フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

山梨県 グルメ

2017年8月 8日 (火)

南都留郡 うどんの駅 西桂店 肉汁うどんつけ、ミニカレーライス

22_7
Dscn1901

Dscn1900


Dscn1899

22_8
Dscn1882

22_9
Dscn1898

22_10
Dscn1883


Dscn1884

22_11
Dscn1885


Dscn1887


Dscn1888

22_12
Dscn1890


Dscn1891


Dscn1895

22_13
Dscn1896

肉汁うどんを埼玉以外で食べたい!と思い、少々出歩きましたが、一軒忘れてた。

今回訪れた「うどんの駅」である。

都留まで来たので、再訪問をしてみましょう。



前回来た時は、うどん自体はそうでもないが、肉汁のつけ汁に関しては、

なかなか美味しいね、と思いました。

ただ、お汁もうどんも美味い店が吉田には多いし、この店のご近所には「くれちうどん」も

ある。

その様な環境で、生き残っている様なので、やはり美味しいのでしょう!

再訪問の価値はあると判断しました。




店に到着をすると、看板に勢いがありますね。w

相変わらず肉汁うどんが一押しの様だが、焼うどんもあるね。

以前に比べ、カレーも推しの様ですね。

ミニカレーなんて、前回は無かったから、うどんとカレーにしましょう。

中に入ると、いきなりアナウンスが!

メニューを見て、選んだら券売機でその番号を押せという。

すると、うどんには味噌味と醤油味があり、それとは別に肉汁系、カレー系、

冷やし系と実に多彩である。

肉汁系とは別に、肉つけ系もあるので、初訪問の客は間違えない様に注意だね。

選んだのは肉汁うどん(つけ)690円と、ミニカレーライス250円。

普段ならうどんは大盛りにするのだが、替え玉もあるし、カレーのボリュームも

予測不能なので、並盛にした。

券売機で食券を買うと、食券は渡さないで、そのまま席で待つシステム。

どうしてもスタッフに食券を渡したくなるが、渡さなくても注文は通っている。

店内はテーブル、カウンター、座敷席とあるが、どこに座ろうが自由。

暫し待たされた後、番号で呼ばれる。

うどんを取りに行くと、テーブルに天かすとネギ、すりだねが置いてあるので、

自分が好きな分だけ入れる。

天かすは入れた方が、絶対に美味しいし、すりだねも辛さだけではなく、香りや味わいも

変化するので、入れた方がいいよ。

では着席し、記念撮影をし、いただきま~す!













並盛りだとうどんは少ないな~。w

しかし、それ以上につけ汁がたっぷりだな。

つけ汁には、油揚げ、豚肉、ネギがたっぷりと入っている。

690円であるが、この具沢山の印象とボリューム感はいいですね。

ネギが入っているけど、更にネギを追加。

天かすもたっぷり入れて、すりだねもやや多めに投入。

カレーライスはミニということですが、半カレーと言ってもいいでしょう。

ではうどんをつけ汁に浸けていただきます。

モグモグ・・・うどんは相変わらず、ラーメン二郎のフーズ系のようなうどんですね。

つまり、手打ちではないよね。

でも、悪くはないです。

ゴワゴワの食感と小麦の旨みを感じます。

美味しい。

しかし!つけ汁の印象は格段に良くなった!

690円という価格であるが、具沢山でうどんと共に、肉やネギも口に入れる。

これが美味い!

吉田うどんの特徴として、馬肉を使う店が非常に多いが、肉汁うどんに関しては、豚肉。

一般的な豚肉を使用しているようで、豚肉の癖があるが、前回よりもその印象は薄い。

ベースのつけ汁も、注文ごとに調理をし、ダシ感も前回よりも印象が良い。

何よりも、美味い!と思う。

次にカレーをいただきます。

これで250円なら十分のボリュームだね。

では一口、モグモグ・・・うま~~~い!!!!!

カレールーは所謂どこにでもある様な業務用なのだが、ベースの牛スジスープ?

じつにコクがあって美味い!!!

カレーの中には特に目立つよな具材は見当たらないが、全部溶け込んでいるか?

う~~~ん、美味いな~~~~!!!

人気のある大衆食堂の人気ナンバー1のカレー!そんな印象。

これならカレーうどんを注文してみたいね。

辛さは誰でも受け入れられる辛さだが、すりだねで調整してもいいかな?

合うかどうかはわからないけど。

濃厚で旨みたっぷりのカレーと、ダシ感のある肉汁うどん。

もう、大満足。

これで1000円以内ですよ。

カレーも完食、つけ汁も残さずいただきました。

他のメニューはどうかわかりませんが、肉汁うどんとカレーは必食!といえます。

数年ぶりに来たが、進化を感じました。

今年中に再訪問をしたいです!

 

ここで一句

    肉汁は

       幸せ与え

          満たされる

2017年5月31日 (水)

南都留郡 精進湖観光案内所 ホルモン生姜焼き定食、鹿餃子

22

Dscn0998


Dscn0995


Dscn0993

22_2
Dscn0992


Dscn0991


Dscn0974


Dscn0976


Dscn0977


Dscn0978


Dscn0989

22_3
Dscn0980


Dscn0981


Dscn0982


Dscn0984


Dscn0985

22_4
Dscn0990

東名高速の割引率が低くなり、高速代が高く付く様になり、何年か過ぎた。

なるべく高速を使わずに、目的地に辿り着けるように様々なルートを試す。

山梨の甲府方面には、精進湖から甲府昭和インターまでのルートが便利である。

そして、このルートを何度も使ううちに、いろいろと気になる店がある。

今回はその筆頭とも言える、精進湖観光案内所である。




鹿餃子の看板が目立つ怪しい店、そんな印象だった。

精進湖観光案内所が正式名称らしいが、○○食堂ではないのですね?

怪しすぎて入るを躊躇していたが、今はむしろ、怪しい店に入りたいくらいだ。w

そんな怪しさ満点の店に、入ってみた。

昼時を過ぎていたが、店内は初老夫婦二人。

厨房はおばあちゃま一人で、切り盛りをしている。

中に入っても特にいらっしゃいでもない。

先客の料理を作るのが忙しいらしい。

先客のラーメンとカレーが提供された時点で、私の注文が通る。

私は。、ホルモンの生姜焼き定食700円と、鹿餃子250円を注文する。

鹿餃子が250円なのはありがたい!安いので気兼ねなく注文できる。

店内は観光案内所らしく、観光のパンフレットなどがあるが、観光案内はおばあちゃま?

昼時なんか、とても観光案内をやってられないでしょう!

まあ、観光案内所という名の食堂なのだろうが。

しばし待たされ、定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!













これで税込み700円ならいいのではないか?

結構、ボリューム感があります。

冷奴やお漬物もたくさん付いているし、メインのホルモンもボリュームがある。

そして鹿餃子だが、普通サイズの餃子が5個。

まずは、餃子からいきましょう。

タレにつけていただきます。

モグモグ・・・焼き目パリ!中は肉餃子だが、しつこくない肉餃子。

にらなどが入っているが、肉のうまみとニラの味わいが目立つ。

何より美味い!!!

しっとりした肉餃子なのだが、豚より癖は無いね。

これ、いわれないと鹿だとはわからないでしょう。

肉なんだけど、ニラが主役みたいな印象。

あっさり肉餃子です。

次にホルモンをいただきます。

細切れのホルモンは、ややクセを感じますが、生姜の風味が効いて美味い!

私は七味を散らし、いただきますが、マヨネーズが少しあってもいいかも?

スープを吸った千切りキャベツがなかなか美味く、これでも白飯がいける。

味噌汁はわかめです。

ああ、でも餃子が美味いね。

焼き方も良いし、味もいい。

読者の皆さんも、250円なのでトライして欲しいね。

やがて完食。

定食も餃子も満足!

普通に食堂として、十分利用価値がありますね。

麺類やカレーも食べたくなりました。

怪しさのある看板ですが、怪しいのは客の私でしたね。w

 

ここで一句

     この餃子

        食べるしかない

             仕方ない

2017年5月29日 (月)

南巨摩郡 あまんどう ポークソテー定食

1_6

Dscn0973
1_7
Dscn0971



Dscn0970


Dscn0952


Dscn0953


Dscn0954
1_8
Dscn0955



Dscn0956


Dscn0957


Dscn0961


Dscn0962
1_9
Dscn0964



Dscn0965


Dscn0967

1_10
Dscn0968



Dscn0969

この日は特に予定など無かったので、車を好き勝手に走らせて、昼時に出会った店で

何かを食べよう!と考えた。

予備知識を持って出かけるのもいいが、ふらっと出かけてそこが当たりだった場合、

それはそれで小さな喜びである。

東名富士川SAで降りて、身延方面に車を走らせる。

道としては国道52号線を走ることになる。

途中、筍で有名な店を通り過ぎるが、筍を買ってもね。

独身オヤジが筍を買って茹でても余る。

それに、筍は鮮度が物凄く重要。

夜まで帰らないので、その時点で鮮度が落ちる。

テレビで見たオヤジと視線が合うが、通り過ぎる。

すると、バックミラーに茹で筍の文字が・・・あ!と思ったが、今日は縁が無いのだ!w

ず~っと走っていると、下部温泉まで来た。

下部温泉駅まで行くと、丸一食堂は休み。

藤川は開いていたが、ステーキ丼とハンバーグ定食を2度食べたので、もういいかな?

新しい店に出会いたい。

52号線を走ると、もつ煮や鉄板焼きの看板が見える。

どうもフィーリングが合わないと思い、走らせると「あまんどう」という看板を発見。

食事処であるが、凄く入り難そうな立地条件。

国道の横に店があるが、交通量が多いので、入り難い。

とりあえず、どこかの空き地に車を止め、歩いて場所の確認をするが、

この国道の歩道を歩くのも相当珍しいと思えるほど、人が居ない。w

流れるのは車だけ。

看板を見ると、うなぎと食事とある。

「よし!ここに決めた!」

私は車に戻り、店の前の駐車場に車を入れるが、頭から車を突っ込む形になる。

軽自動車が1台止まっていたが、これはどうも店の車みたいだ。

民家の一部を利用した食堂のようであるが、先客は居ないようだ。

中に入ると、やや暗い店内。

店主らしき男性がいたので、一人であると告げる。

すると、どうぞと。

この店、うなぎが一押しのようだが、とても鰻屋に見えない。

スナックか居酒屋が一緒になったレストラン、というのが第一印象である。

カウンター席もあるが、カウンターに座る気にはならない。

店の奥の方に座らせてもらう。

すると、マダムがお茶とお絞り、メニューを持ってくる。

メニューを見ると、やはり鰻がお勧めのようだが、鰻を食べたい気持ちは無い。

刺身定食や鉄火丼、ラーメン、ほうとうとバラエティーな内容だが、

山梨で刺身定食???ここはお肉でしょう!

カツもいいが、ポークソテーがあるので、ポークソテー定食970円を注文する。

食事が出来るまでの間、店内を見渡す。

なんというか、ディープな空間である。

年月の経過を感じさせる店内、あちらこちらに水槽があり、金魚が舞う。

何故か人形類があり、雑誌や新聞もある。

私としては、またも引き合いに出すが、伊東市の里美までは行かないが、

結構、衝撃はある。

やがて定食完成、記念撮影をし、いただきま~す!











なかなか良いではないですか!

提供されたものは、盛り付けも美しく、食欲をそそられる。

ではポークソテーを一口、モグモグ・・・やわらかくて美味い!

肉は叩いてやわらかくした様だが、歯に引っかかるような部分も無く、すっと噛み切れる。

そして、肉自身も美味い。

味付けは塩コショウにデミソース。

味が濃すぎることも無く、好印象である。

白飯は盛りが良い方だと思う。

食べてみると米が美味い!

鰻を売りにしているので、米も美味さに拘っているのかもしれない。

次に味噌汁を飲む。

すると、この味噌汁、風味が強い。

豆味噌のような風味の強さが出ており、これはこれで美味い。

具にはナメコなどが入っている。

サラダはドレッシングがかけらているが、トマトも大きく美味しい。

ソテーにはレモンも添えられていたので、肉に絞る。

ややさっぱりした印象になり、飯が進む。

肉は特別でかいとは思わなかったが、価格を考えれば妥当といえる。

漬物は自家製のぬか漬けだと思われるが、酸味が効いていた。

やがて完食。

普通に定食として、十分満足できる味と内容だと思います。

おそらく、お店は昼よりも夜がメインでしょう。

手書きのボードにはおつまみメニューが列記してありました。

こうなると、鰻が気になるけど・・・

ほうとうやラーメンも面白そうだ。

 

ここで一句

     あまんどう

         意味は甘柿

             らしいです

2017年5月28日 (日)

南巨摩郡 道の駅とみざわ 春の天ぷら、鮎のからあげ

Dscn0951_2
1
Dscn0950



Dscn0924
1_2
Dscn0925



Dscn0928


Dscn0929


Dscn0932

1_3
Dscn0936

Dscn0949


Dscn0937


Dscn0940


Dscn0941

1_4
Dscn0943



Dscn0944
1_5
Dscn0947

レゴランドの隣接店が1店舗、閉店したらしい。

理由は分かり切ったことだが、レゴランドに客が集まらないからだ。

ディズニーランドに行けば、ミッキーに会える。

USJに行けば、様々なキャラに会えるし、ハリポタ好きにはたまらないであろう。

レゴランドに行けば誰かいるのか?

レゴブロックで出来たいろいろなもの、というのが第一先入観で、この時点で、

東武ワールドスクエアーのレゴブロック版?と思ってしまう。

早くもテコ入れが必要なレゴランド、価格の高さもネックである。

今まで、マイカル小樽の石原プロワールド西部警察が、私の中では一番つまらない

ものであったが、レゴランドはそれに匹敵するのか?

私自身、よくぞあそこに行った!と感心しているが。w

あの当時、デジカメがあれば・・・w











トイレ休憩で入ったのだが、地産地消というか、この場所でしか手に入らないものに

拘っているようで、手作りの手巻き寿司や天ぷらなどがあり、面白そうなので買ってみた。

すると、さらに奥には鮎の唐揚げを売っている店があり、そこでも買ってみた。

「鮎って6月から漁期ですねよね?」

「これはね、昨年の・・・」

後は何を言っているのかよくわからなった。w

鮎を買ったら、おばちゃんがお茶を淹れてくれたので、そこのイートインスペースを使い、

食べることにした。

天ぷらはあいにく冷めていたが、唐揚げはまだ温かく、これが美味い!

鮎の唐揚げってこんなに美味しかったの?

頭から尻尾、ワタまで全部一緒になると、こんなに美味いの?

歯に引っかかるものは全くなし!

ワタのほのかな苦み、身の淡白なうまさが口の中で一緒になる。

これは美味い!

そしてビールが欲しい。

皆さんも、旅の途中で道の駅で発見をしてください。

 

ここで一句

   イートイン

      隣でおばちゃん

            お茶会だ

2017年5月27日 (土)

北杜市 西町食堂 焼きそば大

1_17

Dscn0896_1033
1_18
Dscn0897_1034



Dscn0900_1035


Dscn0902_1036

Dscn0904_1037


Dscn0906_1038


Dscn0916_1044
1_19
Dscn0909_1040



Dscn0910_1041


Dscn0911_1042


Dscn0914_1043

1_20
Dscn0919_1045

山菜を食べると、何故か中華系やらソース系が欲しくなる。

そんなパターンが続いている。

昨年、何気に入った店で、長坂のソウルフード化されている、成駒屋の焼きそばに

そっくりな焼きそばを出す店に出会った。

成駒屋の焼きそばとは、つゆだくだく状態の焼きそばで、スープ焼きそばまではいかない。

キャベツと豚肉だけの具だが、これが不思議と美味いのである。

そんな成駒屋も何度か訪れたのだが、たまたま入った西町食堂で、成駒屋に似た

焼きそばに出会った。

これが美味かった。

その焼きそばをもう一度食べるべく、私は仙人小屋を後にすると、長坂インターを目指す。

途中、ヴィラアフガンはガラガラであった。

こちらもいつか再訪問しないと。

それと、新しい店も出来ている。

サンドイッチの店等もあるね。

いや~~~、気になるな~~。

これからも気になる店には、積極的に出かけよう!(涼しい時に)

店の前の駐車場が空いていたので、これはチャンスと思い中に入ると、満席宣言。

「表で、車の中で待っています」

この店は順番待ちは見たことがない。

満席宣言でいったん引き上げるパターンが多い様だ。

なにしろ、おばあちゃん一人で切り盛りをしている。

メニューの種類も多いので、大変である、

待たされるかと思ったが、すぐに中に案内される。

中は全席小上がり席。完全仕切り付き。

タイミングよく座れたが、この店はここからが我慢でもある。

前の客が食べたものが残るが、店主は注文をこなすので、なかなか片付け出来ない。

10分ほどしてやっと片付けられる。

注文したのは、焼きそば大盛700円なのだが、他の客の食べているカレーが美味そう!

しかも季節限定の冷やし中華もある。

もつ煮も食べてみたい。

もう、この店に来るためだけに、来てもいいかもしれない。w

結局入店して30分ほどで焼きそば登場。

それでも、前回よりは早いと感じられた。

では一口、ずるずる・・・美味いな~~~~~!!!!!

にゅるにゅるした食感の中華麺にしみ込んだソース。

これが美味いんですよ!

凄く美味しいカップ焼きそばの食感なのだけど、にゅるにゅる感がたまらん。

焼きそばにのど越しを求めるのであれば、是非、味わってもらいたい。

具はキャベツと豚肉、成駒屋との違いはつゆだく感と豚肉。

成駒屋は茹でて下味のついた豚肉を使用しているが、こちらはそのまま。

焼きそば全体にコクがあるが、ラードのコクと思われる。

追加でソースを足せるのも、この店の特徴。

私としては、卓上のコショウをふりかけ、ソースをちょい足しをする。

う~~ん美味しい!

待たされるが、この味は他にはない。

目の前は、仕切りの板があり、他の客の目線は感じない。

思わず、ガッツポーズでも取りたいくらいだ。

大盛は、麺を2玉使用ですかね?

結構ボリュームがありますが、漬物がたくさんあり、口直しにいいですね。

なぜか茹でたもやしもあり、浜松餃子か?と突っ込みたくなります。

味噌汁付きですよ。

これで税込み700円なら、かなり安いですよね。

細麵の中華麺を茹で、水にさらして水切りをし、フライパンで炒める。

凄く簡単で、自分でも出来そうだな。

ああ・・ペヤングを鉄板で焼いたら、どうだろう?

似た味になるか?

そんなことを考えながら完食。

B級グルメの範疇ですが、私は好きな味です。

中央道長坂インターの近くには、変わった焼きそばがある。

もしかしたら、他の店にもあるかも?





ところで、この店では30分は待つと覚悟をしてください。

おばちゃんひとりでやっているので、その辺は大目にみてください。

おそらく、ご近所などの常連が多いのでしょう。

観光客や家族連れには不向きと思われます。

煙草を吸う客もいるので、その辺も十分承知で訪問してください。

デート?

無理。w

 

ここで一句

     待ってでも

         食べたいのだが

                 トイレどこ?


坂井泉水さんが亡くなって10年。

10年経ったか。

あと1年半、このブログが更新できる可能性は。

最終回は・・・

2017年5月26日 (金)

北杜市 仙人小屋 山菜天ぷら定食

1_14

Dsc_7109_1017


Dsc_7110_1018


Dsc_7112_1019


Dsc_7117_1020

Dsc_7119_1021


Dsc_7121_1022


Dsc_7132_1024


Dsc_7129_1023
1_15
Dsc_7137_1025



Dsc_7139_1026


Dsc_7141_1027


Dsc_7142_1028
1_16
Dsc_7144_1029



Dsc_7145_1030


Dsc_7148_1031


Dsc_7151_1032

最近、料理の写真を撮るとき、アングルを変えたのを読者様はお気づきか?

所謂、インスタ撮りである。

インスタにアップするとき、真上から写す方が多いので、マネをしてみた。

私は今まで横撮り、接写を多用してきたが、インスタのマネでマンネリ打破をしたい。

でも、インスタの方が楽かな?

みんな文章短いからね。w








仙人小屋に行き、山菜を食べる。

毎年恒例のことである。

人に言わせれば、山梨まで行って、葉っぱを食べるのか?となるが、そのような

店が少ないので、わざわざ山梨まで行っている。

山菜をとること自体は、私でも十分可能だし、私もそれなりの知識を持っている。

しかし、調理は別である。

以前もどこかに書いたが、自分自身は1年と半年以上料理をしていない。

こうなると、料理をするのが面倒になる。

まして天ぷらなど、自分の部屋でやりたいとは思わない。

部屋が臭くなるし、油も飛ぶ。

ならば金がかかっても、食べたいのであれば、行くしかあるまい!


は~い、今年も仙人小屋に来ましたよ。

開店40分前に到着しました。

名前を書いてお出かけしました。

出かけたのは「まきば公園」です。

仙人小屋に来たときは、このあたりか清里駅周辺ですかね?

ここだけの話、もう行くところがないくらいですよ。

それでも、今の時期は天気がいいと新緑が映えて最高ですね。

実に気持ちのいい写真が取れました。

桜もまだ残っていて、桜前線第壱拾六陣でもやってやろうかと。w

やがて時間になり、仙人小屋に戻ります。

中に入るとメニューを眺めます。

今年はタラの芽だけ天丼は無いようです。

山菜天ぷら定食を注文するのは決まっていましたが、追加をするかどうか???

タラの芽とコシアブラの天ぷらを追加するか?どうするか?

悩みましたが、山菜天ぷら定食2000円だけにしました。

ええ、もう一軒行くので。w

暫し待たされ定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!









もう、なんも言えねぇ~!

たっぷりの山菜の天ぷら、飯、キノコ汁、小鉢類。

この光景を何年間見ているのか?

ちなみに、仙人小屋で初めて食べたのは、夢ワラビ定食である。

今から6年前の話になるのか。

そういえば、今回は久しぶりに仙人が調理場にいるな。w

ここ2~3年、私が訪問したときは、仙人不在が多かった。

久々の仙人の手料理だ!w

まずは山菜をぱくりと!う~ん、美味い!

今回は気が付いたのは、山椒の葉天ぷら、これが香りがいい!!

ウドやタラの芽、コシアブラ、イタドリなどの定番はもちろん、菊ですかね?

菊の芽というか、特徴的なものがありました。

キノコ汁は相変わらず美味い。

ところで、飯の量が減ったな、と思うのは私だけで?

以前から、ご飯の量は多くはなかったけど、さらに減った気がする。

もっともおかずが多いからね、食べ切れない客も多いのかもね。

ところで、毎度のことながら、山菜は揚げると灰汁が減るのだが、無くなる訳ではない。

食べ続けるうちに、やはり灰汁をやや感じる。

これが秋のキノコの天ぷらならば、まったく気にならないのだが、山菜は感じる。

それでも完食。

春の山菜定食などは、茹でた山菜を使うので、さらに灰汁を感じる。

前回、春の山菜定食で少々胸やけをした。

あくまでも私個人のことなのだが、山菜には灰汁があることをお忘れなく。

次はタケノコだね。

筍の天ぷら定食が食べたいですね。

 

ここで一句

     灰汁よりも

         悪取りしたい

               政治家の

2017年5月15日 (月)

南都留郡 たかと食堂 もつ煮定食

22_7

Dscn0717_882

22_8
Dscn0718_883

22_9
Dscn0719_884

22_10
Dscn0720_885

22_11
Dscn0723_886

22_12
Dscn0725_887


Dscn0726_888


Dscn0727_889


Dscn0728_890


Dscn0730_891

吉田うどんもいいが、この周辺というかこの界隈の食堂、なかなか良い店が多い。

コスパの良い店が多い。

何より、豚肉が美味い!特にカツ。

うどんが食べたくなければ、カツを食え!と何度か書いてきた。

しかし、まだ行ったことの無い店も多い。

え!こんなところに食堂が!みたいな物も今回あった。

この店の近所に、益美やという吉田うどんの超ハード系の店があったのだが、

諸事の事情で閉店をしてから、何年か過ぎた。

益美や営業中、必ず通り過ぎた食堂があった。

今回はその店に入ってみようと思った。

店の名前は「たかと食堂」。

存在は知っていたが、店の情報などは皆無である。

店の横に駐車スペースがあるので、そこに車を止める。

他に車が止まってないので、先客ゼロが推察できる。

中に入ると、店主と奥様がくつろいでいた?

店内は広い方でしょう。

テーブル席と座敷席に分かれる。

私はテーブル席に座り、メニューを見る。

注文は紙に書いてくれと、書いてあるが、他に客が居ないので、口頭で注文した。

カツカレーかカツ丼にしよかと思ったが、注文したのはもつ煮定食770円。

いや~~悩みましたよ、オムレツ定食にオムライス、おにぎり3個など、気になるよ!

気に入ったらまた来ればいいのだが、気に入っても1年に一回どころか、未だに

再訪問が出来ていない店があるのに。w

それほど待たずに、定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!














質素である。

飯と味噌汁、漬物とメインのもつ煮。

もつ煮の中に、人参や牛蒡が入っていればうれしいと思うのだが、もつだけか。

ネギが添えられてはいるが。

ボリューム感と言う点ではイマイチかな?

味噌ダレがたっぷりあるね、では一口、モグモグ・・・やわらかくて美味い!

臭みもなく、実にやわらかく、味噌の風味も相まって美味い!

ただ、セブンプレミアムの様な印象を持ちましたけど。。。

ご飯がほかほかで美味いですね。

もつ煮を口に入れると、ご飯が2口くらい行けます。

ご飯のボリュームはある方ではないでしょうか?

途中で七味を投入し、味の変化を楽しみます。

味噌汁は豆腐とネギですが、ダシが薄いですね。

味噌の風味は薄味でもいいけど、ダシが薄いのが分かりますね。

漬物は白菜で、これは美味しくいただけました。

やがて完食。

この店、喫煙可の店なのですが、他に客がいないので、煙害が無くて助かった。w

もつはやわらかく、美味いのだが、おかずとしてボリューム感が欲しいな。

おかげで、もう一軒行けそう。w

 

ここで一句

     もつ煮には

        大根牛蒡

            欲しいよね

2017年5月14日 (日)

南都留郡 たけ川 肉うどん大

22
Dscn0715_874

Dscn0706_875

22_2
Dscn0714_881

22_6
Dscn0707_876

22_3
Dscn0709_877

22_4
Dscn0711_878


Dscn0712_879

22_5
Dscn0713_880

私はタバコを吸う方は、絶対にグルメだとは思わない。

愛煙家、ランチでタバコを吸うな!

ディナーは許します。

タバコを吸えない世の中を肯定しません。















芝桜を見に来るといつも思うのだが、あそこで何かを食べたいと思わない。

やはり、周辺で何かを食べたい。

スイーツなど、力を入れている部分も感じるのだが、本栖湖まで来たら富士吉田である。

吉田うどんを食べたい!

吉田うどんと言うと、私の中では渡辺うどんの肉玉が№1であるが、他に美味い店は

沢山あるし、また行ったことの無い有名店もある。

今回の芝桜訪問、朝の8時過ぎに渋滞も無く、スムーズに到着で来た。

それでも駐車場は結構、埋まっていたけどね。

朝の6時から営業していたらしいが、そのためかもね。

おかげで、のんびり、じっくりと芝桜を撮影出来たが、2時間もいると、帰るか?となる。

富士吉田方面に車を走らせるが、10時台で営業している店といえば・・・

あったな!











吉田うどんの人気店「たけ川」。

この店、私は何度目の訪問でしょうか?

過去ログを見ると、今回で3回目の訪問になります。

丁度、開店時間に訪問しましたが、すでに店内はほぼ満席。

いや~人気がありますね。

すぐ隣に、同じ吉田うどんを出す店があるのだが、そちらは11時から。

中に入り、1人だと告げると、相席でお願いしますと、小上がり席に。

この店全席、座敷席。

個人的に胡坐をかいて食事をするのは苦手なので、この様な席では正座をする。

注文したのは、肉うどん大650円。

かけ、月見、わかめ、肉とうどんがあり、あとはつけうどんになる。

吉田うどんもいろいろ食べ歩いたが、つけうどんよりは、普通に温かいうどんか、

冷やしタヌキみたいなものを選んだ方が、いいのでは?と思う。

勿論、好みの話ですが。

お冷を汲みに行っている間に、うどんが到着していた。w

この店では、うどんの提供と同時に、支払いをするシステム。

忘れていたわ。w

では記念撮影をし、いただきま~す!










さすがは大盛り、ボリューム感がある。

肉うどんには、馬肉を甘辛く煮つけたものがのり、茹でたキャベツとネギがのる。

卓上には天かすとすりだねと言って、辛味の香辛料があるので、好みで投入する。

まずはうどんをズルズル・・・モグモグ・・・かたくて、太くて美味い!!!

私の中では、こちらのうどんは吉田スタンダード言える太さとかたさだと思う。

こちらよりかたいのであれば、贔屓にしている渡辺うどんとか、しんたくですね。

うどんは小麦の美味さが伝わりますね、美味い!!!

久々に食べるけど、客が多いのも納得ですね。

次にお出汁を事逗ずずずz・・・魚介のダシが効いて美味い!!!

醤油と味噌のブレンドされたお出汁ですが、やわらかい口当たりで、美味い。

関東の色濃いおつゆに慣れた方は、物足りないかもしれません。

ふんわり香るお出汁がうどんに纏わりつきます。

う~~ん、美味い!!!

馬肉はこちらもお出汁に合わせ、極端な甘辛さは感じません。

ああ・・・でも生玉子が欲しいな~。

そして、次に天かすとすりだねを投入します。

天かすはコクを生み出し、すりだねは香りと刺激を与えます。

ここのすりだねも美味いな~。

ゴマの香りが鼻腔をくすぐるけど、刺激も強い方ですね。

しかし、入れ過ぎたな。w

辛い。w

汗が・・・いやな汗が出てくる。w

それでも味の良さにお出汁も殆ど飲み干し、完食。

相席上等の店ですが、それが吉田うどんの店の特徴とも言えます。

人見知りや小心者は、仲間と行きなはれ!w

 

ここで一句

    目の前に

        知らない人が

              座ってたw

2016年10月25日 (火)

北杜市 西町食堂 焼きそば大

Dscn0944


Dscn0943


Dscn0946


Dscn0948


Dscn0949


Dscn0953


Dscn0954


Dscn0955


Dscn0956


Dscn0957


Dscn0958


Dscn0960


Dscn0961

俺は時代に取り残されている。

今、大ヒット中の映画、「君の名は」を見ていない。

配給元の東宝は、最高益を出し、大入り袋でも出そうな勢いだ。

宮崎駿が監督だったら、最高益が出たかな?

シン・ゴジラも大ヒットをし、映画業界は一発当てるとデカイ!を実感させる。

私自身、映画を観ることは好きなのだが、一回しか見ないのに、高い!

それと、以前にも書いたのだが、もっと朝早くから見たい。

やっている劇場もあるが、田舎は無理。w

インスピレーションは重要である。

「この店、もしかして・・・」というインスピレーションで中に入ると、外れることもある。w

しかし、当りの時もある。

今回は当りの話である。

毎年、仙人小屋、自然屋に行くので、北杜市というか、小渕沢、清里周辺は、

かなり、詳しくなった。

いつの間にか、大衆食堂に入る様になり、ボリュームと味に感心したりしている。

今年に入り、それが顕著になり、一般的な食堂に入る様にしている。

そんな中で、中央道長坂インターの近くにとんかつ屋があったのだが、

ある日、無くなっていた。w

「なんでこんなところにとんかつ屋があるんじゃ!」という場所にあったので、

自分としては少々、残念なことであった。

場所はインターを出て右折してすぐだった。

そして、何度か長坂インターを利用しているうちに、気になる店を見つけた。

店の前に常に車が止まってる。

つまり、人気がありそうな店である。

前回、北杜市に来た時にブックマークをしておいたが、今回、ついに寄ることにした。

店の名前は「西町食堂」。

事前情報は何もなし。

ただ、食堂の前に常に4~5台車が止まっている。

それだけを頼りに店に入る。

中に入ると・・・おや~~???

中はすべて座敷席になるのだが、仕切りがある。

つまり、テーブルが3つあるが、すべて、仕切りで仕切られている。

写真にも撮ったので、見てお分かりかと思う。

私が座った席だが、座布団は4枚あるが、4人座れる?

テーブルの大きさを考えたら2人じゃないの?

そんな感じで5卓ありますね。

通路を挟んで反対側では、オヤジ2人がパチンコ海物語の話をしながら、酒を飲んでる。

「マリンちゃんが出てこない~!出てきても外れる~!」

そりゃそうだろ、鏡で顔を見ろよ、マリンちゃんが逃げる顔をしている。w

それにしても、面白い店の造りである。

厨房が出店の様である、

大きなお世話だが、厨房狭くないですか?

狭い厨房を年配の女性が一人で切り盛りをしている。

何と言いますか、忙しそうです。

私が座った席には、前の客が食べ終えた食器が残っておりますが、暫くして片づけに。

その間、メニューを眺めて注文を決める。

肉定食ともつ煮定食だろうな。

でも、焼きそばの存在が大きな感じだな。

ラーメン、味噌ラーメン、肉うどんとあり、焼きそばがある。

焼きそばは並、中、大とあり、大でも700円である。

私の目の前にあった先客の残した食器は、肉丼か何かか?

それを考えると、ボリューム的には寂しいかな?と思った。

それより何より、焼きそばに対するインスピレーションが凄い!!!

ビビビ光線というか、電撃というか、何が何でも焼きそばを注文しろ!と運命が叫ぶ。

「焼きそば 大」

私は注文を告げた。

焼きそばが出来るまでの間、私は仕切りにもたれかかり、ぼけ~っと待つ。

目の前のオヤジどもは酒を飲みながら、相変わらずパチンコの話である。

パチンコは確率である。

確率論をオカルト的な考えで・・・ま、他人それぞれですね。

それにしても待つ。

1人で切り盛りをしているので仕方がないが、待つ。

酒を呑んでいるパチンコオヤジは、チャンネル替えろとか、レンゲをくれとかウルサイ。

それでも、店主は地道に仕事をこなす。

やがて30分経過、お待たせしましたで焼きそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!








1st impression  Appearance

こ、これは・・・成駒屋の焼きそばぢゃあ~りませんか!

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/05/post-7.html

ケンミンショーにも出た、風変わりな焼きそばを出す店だ。

いや、でも何かが違う!

何が違う?味噌汁付だからか!いや、漬物付だからか?いやいや・・・

汁が無~~~い!汁が少ないというか、無いぞ!

しかも、成駒屋と違って、キャベツとお肉がこんにちわだ!

確か大盛りは麺を2玉使用していたぞ!これで700円なら激得ぢゃあ~りませんか!









2nd impression  Taste

では、麺をいただきます。

ずず・・・モグモグ・・・うめえええ~~~~~~~~~~!!!!!!!!

えええええ?????美味いぞ~~~~~~~~!!!!!!!!!

ぶ・ブ・部・ブラボ~~!!!!!

成駒屋でペヤングみたいに美味い!と書いたが、ペヤングを感じない。

一口目からウスターソースの味わいと、麺の味わいがコクを纏って感じられる。

この美味さはどこから来ているのだ?

私が見た限り、この焼きそばの作り方は、中華麺を茹でる。

ざるに麺をあけて、水に晒しぬめりを取る。

フライパンにはキャベツ、下茹でして味付けをしてある豚肉を入れていた。

あとは何じゃ?・・・ラードか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

このコクはラードから来ているのか?

そういえば、ラードらしきものを入れていたな。

サラダオイルではこのコクは出ないね。

何と言いますか、にゅるにゅるした食感は焼きそばらしからぬ、チュルチュル食べる、

そんな表現が相応しい。

香ばしさという物は、この焼きそばには少ない。

私は卓上にS&Bテーブルコショウがあるので、それを振りかける。

う~~ん、味変!いい意味で味変!

七味よりもコショウです。

ソースは足りない方用に提供されるが、ウスターソースである。

味わいはどこのソースメーカーか分からないが、特にこのソース美味い!という、

訳ではない。

中華麺もラーメンと共用で、こちらもどこでも売っている様な、中細縮れ麺である。

具材はキャベツと下味の付いた豚肉のみ。

このあたりは成駒屋と同じである。

先述したように、汁が多いか、無いかである。

しかし、個人的には成駒屋よりこちらの味が好きだ!

何しろ美味い!!!!!と思う。






3rd  impression General Comment

中華麺を2玉使った大盛りで、味噌汁が付き、副菜が付く。

これで税込み700円なら、お得なのは間違いない。

何より美味い!!!!!!!!!!!!!

炒めた香ばしさや、ソースの立ち込める匂いが無ければ、焼きそばではない!

そう思う方には向かない焼きそばであろう。

だが、ムニュムニュした食感と、ズルズルと啜るのど越しの快感が、クセになる。

何より、口に入れた瞬間に「美味い!」と思うコクのある味わい。

今回は、入店の順番通りに提供されたので、30分待たされたが、

タイミングが良ければ、10分ほどで提供はされると思う。

どちらにしても、この店は初老の女性が一人で切り盛りをしているので、

寛大な心が必要だ。

15分から20分待つのは覚悟をする。

それぐらいの気持ちで訪問してください。

それと、喫煙率高し。

この日は、窓を開けて換気をしていたが、これから寒くなると、窓は閉める。

つまり、煙が立ち込める。

私は、パチンコオヤジが吸っていたが、換気のおかげで直撃は避けられた。

それにしても、肉定食。

食べるまでに、どれだけの年月を要するか・・・w

 

ここで一句

     日本人

        忍耐強さ

           世界一

2016年10月24日 (月)

北杜市 仙人小屋 キノコの天ぷら定食

Dsc_1675


Dsc_1676


Dsc_1689


Dsc_1692


Dsc_1693


Dsc_1698


Dsc_1700


Dsc_1703


Dsc_1704


Dsc_1707


Dsc_1708


Dsc_1709


Dsc_1712


Dsc_1713


Dsc_1714

今年は松茸を食べていない。

昨年は仙人小屋で1万円を出し、食べた。

この時のレポは、アメブロ支店に掲載してある。

ココログは休止中なので、仕方がないのだが、アクセスの少ないブログに、

1万円の松茸の記事を載せていいものか?と考えた。

ココログ書き直してもいいかもしれないが、所詮は日記。

己の日記を改ざんし、あたかも新ネタにする手法は、好かん。w

ここ何年かは、長野の松茸小屋で1万円だったかな?その次が仙人小屋で驚異の、

3000円代で国産フルサイズの焼き松茸を食べ、昨年は1万円か。

今年はどうしよう?

そろそろ松茸も終わりですよ。

まあ、皆さまの度肝を抜くような食べ方を、したいとは思っています。

そのままスルーかもしれないけど。










この日は天気が良く、雲海が素晴らしかった。

富士山も何枚か撮影しました。

なるべく高速を利用しないで済むルートで向かいましたが、それでも10時過ぎに着く。

一応、名前を書くとポールポジションだな。

その後、富士山撮影に向かいました。

そろそろいいだろうと思い、店に戻ると10分前。

誰もいねえし、名前も書いてねえし。w

平日は大丈夫だね。

開店5分前には客が何人か来るが、結局中に入るのは一緒。

注文決まった?と聞かれたのでキノコの天ぷら定食を注文する。

この時期、これ以外の注文は考えられない。w

この日は松茸は無かったが、終了だろうね。

私が着席をし、お茶を飲んでくつろぐ。

他の客はあ~でもない、こ~でもないとなかなか注文を決められない。

いろいろあるから迷うのは分かるが、結局とろろそば?

折角来たのだから、もっと高い物を食べてはどうでしょうか?

大きなお世話なのは分かっていますが。w

仙人小屋もスタッフが充実し、この日は仙人がいたが女性スタッフも3人かな?

昔は仙人一人の時があり、キレまくって仕事をしていましたね。w

そして、それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!












天ぷらのボリュームに関して、文句はございません。

焼きキノコ定食などもいいかもしれないが、やはり、天ぷらですよ!

名前も知らないキノコは天ぷらが一番!何より、専門知識のある方なら大丈夫。

私などは、毒キノコを天ぷらにしてしまいそうだ。

では、名前の分からぬキノコを天つゆにつけて食べる。

モグモグ・・・アツアツ・・・うめえええええええええええええええええええ!!!!!!!

キノコの旨み成分が口に広がる!!!!!!!!

あ~~うめええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!

天然のキノコの旨みは凄いね!旨味調味料を舐めても、この様にはならないよ。w

ところで、エリンギですか?

山梨には天然のエリンギが生えてくるのですか?

それともエリンギによく似た何かデスカ?

見た目と食感はほとんどエリンギだけど。

木耳も天ぷらになっていますね。

舞茸はやはり、美味い!

そしてキノコ汁。

この日のキノコ汁は、出来たてみたいな感じです。

事逗ずず・・・うめ~~~~!!!!キノコ汁美味いよ!!!!

他に副菜として蒟蒻、サラダ、茄子と何かの煮物が付きます。

キノコのボリュームが凄いので、腹は膨れてきますが、低カロリーなキノコなので、

多少苦しくても、どんどん詰め込みます。

食べ終えると、意外なほど早く空腹感が来ますよ。(マジ)

やがて完食。

いや~~~、満足。

秋の時期はキノコですよ。

山菜もいいけど、キノコの旨みは最高!!!

そろそろマタギ汁がまた、食べたくなったかな?

 

ここで一句

   松茸を

      食べたつもりで

           しめじ食う

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水