フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

神奈川県 グルメ

2018年7月 9日 (月)

足柄下郡 蔵一 贅沢ランチ参番(ラーメン、カツカレー)~食後湿生花園へ

Dsc_6549

777_13
Dsc_6550

777_14
Dsc_6551


Dsc_6552


Dsc_6553

777_15
Dsc_6554


Dsc_6555


Dsc_6556


Dsc_6558

777
Dscn4174

777_2
Dsc_6562


Dsc_6563


Dsc_6566


Dsc_6570


Dsc_6575


Dsc_6576


Dsc_6581


Dsc_6588

箱根神社に行ったが、私は未だ訪問した事が無い施設を思いだした。

箱根湿生花園である。

春先の水芭蕉が有名であるが、今の時期は何があるのか?

行ってみよう!

その前に、もう一食。w









経営スタイルを変更しましたか?

最後に来てから4年が経過した。

外観は変わらないが、メニューが変わったみたいね。

私は4年ぶりに「蔵一」に入った。

ここは、箱根に来たことがあるかたならお分かりと思うが、仙石原から乙女峠に

向かう途中にある店である。

金時山の登山道の入口も近い。

そういえば、山登りもしていないな。

金時山は一度、登ったことがある。

スニーカーで十分登れる山である。

いつの日か、再チャレンジしたいものである。

店の入口には、メニューボードが置いてある。

黒を基調とし、シックな印象だ。

暖簾も変えたのかな?

中に入ると、以前と一緒だな。

テーブルレイアウトその他は、変更なし。

メニューをいただくと、以前とは比べ物にならないお洒落感アップ。

ランチの設定があり、塩と味噌か。

以前は麺が2種類あったのだが、それはやめたようだ。

さて、どうしようか?

麺だけで十分なほど、腹の空間も余裕がない。

だが、セットメニューがいいね。

カツ丼、カツカレー、ソースかつ丼のランチセットの実力を知りたいね。

私はラーメンとカツカレーのセット、1250円を選ぶ。

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!







カツカレーはなかなかのボリューム感。

何しろ、肉に厚みがある。

ところで、この店のラーメンは喜多方ラーメンである。

喜多方もご無沙汰だな~。

そしてスープを事逗ずず図・・・美味いな~~~~~!!!!!!

鶏ガラベースのスープですが、旨みが良~く出ています!

箱根でこのグレードのスープがいただけるのか?

それほど旨み溢れるスープです。

個人的には醤油ダレの味わいが、若干強い気がするが、好みの問題かな?

この頃いろいろとラーメンを食べ歩きましたが、スープの出来はぴか一!美味い!

麺は縮れのあるプリプリ麺。

こちらもしっかりしたコシを感じ、箱根で本格的な喜多方ラーメンが食べられる!

そう言っても言い過ぎではないと思います。

次にカレーをいただきます。

カツは揚げたてロース肉。

先述したが、思ったよりも肉に厚みがある。

カレーはトロミがありますね、まずは一口・・・うん、美味い!!!

ラーメン屋のカレーなので、ベースはスープを使用していると思われます。

カレー自体にコクがあり、美味い!!!

辛さは感じないが、甘口だとは思わない。

ややスパイシーかな?大人の味わいです。

カツは美味いな~、これセットメニューだよね。

御飯もホカホカだし、手抜きを一切感じない。

麺を食べ終わり、スープを啜りながらカレーを食べる。

美味いわ~!

やがて完食。

腹がいっぱい!w

こちらも1250円という価格でありながら、味もボリュームも満足ですね。

スープは本当に美味しいので、すべて飲み干しました。

久々に来ましたが、4年前よりも印象がいいかもしれない。

ラーメンを食べて、これほど美味い美味いを連呼するのも久しぶり。

箱根でラーメン、ここをお勧めします。




食後、湿生花園に行きましたが、花が殆ど無い。w

一番、何もない時期に来たか?

しかし、園内を歩き回るだけで、気持ちが良いですよ!

 

ここで一句

     箱根だが

         喜多方気分

              満載だ

2018年7月 7日 (土)

中郡 善磯 ラーメン、半チャーハンセット麺大盛り

777
Dscn4131

Dscn4119


Dscn4120


Dscn4123

777_2
Dscn4125


Dscn4127


Dscn4128


Dscn4129

青春を感じた言葉だった。

ロストフで倒れこんで背中に感じた芝生の感触や見上げた空、ベンチに座っていた居心地の悪いお尻の感触を忘れるなと話した。



西野監督名言ですよ!

私も、現役時代こんな言葉が欲しかった!

もう、私は終わりが見えている人間ですが、前を向く大切さは感じた。

いついかなる時も前を見よう!

だって、前にしか未来も希望もない。

後ろを向けば想い出があるけど、後ろばかりでは誰かにぶつかる。

さあ!前を向くか!









あれ?七夕ですか?

七夕にロマンを求める年齢ではなくなったが、まあ少しくらいは夢を見ても・・・

短冊に願い事か・・・短冊だとここで一句!になりそうだな。w

北海道に行きたいな~!一週間くらい。

当分、無理だな~。

さあ、お仕事お仕事、仕事をしなければ飯は食えん!(どこかに書いたような・・・)












大磯港で十分に満たされたが、ブログのネタとして新規開発をしなければ。

いつもと違うルートを走らせると、食堂を発見する。

店の名前は「善磯」。

毎度の事ながら、予備知識は何も無し。

時刻は12時前であったが、駐車場には先客の車は無し。

私は車を止めると、中に入る。

中は、テーブル席と座敷席になる。

私は隅のテーブル席に座る。

メニューは壁に貼ってあるので、それを眺める。

定食、丼物、麺類といろいろある。

カレーがメンチカツ、コロッケ、海老フライ、カツとバリエーションが多いね。

焼きそばもあるな~、どうしましょう?

私は麺類が食べたかったので、ラーメン半チャーハンセットで、麺大盛りにした。

何故に大盛りを注文したのか分からないが、条件反射とは恐ろしい物よ。w

900円のそれは、それほど待たずにやってきた。

記念撮影をし、いただきま~す!










次に来た客のアジフライ定食、めちゃくちゃ早かったな。w

揚げ置きか?

ハンバーグ定食も早かった!ていうか、お客がどんどん来るし、定食の御飯の入れ物、

わっぱ?小さな重箱みたいな入れ物に、ご飯がびっしり入っているね。

私としては、完全にご飯大盛りですね。

ナルホド、最初は客が少ないと思ったが、ガテン系の客がどんどん来る。

そのほとんどが、定食を注文しているが、あの量なら納得だ!

ところで、目の前のラーメン半チャーハンだが、普通だと思うな。w

半チャーハンというには、チャーハンのボリュームは多い方だと思う。

では、まずはスープを事逗ずずずz・・・ウス。

味薄。

いや、ダシがウス。

麺は中細麺でしょか?プリプリした食感ですね。

食堂ですので、本格的にダシを取っていないとはいえ、ちょっと寂しいな。

卓上のコショウなどで、味の薄さを誤魔化します。

次にチャーハンですが、こちらの味付けも濃いとはいえないかな?

米粒はべちゃべちゃしたものはなく、ぱらりと仕上がっていると思います。

むしろ、ラーメンは無しでチャーハンだけで良かったかな?

チャーハンは一般的な美味しさだと思います。

小鉢が2つ付き、サービス精神というか腹満たされ度は高い店だと思います。

しかし・・・ラーメンを頼んだのは、私だけか?

他の客は、「あいつラーメン食べているよ!」みたいな顔をしていますね。w

先客が一人でもいて、定食を食べていたら私も定食を注文したかもしれない。

腹は確実に満たされたが、薄味のスープは物足りなかった。

リベンジしたいですね・・・カレーで。w

 

ここで一句

     予備知識

          たまに必要

               そう思う

2018年7月 6日 (金)

中郡 めしや大磯港 刺身定食

777
Dsc_6516

Dscn4100

777_2
Dscn4098

777_3
Dscn4099

777_4
Dscn4104

777_5
Dscn4106


Dscn4107

777_6
Dscn4108


Dscn4109


Dscn4114

今更であるが、日本のワールドカップは終わった。

下馬評はさんざんであったが、何とかトーナメントに行った。

だが、よくよく考えれば10人のコロンビアに勝っただけだが。

後は引き分けと負け。

この事を考えると、まだまだ日本がベスト8に行くには時間がかかりそうだ。

それよりも、次期監督である。

西野さんにあと2年ほどやらせればいいのに・・・と思うのだが、サッカー協会の上層部は

どうしても、外国人監督にやらせたいようですね。

何より、選手の世代交代だね。

どうなることやら?











久々に大磯港にやってきた。

目的はめしや大磯港でございます。

余談ですが、私は釣りはやりません。

以前もどこかに書いた気がしますが、釣りはやりません。

釣れる迄待てません。w

開店5分ほど前に到着をしたが、すでに先客は7~8名ほど。

メニューボードを見ると、本日の御献立ということで、6品程書いてある。

刺身定食にしましょう。

限定10食ですが、間違いなく注文できる。

やがて注文を取りに来たので、刺身定食2000円を注文する。

そして、開店と同時店内へ。

カウンター席に座り、定食を待つ。

それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










いや~、素晴らしい内容ですね。

鯵は黄金アジですよ!

黄金アジといえば、アジフライで食べてみたい気がするが、刺身もいいでしょう!

鯖、ワラサ、マツダイ、太刀魚、スズキが盛り込まれます。

小鉢として奴、副菜として鰯の唐揚げですね。

私としては、本日の刺身定食は大当たりですね。

まずは鯖から行きましょうか!

モグモグ・・・軽く〆てありますね。

ほぼ刺身みたいな味わいです。

美味いな~~~~!!!

他の刺身も美味いけど、やはり、鯵が最高ですよ!

身が厚く、食べ応えのあるそれは、鯵の味が濃いですね~。

さすがは黄金アジ、これは美味い!!!!!!

う~ん、やはりアジフライで食べたいな~。

しかし、鰯の唐揚げも美味い!!!

頭からムシャムシャ行けますよ!

御飯は私としては適量なのだが、おかずが美味しいから、ご飯が足りないね。w

味噌汁はワカメの味噌汁でした。

やがて完食。

今日の刺身定食は大満足の一言です。

隣のジイサマは煮魚だったが、やはり、刺身を注文して大正解。

私は平塚よりもこちらをお勧めしますよ!

 

ここで一句

     この辺り

          釣り人以外

               いないのか?

2018年7月 3日 (火)

三浦市 しぶき亭 いかさし丼

Dsc_6473


Dsc_6459


Dsc_6461


Dsc_6462


Dsc_6463


Dsc_6465


Dsc_6466


Dsc_6467


Dsc_6469


Dsc_6471

私にとって、猫スポットというものがある。

ここに行けば、にゃんこに会える!

そんな私のぬこスポットの中で、城ケ島はぬこに出会える率100%である。

この日、休日の私は暇つぶしに三浦半島のドライブに出かけた。






よし、着いた!(毎度の事ながら、この部分いらないね)

城ケ島だ!何年ぶりだろう!

それにしても、風が強いね。

一眼レフを持ってきたけど、海辺当たりだとカメラに潮が付きそうだね。

こんなに風が強いと、ぬこも出てこないだろう!

ああ!!いたいた!

でもその前に飯だ!







私が訪れたのは、しぶき亭。

これで2度目の訪問である。

前回は鮪カツ定食を食べている。

中に入ると先客は2名か?

団体用のテーブル席がスタンバイ済みである。

メニューを見ると、基本的に上限が1000円である。

なんとも嬉しい価格設定の店である。

その価格設定も再訪問の要因である。

どれにしましょうか?

イカの丸焼き定食もいいね。

でも、伊豆の方で丸焼き定食を食べたね。

鮪の天丼とか、鮪のソースかつ丼とかB級心をくすぐるね。

この日、一品料理に蛤の文字は無し。

悩んだ末に、いかさし丼1000円にした。

「御飯大盛り無料ですが、どうしますか?」

接客のお姉ちゃんが耳元で囁く。

実際には囁いていないけどね。

勿論、大盛りにしてもらった。

それほど待たずに丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!











イカ刺しには既に味が付いているという。

鮪の角煮と鮪味噌が添えられる。

味噌汁はワカメ。

では丼からいきましょう。

搔き込むように口に運びます。

うん、美味しい!

塩分控えめな味付けだと思う。

山葵があるので、それのアクセントがいいかんじですね。

鮪味噌を白いご飯の部分に載せる。

これはなかなか良い、ちょい足し食材だと思う。

私自身はこれを食べるのは、2回目になるが、コクのある味噌で、甜麺醤みたい。

角煮も・・・正確には佃煮か?

これも白い飯に合うね!美味い!

イカの鮮度に関しては、一般的と言えるでしょう。

スーパーやデパ地下で売っている冷凍イカと同じだと思います。

御飯は大盛りですが、十分ボリューミー。

やがて完食。

イカの鮮度が売りではありませんが、気軽に食事をするにはいいですね。

私としては、鮪の天丼、カツ丼で悩みましたが、コスパはいいと思います。

この店の周辺には、いくつか飲食店がありますが、この店が無難では無いかと。

一軒気になる店があるが、カワハギ丼2700円か・・・妥当な価格だと思うが、

気になるな~。

また来るか!猫を求めて。w

 

ここで一句

    猫にイカ

      あげてはダメと

            思いだす

2018年6月26日 (火)

茅ヶ崎市 スーパー居酒屋紅・紅 しょうが焼定食

777_20

Dscn3994


Dscn4008


Dscn3995

777_21
Dscn3996


Dscn3997


Dscn3998

777_22
Dscn4000

777_23
Dscn4001


Dscn4003


Dscn4004


Dscn4005

777_24
Dscn4006

もう一軒行きましょう。

私は茅ヶ崎駅周辺を歩き回る。

私のビビビセンサーに反応する店はあるのか?

ビビビ!!!

あったな。w






茅ヶ崎駅のすぐ近くに、居酒屋がある。

そこがランチタイム営業をしていた。

入口にはランチメニューがあり、いろいろありますね。

ステーキもある。

店は階段を上るとあるようだ。

何気に怪しげな階段を上ると、店内へ。

すると店の2階は、非常に広いものでした。

50人くらいいける?それくらい広い。

しかし、先客はゼロか。

客が見る為だろうモニターが何台あるのだ?5台か?

私は適当に座り、メニューを見る。

ラーメンもいいな~、刺身定食も面白そう、生姜焼きか・・・

私は、生姜焼き定食900円を注文する。

それほど待たずに生姜焼き登場、記念撮影をし、いただきま~す!











いや~、これは見た瞬間大満足ですよ!

メインの生姜焼きは肉が薄目とはいえ、その分枚数がある。

何より小鉢の多さ!香の物を含めて4品ですね。

これはランチとしては、大満足な内容だ!

私は肉をご飯の上にのせ、白飯をいただく。

うん、美味しい!

ご飯の量も多いですね、茶碗に押し込んだような盛り付けです。

うん、満足満足。

すると、モニターの映像が変わる。

若い女性が4人、麻雀をやっている。

今何時?昼の12時?先ほどまでフジテレビのバイキングが流れていたが、

何故に麻雀の番組?店主が好きなの?

私は麻雀をやらないので、面白くないのだけど。

まあいいか、飯を食いに来た訳だし。

そして、店主は店の片隅で煙草をふかす。

・・・テーブルには灰皿が置いてあり、この店が喫煙可だと言う事は察する事が出来る。

先客がいないので、気にしなくていいか!と安心していたら、店主が吸うか?

麻雀の番組といい、喫煙といい、何ともフリーダムな店主ですね。

私は黙々と食べ続けるが、店主はモクモクと煙草を吸っている。

おかずが多いので、ご飯が足りないのでは?と思うが、先程も書いたように、

ご飯自体は、びっしりと盛られている。

千切りキャベツを豚肉で巻き、飯の上で、ワンバウンド、ツーバウンドをして食べる。

醤油ベースの味付けであるが、マヨネーズが欲しいと思った。

思うに、近頃マヨネーズが欲しいと思うことが、多々ある様な気がする。

それにしても、全く興味の無い麻雀のテレビ。

確かモンド麻雀とか言ったな。

女流麻雀だと!

バイキングでも見させてくれよ!田中理事長お勧めだぞ!

何というか、マイペースだよな。

私から見ると、大人しそうな店主だぞ。

私の人相が悪いから、大人しいのかもしれないが。

やがて完食。

満足です!コスパに関しては文句無し!

他のメニューにも大いに気になる。

しかし、かかし。

今度来るのであれば、11時ですね。

換気がいいので、煙草は我慢しましょう。

麻雀を放送していない時間帯を選びます。

 

ここで一句

    モンドとは

       中村主水

          思いだす

2018年6月18日 (月)

小田原市 味の民芸 小田原店 冷し肉すきうどん、一枚増し

777_15
Dscn3872

Dscn3896


Dscn3874
777_16
Dscn3875


Dscn3876


Dscn3878


Dscn3880


Dscn3881


Dscn3883


Dscn3888


Dscn3890


Dscn3892

Dscn3893


Dscn3895

暑い時は、冷やし中華も良いが、冷たいうどんもいいでしょう。

うどんと言えば丸亀製麺ですが、何となく再訪問をしたい店がある。

そこに行ってみた。



店の名前は「うどんの民芸」。

以前、鍋焼きうどんを食べましたね。

その鍋焼きうどんも、牛すきタイプの物でしたでしょうか?

店内に入ると、先客は無し。

11時開店直後に入店したら、客は私だけ。

どこでもいいから、好きな所へ座れというので、窓側隅に座る。

メニューを見ると、冷し系がどれも美味そうだね。

肉つけ蕎麦が美味そうだな。

しかし、選んだのは冷し肉すきうどん。

鍋焼きの時と反対のメニューと言えるでしょうか?

うどんは大盛りが出来るのは勿論だが、うどん一枚増しというのがある。

恐らく2玉分でしょうか?

価格は税込みで、1177円になる。

何となく高い気がするね、丸亀だとどうなるのかね?

それほど待たずにうどん登場、記念撮影をし、いただきま~す!










メニューの裏にイワシ丼があったね!

それにすれば良かった!

鰯大好き!!!


大きな器であるが、うどんはなかなかのボリューム感。

かけ汁も多めに入っている。

私は、どば~っと汁をかけると、よ~くまぜまぜしてうどんを啜る。

うん、美味しい!

うどんもかけ汁もよ~く冷されている。

手延べうどんの食感は、するすると気持ちよく口に入っていき、適度なコシを感じ、

喉を通り過ぎていく。

汁はショッパイことも無く、うどんの味を邪魔しない。

太目のうどんであるが、気持ちよく啜れる。

具には海苔、牛すき風の肉、ネギ、貝割れ、大根おろし、わさびとなる。

それぞれ、うどんの風合いに合うのだが、食べているうちに違和感を感じる。

食べている箸に、脂肪分が付着してくる。

そして、何ともこれが食感の邪魔をする。

肉は温かいものであった。

温かい故に、味わいはいいな~と思ったのだが、うどんや汁が良く冷えているので、

その為に、肉迄も冷えてくる。

別にそれは良いのだが、温かい時はゾル化していた脂肪分が、徐々にゲル化し、

それが、よりによって箸に付着してしまったのだ。

勿論、器の中でもゲル化した脂肪分がある。

うどんを口に運べば箸も口に入る。

その時、脂肪分が唇などにあたり、あまり気持ちのいいものではない。

まあ、箸を替えればいいのだろうが、替えても器の中の脂肪分がまた付着するだろう。

それでも、不味い訳ではないので食べ進む。

この場合、肉ではなく天かすの方が良かったのか?

そんな事を考えた。

やがて完食。

出来る事であれば、一端に揚げた肉を冷まし、冷し、脂肪分を除去。

再び温め、載せる。

これくらいの手間はかけてもいいと思います。

 

ここで一句

    脂肪分

      体の中に

          沢山だ!

2018年6月 7日 (木)

足柄上郡 万福 焼きそば(揚げそば)

333_5

Dscn3742

333_4
Dscn3741

777
Dscn3740


Dscn3732

333_8
Dscn3734


Dscn3736

333_9
Dscn3737


Dscn3738


Dscn3739


Dscn3735

恋はドンファン♪

さよなら好きの私をつくる

恋はドンファン♪

和歌山のドンファン、真相はどこに?







再訪問確実!とブログに書きながら、なかなか行かない店もありまして。

読者様から、嘘つき!と言われる危険性をはらみながらも、自分としてはとある大学の

上層部や、もりかけ問題の政府に比べれば、ましではないか!と責任転嫁。w

そんなある日、8年ぶりに再訪問を果たした店を今回はご紹介する。

店の名前は「万福」。

以前、生姜焼き定食を食べて以来の訪問である。

ボリュームがある店!という評判を聞いていたが、生姜焼き定食に関しては、

至って普通のボリュームだな、ということで私には特にインパクトが無く、

それ以来、疎遠な店になっていた。

もっともこれは、焼きそばを注文すれば良かったのだが、「次は焼きそばだ!」と思って

から、注文をするまで8年かかったか?w

道路を挟んで道の反対側に駐車場があるので、そこに車を止める。

良い子は横断歩道を渡り、店に向かいましょう!w

店内に入ると、ほぼ満席。

丁度、カウンター席が空いていたので、そこに座る。

店内はお世辞にも綺麗とは言い難いが、良く入っているね。

メニューは壁に貼ってるので、それを眺める。

焼きそばは、ソース焼きそばと焼きそばと分かれている。

肉丼やサンマーメンを注文したい欲求があったが、焼きそば700円を注文する。

麺はやわらかいのとカタイのとどちらにする?と聞かれたので、揚げそばを選ぶ。

提供されるまで、時間がかかったが、先客よりも先に私の方が来ちゃったよ。w

丁度、焼きそばの客が先にいて、そのロットに入れて貰った様だ。

すいませんね~、でも私が悪い訳では無いし。

では記念撮影をし、いただきま~す!








一眼レフで撮りたかったな。w

ところで、俺の隣の客が注文した中華丼、これも凄いよ!

御飯は茶碗で盛り、それを皿の上にひっくり返し、中央に生玉子。

その上から餡をたっぷりとかけてある。

そのビジュアルに思わずカメラを向けて、盗撮しようとしたが、他人の飯だし。w

だが、私に提供されたものも、噂に違わず素晴らしいビジュアルである。

麺がやわらかいタイプだと、北海道のあんかけ焼きそば風だが、カタ焼きそばだと、

空間が生まれるので見た目のインパクトが凄い!

ボリューム的には食べ切れる量であるが、これで700円でいいの?そんな印象。

では一口、パリパリ・・・美味しいね~。

アツアツの餡がパリパリの麺に絡み、美味しい。

マスタードが添えられるが、私は卓上の酢を回しかける。

何で酢をかけたくなるのかね?

餡には野菜や肉が入り、ボリューム感はたっぷり。

餡が足りなくて、麺だけ食べるということはありえないだろう。

片栗粉のダマが多少あるのは、ご愛嬌としよう。

味付けは、ショッパイとは思わない。

餡作成時にスープも投入されるので、コクもある。

本当に、これで700円でいいのですか?

湯河原の餃子ショップの店主に、見せてあげたい!w

やがて完食。

全部食べました!

お皿を持ち上げ、餡のスープというか全部食べましたよ!

あんかけ系はボリュームがある様ですね。

焼きそばもいいけど、中華丼を是非試してみてください!

私も、再訪問確実!!w

 

ここで一句

    あんかけが

         得意な店と

              知りました

2018年6月 6日 (水)

小田原市 すき家小田原東店 シーザーレタスカレー並

Dscn3731

333
Dscn3730


Dscn3722


Dscn3723

333_2
Dscn3724


Dscn3726

333_3
Dscn3728

私のブログの人気ランキング。

CP+がじわじわと上がって来てますね。

恐らく、沢すみれさん関連の工作員の皆さんでしょうか?

今年の3月のイベントが、坂井泉水さんの墓参りを超えました。

1位までもう少しです。

他の工作員の皆さんも頑張ってください。

ランキングに入ると、アクセスが増えているみたいです。w








ああ・・・何故か面倒。

千葉にお助けで出かけてから、リズムが崩れた。w

飯を食べるのも面倒。

店を探すのも面倒。

すき家があるね、ここで食べるか。







以前もどこかに書いたが、小田原の魚市場食堂が午前10時からの営業になった。

小田原方面でこれは、非常につらい。

重要な選択肢であった店が選べなくなった。

私は、朝飯難民になってしまった。(小田原方面)

「鰻か・・・」

すき家ではうな牛を販売していた。

すき家のうな丼はイケますよね。

うな丼にしましょうか?


すると、リニューアルをしたというカレーライスとシーザーサラダのコンビネーションがある。

これでいいんじゃね?

私はシーザーサラダカレーの並盛り640円を注文する。

大盛りがあるが、すき家は並盛でも十分、ボリューム感を感じる。

すぐにカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!










カレーの上に、レタスサラダがのったものか?

では一口、モグモグ・・・以前のカレーに比べ、大人になった。

スパイス感、味わい、コク、すき家のカレーも成人式を終えて、立派な社会人になった。

しかし、己の母親が作ってくれたような、人参やジャガイモの入ったチープさが消えた。

個人的には、そのチープさが好きな部分であった。

サラダのドレッシングは、カレーの味の邪魔はしていないと思う。

サラダと一緒に食べると、何気にレタスチャーハンみたいな食感か?

ご飯の量は、並盛でも個人的に十分。

腹が満腹になるわけではないが、満たされる。

やがて完食。

カレーの成長を見届けながらも、子供の頃の思い出を捨てきれない。

そんな事を思った。

 

ここで一句

    大人より

        カレーの思いは

               子供だな

2018年6月 2日 (土)

足柄下郡 餃子ショップ 五目やきそば大盛り

333_21
Dscn3691

Dscn3692


Dscn3694

333_22
Dscn3696


Dscn3697


Dscn3698

Dscn3700


Dscn3701


Dscn3702


Dscn3703

このブログも、多分9月頃に終了と思われる。

そこで、現時点で美味い不味いは抜きにして、印象に残る店を10店ご紹介します。


伊東市 里美

http://zard.air-nifty.com/blog/2017/03/post-11.html



三ケ日 加茂

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/05/post-19.html

帯広 鴨川

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/07/post-14.html


アリランラーメン八平

http://zard.air-nifty.com/blog/2010/09/post-6261.html

そばや楽亭

http://zard.air-nifty.com/blog/2017/09/post-8213.html


みさき

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/07/post-9.html


幸楽

http://zard.air-nifty.com/blog/2018/05/post-b269.html



前島食堂

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/12/post-13.html



はつかの

http://zard.air-nifty.com/blog/2016/01/post-2d62.html


三八飯店

http://zard.air-nifty.com/blog/2010/07/post-8ece.html

次回はイベントでトップ10







湯河原には有名なパン屋がある。

随分前から知ってはいる。

パンマニアのブロガー様から得た情報をそろそろ生かす時期ではないか?

そんな事を考えた。

そこで、湯河原に出向くと、午前10時過ぎに開店している店が他にあった。



餃子ショップ。

確か、ネットの情報などを見ると、朝の9時から営業していると見たことがあるが、

9時に営業をしていなかったので、それ以来敬遠していた。

いや違うな。

担々焼きそば目当てで行って、この焼きそばにビールが欲しいと思い、ある日、

夜に押しかけラーメンを食べている。

ああ・・・午前十時。

禁断のテレパシー。

シンパシー。

この時間帯にランチとして何かが食える!

食べ歩きをするのであれば、間隔をおいて連食をしたい。

そんな世の中の連食マニアをくすぐる時間帯。

午前10時。

アタシは、餃子ショップに行った。

店主はエンゼルスの大谷の試合を観戦中であった。

「いいですか?」

「どうぞ」

入店すると、先客はゼロ。

メニューを見ると、いろいろと現世とあの世を交錯するようなメニューが並ぶ。

餃子カレーはすでに、他所様が検証済み。

私がやるのであれば・・・・

「五目焼きそばの大盛りください!」

「麺は揚げてありますけど」

「いいです!」

暫し待ったのち、焼きそば登場!記念撮影をし、いただきま~す!












太麺の揚げ焼きそばは珍しいが、これで大盛りですか?

野菜餡のボリュームは認める。

しかし、麺の量が少ない気がするが、これが店の言う大盛りであれば、認めるしかない。

まずは一口。

麺がパリパリではない。

ややしっとり感がある。

皿うどんが好きな方だと、この麺の太さは受け入れがたいかもしれない。

しかし、味としてはオーソドックスに美味い。

具が多く、ヘルシー感があり、ランチを監視されている方には、十分対応可能なもの。

店主が酢を持ってきたので、それをかける。

思うに、カタ焼きそばに限らず、餡かけ焼きそばに必需品なのは、マスタードと酢。

これは絶対的な条件である。

昔、長万部で食べたさんぱちの餡かけ焼きそばには、マスタードチューブが標準装備。

ところがこの店では、紅生姜と固ゆで玉子の半分。

そして酢。

やがて完食。

ヘルシーなランチを食べた印象。

しかし、このスタイルで有名な店に、そろそろ行くべきでしょうか?

 

ここで一句

    大盛りは

       器がデカイ

          それ大事

2018年5月24日 (木)

小田原市 彩酒亭 洞 牛スジぶっかけ丼

111_6
Dscn3596

Dscn3595

111_7
Dscn3598


Dscn3600


Dscn3601


Dscn3602

111_8
Dscn3604


Dscn3605

111_9

Dscn3609


Dscn3606


Dscn3607


Dscn3611

池の水全部抜く。

一度抜けば十分だわ。

どこでどこの水を抜こうが、新鮮味がない。

私に言わせれば、風呂の水を全部抜こうが、池の水を全部抜こうが同じ。w

もうええわ!





もうええわ!

日大アメフトの会見。

だが、真相を明かさなければ、収拾はつかぬ。

財務省、森友、加計、セクハラ、パワハラ、総理や麻生さんは・・・

一服できる時間を与えている気がする。

刑事訴訟法第317条。

事実の認定は証拠による。

証拠だせよ!野党!

以前行った店は無くなっていたか?

小田原駅近くの旧職安通りは、結構競争環境が厳しいようだ。

新しい店が出来たと思ったら、無くなっていて、更に新しい店になっていた。

小田原おでんの店、ラーメン郁、新しい店が出来ているね。

この界隈、新陳代謝が激しいな。

私は、この通りのどこかで何かを食べようと思った。

すると、以前小田原丼で人気を博した店が、違う店になっていることに気が付く。

もっとも、随分前から代わっていたのは知っていたが、店先のメニューを見ると、

ランチをやっているのが分かる。

お手頃メニューとは言い難いが、ちょっと気取ったランチにはいいかもしれない。

私は店の中に入った。

店の名前は「洞」。

正確には「彩酒亭 洞」。

洞は”ほら”と読ませる。

中に入ると、以前の店の名残りを感じる。

先客は一人。

かなり、高齢なおばあさまが、鯖のみりん干し定食を食べ終えていた。

店主は若い。(私より若い)

店主は、カジュアルな姿であった。

何というか、カフェバー的な店主であると言える。

何を基準にカフェバーか分からぬが、すでに死語であろうカフェバー。

お洒落な居酒屋であろう店の、ランチメニューをよく見る。

いろいろあるが、牛スジのぶっかけ丼が、この店のイメージにそぐわぬ気がする。

築地のきつねやのホルモン丼を何となく、イメージをした。

酒を提供する店で、煮込み料理はある意味、その店の潜在能力を計るにベスト?

そんな気がして、私はぶっかけ丼1280円を選ぶ。

先客が帰ると、店内は私だけになった。

高齢なおばあさまを、店主は丁寧に、丁寧に送り出した。

この店主の、おばあさまに対する接客を見て、何となく郡山の名店「仁亭」の

接客担当を思いだした。

一人ひとりの客に、ベストを!そんな気概を感じた。

注文後、暫し待たされたが丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!












ぶっかけ丼で1280円は高いな~と思ったが、提供されたものに隙は無かった。

メインのぶっかけ丼は、豆腐やネギがあしらわれたものであった。

だが、プレートに載せられた前菜は、ほうれん草、オニオンリング、合鴨、セロリと

4種類があった。

味噌汁は、青海苔か?

まずは牛スジ丼をいただく。

女性用にすき家の様に、小さなしゃもじが付くが、私は箸で食べる。

丼は、箸で食べるべきである。

私自身、丼ぶり飯というものは、疎遠な物だと思っていた。

疎遠な食べ物を食べるのだ、敬意を表し箸で食べるのが、礼節であろう。

モグモグ・・・美味いわ!!!!!!!!!!!!!!!

まず、牛スジ自体が美味い!!!

やわらかく煮込まれたそれは、実に品よく仕上げられている。

う~~~ん、美味い!!!!

牛スジのコク、旨み、味が滲みた豆腐。

あああ・・・何となく、湯気の向こうに秋田で食べた幸楽の〆、あの味を望遠鏡見る様な。

店主が仕上げに、一味をかけるがもっと欲しいね。

次に、前菜のプレートを食べる。

まずは、ほうれん草のお浸し。

たった一口、二口のものであるが、ほうれん草の食感、お浸しのダシの美味さ、

何故にランチでこのレベルと思われる物。

次に、合鴨。

肉厚である。

口に入れると、鴨肉の食感と味わいが、ストレートに来る。

前菜である合鴨に、気合十分な意気込みを感じる。

次は、オニオンリングと蛸の唐揚げ。

何と、注文を受けた後。オニオンリングも蛸も揚げている。

たった一口である。

「注文を受けてから、揚げたのですか?」

私は店主に尋ねた。

店主は、そうですと答えた。

今回私は、店主に「もっと一味が欲しい」などと注文を言ったが、卓上に一味はあった。

しかし、メニューに隠れ、見えなかった。w

牛スジ丼は美味い!が、ややツユダクにして欲しい気がした。

その辺のさじ加減が可能であるならば、うれしいね。

私は、この丼ぶりに対する気持ちを、色々と述べる。

すると・・・

「西城秀樹が死にました!」

店主の言葉に、私は・・・・えええええええええええ!!!!!!!!

スマホにニュース速報がきた様だ!





「この焼酎、森伊蔵と同じ製法ですよ!」

その焼酎の名を訊いた。

何気にメニューを見て、芋焼酎に興味があると、話したらそんな話になった。

夜の部で訪問したい気がするが、泊まらないと・・・


美味い!実直な仕事!

オニオンリングひとつであろうと、揚げたてを提供する姿勢。

私が評価しない訳、無いでしょう。

そして、貴方の接客。

選択肢の提供方法こそ、活性化の要因だと思います。

 

ここで一句

     酒よりも

        地味な存在

               意気込みは!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 東京都 演劇 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 居酒屋 | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 茨城県 グルメ | 茨城県 旅行、観光 | 茨城県 海鮮 | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水