フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

神奈川県 グルメ

2018年9月21日 (金)

中郡 大磯PA 天ぷらそば


Dscn4846



Dscn4847

Dscn4848


Dscn4850


Dscn4851

もう、ネタ切れを起こせない。

ぼくはこの日、お出かけをした。

東へ向かう前に、トイレ。

あ~、大磯パーキングエリアがリニューアルしているよ。

テーブルが綺麗になりましたね。

リニューアル記念として、ぼくは天ぷらそば500円を注文した。

ぼくは、何で注文しちゃったのかな?と思った。

だって、これから行く所は初訪問だよ。

そこで食べればいいじゃない!

でも、美味しいとは限らないじゃない!

そうじゃない!そうじゃない!そうじゃない!










うん、今お酒を飲みながら書いています。

酒が入ると、時々神が降りてきますが、堕天使も降りてきます。











今考えると、坂井泉水さんお墓詣りで終わりにしておけば、良かったかな?

まさか、これほどバタバタするとは思わなかった。

屈辱のネタ切れの連発。







ゲームショウに行けない私はどこにいったのか?

それは明日。w



2018年9月14日 (金)

足柄下郡 高松食堂 五目揚げ焼きそば

124
Dscn4777

Dscn4778

124_2
Dscn4779

Dscn4785

Dscn4787

124_3
Dscn4784

124_4

Dscn4788


Dscn4790

124_5
Dscn4792

124_6
Dscn4793

まずいな~。

マジでネタ切れ5秒前という感じだな。

もう、残り40MBを切ったのだが、10月に食い込むかな?

それならそれで、10月8日までやれば、開店記念日に終了という、誕生日と命日が

一緒という感動のフィナーレが待っている?w

それにしても、8月に入ってからネタ切れを連発し、9月でもネタ切れ?という、不祥事。w

有終の美を飾れそうもないね。w










何というか、私のトレンドは「カタ焼きそば」なのかもしれない。

何気にカタ焼きそばの登場が多い。

恐らく、検索ワードも「カタ焼きそば」が1位なのかもしれない。

私は以前から、湯河原では屈指の名物カタ焼きそばを提供するという、高松食堂へ。

中に入ると、先客は無し。

厨房内にはお年を召した老夫婦が調理担当で、接客は娘さんか?

カウンター席とテーブル席ですが、店内はやや狭い印象。

私はカウンター席に座る。

メニューは壁に貼ってあるが、少々見辛いですね。

シューマイ定食とか食べてみたいな~。

しかし、頭上に五目揚げ焼きそばのお品書きがあるので、それにしましょう。

因みに、揚げ焼きそば650円があり、肉入りあんかけ焼きそば750円がある。

とにかく、カタ焼きそばが推しであることは間違いない。

私は五目揚げ焼きそば950円を注文する。

すると、マスタードの入った小袋が5つほど出て来た。

まあ、この方がロスが少ないのかな?

チューブ入りの方が私はいいと思ったが。

電話予約の注文をこなすためか、少々待たされたが、焼きそば登場!

記念撮影をし、いただきま~す!











皿のデカさは相当な物である。

正直、さすがのボリュームと思うが、私としては食べ切れない物ではない。

レンゲで大きさの比較対象が出来ると思うが、悲観する量ではない。

写真でもお分かりだと思うが、横に広がった野菜餡は、高さが無い。

つまり、肝心の揚げ焼きそばのボリュームはそれほどではない。

むしろ、野菜餡に対して麺が少ないと言う事になるが、野菜餡が多過ぎるだけの話。

この場合、八宝菜の麺入りと考える方がいいだろう!

ところで、これのどこが五目なのだろうか?

茹で玉子、茹で海老が頭頂部にあるが、野菜餡の中には五目を感じさせる部分は無い。

まあ、デフォルトの揚げ焼きそばを食べた事が無いので、比較のしようが無い。

では一口、麺はすでに餡でパリパリ感を逸している。

野菜餡は、塩味ベースの物でややオイリーな印象。

何と言いましょうか、何かの中華味の素みたいな味がしますが、美味しいです。

野菜が多いので、ヘルシー感はありますが、その分片栗粉のとろみのスープも

胃の中に入れないといけない。

結果的に、徐々に腹が膨れてきますが・・・半ラーメンとミニ中華丼を食べた後か。w

今回の連食は昔、高田馬場のべんてんでつけ麺中盛りを食べ、その後大勝軒で

つけ麺を食べたような苦しさがあるな。w

マスタードをどんどん消費し、酢も少々かけます。

「マスタードが足りなかったら言ってください」。

う~んどうしましょうか?

それでも食べ進む。

どうせ野菜である!多少食べ過ぎても何とかなる!

すると、客が入って来て「チャーハン定食」なるものを注文。

チャーハンとラーメン、焼売のセットだった。

この店、結構ボリュームに関しては良心的な店だな。

そんな事を考えながらも、完食。

お皿に残ったスープも、レンゲで掬える範囲で掬い、飲み干す。

後から来た客が、このオヤジ何を食べたんだ!みたいな顔で皿を見る。

見た目に圧倒されるが、ボリューム的には何とかなります。

次回は肉入りあんかけ焼きそば大盛りを、一軒目として食べてみたいです。w

 

ここで一句

     野菜なら

       食べ過ぎなんか

              怖くない?

2018年9月 9日 (日)

秦野市 かっぱ寿司 秦野店 秋の魚魚ずくし、秋のトロずくし他

658_9
Dscn4704

Dscn4705


Dscn4706

584
Dscn4708


Dscn4710


Dscn4711


Dscn4712


Dscn4715

584_2
Dscn4717


Dscn4719


Dscn4720


Dscn4721


Dscn4723

デー家と言ったら「かっぱ寿司」。

これを知っている方は、ブログをやる以前からのお付き合いと言えますね。

そんなかっぱ寿司ですが、このブログで紹介するのは2回目。

前回、満足はしているが、味についてほとんど書いていない。

今回は、キチンと味の事を書きましょう。






訪れたのは、前回と同じく秦野店。

前回は2015年に訪れている。

3年前と何か変わったのか?

店内に入ると、3年前とほぼ同じ、入口近くのかうたー席に座る。

前回と違うのは、秋のお勧めメニューがカウンターに貼ってある。

何しろ、3年前はかっぱ巻きを食べている。

回転寿司でかっぱ巻きとは・・・ネタで選んだの?

いや違う、食べたいものが無かった。






まずは、秋の魚魚ずくしなる鯖、鰯、秋刀魚ののったものを注文。

レーンにのって、注文の物が来る。

この内容で194円か・・・恐るべし!w

しかし、見た目は何かしらのチープ感を感じる。

これは他の回転寿司店にも言えるのだが、一皿100円が当たりまえのチェーン店

全体に言えることだが、寿司にチープ感を感じる。

その中でもくら寿司はそれが一番、弱い様に感じるが、最近行ってないね。



3種類をそれぞれ胃に入れるが、まずシャリが良いなと思う。

酢加減は勿論抑え気味であるが、酢の美味さというか、米の美味さというか、

バランスのいいシャリだと思う。

それと、ネタが良い。

鯖も、鰯も、秋刀魚も美味いと思う。

前回はシャリの事を書いていないので、3年前に比べ基本部分が

レベルアップしたと言えるかもしれない。

次にトロずくしを注文してみる。

サビ抜きなので、小袋のサビをいちいち手に取り、寿司にのせるのが面倒ですね。

だがこちらもネタがいいと思う。

302円でこの味、この内容か?と思わせる。

のどぐろやホタテ、赤貝などなどいろいろ注文。

全部で9皿を食べた。

肉系の寿司やサイドメニューは一切注文しなかった。

麺類もあったが、今回食べた内容に満足出来たのでフィニッシュ。



今回は、かっぱ寿司で初めて、味を語れる内容の物を食べた。

そんな気がした。

初めて行った時は、さすがかっぱ寿司、安いだけで魅力なし!と思ったが、

2回目は何を頼めばいいのやら?と思い、3回目で普通に満足出来た。

4回目は1か月後かもしれない。w

 

ここで一句

     かっぱ寿司

         ハマやクラより

             皿がいい?

2018年9月 7日 (金)

小田原市 ハイウェイショップ小田原 冷やし豚しゃぶそば、ミニカレー丼

658_16
Dscn4666

Dscn4667


Dscn4668

658_17
Dscn4671


Dscn4673


Dscn4675


Dscn4676


Dscn4677

今年、北海道に行こう!行こうと!何度かブログに書いていた。

正直な話し、8月後半に連休が取れたので、行こうかどうか悩んでいた。

私自身、北海道は何度も行ったことがあるが、8月だけは行ったことが無かった。

だが、どうにも気乗りがしないというか、気が進まないというか・・・

結局、北海道旅行は没。

だからと言って、他に旅行に出かけたわけでもなく。

まさか、こんな事になるとは!

本当に、北海道が大好きで、行きたい思いが強かったのだが・・・

私としては、愛する北海道が傷ついた!という思いが強い。

勿論、被害にあわれた方々には、何と声をかけてよいやら。

豪雨、台風、地震。

本当に、自然の怖さを見せつけられたこの夏。

は~何も出来ない自分が情けねぇ~!












久しぶりの夕食画像。

夕食と言っても、パーキングエリアでの食事だが。

金をかける時はカネをかける。

かけない時はかけない!!と思っていたが、世の中のパパは大変である。

ワンコインで昼を済ませようとする。

そんな涙ぐまし努力をする、世の中のパパたちに私は、少し豪華な夕食を提案だ!w

何気にトイレ休憩で立ち寄った小田原厚木道路のパーキングエリア。

上り線は頻繁に利用するが、下りはあまり、利用しない。

フードコートに行ってみると、面白そうなメニューが多い。

夕食なので軽く済ませようと思ったが、何故か冷やし豚しゃぶ蕎麦に惹かれ、

尚且つ、半カレー丼に魅力を感じる。

こんな時は両方食べればいい。

旅先でもないのに、こんなに夕食を食べるなんて・・・明日はサウナスーツを着て、

炎天下の中、ウォーキング必至!

ところで、両方合わせて1000円である。

パーキングエリアの食事で1000円とは、私としてはかなりの出費である。w

食券を購入し、スタッフに渡す。

あっという間に完成し、記念撮影をする。











カレーはともかく、蕎麦に関しては、少々完成度が低いビジュアルだと思う。

飾ると言うよりも、置きました!という様な印象。

では一口、蕎麦は色黒の蕎麦であるが、香りは強いとは思わない。

コシは冷やしタイプなので、ツルツルした食感はあるが、少し弱い感じがする。

蕎麦には、ワカメ、ネギ、おろし、貝割れ、豚肉がのるが、おろし以外は存在感が薄い。

700円と言う価格なので、駅など立ち食いタイプと同一視していいでしょう。

最近は、ゆで太郎の様に頑張っている店もあるが、こちらは混戦から抜け出せない!

そんな印象。

カレーはグレービー感があり、美味い。

こちらは300円と言う価格であるが、ライスの量も結構有り、ボリュームを感じる。

辛さは感じないが、大人のスパイシー感をやや感じる。

この味なら、単品のカレーライスを注文しても、満足できるだろう。

やがて完食。

何となく、カレーに救われたと思うが、カレー蕎麦があれば良かったのか?

 

ここで一句

     夕食は

        ヘルシー感が

             大切だ

2018年9月 5日 (水)

小田原市 すき家小田原早川店 サラ旨ポークカレーサラダセット並盛

658_11
Dscn4657

Dscn4650

658_12
Dscn4652


Dscn4654


Dscn4655


Dscn4656

8月が忙しかったので、9月は少しは楽になるか?

と、思ったら上得意様が2件。

頑張りましょう。






さてと、すき家である。

何故にすき家に寄ったのか?

単純に、朝飯が食べたかっただけである。

朝飯と言っても、10時近い時間だと思った。

毎度の事ながら、牛丼は食べません。

食べたいと思いません。

しかし、今回は牛丼の芽をのせている。

個人的にはニンニクの芽丼の肉少しの方が好みである。

だが、メニューを見ると、ニンニクの芽カレーがある。

こうなると、のせられるものは何でものせろ!ということでしょうか?

個人的に、チャレンジをしたいと思いました。

ヘタレの私はチャレンジを否定し、その代わりにカレーにサラダと味噌汁を付けた。

いや、セットメニューがあるので、それを選んだというのが正しい。

それにしても、もう終わりなのだから、9月は一件一件の記事を、全力で書こう!

そんな事を考えていたが、無理である。

未だ行ったことの無い店、以前から興味のある店に行きたいが、

そうそう行ける物でも無い。




毎日すき家に行きたくは無いが、三日に一回ならいいか?と思う。

いや、なか卯、すき家、松屋を毎日ローテンションするというのは有りだろう。

何故に吉野家が入らないのか?吉野家は牛丼が一番美味しい。

牛丼以外は・・・ペイ!である。

特にうな丼はひどかった。

あれだけ牛丼に拘るのに、うな丼だと「こんなものでしょ!」という具合である。

従って、私に吉野家の選択肢はない。

たまに、食べるのもイイだろうが、己のブログを振り返ると2014円12月を最後に、

吉野家の牛丼は食べていない。

しかもそれは、弁当であった。

店に行ってもカレーばかり食べている。



ところで、すき家のカレーであったな。

カレーはサラサラである。

まるで、ロン毛の黒髪が風になびくようにサラサラである。

具も顔を覗かせ、カレーを食べている満足感はある。

サラダもまあまあだし、味噌汁もまあまあ。

並盛りであるが、ボリューム感は満足!

なか卯では同じ価格で腹は膨れない。


有終の美を飾るためにも、訪問する店を選ぼう!

 

ここで一句

     手抜きだと

          言われぬために

                 文を書く

2018年8月21日 (火)

秦野市 魚作 鮎めし満足膳

328_10
Dscn0026_619

Dscn4527_620_2


Dscn0033_621


Dscn0034_622


Dscn4507_623_2


Dscn4508_624


Dscn4509_625

Dscn4510_626


Dscn4511_627


Dscn4512_628


Dscn4513_629


Dscn4514_630

328_11
Dscn4516_631


Dscn4518_632


Dscn4520_633


Dscn4521_634


Dscn4522_635


Dscn4523_636


Dscn4524_637


Dscn4525_638

328_12
Dscn4526_639

おす!おら~アユだ!

アユと書くと浜崎あゆみだが、特定するとファンに怒られるので、それはやめておく。

おら、まだ食べられると思った!

フリーザよりも飯が食えるところを見せてやる!

あちゃ~、次どこに行きたいか決まってないぞ!

スマホでおっけ~グーグルしてみるか。

「ブログネタになりそうな店、教えてけろ!」

なんか、ケロロ軍曹が入って来たぞ!

実際は、車で秦野市内をドライブしているんだけどな、まあ、付き合え!w

SIRIにも問いかける。

「藤田ニコルが食べそうにない物って、なんですか?」

「サカナ サカナ サカナクションデ アユダナ」




なんかわけわからんわ。

バリ勝男クンのハバネロマシマシをつまみながら、酒を飲んでブログを書いている。

マジで辛い!ばかじゃね~の!

痛みを感じる辛さだ!

この痛みを感じながら、ブログを書き続ける。



魚作か・・・気になる。

この店の前に、寿司屋があり、そこを通り過ぎたら、和食専門店を発見。

もっとも、この店の前は何度か通り過ぎている。

ハバネロの痛みを感じるが、間違いなく通り過ぎている。

因みに私は、秦野の住人ではない。

それにしても、ハバネロの辛味、ハンパね~!いてえ~~~~!!!

私は駐車場に車を止めると、店内へ。

内装は落ち着いた内装のファミレス風だが、赤い太鼓橋のオブジェがあるね。

錦鯉もいるし。

スタッフにオヤジ一匹と伝えると、そこに座れと案内される。

テーブル席に座り、メニューを見る。

まあ、バラエティーに富んでいる。

松花堂弁当風のランチに始まり、カツもあるし、蕎麦もある。

これは悩むな。

私は、鮎の釜飯に興味を惹かれる。

これは、我がブログとしてはウエルカムな内容では無いか?

私は、鮎の釜飯と天ぷらと刺身の付いた、満足膳を選ぶ。

それをスタッフに伝えると、「20分以上待つ覚悟はあるのか?」と訊かれる。

オフコース!!!

私は小田和正にまったく似ていない声で答える。

釜飯が出来るまでの間、ひたすら脳内妄想を繰り返す。

それにしても年配者の多い店である。

私もその年配者の端くれになろうとしている。

私はいったい、いくつなのか?

最終回、その前にお伝えします。

やがて釜飯登場、記念撮影をし、いただきま~す!








見た目はゴージャス松野だな。

鮎の頭と骨は外せというが、それだと鮎全体を味わうことにならないと思う。

私はヒレ以外はすべて、飯に混ぜた。

ところで、釜飯はあとで登場で、天ぷらなど先に提供なども出来る。

しかし、インスタ映えを狙うのであれば、一緒に提供が当たり前。

天ぷらも茶碗蒸しも温かい状態で提供される。

まずは釜飯をいただきましょう。

茶碗に釜飯を盛り、食べてみる。

う~ん、、美味しい!

鮎の甘みなのか?旨みのか?

米に鮎の旨みが浸み込んでいる。

しかし、意外と米がカタメ。

恐らく、おこげを狙っての水加減だと思われるが、私としては、久々の釜飯の注文で、

水加減を間違えたか?と思われる物。

だが、味は良い。

しっかり咀嚼をするという、義務感があるが、米にはしっかり旨みがある。

先述の様に、鮎の頭も骨も混ぜ込んでいる。

骨も感じるし、苦みを若干ある。

これこそ、鮎の旨味!

身からは、甘みを感じ、頭から苦みを感じ、骨からは旨味を感じる。

おこげは、少々やり過ぎな部分があるが、香ばしさを鼻と口中で感じ、満足度は高い。

天ぷらは南瓜、海老など一般的な構成。

値が上がっても、稚鮎の天ぷらなどがあれば、満足度は急上昇だな。

茶碗蒸しは、ダシ感は薄い。

釜飯には、大葉とゴマのヤクミが付く。

薬味の存在は、ワンランクアップだ。

やがて完食。

2000円近い価格であるが、荒さを感じる部分はあるが、鮎の釜飯を堪能出来た。

大人の空間の店であることは間違いない。

ランチを楽しむ時間がある。

そんな方にはお勧めである。


そして、またもや我がブログは、ネタ切れになる。

このまま、消滅するのか???

 

ここで一句

     ランチには

          2時間以上

               セレブだな

2018年8月11日 (土)

小田原市 なか卯小田原鴨宮店 冷やし豚しゃぶキムチ担々うどん

9657
Dscn4471

9657_2
Dscn4474


Dscn4476

9657_3
Dscn4478


Dscn4479

山根

といえば・・アンガールズ。

田中!

といえば、爆笑問題。

アンガールズと爆笑問題がコラボ!

やまね~!たなか~!

そしてもりかけ!

不正入試!

今の時代、逃げ切れるかどうか?

マスコミ次第!w











気が付けば、そろそろお盆の時期。

忙しいですね。

忙しい事は良い事です。

しかし、ブログを書く時間まで無くなる。

困りましたね。

だが、ゴールまでもう少し! さあインドまで走り抜けて!(分かる方だけ・・・ボキャ天)



またなか卯である。

なか卯大好きの私に思われても、仕方がない位なか卯を紹介している。

何故なか卯か?

毎度の事ながら、多彩な商品ラインナップに他ならない。

しかし、注文するのは偏っている。

今回は、度々食べていた担々うどんに、エクストラバージョンが出来たので、

速攻で再訪問という事になった。

何しろ、坦々うどんの上に、キムチ、豚しゃぶがのるのである。

これはなか卯としては、相当ジャンクでは無いかと思われる。

これに刻み生ニンニクでも投入したら、なか卯二郎とも言えそうだ。w

そうだ!なか卯でニンニク臭い料理が食べたい!

その様な妄想を抱きながらも、うどん登場!記念撮影をし、いただきま~す!













まあ…この様な物でしょう。

私としてはこのうどん、過去に大盛りがあったのだが、今は無い。

なか卯に関しては、大盛り商品が少ないのだが、ボリュームを求めるのであれば、

すき家に行け!という戦略なのでしょう。

食べる前に、よ~く混ぜ混ぜする。

キムチも豚しゃぶも坦々味噌とよ~く混ぜる。

そして食う!

喰うべし!

キムチの若干のジャンクさが、今まで食べて来た物との違いを感じる。

うどんはやややわらかめ、いつものことでございます。

今回は肉味噌の味わいが、濃い目に感じます。

なか卯としては少々しょっぱいと思われます。

キムチの塩分が追加されるので、当然といえば当然でしょう。

豚肉は下味無しのものなので、味噌やキムチの味に染まります。

うどんを食べ終えると、いつもより多めの坦々味噌が残ります。

それを、小さなレンゲで掬い、口に運びます。

これにライスを投入して、食べるのもいいでしょう。

ざるうどんを追加して、混ぜてもいいかもしれません。

このうどんを楽しむのは・・・アナタ次第!!!

 

ここで一句

    腹いっぱい

        叫んでみたい

              なか卯でね

2018年8月 6日 (月)

伊勢原市 たちばな 豚バラ飯

3658_4
Dscn4442

Dscn4434

3658_5
Dscn4435

3658_6
Dscn4437


Dscn4438

9657_9
Dscn4439


Dscn4441

毎日暑い日が続くが、書いているのは7月である。

この先、またネタ切れを起こしそうである。

もうラストスパートのつもりで、頑張るしかないが、果たして来月は

ゲームショーまで紹介出来るのか?

かなり、ギリギリだと思いますが、こればかりは成り行き任せ。








なんかガツンと行きたい気分である。

すると、一軒の優良店を思いだした。

「たちばな」に再訪問をしてみましょう。

店の隣にある駐車場に車を止め、店内へ・・・アレ?

本日、手打ち麺終了・・・がば!ごぼ!げべ!

う~ん、この店の手打ち麺狙いできたのだが、12時半を回った時点ですでに終了。

何でもそうだが、ポールポジションを狙わないと、ダメな様ですね。

しかし、ご飯物も結構美味そうなので、それにしましょう。

私は店の中に入ると、カウンター席に座る。

テーブル席とか座敷席とかあるけど、1人はやはりカウンターですよ。

一応、手打ち麺は売り切れね?とスタッフの姉ちゃんに確認する。

ご飯物か・・・どれにしようか?

唐揚げなんちゃらかんちゃらがボリュームがありそうだね。

でも豚バラ飯850円のワンプレートにしよう!

注文後、メニューを見直して少し、後悔する。

チャーシューエッグカレー・・・これは美味そうではあ~りませんか!

う~ん、注文変更したいな~、でももう作り始めているか。

次回のお楽しみにしましょう。

やがて豚バラ飯登場、記念撮影をし、いただきま~す!










割とインスタ映えするビジュアルね。

ボリュームはあるけど、盛り付けなどがお洒落で、これを選んだ俺に人生最後の

モテキ到来か?と思わせる物がある。

スプーンとフォークで食べる様ね。

では一口、割と抑え目というか味付けは薄いかもしれない。

これは、女性の客は一人もいなかったが、女性でも受け入れられる味かもしれない。

ラー油なども入っているのかな?

生姜焼きの味わいではないですね、素材の味を損なわず、軽めの味付けながら

肉を食べる満足感を感じる。

御飯もツヤツヤで美味いね!提供方法がお洒落なので、味もお洒落です。

こんなお洒落な豚バラ飯を食べている私に・・・モテキ到来!(今回2度目の登場)

味噌汁も付き、ボリュームもあるし、満足満足。

やがて完食。

肉も野菜も沢山食べられて、味付けも抑えめなので、ヘルシー感はあります。

次回は早めに来て、麺を食べたい気がしますが、ご飯物も十分魅力的です。

 

ここで一句

    お皿には

       御飯と肉が

            たっぷりね

2018年8月 5日 (日)

秦野市 なか卯 秦野今泉台店 特うな重

3658
Dscn4424

Dscn4425


Dscn4426


Dscn4428

3658_2
Dscn4429


Dscn4431

ひさびさにぶっ飛んだ!

https://www.youtube.com/watch?v=v9GPQP5Treg

コーラス?マジですごい!

https://www.youtube.com/watch?v=rSBZy4roQHw

知らない人生を送ってきた!










夏に何故、鰻を食べないといけないのでせうか?

鰻が少ない、保護しなさい!と言われているのに、何故?

ぼくは夏休みの研究課題として、鰻の生態を追う事にした。

その為には、まず鰻とは何かを目と口とで知ることから始めよう。

ぼくは、なか卯に行ってみた。




坦々麺のアレンジバージョンがある。

それの方が美味そうだな。

でも、ぼくはうな重を選んだ。

特うな重1250円。

名の知れた専門店で食べれば、4000円前後が相場の世界で、1250円。

ぼくはまず、この価格に注目をした。

何故安いのだろう?

もしかして、なんちゃって鰻?

提供されたうな重は、何かが足りないな。

肝吸いが無い。

肝吸いが無いから安いのか?

それにしても、うな重だけだとこんなにも殺風景な景色になるのか?

やはり、漬物とお椀が欲しいが、漬物なら紅生姜が卓上にある。

鰻と紅生姜、すき家で実体験済みだと思ったな。

まあいい、では一口・・・ゼンショーグループは鰻に人生をかけているな。w

すき家の鰻もなかなか良いと思ったが、なか卯もなかなかいい!

タレの味わいも、すき家と一線を画すものだ。

まず鰻そのものに、臭みなどは殆ど感じない。

やわらかく、ふんわりと仕上げられたそれは、専門店には勿論、負けるが、

専門店でも不出来な専門店よりは、これでいいのではないか?

そう思わせる物がある。

タレの味も品良く仕上がっている。

俗に言う「甘ジョッパイ!」というよりも、甘さもショッパサも抑えめに。

京風うどんを提供する店なので、うな重もその方向性でしょうか?

個人的にタレがべったりの鰻と比べると、好印象の味わいです。

錦糸玉子がありますが、味に特に特徴は無し。

食べていると、お茶ではなくお椀が欲しいね。

小うどんのセットなどがあるが、お吸い物が欲しいです。

紅生姜は、鰻に合いますね!w

これが標準装備でもいいのでは?

やがて完食。

コスパ的にも味に於いても、なかなかいいうな重だと思います。

今年はこれだけでいいか?

そう思わせる味だと思います。

ゼンショーグループでは、鰻を食べましょう!w

 

ここで一句

   人類も

       絶滅危惧に

            なるなよな!

2018年7月20日 (金)

平塚市 元貴 カレーうどん、ライスサービス

777
Dscn4254

Dscn4255


Dscn4256

777_2
Dscn4257


Dscn4258

777_5
Dscn4259


Dscn4260


Dscn4262


Dscn4263


Dscn4265

777_3
Dscn4266


Dscn4267


Dscn4268


Dscn4269


Dscn4271


Dscn4272

777_4
Dscn4273

さて、世間が夏休みを取る前に、夏休みを取らなければならない。

どこに行こうか?

西日本方面は自粛しましょう。

姫路城に行きたかったが、行って脳天気な事を書けば、批判を浴びる。

浴びるのはあびる優だけで十分なので、批判を浴びない旅にしましょう。









七夕終了後の平塚に来たが、七夕の名残りなど何もない。

祭りは終わったのだ。

単純に、平塚で飯を食べよう。(すでに一軒行っているが)

そう言えば、昔昔、何度か平塚競輪場に来たことがある。

以前、どこかに書いたかもしれないが、10年以上続いているブログのどこに、

そんな事を書いたかなんて、覚えているわけがない。w

だが、それ以来競輪場には行ってないし、競輪もやらない。

今はパチンコだけだが、それすらもご無沙汰になりつつある。

当たっても玉が増えないパチンコなど、やるわけがない。

今の私にとって、増えるのは体重だけか・・・

いや、今の私は体重さえも減りつつある。

体重が減るのは良い事だが・・・

この時期、余りにも体重が減ると、夏バテする。

体重をキープしないと!

すると、私の眼前に手打ちうどん店の看板が!

私は「元貴」にお邪魔することにした。










中に入ると、オババ様の集団で埋め尽くされている、

オババ様に人気の高い店の様だ。

テーブル席と座敷席があるが、テーブル席はオババ様に占領されている。

仕方がない。

私は座敷席に座ることに。

メニューを見ると、私は肉つけうどんが無いか探す。

しかし、この店の売りは煮込みうどんの様である。

この激アツ日和の中で、煮込みうどんなど誰が食べますか!w

第一、食べ終えたころにはシャワーを浴びたように、ずぶ濡れになる。

どうも、この店は温かいうどんが売りの様で、冷たいメニューが少ない。

これは困りましたね。

冷たいメニュー狙いで入ったので。

すると、カレーうどんの風変わりな様相に目が行く。

これ、いいんぢゃね~の?

普通のカレー南蛮だと、汗ダクダクになりそうだが、これならそれほど汗をかかないかも?

私はカレーうどん800円を注文すると、ライスサービスだけどどうする?と奥様。

ライス、トギャザーしてください!と支離滅裂の英語で答える。

ところでこの店の座敷席は床が板張りである。

4畳半襖の板張りといかいう言葉を何となく思いだした。

お尻に敷く物はあるが、私としては少々つらいかな?

やがてうどん登場、記念撮影をし、いただきま~す!












ナルホド、そう来たか。

誰が見てもファーストインプレッションは、コロッケかメンチカツうどんである。

千切りキャベツの上には、温泉玉子がのっている。

揚げ立てなのか、香ばしい香りが私の鼻腔をくすぐる。

へっくしょん!思わずくしゃみが出る。

それほど、鼻をくすぐる。

カレー玉を割ると、カレーパンの中の様なカレーが現れる。

う~~ん、香りが良いな~。

どの様な食べ方が店の推奨か分からぬが、どう考えてもぐちゃぐちゃに混ぜた方が、

いいであろうと思われる。

うどんは割と細めのほうではないか?

エッジが立っているのが分かるが、うどんとしては短めかな?

十分混ぜたところで一口。

割とアッサリというか、キーマカレーうどんというのか、明らかに南蛮ではない。

カレーに濃厚さを求めるのであれば、違いますね。

刺激感は殆どありません。

風変わりなカレーうどんであるが、個人的にはパンチが欲しいですね。

その時、この店の客層を見て思った。

年配者向けのうどんでしょうか?

うどん自体は味噌煮込を売りにしているだけあり、コシもあるし美味しいと思う。

千切りキャベツや温泉玉子の混入により、まろやか路線のカレーうどん。

刺激が欲しければ、卓上の七味でしょうか?

うどんを一通り食べ終えたところで、ご飯を投入。

所謂 〆でございますね。

残った汁をご飯に吸わせ、やがて完食。

香りが高く、スパイシー感のあるカレーうどんですが、個人的には刺激が欲しい。

それとコクでしょうか?

揚げたカレー玉なので、コクがあるかと思いましたが、そうでもないですね。

やはり、暑くても味噌煮込みうどんを注文した方が、良かったのでしょうか?

再訪問は冬ですね。

 

ここで一句

    名古屋では

        夏でも煮込み

              当たり前?

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 東京都 演劇 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 居酒屋 | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 茨城県 グルメ | 茨城県 旅行、観光 | 茨城県 海鮮 | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水