フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

神奈川県 グルメ

2017年10月13日 (金)

中郡 大磯PA上り 天ざるそば

22

Dscn0808_2724

22_2
Dscn0799_2718


Dscn0803_2719

22_3
Dscn0804_2720


Dscn0805_2721


Dscn0806_2722

22_4


Dscn0807_2723

10月もそろそろ半ばである。

しかし、書いているのは、10月初旬である。

前も書いたが、このブログの悪いところは、鮮度が悪いところである。

今まで最大の時差はどれほどあったか?

1か月遅れか?

余りの時差に、1日2回更新したこともある。

鮮度重視であるなら、SNSである。

だが、食べ物の世界でも、エイジングビーフなるものがある。

熟成肉のことであるが、画像の品質を求めると、やはり一眼レフである。

今や、webを見るのにスマホが7割近いという。

実際、私のブログもスマホで見ている方が非常に多い。

機種まで分かる時代なので、ふむふむ成程と思いながら、アクセスをチェックしている。

時代は、特に電子機器は常に進化している。

IоTの時代なのだ!AIの時代なのだ!

そうだ!CEATECに行こう!

幕張に行き、電子機器の最新トレンドを見届けるのじゃ!

私は、朝5時半に起きると、幕張に向かった。







さあ、大磯だ。

何かを食べよう。

イオンモール幕張新都心店のレストラン街全店制覇の偉業がかかる私だが、

やはり、朝はキチンと何かを食べたい。

選んだのは天ざるそば。

天ぷらは揚げたての如く、温かかった。

本当に揚げ立てなのか?レンジでチン!かは分からない。

天ざるよりも、天そばをお勧めします。

先は長い。w

かき揚げ、食べにくい。

2017年10月10日 (火)

厚木市 WAIWAI アジアのごはんやさん タイラーメン&ティットヘイコー(小丼)

22_10

Inkeddscn0763_2498_li


Dscn0761_2497


Dscn0745_2485

22_11
Dscn0746_2486


Dscn0747_2487

22_14
Dscn0749_2488


Dscn0750_2489

22_13
Dscn0751_2490

22_12
Dscn0754_2491


Dscn0755_2492


Dscn0757_2493


Dscn0758_2494

22_15
Dscn0759_2495


Dscn0760_2496

衆院選挙。

安倍の勝ちだな。

今なら絶対に野党に勝てる!

森友も加計も、不倫問題にはかすむ。

そして、民進の弱体化。

本当の勝負氏は小池ではなく、安倍。










アジアンテイストより、欧米が好きな私だが、たまにアジアンテイストな物も食べる。

しかし、アジアンテイストとは、日本も亜細亜なのだから、和食もアジアンテイストと

いうことで宜しいのでは?

そんな事を考えながら到着したのは、七沢のアジアンテイストお店、WIWI。

ワイワイと読むのは間違いないだろうが、何故にここに?と思われる場所。

店側にしてみれば、どこに店を出そうが勝手であろうが、もう少し走らせると宮ケ瀬湖。

そうです、この周辺は最近何度か訪れていて、飲食店全店制覇したろか?と思ってます。

その中でこの店は、非常に気になります。









店の隣に車を止められるが、離れたところに駐車場もある。

私は店の隣に車を止めると、店内へ。

何となく店内はアジアを感じるが、ここは七沢である。

スタッフも拝見したところ、バリバリのジャパンである。

またもやバリバリという表現を使用してしまった。

まあ、バリバリ伝説の初期の頃をよく読んでいたので。w

先客は2組ほど、先客もフロムジャパンである。

店内はテーブル席がメインであるが、カウンター席も4席ほどある。

小上がり席もあり、キャパはほどほどあるようだ。

好きなところに座れというので、窓際に座る。

窓際に座ると落ち着くのだ。

会社もレストランも、窓際が一番、落ち着く。

メニューを見ると、ワードはジャパンであった。

店先にもメニューがあったが、セットメニューがお得の様だ。

注文したのは、タイラーメン&ティットヘイコーのセット税込1058円。

ティットヘイコーって、ちゃきちゃきのフロムジャパンな私からすると、発音がし難い。

メニューの説明を読むと、角煮丼らしい。

タイラーメンにパクチーと唐辛子は入れるか?と言われたが、ドウゾドウゾとお願い。

パクチーは好き!とは言わないが、あの香りや味に抵抗感は全くない。

個人的には、ミントがバリバリ効いているのは好ましくない。

・・・またバリバリと言う表現を使ってしまった。

まあ、昔はパチンコ店ではジャンジャンバリバリと言って言っていたのでね。

それほど待たずにセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ああ・・・タイラーメンだった・・・グリーンカレーラーメンを妄想していた。

何故か、タイラーメンをグリーンカレーと思い込んでしまった。

秦野のバーンタイ台所の影響だろうか?

出て来た物は、風変わりな塩ラーメンと野菜スティック丼みたいな印象。

最初はやはりラーメンですな、まずはスープを事逗ず・・・うほ!美味い!!!!!

ダシが良く出ていますね、旨み十分で美味しい!!!!!

具にはモヤシ、パクチー、ネギ、唐辛子、せんべい?みたいなものがのる。

見た目はアッサリサッパリ系だが、しっかりと旨味を感じるスープは、好印象。

次に麺をいただきます。

麺は俗に言う「フォー」ですね。

昔、レイザーラモンHGが吠えてましたね、フォー!と。

米粉の麺なので、クイッティアというのが、タイラーメンと言うのであれば正しいかな?

麺はコシよりものど越し重視かな?スルスルとのどを伝っていきます。

すると、スタッフのお姉ちゃんが、カスタムする?ということで、香辛料などを持ってきた。

ナンプラーかニョクマムか分からない魚醤と唐辛子、酢、砂糖が入っています。

それらをちょい足ししながら、自分好みの味に仕上げます。

私はナンプラーちょい足し~の、酢を足し~のがツボの味になりました。

ある程度、麺をたべたところで、丼ぶりをいただきます。

さて、この丼ぶり、どのように食べましょうか?

野菜が大きいので、ビビンバみたいに、混ぜ混ぜは難しいかな?

それでも、無理やり混ぜ混ぜすると、全体的に刺激がすくないかな?

角煮丼ということで、肉に味はあるが、野菜類には味付けは無い。

野菜と肉のバランスを考えると、カスタムアイテムの出番だ!

こちらもニョクマムと酢で調整する。

するとこちらも自分好みの味になる。

肉の味付けは、突出した味わいは感じない。

むしろ、野菜類の主張が強いかもしれない。

ご飯は、普通の国産米とお見受けしました。

小付けはズッキーニですかね、丼ぶりを完食し、ラーメンも完飲完食。

最後にデザートですが、ココナッツプリンかな?

杏仁豆腐みたいだけど、それでは絶対にない。

甘さ控えめで美味しかった。

先入観でタイ料理専門店と思ってしまいましたが、アジアの多国籍料理店?

そんな印象です。

私が食べ終えるころ、サイクリング愛好者の皆さんや、常連さんらしき方が訪れ、

店内はほぼ満席状態。

この日は、日曜日ですが、人気があるようですね。

私も是非とも、再訪問をしたいものです。

 

ここで一句

    思い込み

       ボケた頭に

            タイキック

2017年10月 9日 (月)

伊勢原市 山の宿ねぎし おとうふ会席

Dsc_0220_2548

22_5
Dsc_0219_2549


Dsc_0221_2550

22_6
Dsc_0222_2551


Dsc_0224_2554


Dsc_0225_2555


Dsc_0236_2552


Dsc_0235_2553


Dsc_0233_2562

22_7
Dsc_0226_2556

22_9
Dsc_0228_2557


Dsc_0229_2558


Dsc_0230_2559


Dsc_0231_2560


Dsc_0232_2561

22_8
Dsc_0237_2563

大山阿夫利神社に来たら、豆腐を食べないといけないようだ。

しかし、豆腐で有名な店が伊勢原にあったが、倒産。

今年の初めあたりに破産したらしい。

ならば、無理して豆腐を食べる必要はないのでは?と思うのだが、まあいいでしょう。

ケーブルカーを降りてから、どこで食べようか?お店を探しながら帰路を歩く。

途中、うちでお食べと、おばちゃんが声をかける。

その店は豆腐は自家製らしいのだが、奴と温豆腐と豆腐は3種類くらいで、あとは蕎麦。

蕎麦か・・・豆腐の定食は無いか、尋ねると無いと。

すると、蕎麦を大盛りにして、豆腐を食えと言う。

定食だと1500円とか2000円取られるから、蕎麦を大盛りにして豆腐を食えば、

腹が膨れるという。

蕎麦の大盛りだと、1000円くらいだという。

それに豆腐を足せば、1500円とかになっちゃうでしょう?

蕎麦の大盛りも400円増しではないですか。

冷静に店探しをするか。

すると、行きにも気になった、旅館のランチが気になる。

豆腐料理はともかく、猪鍋、鹿鍋などもある。

店の名前は「ねぎし」予備知識は何も無し。

何となく見た目も「インスタ映え」しそうなので、ここに決めた。

「すいませ~ん!」

私は何も悪いことはしていないが、声をかける。

すると、中からスタッフというか、お婆ちゃんが出てくる。

入口のセンサーの電源を切っていたから、分からなかったと、言い訳をする。

「ひとりだけど、いいですか?」

「ドウゾ、どうぞ」

中に案内されると、座敷席に通される。

畳の部屋にテーブルがいくつかあり、隣とは衝立で仕切られる。

メニューは豆腐会席、猪鍋、鹿鍋と単品料理。

猪鍋は美味しいところを知っているし、鹿鍋も面白そうだが・・・豆腐にしよう。

おとうふ会席1700円を選ぶ。

料理が出来るまでの間、他に客もいないので周りを見渡す。

庭が見えますね。

それでも10分ほど待ちましたか?

会席登場、記念撮影をし、いただきま~す!









御膳の上にずらりと並んだ料理は豪華に見えるが、冷や奴、おから、白和え、茶案蒸し、

煮物、ごま豆腐、漬物、水菓子、ご飯に味噌汁となる。

・・・精進料理か???お寺でお食事か???と突っ込みたくなるが、

名前が豆腐会席なので、肉類が無くても一切、文句は言えない。

料理をそれぞれ口に運ぶが、おからは味付けも上品でイケますね、白和えも上品、

茶碗蒸しも美味しいですね、煮物もいいですね、ごま豆腐も美味しい。

冷や奴は、さっぱりして美味しい。

う~~~~~~~~~む、、これでいいのか?

ケーブルカーの一区間だけ、歩いたとはいえ、汗びっしょりである。

体が血肉を求めるのに、それを拒否し、淡白な料理を選んだ。

正直、飯を食べているのに、飯を食べたい!と思ってしまう。

ご飯もほかほかで、味噌汁も美味い。

これが朝食であれば、私の体も満足しただろうが、ランチとしては物足りない。

店に責任はない。

猪鍋か鹿鍋を選ばなかった自分が悪い。

肉食系オヤジとして、単品の鮎の塩焼きは注文すべきだった。。。

 

ここで一句

     大豆はね

         畑の肉と

             言われてる

2017年10月 6日 (金)

伊勢原市 たんぽぽ 野菜炒め、生ビール

Dscn0709_2461

22_2
Dscn0710_2462


Dscn0712_2463


Dscn0713_2464


Dscn0714_2465


Dscn0715_2466


Dscn0717_2468

22_3
Dscn0719_2469

22_4
Dscn0720_2470

千葉からの帰り、遅くなることが予想されていたので、伊勢原にホテルを借りた。

何故伊勢原か?

他にホテルが取れなかった。

それだけである。

それに、明日はまた別の観光に行く予定がある。

ホテルにチェックインをすると、すでに7時を過ぎていた。

軽く飲むか?

私はホテルを出ると、国道246号を東京方面に歩く。

この界隈、なんだかんだで、これで4回目?3回目?

私としては、何の縁もゆかりもないこの地で夜を楽しんでいます。

前回はどさん子でちょい飲みをしたが、今回はお隣のたんぽぽで飲んでみよう。

たんぽぽはらーめん店で、昼間の利用は2回ほどした。

一度目はチャーシュー定食、二度目はセットを食べた。

夜も営業をしているので、ここでちょい飲みをしてみましょう。

階段を上り、中に入るとママが一人でテレビを見ている。

私を確認すると、いらっしゃい!と声をかけると、店の明かりを点ける。

すでに営業時間を過ぎているが、夜はお暇な様ですね?

メニューを見ると、ビールと日本酒、チューハイ類か?ハイボールは無し。

まずは生ビールを注文し、野菜炒めが単品であるのでそれを注文、

すぐに生ビールが先に来て、記念撮影をし、いただきま~す!









お通しがマカロニサラダだね。

生ビールが500円で野菜炒めが550円。

テレビがあるので、見ながら生ビールを飲む。

マカロニサラダは、可もなく不可もなく。

やがて野菜炒めが来る。

ソース味のそれをつまみながら、生ビールを追加。

口を休めることもなく、ひたすら食べ続ける。

野菜炒めとして考えると、野菜はしなしなかな?

もう少しシャキシャキ感が欲しい様な気がする。

でも、キャベツがシャキシャキしているので、それでいいか?

3杯目の生ビールを追加し、野菜炒めも完食。

他に客もいないし、お勘定をする。

合計2050円のはずだが、いくら支払った覚えてない。w

レシート?無い。w

ハイボールがメニューに掲載された、また行きたいと思います。

 

ここで一句

     〆に麺

       ビールだけでは

              無理ですね

2017年10月 3日 (火)

中郡 大磯PA上り 天ぷらそば、ミニカレーセット

22_7

Dscn0698_2390

22_8
Dscn0693_2391

22_9
Dscn0694_2392


Dscn0695_2393

22_10
Dscn0696_2394


Dscn0697_2395

アムロ、来年引退。

恐らく同時期にデー家滅亡。

本音を言えば、桜前線で滅亡したい。

桜の開花を求め、そしてブログも散る。

散る美学、求めたい。












我がブログのディープな読者様であれば、私がここに立ち寄り、食べる!

と言う事実がどういうことであるか、察しであろう。

そうです。

その通りです。

このセット、結構腹が膨れるな。

 

一句省略。

その代り、過去3年のデータをもとに、我がブログの人気ランキングを発表。

前回1位から10位だったので、今回は11位から30位までどうぞ。

第11位

厚木市 ごはん処かつ庵厚木長谷店 えび+ロースかつ定食
zard.air-nifty.com/blog/2017/01/post-2.html

順位に変動あり

第12位

沼津市 北口亭 餃子12個
zard.air-nifty.com/blog/2014/05/post-1.html

第13位

静岡市 NEOPASA 静岡 上り イップウドウヌードルエキスプレス
zard.air-nifty.com/blog/2012/05/saippudo-noodle.html

何ででしょうか?

第14位

沼津市 千楽 北口店 カツハヤシ
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-5.html

日系人みたいな名前

第15位

南足柄市 力太商店 辛ネギ味噌ラーメン大盛り+炙りチャーシュー二枚
zard.air-nifty.com/blog/2015/04/post-17.html

第16位

静岡市 山女の里 見月茶屋 野生猪鍋、やまめ塩焼き、野生猪串焼き
zard.air-nifty.com/blog/2012/01/post-3.html

第17位

伊東市 万里食堂 唐揚げ定
zard.air-nifty.com/blog/2015/02/post-23.html

第18位

伊東市 めしの駅 山田食堂 ミックスフライ定食
zard.air-nifty.com/blog/2016/05/post-6.html

第19位

諏訪市 炭火と地酒のたつじん 生ビール、モツ煮、とろしろ、まるちょう他:...
zard.air-nifty.com/blog/2014/07/post-11.html

第20位

中郡 肉の清水 メンチカツ、ローストビーフ、餃子
zard.air-nifty.com/blog/2013/08/post-1c2f.html

第21位

藤沢市 星乃珈琲店 片瀬店 フレンチモーニングセット、窯焼きスフレパンケーキ
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-3.html

第22位

静岡市 とんかつ宇田川 ロースカツ定食B
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-6.html

第23位

三島市 味の終着駅 次郎長 みそチャーシューラーメン
zard.air-nifty.com/blog/2014/02/post-34f9.html

第24位

銚子市 犬若食堂 サル海老のかき揚げ定食
zard.air-nifty.com/blog/2013/06/post-8.html

第25位

甲府市 どてやき下條 生ビール、レバー塩焼き、どてたまご
zard.air-nifty.com/blog/2014/08/post-592f.html

第26位

足柄上郡 大井商店マックス ネギラーメン大盛り
zard.air-nifty.com/blog/2016/05/post-1.html

第27位

沼津市 にし与 まぐろ丼(あじフライ付)
zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-10.html

第28位

北杜市 仙人小屋 焼き松茸定食、キノコの天ぷら
zard.air-nifty.com/blog/2012/10/post-4.html

第29位

銚子市 丼ぶり、定食屋 久六 きんめ鯛づけ丼
zard.air-nifty.com/blog/2012/02/post-5.html

第30位

秦野市 たぬきち本店 カツカレー
zard.air-nifty.com/blog/2014/02/post-7b4d.html

正直、我が読者様の傾向と対策が分からん。w

イベントコンパニオンは求められていないようです。w

観光も。

どちらにしても、今まで通り、更新していきます。

2017年9月15日 (金)

中郡 うどんAGATA 親子天ぶっかけ(温)

22_6

Dscn0518_2038

22_7
Dscn0517_2039


Dscn0501_2040

22_8
Dscn0502_2041

22_9
Dscn0505_2042

22_10
Dscn0506_2043

Dscn0508_2044

22_11

Dscn0509_2045

Dscn0511_2046

Dscn0512_2047

22_12

Dscn0513_2048

Dscn0515_2049

己の主食は何だろうか?

麺類が好きだが、毎日ラーメン、毎日蕎麦、毎日パスタ、毎日うどんはキツイ。

だからと言って、ご飯が主食か?となると、そうかもしれないが、そうとも限らない。

私は麺が主役の食事が好きだが、それは日々米を食べているから。

そう言えるかもしれない。




マイブームの肉汁うどんから派生し、うどんをご紹介することが増えましたが、

今回も素敵なうどん店をご紹介しましょう。

店の名前は「うどんAGATA」。

予め、下調べをしておいた店だが、肉汁うどんが無いので、訪問する事が遅れていた。

ナビに入力をし、店に向かうが、目的地到着でどこ?と思ってしまう。

店は見つけたが、駐車場はどこ?

50m先にあるらしいので、そこへ行く。

私のブログを見て訪問する方もいるだろうから、駐車場の写真を掲載しておく。

車を止めて、店の中に。

店内に入ると、スタッフがいらっしゃいませとお出迎え。

1人であることを告げると、2人用のテーブル席に案内される。

テーブル席、カウンター席、座敷席とある。

座敷席には、子連れの5~6にん組や、バアサマ3人組が座っている。

カウンター席からは厨房内が、伺えるようである。

メニューを見ると、ざる系、ぶっかけ系などいろいろ種類があるが、私の座った席の

後ろに手書きの黒板メニューがある。

それに気が付いたのは、注文後。

他の客がトウモロコシの天ぷらや、大海老の天ぷらなどをいっていたので、

どこにそんな事が書いてある?と思ったのだ。

それでもメニューを見ると、舞茸天婦羅のざるうどんでいいかな?と思うが、

結局選んだのは、親子天ぶっかけうどんの温930円。

鶏肉の天ぷらと、半熟玉子のぶっかけうどんである。

温と冷と選べるが、温はアツアツのうどんの上に天ぷらがのるのか?と想像し、

注文をした。

暫し待たされる。

注文を受けてからうどんを茹でているようだ。

やがてうどん登場、記念撮影をし、いただきま~す!



確かにぶっかけうどんだな、私の想像が間違っていた。

温と冷の違いは、かけるおつゆが、温かいか、冷たいかの違いである。

まずは半分ほどかけて、うどんを混ぜ混ぜする。

うどんの上にはかしわ天と半熟玉子天がのっているが、それ以外には、

天かす、ゴマ、ネギ、大根おろし、生姜など薬味がたっぷりかかっている。

天ぷら以外はそれらをうどんに絡ませ、そこでうどんを一本啜る。

チュルチュル・・・讃岐うどんだね。

じつにしっかりしたコシを感じるうどんです。

小麦粉の味わいと言うか、風味も強く、このうどんは美味しいでしょう!

エッジの効いたうどんは、のど越し、食感、味わい共に、言うこと無し!美味い!!!

この時点で天ぷらにかかるように、残りのおつゆを入れます。

そこでかしわ天を一口、モグモグ・・・ジューシーなかしわ天である。美味い!!!

鶏の唐揚げのジューシー感とは別のものである。

天婦羅と言う、調理方法が生み出す肉のジューシー感は見事!

肉質もやわらかく、筋など一切感じない。

衣は勿論、サックリしている。

肉も厚く、食べ応え有り!昨日紹介したうどんと比べると、すべてに於いて、差を感じる。

うどんのボリューム感は多い方だろうと思われる。

この店が1軒目であれば、間違いなく大盛りを注文していただろうが、

連食なので、十分すぎるボリューム感である。

しかし、価格を考えると、うどんだから・・・という気持ちもないわけではない。

う~ん、それにしても美味いな~~。

うどんも美味いが、天ぷらも美味い、おつゆも美味いな~。

ダシが効いていますね、醤油の味わいよりも、カエシとしての熟成感がある。

次に半熟玉子天を崩し、うどんと絡める。

う~ん、美味しい!!!

まろやかで美味い!!!

吉田うどんの剛直なうどんもいいが、この様なアレンジうどんもいいね。

昨日のうどんが総額840円だが、030円でこの内容なら、こちらを選ぶね。

やがて完食。

いや~、美味しいうどんです!

是非とも再訪問をしたくなりました。

冬場にどんなうどんを出すのか?それも興味がありますね!

よ~し、今日からうどんを主食にするぞ!w

 

ここで一句

    主食より

      主役を目指せ

             若者よ!

2017年9月14日 (木)

小田原市 丸亀製麺小田原店 牛すきかけうどん、いわし天、半熟玉子天

Dscn0499_2030

22_5
Dscn0498_2037


Dscn0497_2036

22
Dscn0489_2031

22_2
Dscn0490_2032


Dscn0491_2033

22_3
Dscn0494_2034

22_4
Dscn0496_2035

斉藤由貴は不倫を認めたか。

今井議員はどうなんでせうか?

山尾議員は、完全にオワコンですね。

この前も書いたが、脇が甘い!

「あいつは脇が辛い!」と言うのは聞いたことが無いが、脇が甘い!

「あいつは脇が臭い!」と言うのは聞いたことがある。

つまり、不倫がばれるのは、脇が臭いから感づかれるわけである。

臭いで記者たちに気付かれる!そう言う事!

やはり、脇には汗止めスプレーか、脇汗パットである。

そうでしょう?有働アナ!!!w













このところ、うどんを紹介することが多いかな?

肉汁うどんが食べたい!と思いつつ、丸亀製麺で肉汁うどんを食べていないので、

行ってみることにした。

すると、肉汁うどんキャンペーンは終了していた。

残念である。

だが、牛すきうどんを開始していたので、それを食べる事にした。

メニューを見ると、牛すき釜玉とかある。

カレーうどんにしようかと思ったが、久しぶりの丸亀製麺なので、

牛すきかけうどんの並、いわし天、半熟玉子天を選ぶ。

合計840円である。

うどんが590円で安いと思っても、いわし天と半熟玉子天が、エンゲル係数を上げる。

何となく悔しいので、ネギとゴマ、生姜をたっぷりのせる。

では記念撮影をし、いただきま~す!













以前来た時よりも、いろいろとサービスが増えているかな?

天つゆサービスがある。

まずはうどんから行きますか。

肉だけを食べてみます。

モグモグ・・・牛丼の具だが、甘い。

すき焼きなので、甘いのは仕方がないが、肉がたっぷり入っているし、その煮汁も

たっぷりうどんのダシに混ざるので、全体的に甘い。

私としては、この味は求めていない味。

うどんの味わいもスポイルされ、何と言いますか、甘ったるい。

勿論、この味大歓迎の方もいるでしょうが、私は勘弁かな?

そういえば、依然も似た様なうどんを丸亀で食べたな。

肉盛りうどんを食べたが、その時は肉が多いと感想を書いている。

つまり、私は似た様なうどんを食べて、同じ感想を書いている。

つまり、頭がボケたと。w

うどんも甘くなって、ネギを追加投入し、味を誤魔化す。

次に天ぷらを食べましょう。

まずは鰯から・・・モグモグ・・・揚げ上がりも悪くないし、素材も悪くないが、

鰯の下処理が完全ではない。

骨が残っていた。

クレーマーなら、骨が残っていたぞ!とSNSで拡散するだろうが、

骨は異物では無いので、ちゃんとやれよ、と心で思う。

本当に、揚げ上がりも素材も悪くないが、その揚げる前の処理が残念ですね。

次に玉子天を食べる。

半熟玉子はとろりとして、美味そうですね。

うどんに絡めていただきます。

モグモグ・・・いま、ガリッていったぞ。

玉子には取り切れない玉子の殻が残っていた。

これも揚げる前の下処理不足ですね。

微量でも、殻は確実に分かりますね。

やっぱり、SNSで拡散したろうか???w

大量に処理をしなければいけないから、この様な事が発生するのでしょうが、

2つの天ぷらを食べて、骨と殻があったというのは、残念でもなんでもない。

両方とも異物ではないが、うどんの甘さも加え、少々がっかり。

並み盛りでよかった。

下処理の脇が甘いわ・・・

 

ここで一句

     脇甘し

       うどんも甘し

            評カラシ

2017年9月13日 (水)

小田原市 なか卯小田原鴨宮店 親子丼並+こだわり玉子

22

Dscn0487_2025

Dscn0486_2050


Dscn0485_2051


Dscn0484_2027

22_2
Dscn0480_2026


Dscn0481_2028

22_3
Dscn0483_2029

来年ここが終了近くになったら、もう一度やるが、過去3年間の人気記事の

トップ10を出してみる。

第1位

最終更新 坂井泉水さん お墓参り:
zard.air-nifty.com/blog/2015/05/post-10.html

当たり前ですかね。

第2位

榛原郡 井川線 奥大井湖上駅にて今年の紅葉:
zard.air-nifty.com/blog/2010/11/post-26b6.html

なるほど、という印象。

第3位

下田市 とんかつ一(はじめ) ひれかつ+カキフライ:
zard.air-nifty.com/blog/2014/02/post-1965.html

大将見てる?3位だよ!w

第4位

小田原市 黄金小田原本店 日替わり月曜メニュー(黄金ラーメン+半麻婆丼)...
zard.air-nifty.com/blog/2016/05/post-30e1.html

何故???w

第5位

伊東市 焼肉はつかの 特上ロース、特上カルビ、生ビールその他: .
zard.air-nifty.com/blog/2014/09/post.html

酒池肉林だな。w

第6位

小田原市 小田原おでん本店 牛すじ煮込みうどんランチ:
zard.air-nifty.com/blog/2012/04/post-5.html

2012年の記事ですよ。

第7位

上田市 丸光園松茸山 松茸満腹コース:
zard.air-nifty.com/blog/2011/10/post-775a.html

松茸ネタは人気がありますね!

第8位

足柄下郡真鶴町 丸入水産 お刺身定食:
zard.air-nifty.com/blog/2013/01/post-b141.html

ほほ~!という印象。

第9位

松本市 とりでん チャーシューワンメン:
zard.air-nifty.com/blog/2014/07/post-14.html

超意外なんですけど!

第10位

沼津市 北口亭 餃子12個:
zard.air-nifty.com/blog/2014/05/post-1.html

ふ~~ん。

正直言いまして、読者は私のブログに何を求めているのか?

分かりません!w

私としてはどうでもいい店がトップ10入りしているし。w

それよりも、11位から30位は波乱だらけ!

とりでん、何でアナタが9位なの???w

4位なんか、意外中の意外。

コンパニオン関連が皆無だし。w

桜前線も・・・wwww

むしろ、11位から20位、30位までやってみたいですね。

個人的に意外なものばかり。

2700近くある日記の中で、ランク付け。

3年間限定(それ以上はデータなし)。

面白い!



またなか卯に来てしまった。

すき家はこの前行ったし、吉野家はどうも・・・

松屋に行ってみるか?と思うが、昔食べた時、米に味が無いと思ったし。

この日は魚市場食堂は休みだし、ガストに行きたいと思わないし。

消去法でなか卯に行くしかない。

期間限定メニューなどいろいろバリエーションがあるが、なか卯と言ったら親子丼。

牛丼を食べない私は、親子丼を選びます。

この前伊勢で、牛丼を食べただろう!と突っ込まれそうだが、あれは肉が松阪牛。

吉野家も松阪牛で提供したら、食べます。

まあいい。

時刻は10時前。

店内に入ると、先客は2名。

券売機で何を選ぶか考えるが、親子丼とうどんのセットはもういい。

親子丼とカレーのセットとかないのかな?

無ければ、自分でセッティングをすればいいか?

選んだのは、親子丼の並490円。

大食漢の私だが、この店の親子丼は、並でも十分ボリュームがある。

うどんやカレーを注文すると、足りねぇ~!と思うが、不思議と親子丼は並で十分。

その親子丼に生玉子を加える。

拘りの玉子70円だと。

合計560円で安い!と思うが、世間は広い。

500円というワンコイン価格を超える事を、許さぬ輩は多い。

私も貧乏学生時代は、10円単位でメニューを選んだものだ。

コンビニが充実していない時代、ホカホカ弁当ののり弁は、必須アイテムであった。w

学食のカレーライスに生玉子を浮かべたこともあった。

そんな貧乏学生時代、親子丼に生玉子追加なんて・・・

そして、目の前に親子丼がやって来た。

丼ぶりものには味噌汁がやはり、必要だな。

追加で注文するか?いや、やめておこう。

汁ダクの親子丼の上に、生玉子をのせる。

この玉子、黄身がしっかりとしており、なかなかいい玉子である。

箸で、黄身を崩し、記念撮影をする。

なかなかインスタ映えする画像である。w

今回注文した親子丼だが、鶏肉25%増量キャンペーンをやっていた。

一口に入れると、すぐに肉が来た。

25%増量を何となく、実感できた。

確変突入率が25%ならば、誰がそんな台を打つか!となるが、肉の増量25%は

それを実感できるものであった。

味付けは甘辛い味なのだが、そこは上品に仕上げてある。

ガテン系は好まぬ味であろうが、私はこの味は好きである。

ただ今回の様に、生玉子を追加すると、まろやかさは増すが、味はボケる。

そこで、卓上のカスタムアイテムの出番である。

親子丼に紅生姜と七味を少し追加する。

七味でやや刺激が加わり、紅生姜が良い味のアクセントになる。

山椒jもあるので、山椒もかける。

個人的に、この親子丼には山椒が合うと思うが、かけ過ぎは禁物。

並み盛りだが、ボリューム感もあり、この時間帯の食事量としては満足。

やがて完食。

これから先、どこかの店で親子丼を注文するとき、生玉子追加が可能であるなら、

是非とも実行をしてみたいと思った。

 

ここで一句

    親子丼

        玉子追加で

              子沢山?

2017年9月 6日 (水)

厚木市 ロイヤルインド 厚木店 ロイヤルインディアスペシャルランチ

22_11

Dscn0408

22_12
Dscn0388

22_14
Dscn0389


Dscn0390


Dscn0391


Dscn0393


Dscn0394


Dscn0398

22_15
Dscn0399

Dscn0400

Dscn0401

Dscn0404_2

22_13

Dscn0406


Dscn0407

アクセスカウンターは141万を超えていた。

残り1年ちょっと。

200万を超えて、終了したい!

本当は、500万だったけど・・・w








今回思いついたのが、夏の終わりに宮ケ瀬ダムに行ってみるか?ということ。

実際行ってみると、水が無いし。w

ダムが干上がっているでは、あ~りませんか!

しかもダムとエネルギー館とか言う、なんちゃらな建物は、駐車場の空き待ちの

列ができている。

水は無いけど、なんて人気な所なんだ!

しかも、この日は平日である。

夏休み最後の思い出を、宮ケ瀬ダムに求めて来た厚木の住民たち。(予想)

もう少し水がたまった頃の平日に、再訪問をしたいと思いますが、

ここまで来て何かを食べた方がいいのでは?

そう考えると、私は厚木インター方面を目指す。

ところどころラーメン店や蕎麦屋を見かけるが、麺ばかり食べていると、後ろ指を指される

のが嫌なので、なにか違う店を探す。

すると、インドカレーの店を発見。

予備知識など何もないが、インドカレーはたまに食べている。

店の名前はロイヤルインド。

ロイヤルホストの新店ではない。

店の前が駐車場になっているので、そこに車を止める。

店の正面は、ガラスなのでケ~スケス、丸見えです。

中に入ると、インドな方がお出迎え。

背が高く、ほっそりとして、インド系イケメンと言えるかもしれない。

客席はテーブル席がメイン、どの席も4人座るのが基本と思われる。

先客は5名ほどで、店内は余裕がある。

私もテーブル席に座り、メニューを眺める。

ランチメニューがあるので、それを見る。

ランチの種類は色々あるが、ナンとライスがお替りが自由らしい。

この手のお店では時々見かける、ナン食べ放題。

しかし、ナンは結構腹にきます。

私も空きっ腹だとしても、3枚食べれば十分と思われる。

どれにしようか悩むが、カレーが2種類選べるロイヤルインディアスペシャルランチにする。

税込みで1026円になる。

ナンとライスが付き、タンドリーチキンが1本付く。

カレーは日替わりと、ほうれん草カレーが付いてくる。

注文後、店内を見渡す。

装飾はインドですね、店内に流れるBGMもインドです。

音楽に詳しくない私が言うのも何だが、インド系ミュージックって、心地よいね。

琉球音楽みたいな心地よさがあると思うが、専門家の意見はどうでせうか?

やがてカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!









あ、カレーは辛口で注文しました。

ナンに付けて食べるので、多少辛くても我慢できる。

あ~、それにしても香辛料のいい匂いがあるが、それ以上に焼き立てナンの匂いが!

う~~ん、これは食欲をそそりますね。

では早速ナンを千切って、日替わりカレーにディップします。

口に入れると、鶏の挽肉をベースとした、カレーかな?

何となくトマトの味わいを感じるもので、美味しいです。

何より、ナンが美味いね~~。

ほんと、ナンが美味い。

次にほうれん草カレーをいただきます。

こちらは、ペースト状のほうれん草に鶏肉が入っています。

では一口、モグモグ・・・濃厚だわ!

ほうれん草のカレーって、サッパリした物かな?と思ったが、意外以外、濃厚。

スパイスも効いていて、喉や胃を刺激する。

辛いと言えば辛いが、泣きたくなる程辛くはない。

ねっとりとしたカレーをナンの上に乗せ、口に入れるとヘビーな美味さが来る。

日替わりのチキンより好きな味かも?

ほうれん草嫌いな方は多いだろうが、これはほうれん草臭さは感じない。

むしろ、濃厚な味を強調した野菜カレーと言えるかな?

ただ、辛さとは違う刺激と言うか、スパイスの効能はあるが。

タンドリーチキンはスパイスの衣をまとったもの。

食べてみると、肉はやわらかいが、ジューシー感は無い。

ボソボソしているわけではないが、肉汁好きには物足りないかも?

ライスはバターライスのようなもの。

これは美味いのだが、ナンの美味さに比べると・・・

結局、ナンをお替り。

腹が膨れるけど、詰め込んでみましょう。

お替りも同じ大きさで提供。

段々腹が膨れてきます。

当たり前ですね、連食もしていますから。w

やがて完食。

サービスに関しては、お冷の継ぎ足しとか、気を効かせて欲しいですね。

あとは特に不満はございません。

マジで空腹でどれだけお替り出来るか、挑戦したい。

 

ここで一句

    ロイヤルは

          ホストだけとは

                限らない

2017年9月 5日 (火)

厚木市 麺や食堂246号店 ランチB(中華そば+まかないカレーライス)

22_5
Dscn0376

22_6
Dscn0377


Dscn0378


Dscn0379

22_7
Dscn0380

22_8
Dscn0382


Dscn0384

22_9
Dscn0385


Dscn0386

22_10

Dscn0387

眞子さまの婚約会見、品があるよな。

貧乏くさいにおいが一切ない。

月と太陽。

ちんちくりんな連中には決して出てこない言葉。

は~、和歌の世界。

さすが皇族!!!!!!!






ラーメンが好きですね。

しかし、さすがに今は、並んでも食べたいとは思わない。

並ばなくても美味いラーメンが食べられる。

そんなお店を選んでいますが、平日は並ばなくても、土日は並ぶ。

そのような場合もあります。

行列が短ければ、並ぶことは多々あります。

しかし、言える事はひとつ。

開店直後を狙え!

この日も、丁度開店直後を狙って訪問してみた。

麺や食堂246号店である。

すると、見事ポールポジションなのだが、他に客の姿は無し。

自分が美味いと信じている店で、他の客がいないと味が落ちたか?などと思ってしまう。

そんな一抹の不安を抱く。

中に入ると、ニコニコとお姉さんがお迎えしてくれる。

この店では、味だけではなく、接客も売りだね。

孤独なオヤジや老人は少し、勘違いしてしまうくらい。

前回来た時に、ランチはやってなかったと思った。

今回は店の外にもランチメニューをうたっていたので、それにする事にした。

選んだのは賄いカレーライスのついたBセット。

麺は中華そばか塩そばか選べるが、中華そばを選ぶ。

鶏チャーシュー丼とチキンカツライスも選べる。

それらは次回にし、Bセット918円を選ぶ。

それほど待たずにまずはカレーライスが来る。

記念撮影をし、いただきま~す!









ミニカレーと言っていいでしょう。

半ライスサイズのご飯に、カレーがかけられる。

カレーのルーは、挽肉状の物が見える以外は、他に具の存在は感じない。

では一口、モグモグ・・・カレーのルーのベースは当然、ラーメンスープでしょうね。

コクが有り美味しい。

ただ、塩気が個人的に強いかな?

具の存在は、やはり、挽き肉だけのようです。

そして中華そばが登場します。

相変わらず、麺の盛り付けが美しい。

整然と並べられたそれは、和の美を感じさせる。

まずはスープを事逗ずず・・・美味いわ~~~~!!!!!

魚介系の風味が最初に来るけど、ガラ系のコクもくるわ~~~。

ああ・・・遠いブラジルを思い出すな~。(分かる方だけ分かる)

醤油タレが個人的に強く感じ、塩分が多いよな、と思う部分があるが、

これだけしっかりダシが出ていれば、多少ショッパイと思っても、グイグイ行きますね。

麺は細麺ストレート、歯切れが良く、コシのある麺は美味い!

いつも、大盛りを注文するが、普通盛でも十分なボリューム。

足りなければ、替え玉を注文すればいいでしょう。

チャーシューは2種類、豚と鶏。

鶏は低温調理でしょうか、やわらかく美味いね~。

途中で卓上のコショウを散らし、やがて完食。

何回来ても、美味い物は美味い!!!!!

今回はセットメニューを初めて注文しましたが、腹は満たされました。

お会計をすると、お姉さんがお見送りサービス。

素晴らしい事ですが、勘違いの元です。

どぶろっくになってしまいます。w

 

ここで一句

    もしかして

        そんな気持ちが

               ストーカー

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水