。

だが、食べ物の世界でも、エイジングビーフなるものがある。

熟成肉のことであるが、画像の品質を求めると、やはり一眼レフである。

今や、webを見るのにスマホが7割近いという。

実際、私のブログもスマホで見ている方が非常に多い。

機種まで分かる時代なので、ふむふむ成程と思いながら、アクセスをチェックしている。

時代は、特に電子機器は常に進化している。

IоTの時代なのだ!AIの時代なのだ!

そうだ!CEATECに行こう!

幕張に行き、電子機器の最新トレンドを見届けるのじゃ!

私は、朝5時半に起きると、幕張に向かった。







さあ、大磯だ。

何かを食べよう。

イオンモール幕張新都心店のレストラン街全店制覇の偉業がかかる私だが、

やはり、朝はキチンと何かを食べたい。

選んだのは天ざるそば。

天ぷらは揚げたての如く、温かかった。

本当に揚げ立てなのか?レンジでチン!かは分からない。

天ざるよりも、天そばをお勧めします。

先は長い。w

かき揚げ、食べにくい。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水