フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

山梨県 グルメ

2018年6月22日 (金)

北杜市 西町食堂 焼きそば(大)

777
Dscn3941

Dscn3942


Dscn3943

777_2
Dscn3944


Dscn3945

777_3
Dscn3947

777_4
Dscn3948

777_5
Dscn3952


Dscn3953


Dscn3955

777_6
Dscn3960


Dscn3962


Dscn3963


Dscn3964

777_7
Dscn3966

777_8
Dscn3969

アタシ、時々意味もなくドライブをするのね。

この前、ラーメン食べに行ったでしょ!

あのルート、また来ちゃった。

おしっこを済まそうとして、道の駅に寄ったのね。

「とみざわ」にね。

すると、またおばちゃんが鮎を焼いているのよ。

鮎を食べたくなっちゃった!

「今が一番、美味しい焼け頃よ」

おばちゃんがウインクをしてお勧めするのよ。

ウインクはしなかったけど。

アタシって、話しを盛るのが得意じゃん!

「ひとつちょ~だい!」

アタシ、ブリっこだからプリティーにおねだりしたの。

「ここで食べるの?お茶をいれてあげるね」

おばちゃん、おちゃを点ててくれたの。

本当はお茶を煎れただけどね。

お茶を啜りながら、鮎の塩焼きにかぶりつくって、いいわね。

しかも、今回は子持ち鮎よ!一匹で2度美味しいわ!

鮎なんか食べちゃって、今日のランチはどこにしようかな?











何か長坂インターまで来ちゃったわ。

高速代1000円以上使って、長坂インターよ!

アタシの長坂インター周辺でのグルメと言ったら、西町食堂よ!

ここしかないわ!

時刻は11時半よ!行ってみましょう!










よし!着いたわ!

この部分いらないと思うけど、いいのよ!

駐車場に空きがあるわね。

アタシの愛車、トヨタのポルシェを止めると、中に侵入したわ。

やだ~、満席?マジ満席?マジ卍?ああ!でも一番奥が空いていたわ!

奥の席、キープ!!!

このお店、テーブルごとに仕切りがしてあるのね。

何となくプライバシーが守られている気がするわ。

でも、煙草の煙は遠慮なく侵入してくるわ。

この日は吸っている奴は、いなかったわ。

このお店、おばちゃんが一人で切り盛りしているの。

なかなか注文を取りに来なくても、怒っちゃや~よ!

やがておばちゃんが来て、注文をしたの。

冷し中華や肉丼、カレーライスとか食べたかったけど、やはり焼きそばね。

アタシ、このお店はたまたま入って、何気に焼きそばを食べたのね。

卍美味しくて、なにこれ!ヤバい!と叫んだのね。

実際は叫ばなかったけど。

それ以来、ここの焼きそばのファンになっちゃって、この前成駒屋で食べたでしょ?

成駒屋で食べたら、身体が西町食堂の味を求めるのよ。

やだ、アタシ何興奮しているの?てくらい、食べたくなっちゃって、今日来たの。

結局、焼きそばの大盛りを注文しちゃったわ。

他のお客の注文が出ていなかったから、待たされたけど我慢ね。

ガマン。

美味しいお店では、我慢が大切よ。

やがて焼きそば登場、記念撮影をし、いただき摩周湖!








肉とキャベツだけの具材。

モヤシとキャベツの香の物。

麩入りの味噌汁。

これで700円か。

私はお得感を感じた。

では、まずは焼きそばを一口、モグモグ・・・ウメ~~!!!!!

何だろう?何で美味く感じるのだろう?

食感に関しては、カップ焼きそばと大差は無い。

乾麺と生麺の差だけだろうか?

もしかしたら、その差が大きいのかもしれない。

具には、先述の様にキャベツと豚肉だけ。

あとは刻み海苔が散らしてある。

成駒屋の場合、豚肉は味付けした茹で豚肉である。

この店では、普通に生の豚肉を炒めている様だ。

毎度の事ながら、コクを感じる。

このコクは、ラードでしょうね!他に考えられない。

茹でた中華麺を一旦、水に晒し、水切りをしたのち、フライパンで炒める。

あとはソースで味付け。

それなのに・・・たったそれだけなのに・・・何故美味い???

不思議だ!

更に、後からソースをかけると美味さが増すって・・・

コショウをかけると美味さが増すって・・・

とにかく美味い!

美味いんです!

わざわざ食べに来ちゃうんです!

味噌汁も美味しい!

香の物はすでに醤油がかかっている。

香の物というよりも、茹でモヤシにキャベツでしょ!

やがて完食。

次回はカレーライスと焼きそば小でもいいかな?

肉皿注文しちゃおうかな?

間違いなく、また来ます!

 

ここで一句

     焼きそばを

        茹でて炒め

             出来上がり?

2018年6月 5日 (火)

南巨摩郡 道の駅とみざわ 鮎の塩焼き、ナポリタン

Dsc_5845

333_13
Dsc_5846


Dsc_5849


Dsc_5847

Dsc_5848

333_14
Dsc_5850


Dsc_5851


Dsc_5852


Dsc_5854

333_15
Dsc_5856


Dsc_5857


Dsc_5858

鮎が食べたければ、道の駅とみざわ。

もう、この界隈では外せませんな。

意味もなく、鮎を食べる。

稚鮎を食べたり、子持ちを食べたり。

何度となく、訪れていますね。

鮎以外にも、手作りお総菜などがありまして、恐らく午前中で売り切れてしまうと思います。

クラフトパークの帰路、立ち寄ってみましたが、鮎はまだ焼いておりました。

おばちゃまに鮎の塩焼き500円を所望する。

「超特大の鮎ってどれよ」

私は700円の鮎の大きさが気になった。

「ちょうとくだい?え~とね・・・売り切れ!」

が~ん!と頭上からタライが落ちて来た様なオチである。

まあいい。

私は鮎の塩焼きをワタまでいただく。

うん、美味しいね。

少し時間が経過して、水分が飛び過ぎた気がするが、美味しくいただける。

すると、おばちゃまがお茶を煎れてくれた。

ここ、鮎の塩焼きコーナーは、テントと言うかその様な中にある。

アウトドア感覚で、その場で食べるのがお勧めである。

因みに前回、お総菜と鮎をこの場所で食べている。

ああ~~~それにしても、お茶を啜りながら目の前の道路を見ると、車が通り過ぎる。

その車の流れが、早すぎず、遅すぎず、車の量が多過ぎず、少な過ぎず。

周囲と見渡すと、緑が見える。

はあ~~それにしても、これから帰るのか・・・

そいえば、満たされたとはいえ峠のラーメン一軒しか寄っていない。

ここで鮎以外で何かを食べるか?

私はフードコートのメニューを拝見する。

在り来たりなメニューが多いかな?ん?ナポリタン!

蕎麦やうどんや丼物が主体と思われる場所で、ナポリタン。

これは面白い。

私はナポリタン500円の食券を購入する。

それほど待たずにナポリタン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











ナポリタンという物からは、少しずれている気がする。

粉チーズが一緒に提供されたが、タバスコは無し。

赤いウインナーを使っているのは、王道と思っての事か?

パスタもやや細いタイプですね。

まあいい。

カルボナーラと言って、似ても似つかぬものを伊東市で食べた!w

では一口、ちゅるちゅる。。。ちゅ~るちゅ~るちゃうちゅ~る♪

のど越しが良いナポリタンである。

粉チーズも遠慮なくかけるが、やはりタバスコが欲しい。

何故にこれほど、ナポリタンにタバスコを求めるのか?

卓上にタバスコの代用品はないのか?

七味か・・・

私は粉チーズだけで食べ進む。

味としては、ケチャップなのでしょうがもっとお下品な物が欲しいね。

口の回りがケチャップで赤く染まる様なものが欲しいかな?

味自体は、単調である。

甘さも辛さも特になく、軽いコクを感じるだけである。

やがて完食。

500円と言う価格を考えると、これで満足しろよ!と言えるべきか?

別に不味い訳ではない。

タバスコがあれば、評価はかなり、変わったであろう。

それ程、定番の食べ物には定番の調味料が必要なのだ。

そう、思った。

 

ここで一句

    ナポリタン

        相思相愛

             タバスコか?

2018年6月 3日 (日)

南巨摩郡 峠のラーメン 手打ちチャーシューメン大盛り、チャーハン(小)

333
Dscn3704

333_2
Dscn3721

333_3

Dscn3720

Dscn3705


Dscn3706


Dscn3707


Dscn3708

333_4
Dscn3710


Dscn3712


Dscn3713


Dscn3714

333_5
Dscn3715


Dscn3717


Dscn3718

333_6
Dscn3719

出張から戻り、公休。

どこで何を食べようか?

気の向くままに車を走らせると、富士あたりでラーメンが食べたい!と思う。

久々にあそこに行きますか!

私は峠を目指す。

順番としては、東名高速富士川サービスエリアのスマートインターで降り、

そのまま車を山梨方面に走らせる。

山梨の南部と言う所を過ぎ、やがてその店を見つける。

店の名前は「峠のラーメン」。

確かに、峠の様な場所にあるが、個人的にはもっと「峠」でもいい気がする。

自分でも何を書いているのか分からないが。w

時間前に到着をすると、今日は営業するのかどうか、わからないね。

営業開始、5分前かな?それなのに、見た目は完全に閉店状態。

少しドライブをして、戻ってくると営業をしていた。

因みに、11時開店である。

先客は3名。

この店には、カウンター席は無い。

注文も、一応厨房内を覗き込み、こちらから言わないと、いつまでも待たされるかも?

注文する前に、メニューを見る。

ネギラーメンか・・・ネギチャーシューメンか・・・もつ煮か・・・う~~ん・・・

結局選んだのは、手打ちチャーシューメン大盛りとチャーハンの小。

チャーシューメンが900円で、チャーハンが300円になる。

麺は手打ちと言わないと、違う麺が出てくるが、手打ち麺以外は注文した事が無い。

注文後、ボケ~っと待つ。

テレビを眺めながら待つ。

テレビからは、ローカルな内容が流れていた。

何と、富士川クラフトパークから生中継をしていた。

丁度バラが満開なので、見に来いとベルばらのコスをした方が言っていた。

そうか!行くか!昨年も行ったが入場無料であるが、見応えがあった。

ここ、峠のラーメンからは30分ほどで行けるはずだ!

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










チャーシューのボリュームは相変わらず素晴らしい。

炒飯は300円であるが、このボリュームなら満足ですね。

まずはスープを事逗ずz・・・う~~ん、美味い!!!!!!

ダシが良く出ている。

鶏ガラベースであるが、旨みが良く出ていますね。

失礼ながら、こんな場所でこの味が食べられる。

まるで、峠の七不思議みたいな感じである。

醤油味であるが、醤油の味わいはガツンと来るものではない。

ふわりと感じる醤油の味わいと、しっかりと旨味を感じるスープは素晴らしい。

次に麺をいただく。

麺は太目である。

口に含むと加水率が高く、やわらかめの麺である。

カタメが好きな方には、この食感は苦手かもしれない。

プリプリモチモチという言い方は、言い過ぎかもしれないが、もっちり感を感じる。

次にチャーシューをいただく。

チャーシューは箸でつまむと、ホロホロと崩れてくる。

実にチャーシューはやわらかい。

横から見ると厚みもあり、しっかりした印象を受けるのだが、崩れる様にやわらかい。

脂身もやわらかい。

このボリュームで1000円以内に納まるチャーシューメンか・・・素晴らしいな。

次にチャーハンをいただく。

チャーハンは米粒一つ一つが、パラリとしたものを感じる。

味付けも、しっかりした味付けを感じるが、しょっぱいものではない。

ラーメンのスープを途中啜りながら、チャーハンを口に含むと、顔がニヤける。

アツアツのチャーハンをあふあふと言いながら、食べ続ける。

わざわざここまで来た甲斐がある!と言ってもいいでしょう。

卓上には、灰皿があるが今のところタバコを吸う客はいないね。

後から来る客も、タバコを吸わないようで助かりますな。

まあ、世間的には栄養バランスに偏りがあるが、よいではないか!w

スープはショッパイとは思わなかったので、完飲しました。

お店自体は、正直雑然としたものがあり、見た目も中もお世辞にも綺麗とは言えない。

しかし、提供されるラーメンは、滋味深く美味い!

皆さんも、この峠を目指してください。



さあ、ベルばらを撮りに行くか!w

 

ここで一句

     なんて日だ!

        ラーメンオスカル

             同時攻め?w 

2018年5月26日 (土)

南都留郡 手打ちうどん いなか 生姜焼き定食

111_14
Dscn3623

Dscn3624


Dscn3625


Dscn3626

111_15
Dscn3628


Dscn3629


Dscn3631


Dscn3632


Dscn3633

111_16
Dscn3635

そういえば、吉田うどんを知ったのはいつであろうか?

もちろん、このブログを書き始めてから知った。

どこかで、その存在を知ったのは間違いないが、最初の訪問店は玉喜亭。

その後、どうせ行くなら有名店、人気店へ。

ある日、万葉の湯でマッサージを受けた。

その時のマッサージ師の兄ちゃんが、吉田うどんのエキスパートであった。

その彼から得た情報が、吉田うどんの店で、生姜焼き定食が食べられる店がある。

私としては、衝撃であった。

その時まで、定食を提供する吉田うどんの店に、遭遇していなかった。

勿論、その後その店に行った。

生姜焼き定食自体は、平々凡々であるといえるが、汁物の代わりが吉田うどんであった。

それから数年が過ぎた。

ある日、訪れた店に生姜焼き定食ともつ煮定食があった。

それが「いなか」であった。

しかし、私が注文したものは、カレーうどん。

めちゃくちゃ辛かった。

その時、私は何故定食を注文しなかったのか?

そう思いました。

その後悔を意外と早く、晴らす機会がきた。










自分が好きな店に何度も行くことは、いいことである。

しかし、未だ出会わぬ世界もある。

知らぬ世界に出会うのは、経験になる。

私は、渡辺うどん訪問後、いなかに行った。

先客は一人であった。

私は、迷わず生姜焼き定食を注文した。

ああ・・この店は蕎麦があったか。

何というか、ネタ元としては非常に優良店と言える。

やがて定食登場!記念撮影をし、いただきま~す!











見た目では、生姜焼き定食の優良店と言えるだろう。

ロース肉が3枚のり、汁物はうどんであった。

まずは肉を頬張り、飯を食らう。

タレの味わいは、生姜と醤油のハイブリッド系であるが、男前である。

甘さを排除した、キリリと締まった味わいである。

このタレに千切りキャベツを絡ませ、白飯に載せる。

躍動する美味さであるといえる。

ただ、マヨが無い。

醤油とマヨの最強コラボが、この店は求めていないようだ。

うどんには、すりだねをぶち込み、アグレッシブを追求する。

おや?この店には天かすがないのか?

もしかしたら、天かすが無料トッピングで存在するのであれば、評価が変わるかも?

そんな気がした。

食べていて、この店の生姜焼き定食はもっと、評価されるべきだと思った。

しかし、次々と客が来て評価が変わる。

この店は、喫煙が可であった。

後から来た客が、タバコを吸う。

ハッキリ言って、迷惑である。

一言、臭い!

喫煙可であるならば、これが最後の訪問になりますかね?

喫煙可でも何度か再訪問をしている店はありますが。(いいかげんだな)

いろいろと、面白い店だと思うが、喫煙可が残念でした。

 

ここで一句

     臭います

        自分の臭い

             嗅いでみろ?

2018年5月25日 (金)

南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん(中)

111_10
Dscn3613

Dscn3614


Dscn3615

111_11
Dscn3616


Dscn3617


Dscn3618


Dscn3620

111_12
Dscn3621

111_13

Dsc_5473


Dsc_5475


Dsc_5478


Dsc_5480


Dsc_5481


Dsc_5486

私、うどんが食べたいのです。




うどん。

肉汁うどんを求め、昨年食べ歩いたね。

大磯とかいろいろ・・・

良い店も発見したが、私の中でうどん指数の高い店とは・・・







久しぶりに渡辺うどんに来た。

私の中では、吉田うどんに関しては間違いなく、トップレベルである。

この店の肉玉うどんは、至極愉悦。

前回、余りの満席ぶりに退散した私だが、平日に来てみた。

開店直後、先客は2名。

開店直後に来て、すでに食べているおまえらは・・・w





私は肉玉の中盛550円を注文した。

久々の肉玉うどん。

すぐに提供され、私は天かすとすりだねをぶち込む。

そして、うどんを口に放り込み、咀嚼する。

美味い!!!!

剛直!直球!ど真ん中!小麦粉を噛み締める快感。

キャベツは歯応えを残し、馬肉は甘辛い味でありながら、ダシの美味さを邪魔しない。

玉子を崩し、うどんに絡める。

これは、一種のセクショナリズムである。

玉子を愛する者、愛さない者。

この行為は、なまたまごの縄張り争いである。

それにしても、うどんも美味いがダシも美味い。

やがて完食。

ダシを残さずいただいた。

私は、許されるものであるならば、肉汁うどんを設定してもらいたいと思った。

いや、うどんの駅で、うどんをこの麺にしていただいて、肉汁うどんを食べてみたい。

せめて、冷やしタヌキの設定。

名店ゆえのわがまま。

言わせてください・・

 

ここで一句

    名店の

       お持ち帰りで

            アレンジを


2018年5月 5日 (土)

北杜市 成駒屋 名代焼きそば大盛り

223
Dscn3391

Dscn3393


Dscn3396


Dscn3394


Dscn3395

223_2
Dscn3397


Dscn3399


Dscn3400

223_3
Dscn3402


Dscn3403

毎度の事なのだが、山菜料理を食べると、無性にラーメンなどが食べたくなる。

山菜の灰汁がそれらを求めるのだ。

そこで、食べたくなったのが西町食堂の焼きそばである。

焼きそばであるが、焼いてない。

昔懐かしい、ホンコン焼きそばとか、インスタントの乾麺で作る焼きそばを思いださせる。

多分、その様な表現だと分からない若い読者様もいるだろう。

所謂カップ焼きそばの方向性と言える。

焼きそばであるが、炒め煮みたいなもの。

香ばしさは少なく、麺も具も軟らかい。

しかし、それが何故か美味く、嵌る味なのである。

私は仙人小屋を後にすると、西町食堂に向かう。

・・・定休日か?w

そうなると、俄然焼きそばが食べたくなった。

私は車を走らせると、成駒屋の駐車場に車を止める。

こちらの成駒屋、汁ダク焼きそばで有名な店である。

私自身、日テレのケンミンショーで存在を知り、訪問した店である。

この店も、何度か訪れていたが、ここ数回は西町食堂を贔屓していた。

駐車場には車は数台しかなかった。

店内に入ると、先客は6名ほどか?婆さま4人に、ガテン系が2人。

テーブル席と座敷席があるが、私は座敷席に座る。

この店に訪れると、ここしか座らない!と言えるような席である。

セットメニューは、チャーハンと豚丼になっていた。

カレーは外されたか。

豚丼のセットもいいかもしれないが、私は焼きそば大盛り900円にした。

この店では、焼きそばは1人前づつ作るので、少々待たされる。

やがて焼きそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!










私はこの焼きそばを「ペヤングの実写化」と呼びたい。

見た目は麺だけの様に見えるが、キャベツと肉が麺に包まれている。

この様に、具を麺で包むので、1人前づつの調理になる。

では一口、ズルズル・・・う~~ん、中華麺のソース味!美味いな~!

食感に関しては、カップ焼きそばの食感であり、のど越し。

生の中華麺を使用しているので、カップ麺よりは遥かに、食感のど越しがいい。

私は、麺にスープをよ~く絡ませて、口に運ぶ。

ツユダク焼きそばであるが、ラーメンに使用するスープを使用しているので、旨みがある。

店主曰く、麺もソースも普通の物を使用ということだが、その普通でこの味が

出せますかな?

B級グルメの範疇であるが、何と言いますか、にゅるにゅるの食感がいいですね。

私としては、那須のスープ焼きそばに行ってみたい!と思わせる味なのですが、

以前、日光に行った時は定休日。w

何とかして、行きたいな~。

しかし、目の前の物は、西町食堂より遥かにつゆだく。

他の客の視線など気にせず、つゆだくのつゆを啜る。

こぼさない様に、皿ごと口に運ぶ。

事逗ず・・・ソースラーメンスープみたい!w

これも、自分で出来そうな気がするね。

この店の特徴としては、肉を先に茹でてあるところ。

下味が付いてある肉が、特徴かもしれない。

具には他にキャベツだけ。

卓上に白コショウがあるので、バンバンかける。

コショウをかけたほうが、香りが立つと思う。

今回は大盛りを注文したが、セットメニューで大盛りでも、ぺろりといけますね。

隣のおばあさま4人組も、大盛りを注文していた。

やがて完食。

スープは残したが、結構飲んだね。

美味しいです。

西町食堂が休みでしたが、成駒屋も美味い!

あとはツユダクかそうでないか?好みの問題。

私は次回は勿論、西町食堂に行きますが、セットに半カレーが復活したら、

成駒屋に行くかもしれません。

 

ここで一句

     ツユダクは

           牛丼だけと

                限らない

2018年5月 4日 (金)

北杜市 仙人小屋 ミックス天丼、クレソンサラダ

157
Dsc_4829

Dsc_4830


Dsc_4831


Dsc_4855

157_2
Dsc_4856


Dsc_4834


Dsc_4837

157_4
Dsc_4838


Dsc_4839

157_5
Dsc_4840


Dsc_4841


Dsc_4846

157_6
Dsc_4848


Dsc_4849


Dsc_4853

157_7
Dsc_4859


Dsc_4861


Dsc_4862


Dsc_4864


Dsc_4865

今年の12月、キング・クリムゾンの来日公演がある。

どうしよう?

来月の休みも決まっていないのに、12月か・・・

指定席20000円?足元みすぎぢゃね?

クリムゾンのライブには、行ったことがある。

ロバートフリップのギターから響きだされる音色は、魔性の万華鏡である。

皆さん、私の事をザードのファンだと思っているが、ザードの前は、

クリムゾンに傾倒していた。

いや、プログレにのめりこんでいた。

その前は、ヘビーメタルである。

個人的にはハードロックが好き!と言いたいが。w

ヘッドバンキングをするようなライブに、何度も行った。

今、ヘッドバンキングをすれば、むち打ちになる。w

いや~~行きたいけど、フリップは今年71歳?

ヒビの入った陶器にならなければいいが。

そういえば来月、行きたい舞台があるな。










やはり、山菜を食べないとね。

山菜の美味さを知ったのは、随分前の話になる。

そして、仙人小屋を知り、自然屋を知る。

そこで、仙人小屋に向かう。

GW前、混んでいることは無いだろうと思い、行ってみた。

到着時刻は11時を過ぎていたが、駐車場は車が2台止まっているだけ。

中に入ると、先客は2組だけ!これはラッキーである。

10人にも満たない客数なので、これならすぐに食べられる。

メニューを見ると、いろいろあるが、今まで注文をしなかったものを食べよう!

そこで気になったのが、天丼シリーズ。

山菜を使った天丼なのだが、タラの芽の天丼、コシアブラの天丼、ミックスとある。

私は、タラの芽、山うど、ふきのとうを使ったミックス天丼2000円と、クレソンのサラダ

800円を選んだ。

わざわざ山梨まで来て、葉っぱを食べに来たのか?と思われるかもしれないが、

確かに、それぞれの山菜は私の地元でも、取れる。

問題なのは、調理である。

私は揚げ物など、調理は普通に出来る。

しかし、独身である。w

たった一人の腹を満たすために、天ぷらは手間がかかるし、片付けも大変。

残った油の再利用も大変。

だったら、食べに行ったほうが、私の場合は安く上がる。

高速料金、ガソリン代などを考えると、どう考えても安く上がらないが、まあいい!w

注文後、テーブルで待つ。

仙人小屋がこれほど客が少ないのも、久しぶりだ。

テレビなどで取り上げられる目は、土日以外は混雑なんか気にしなかったのだが。

やがて天丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!
















天丼に関しては、蓋つきで本格的だね。

遅れてクレソンサラダ登場。

こちらはなかなかボリューム感があるが、クレソンと言う事を考えると、少々高いかな?

蓋を開けると、野菜天丼だな。

タラの芽、ウド、フキノトウがてんこ盛りの天丼である。

山菜天ぷら定食を頼むと、ありとあらゆる山菜が入ってくるが、個人的には

この3種で十分である。

タラの芽は本当に美味い!

その辺の路地や庭先などにタラの木があると、美味そうと思ってしまう私がいる。

ではフキノトウから行きましょう!

丼ツユはそれほど味が濃いとは思わないが、専門店でもないのに、味わいはいいかな?

丼ツユ自体に若干のコクを感じる。

フキノトウは、苦みと香りが良いですね。

誰が食べても、フキノトウと分かる苦みを感じる。

この苦みが良いのですよ!これこそ大人の味!

次にタラの芽をいただきます。

タラの芽で一番美味いと思うのは、おしゃぶりの様な形の状態。

まさに今から芽吹く様な時が、一番美味い!!!

目の前の天丼は、若干の芽が出ているが、これはこれで美味い!

フキノトウと違う、若干の苦み、そしてタラの芽の持つコク。

市販の野菜からはなかなか感じ取ることが出来ない、命を感じる力強い味わい。

これぞ、山菜の醍醐味。

次にウドをいただく。

通常、ウドと言うと、酢味噌和えなどが一般的かもしれないが、私はウドの天ぷらが好き。

取って来た物を茹でて、マヨネーズでいただくのも良いが、ウドは天ぷらでも美味い。

口に入れると、爽やかな苦みを感じる。

茹でた時と違い、苦みを鮮烈に感じるかもしれないが、その分、爽やかさも感じる。

うん、美味い!!!

誰でも収穫が出来、誰でも出来る天丼であろうが、この場所で食べるのも味の内。

御飯の量も適量で、ボリューム的に満足できる。

そして、天丼にもキノコ汁が付いてくる。

この滋味深いキノコ汁と山菜の天丼を交互に口にすると、来た甲斐もあるというもの。

次にクレソンサラダをいただく。

クレソンが主体であるが、他の野菜も入っている。

ドレッシングはすでにかけられている。

まずは一口、シャキシャキの食感とクレソンの香りがいい!

何より、クレソン独特の辛味が無い。

これは意外。

野生のクレソンを見つけると、そのまま口にする私であるが、辛い。

ところが、この店のクレソンはまったく、辛味を感じない。

水に晒したのかな?

しかし、クレソン自体水辺に生えていて、晒しているのと同じだ。w

辛味を感じないので、バクバクいける。

パクチーが流行らしいが、クレソンもいいんじゃない?

ところで、クレソンを独特の食べ方で食べさせてくれる店を思いだした!

何とか、ブログがあるうちにご紹介したい気がする。

やがて完食。

肉も魚介もない天丼とサラダ。

しかし、私は満足出来ました。

天然素材の持つ、力を味わう。

それは今しかないと思います。

 

ここで一句

     天丼に

        海老が無くても

             満たされる

2018年4月22日 (日)

南都留郡 手打ちうどん いなか カレーうどん

157_11
Dscn3214

157_13
Dscn3216


Dscn3217

157_12
Dscn3218

157_14
Dscn3220

157_15
Dscn3221

157_16
Dscn3223


Dscn3224

過去30日の人気記事ランキングを設定したが・・・

作為を感じる今日この頃。w

坂井さんは分かる。

その他は・・・工作員がいるような気がする!w

何となく工作員の存在を感じながらも、このまま放置。

これくらいのシャレ、受け入れますよ。w









何というか、世の中脇の甘い奴と、脇の臭い奴は社会を追われる時代か?

官僚も知事も、脇の甘さ故にその職を追われる。

脇の臭い奴は論外であろうが、脇汗をネタにすることは、有働さんが証明した。

それにしても、酒を飲んで気がデカくなっている時の発言も、問題視される時代。

勿論、酒の席とは言え、言って良い事と悪いことは勿論ある。

しかし、酒の為に開放的な気分になっている時は、言う事もデカくなる。

だが、オヤジが言うとセクハラで、イケメンが言えば許されるのか?

以前、触らなくても痴漢という記事があったな。

監視カメラとボイスレコーダーを自分自身が持ち歩き、行動しないと言い逃れの出来ない。

そんな時代になりましたか?









山梨まで来たので、新規物件を開拓しましょう。

今回立ち寄ったのは、手打ちうどん いなか。

この店の前を何度か通り過ぎている。

渡辺うどんに訪問時は通り過ぎているかな?

じつは、この店に寄る前に、渡辺うどんに行ったのだが、満席!

今まで何度もあの店には行ったが、あれほど客が入っているには初めて見た。

・・・当たり前である。

渡辺うどんには、常にポールポジション狙いで訪れており、相席などなった事が無い。

多くても4~5人程客がいる位である。

それなのに、日曜の午後1時頃、相席する場所も無いほど客がいた。w

休日、恐るべし!w

私は諦めて、いなかに来たというところであろうか。

この店に関しては、事前情報は何も無し。

むしろ、初めての店に入ろうと思い、選んだだけである。

中に入るとテーブル席があり、座敷席がある。

テーブル席には先客の食器の残りがあったので、座敷席に座る。

座敷席の奥には緞帳のついた舞台?があるね。

何か、催しものでもたまにやるのかな?

メニューを見ると、うどん以外が充実しているかな?

もつ煮、しょうが焼き、カツ、蕎麦もある。

鍋焼きうどんがあり、カレーうどんもある。

これは悩むな。

生姜焼きを選んでみたいが、もつ煮定食もいいな~。

何でカツがあるのだ?

定食を入れる余裕がありそうもないので、うどんにした。

辛口と書いてあるカレーうどん550円を選ぶ。

少々待ったのち、うどん登場、記念撮影をし、いただきま~す!











見た目は在り来たりなカレーうどんだな。

よ~く混ぜて食べてみる。

汁気は少なく、かけうどんにカレーをかけました!的な物ではない。

モグモグ・・・ぶは!!!!!!!!!!!!!!

辛いではあ~りませんか!

一口目からむせるほど辛いぞ!

すると、先客と店主が話をしている。

「カレーうどん、辛いですね」

「いつも同じものを作る様に心掛けているけど、時々さじ加減でもっと辛くなる」

この店のカレーうどんの辛さは、店主の確信犯的辛さであったか?

辛口と書いてあったが、これほど辛いとは!!!!!

辛さで行ったら、唐辛子の直球一本勝負の辛さ。

様々なスパイスの織り成す辛さでは、絶対にない。

たった一種類の辛さしか感じないのだが、それがかめはめ波並みの威力で、

舌を攻撃する。

私としては伊勢原のオロチョンラーメン利しりの、極めオロチョンラーメン並の辛さである。

当然汗が噴き出る。

肝心のうどんであるが、手打ちである。

吉田うどんの系統を継承している。

小麦の美味さなども感じ、美味いであろうが、辛い。

カレーは鶏肉など大き目の具が存在し、食べ応えはある。

玉ねぎなどの甘みもあるのだが、とにかく辛い。

汗を拭きながらうどんを食べる。

涙も少々出て来たな。

カレーの味わいは、家庭のカレーではないね。

蕎麦屋などのカレー南蛮の方向性を向いている。

ああ・・・辛い。

恐らく、辛いのに強い奴からすれば、私などは大袈裟に映るかもしれない。

しかし、本当に辛い物に弱く、己のボーダーラインを越えた辛さには、

体が発汗という形で反応する。

辛いので、食が進まない。

やがて完食。

全部、胃の中に収めました。

水を何度も飲み、身体をクーリングする。

多少無理してでも、定食を食べれば良かったか?

自分で自分をいじめたい方は、カレーうどんをどうぞ。

 

ここで一句

     辛口に

        極めを付けて

             もらいたい

2018年4月21日 (土)

南都留郡 うどんの駅 西桂町店 肉汁うどん、ミニカレーライス

157_7
Dscn3108

Dscn3109


Dscn3110

157_8
Dscn3111


Dscn3112


Dscn3113


Dscn3114


Dscn3115


Dscn3116


Dscn3117


Dscn3118

157_9
Dscn3119


Dscn3120


Dscn3123


Dscn3124


Dscn3126

157_10
Dscn3127


Dscn3130

人間、肉汁が好き。

肉汁が嫌いな人間など、いるわけがない。

デブタレなどは、肉汁のシャワーを浴びたい!などと平気でウソを言うが、

肉汁を飲みたい方は多いだろう。w

世の中にベジタリアンという方々が存在するが、とにかく肉を食えと。

肉汁滴る肉を食べたくても食べられない方は、肉汁を取り込んだものはどうだ?

そんな訳でありまして、わざわざ肉汁の名を冠した物を食べる為、山梨に行きました。

訪れたのは、うどんの駅西桂町店。

これで何度目でしょうか?

3度目か?

吉田うどんと言えば、馬肉を使った肉うどんなのですが、こちらの店では豚肉を使った、

肉汁うどんはラインナップされています。

初めて食べた時、これありだよな~と思いつつ、前回は半カレー付きで食べました。

うどんは勿論ですが、カレーも美味かった。

どちらも絶叫するほどの美味さでは無いのですが、また食べたい!と思わせる物がある。

2回連続で肉汁つけうどんを食べたので、今回は肉汁かけうどんを食べましょう。







丁度、開店時刻に店に訪れる。

メニューには鴨汁うどんと明太クリームうどんの看板が出ているが、肉汁でしょう。

中に入ると、券売機で食券を買うシステムなのだが、入店と同時に食券の買い方の

アナウンスが流れる。

ところでこの店、今更なのだがうどんには味噌味と醤油味がある。

担々焼うどんもある。

吉田うどんの概念というか、既存店の定番プラスアルファーの魅力がある。

しかし、初志貫徹。

肉汁かけうどん690円とミニカレー250円を選ぶ。

券売機で食券を買うと、その時点でオーダーが通ったことになるので、

食券の番号を呼ばれるまで、席で待つだけある。

席はカウンター席、テーブル席、座敷席とあり、キャパは多い方だろう。

やがて番号を呼ばれ、取りに行く。

ネギと天かすが入れ放題なので、どちらもたっぷりと入れさせてもらう。

卓上には辛味であるすりだねが置いてあるので、それも投入する。

記念撮影をし、いただきま~す!







カレーは250円とは言え、それ以上の価値を十分に感じる。

ライスだけで200円を取る店もあるのに、このボリューム感は見事である。

まずはうどんをいただきますか。

太くいびつなうどんを引きずり出し、口に入れる。

咀嚼を余儀なくされるうどんであるが、それほどカタイものではない。

この店のうどんは、手打ちではないね。

お土産などで販売している吉田うどんみたいですね。

人気店のうどんから比べると、やや劣るが気にはならない。

しかし、この肉汁うどんのおつゆが美味い!!!!!

豚肉、ネギ、油揚げなどの旨みが浸み込んだおつゆは、この界隈では

唯一無二の味と言えるでしょう!美味い!!!

何しろ具沢山で、ネギのシャキシャキ感や豚肉の脂の美味さ、それらが浸み込んだ

油揚げの美味さがいいですね。

埼玉の肉汁うどんの名店に行きたいものです。

おつゆもショッパイ訳でもなく、モグモグと食べ進みます。

そしてカレー。

具は見当たりませんが、コクがあって美味い!!!

カレールーは何の拘りも感じませんが、とにかくコクが有って美味い!!!

カレーうどんがあるので、それを選べばいいのかな?と、思いますが、

やはり、このカレーはライスでいただきましょう!

米も美味しいので、満足度が高いです。

うどん自体は、渡辺うどんなど方が遥かに美味いのですが、

この肉汁うどんは、アイディア勝ちですね。

吉田うどんには無い物をやった!ということと、味ですね。

そしてカレーの美味さ。

やがて完食。

おつゆも全部、飲み干しました。

シンプルにうどんを堪能したい方は、有名店に行きましょう。

食事として満足したければ、肉汁うどんはお勧めです。

 

ここで一句

    肉汁は

      呑んで味わう

           当たり前

2018年1月26日 (金)

南巨摩郡 めしや千里 もつ煮定食、餃子

55_6
Dscn2240_139

55_7
Dscn2225_140


Dscn2226_141


Dscn2227_142


Dscn2229_143

55_8
Dscn2230_144

55_9
Dscn2232_145


Dscn2233_146


Dscn2234_147


Dscn2235_148

55_10
Dscn2236_149


Dscn2238_150

気になっていた店がある。

せっかくだ、寄ってみよう。

店の名前は「めしや千里」。

昨年からこの店の前は、10回くらい通り過ぎているか?

気にはなっていたが、いつも開店前に通り過ぎる事が多く、なかなか寄れなかった。

今回時刻は1時半頃、まだ営業中だ!降りしきる雨の中、店内へ。

「ごめんね~、麺類は売り切れちゃった!焼肉も売り切れ!そばやうどんはあるよ」

入店と同時、おくさまが私に言って来た。

メニューを見ると、確かに麺類というか、ラーメン類が食べたいと思う。

ええ?焼肉定食も無いの?俺は何を選べばいいのか?

私は、呆然としてしまった。

カツカレーにしようかと思ったが、よりによってさっき食べた。w

カツ丼、トンテキ・・・もつ煮がある!もつ煮定食にしよう!

私はもつ煮定食750円を注文する。

店内は、テーブル席とカウンター席か?

なぜか、仕切られている様な感じだな。

カウンターにはおばあちゃまが座っているが、お店の方か?

他に客がいないので、大きなテーブルに一人で座る。

厨房内はおばちゃま2人で切り盛りをしているようだが、親子かね?

1人は私よりも若いね。w

やがてもつ煮定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!








絶対に物足りない。

定食が出て来た瞬間、ビビビと来た。

この前にカツカレーを食べているが、それでも物足りない。

「すいません、焼き餃子を追加してください!」

私は、おばちゃまに声をかける。

「餃子は時間がかかるよ!焼けたらパックに入れる?」

「いえ、ここで食べます!食べている間に焼いてください!」

恐らく、閉店時間が2時なのであろう、何となくその辺の駆け引きを感じる。

とにかく、もつ煮定食を食べよう。

それにしても、目の前のもつ煮定食は色白である。

今まであちらこちらでもつ煮定食を食べてきたが、これほど色白なのも珍しい。

もつのピンク色の肌は、これはこれで若き乙女の肌を連想させる。w

では一口、モグモグ・・・美味い!!!

味噌味ではないので、濃厚で無いだろうと思ったが、これがなかなか!

塩味なのであろうが、スープにコクが有るためか、美味い!

もつに臭みは無く、グイグイいける。

どのもつもやわらく煮込まれ、カタイと思う方は、ほぼいないと思われる。

もつが美味いので、スープを飲んでみる・・・しょっぱ!w

味は良いが、塩が結構効いている。

ちょっとこれは、スープの完飲は無理だね。

ご飯は、少し物足りないかな?お椀は御吸物だね。

もつ煮定食でお吸い物か?お麩が大きい!

何というか、もつ煮、お椀と異色の組み合わせだな。

それでも、もつ煮定食を食べ終えると満足感。

やはり、ボリューム的に物足りない。

定食を食べ終え、餃子が焼けるのを待つ。

やがて、お待ちどうさまでしたと餃子が登場する。

餃子は480円なのだが、価格は高めだが大きいね!

手作りらしく、大きさは均一ではないが、大きいのは間違いない。

卓上に醤油と酢があるが、酢多め、醤油少な目、コショウぶっかけで食べる。

では一口、モグモグ・・・野菜多目の軽い味わいだが、美味い!

いかにも自家製と思われる餃子であるが、ジューシー感は無いが美味い!

野菜の旨みと味付けの妙かな?大きな餃子であるが、バクバクいける。

自慢ではないが、酢が多めのタレも餃子の味わいを生かしているね。

これが醤油多めのタレだと、餃子の味を殺すと思う。

長居をするとお邪魔の様なので、一心不乱に食べ続ける。

やがて完食。

うん、餃子もなかなか美味い。

こうなると、麺類が食べてみたいね。

自己流であるが、もつ煮も餃子も美味かった。

次回は開店間近に行きたいですね。

 

ここで一句

     売り切れで

          持ちつ持たれつ

                 もつ煮かな?

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 東京都 演劇 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 居酒屋 | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 茨城県 グルメ | 茨城県 旅行、観光 | 茨城県 海鮮 | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水