フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

福島県 グルメ

2017年5月 6日 (土)

白河市 食のよろずや ごちや 生ビール、蛤、馬たてがみ、たらのめ、ハイボール

1

Dscn0588_682
1_7
Dscn0589_683



Dscn0593_685
1_8
Dscn0594_684



Dscn0595_686


Dscn0592_706


Dscn0597_687


Dscn0601_688


Dscn0606_689

22
Dscn0607_690


Dscn0608_691

1

Dscn0609_692


Dscn0611_693


Dscn0613_694


Dscn0614_695

22_2
Dscn0617_696


Dscn0620_697


Dscn0627_698

22_3
Dscn0628_699


Dscn0629_700


Dscn0634_702

22_4
Dscn0639_703


Dscn0641_704


Dscn0642_705

百合坂46ですか。

なるほど、本家のセンターよりもプリンシパルという言葉がふさわしい。

己の手足の長さを生かすなら、二人セゾンは最適。

動画、楽しく拝見しました。






今夜の宿泊先は白河である。

場所は新幹線新白河駅に歩いて行ける距離である。

これならば居酒屋に困らないだろう。

しかし、ここは白河。

白河と言ったらラーメンである!

手打ちラーメンの多いのが白河である。

だが、この日は昼にホルモン焼きとニラそばを食べ、十分満足している。

むしろ、腹がいっぱいでラーメンは入らない。

ラーメンオタク知れば、なんて勿体無い!と思うかもしれないが、いいのである。

このブログの使命は、綺麗なお姉さんを紹介することである。


ホテルにチェックインをすると、風呂に入り、体を癒す。

今夜もルートインであるが、ほとんどのルートインには大浴場がある。

以前も書いたが、これがルートインの魅力である。

その後、夜の白河に出かける。

駅周辺まで来ると、何軒かの居酒屋を見つける。

どこに入ろうか探し続けるうちに、安そうな居酒屋を見つける。

店の名前は「ごちや」。

事前情報は何もなし。

中に入ると、昭和レトロ風な居酒屋。

一人だと告げると、6人ぐらい座れそうなテーブル席に案内された。

大きな木のテーブル席で、掘りごたつ風である。

もちろん、靴は脱ぐ。

まずは生ビールを注文する。

すぐに生ビールが登場、記念撮影をし、かんぱ~い!!!









ぷは~~~!毎度ワンパターンであるが、やはり生ビールである。

ところで今回は飲み放題コースにした。

飲むのは生ビールとハイボールであるが、6杯飲むつもりでいたので、

計算すると、飲み放題のほうが安い。

つまみは本日お勧めの焼き蛤、タラの芽のテンプラを最初に注文。

蛤は値段を聞かなかったが、2個か?多分5~600円くらいだろう。

タラの芽は580円だが、小さいタラの芽が3個、なんかさびしい。

それらで生ビールとハイボールを2杯ずつ飲み、追加で馬刺しのタテガミを注文。

これが味噌を付けていただいたのだが、美味い!!!

脂の部分なのでしょうか?この日一番のつまみの美味さ!

タテガミをつまみながら、ハイボール、生ビールを2杯。

卓上には昔懐かしのおみくじがあるね、利用しなかったけど。w

予定通り6杯飲んだところでフィニッシュ。

お会計は4700円前後だと思った。

タテガミが1000円オーバーだが、蛤もそれくらいかな?

少し高く感じた。

その後、居酒屋を後にし、ローソンで追加のアルコールとつまみを買う。

この油揚げ、秋田のコンビニでも見かけたが、全国区ですかね?

食べてみたが、なかなか美味い!!!

おそらく、東北地方限定だろうな、見かけないもん。

ローソンさん、全国展開をお願いします。

翌朝もしっかり、朝食を食べました。

 

ここで一句

     油揚げ

        地元スーパー

                薄すぎる

2016年5月 5日 (木)

郡山市 益元 カマトロ、馬刺し、蛍烏賊刺し、生ビール、ハイボール

Dscn8651


Dscn8650


Dscn8648


Dscn8614


Dscn8615


Dscn8619


Dscn8621


Dscn8622


Dscn8625


Dscn8627


Dscn8629


Dscn8630


Dscn8632


Dscn8634


Dscn8635


Dscn8636


Dscn8637


Dscn8639


Dscn8640


Dscn8641


Dscn8643


Dscn8646


Dscn8647

遅くなりましたが、福島の旅最後の夜。

ちゃんと、飲みに行きましたよ。





郡山2日目の夜。

前日は定休日であったが、今日は営業していた。

店の名前は「益元」、事前にリサーチをして、絶対に行くぞ!と決めていた店。

6時過ぎにホテルから歩いて到着。

げ!4~5人が順番待ちかよ!

仕方がないので待つことにした。

店内は座敷席、テーブル席、カウンター席がある。

カウンター席は6人も座れば満席か?座敷席がメインのようだね。

この店は和食がメインのお食事処なのだが、ランチ営業をし、夜も宴会などで賑わう。

食事だけでもいいし、酒を飲んでもいい。

私は当然、酒目当てで入店。

カウンター席の客は食事が3名か、隣はオヤジが若い姉ちゃんを連れて飲んでいる。

目の前は厨房で、4人ほど調理スタッフがフル回転で仕事をしている。

それにしてもかなりの人気店のようですね。

事前に予約をした方がいいようです。

それでも20分ほど経つと、カウンター席に案内される。

メニューを待っている間に渡されたが、酒を飲みたいので、本日のお勧めを見る。

忙しそうなので、いっぺんに3品ほど注文することにした。

私は生ビールと鮪のカマトロ、蛍烏賊の刺身、岩牡蠣のソテーを注文する。

やがて生ビール490円とお通し200円登場、記念撮影をし、かんぱ~~い!!!









ぐわ~~~~~~~~~~!今日は滲みるな~~~。

大内宿に鶴ヶ城か、良く歩いた。

お通しはイカ大根ですか?なかなか美味しいね。

すると、蛍烏賊の刺身680円が登場する。

この時点で生ビールを追加する。

蛍烏賊の刺身か?ブログを書いてから食べたことは無いね。

醤油に少しつけて食べてみよう、モグモグ・・・ウメ~~~~~~~~~~~~!!!!

蛍烏賊って甘いのですね!イカ特有のねっとりした食感というよりも、

ややコリコリした食感があります。

ウメ~~~~~~~!!!!!今度の冬は富山で蛍烏賊のしゃぶしゃぶだ!!!!

いや~~、美味しいのだが、福島で蛍烏賊か?物流と冷凍技術の賜物だな。

まあ~それにしても忙しい店だ。

ず~っと満席、ず~っと待ち有り。

カウンターの後ろに待ち人用の椅子があるのだが、何となく「早く食え!」光線が・・・w

カウンター席からは厨房スタッフが慌ただしく動き回り、世間話をしている暇もない。w

次に本鮪のカマトロ1200円が来る。

ハイボールを注文し、つまむ。

モグモグ・・・ウメ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

これで1200円?安い!!!美味い!!!

カマトロの濃厚な旨味が口に溢れてくるぜ!美味い!!!

いや~、これは冷酒で行きたいかな?でも冷酒飲んだら出入り禁止になるかもな?ww

久々に2品続けて満足、満足!

次に岩牡蠣のソテー880円がくる。

ん?岩牡蠣は一つだが、エリンギと椎茸もソテーしているのか?

ソースは醤油ベースの物だが、おろした玉葱なども混ぜてあり、見た目は濃い目だが、

味付け自体はしょっぱいものではない。

まあ、これはこれで一般的な美味さである。

この時点で生ビール2杯、ハイボールが2杯目であった。

もう少し飲めそうなので、馬刺し1500円を注文する。

すると、少々待たされる。

馬刺しを凍らせていたので、少し時間をくれという。

4杯目を飲み干し、馬刺しが提供されたところでハイボールを追加。

馬刺しは適度に刺しが入り、美味い!

淡白な味わいであるが、肉の食感もあり、美味い。

これはハイボールに合うな。

馬刺しを食べ終えたところで、ハイボールを飲み干しお勘定。

合計で6850円。

ちなみに、1時間は経過していない。

なんて、優秀な客だ!w

もう少し飲みたかったが、この店は9時閉店だったかな?

相変わらずお客は待っているし、切り上げますか。

ホテルに帰るまでの途中、コンビニでハイボールをビールを買ったのは言うまでも無い。w

 

ここで一句

    せわしない

       そんなところで

            酒飲むな!

2016年4月27日 (水)

南会津郡 山本屋 くるみもりそば

Dsc_8696


Dsc_8697


Dsc_8720


Dsc_8721


Dsc_8722


Dsc_8723


Dsc_8724


Dsc_8725


Dsc_8727


Dsc_8728


Dsc_8729


Dsc_8730


Dsc_8731

大内宿にある宿場というか、民家は殆どが何かしら営業をしております。

お土産や食べ物を扱い、それで生計を立てていると思われます。

特にお土産物屋は沢山あり、どこで何を買っても同じようなものがあります。

そんななかでたまたま入った「えびす屋さん」。

ここのお婆ちゃんがお話好きでして、買わずにいろいろ見ていたら、

気になる情報を得ました。

「この大内宿に、熱海市の網代から嫁に来た人がいるんだ」

熱海市網代?これは無視出来ない地名ですね。

私のオヤジが熱海市出身なんですね、網代ではないけど。

ちなみ母親は茨城県古河市ですが。w

大内宿まで来てそんな近親感、いや親近感を覚えたので、土産も買わずに

お婆ちゃんと少々世間話をする。

イナゴの佃煮は自家製らしいが、却下。w

試食をして美味いと思ったが却下。

ビールのツマミに合いそうだが却下。

「大内宿でお勧めの蕎麦屋さんってあります?」

「ああ、それなら4軒先の山本屋がいい。さっき言った網代の嫁さんがいる店だ」

地元ピープル、しかもお土産物屋のグランドマーザーが仰るのであれば、行きましょう!

私はえびす屋でエゴマドレッシング、七味ニンニク、エゴマ味噌を買う。

すると、サービスだと言って、菜箸を貰う。

焼肉を食うときに使えという。

ならば永久にこの菜箸の出番は無いな。w

山本屋は御土産物屋兼食事処であった。

店の奥に行くと暖簾が出ていたので、行ってみた。

「すいません、営業は11時半からなんです」

ぷぷぷぷぷ・・・時刻は10時を過ぎたところ。

朝早いが故の弊害である。w

仕方がないので大内宿の裏手に回ったり、廃校になった小学校を見たり、

外れの神社まで行ったりして、時間を潰す。

それにしてもこの日は平日だというのに、大内宿専用の第1駐車場は満車である。

日本人の客が多いようで、フォリナーの姿は殆ど見かけない。

フォリナーにはフクシマはやはり、風評被害の影響があるのか?

そんな事をブツブツつぶやきながらうろうろしていると、11時半になった。

やっと店の中に入れた!w

この店では天ぷらそばがあるね、しかし、お勧めのクルミ蕎麦を食べよう!

私はクルミもりそば950円を注文する。

正直、高いな~と思うが、先ほどのねぎそばはボリュームがあった。

ここも多分、ボリュームがあるでしょう?

すると、漬物と小鉢が提供される。

「これ、松前漬けです、どうぞ」

私が10時過ぎに来たことを知っていたので、サービスで出してくれた」

やがてもりそば登場、機縁撮影をし、いただきま~す!











「まずはそのままお食べ下さい!」

出ましたね、蕎麦に自信がある店特有の決め台詞、ではそのままズルズル・・・

うめ~~~~~~!!!!!蕎麦が美味い!!!!!

先ほどの大和屋と真逆な味だね。

何といいましょうか、洗練された蕎麦の味わい。

これは田舎蕎麦ではない。

東京などで食べる、美味しい蕎麦屋の味だね。

蕎麦は中細の様な感じで、しなやかなのど越しである。

噛んでみると、スーッと優しく噛み切れる。

そして、蕎麦が甘い!

勿論、砂糖のような甘さではない。

蕎麦の実とはこんなにも甘さを感じさせてくれるのか?そう思った。

蕎麦自体の美味さと、店主の蕎麦打ち技術の高さを感じさせる。

しかし、これがネギそばだとネギの丸かじりで風味が消えるかな?

次にクルミをそばつゆに溶かしこむ。

そして、蕎麦を浸し啜る。

ズルズル・・・うん、美味い!!!!!

そばつゆ自体はカエシはやや抑え目。

江戸っ子が好むようなテイストではない。

遠慮なく、蕎麦をどっぷりツユに浸けよう!

蕎麦のボリュームに関しては、ケチケチしていないと思う。

やがて食べ終わり、蕎麦湯でまったりする。

お漬物も松前漬けも全部完食。

蕎麦に関しては美味しかった!

そして支払いをし、この店に来た理由を話す。

えびす屋の御婆様のお勧めの店ということと、この店の奥様の出身地の事、

そして、私の現住所の事。

すると、奥様が丁度不在だった。w

また、大内宿に来る機会がありますかね?

 

ここで一句

     御縁とは

        蕎麦より傍に

             あるものだ!

2016年4月26日 (火)

南会津郡 大和屋 ねぎそば(冷)

Dsc_8646


Dsc_8668


Dsc_8656


Dsc_8657


Dsc_8659


Dsc_8660


Dsc_8662


Dsc_8664


Dsc_8666


Dsc_8667

大内宿と言ったら「ねぎそば」である。

今回、どこに行くかは事前リサーチをしなかった。

「どこに行っても同じだろう!」そんな気持ちがあったからである。

朝の9時過ぎなのだが、多くの店が開いていた。

その中で「元祖ねぎそば」をうたう店があった。

「元祖か元素かしらねぇ~が、入ってみるか!」

そんなお気楽な気持ちで入ったのが大和屋である。

店の中に入るとお座敷席のみですね。

先客は4名ほどいました。

席に座ると仏壇が目に入る。

まあ、ここで生活をしているので、仏壇があっても不思議ではない。

大内宿の人々の居住内で食事をするのだ。

メニューを見ると、蕎麦の種類は少なく、餅の方が種類が多い。

大内宿に来たら食べる物はねぎそば!他はどうでもいい!w

ねぎそば950円を注文する。

ハシゴをする予定なので、大盛りは注文しなかった。

温かいの冷たいのが選べるが、冷たいのを選ぶ。

それほど待たずにそばが登場、記念撮影をし、いただきま~す!




何故か沢庵が先に提供されたが、美味かったな。

なるほど、ネギの存在が異様である。

このネギを箸代わりにしろと!

因みに卓上に箸はある。

七味もワサビもあるが、そのまま食べてみよう!

ズルズル、モグモグ・・・蕎麦が美味い!!!!!

剛直な田舎蕎麦。

しっかりした噛み応えと、蕎麦の風味が口に広がる。

特に期待をしていたわけではないのですが、予想外に蕎麦が美味い。

冷たい蕎麦を注文して良かった!風味がいいです。

そばつゆの方ですが、意外なほど軽い。

もっと濃い目のつゆで食べさせるかと思ったが、薄口のような味わい。

ダシが出ているとは思わないが、スルスルと食べるにはいいかもしれない。

蕎麦の上には刻んだネギとナメコが乗る。

山菜の蕨も乗るが、これらは既製品ですね。

さて、肝心のネギであるが、店のスタッフが言うには、丼ぶりを口元まで持って行き、

そしてネギで蕎麦をしゃくり、啜れと。

蕎麦をたくし上げて豪快に啜る!と言うことは出来ないが、もしゃもしゃと食べ進む。

ネギをかじると、ネギである。

ネギはネギなので、それ以上でもそれ以下でも無い。

白い部分は特に辛味などはなく、美味しくいただける。

ネギは3分の2ほど残し、蕎麦を食べ尽す。

その後ツユに浸しながらネギのみを食べ進む。

光合成の進んだ青い部分はさすがに辛いが、悲鳴を上げるほどではない。

結局ネギは全部食べ尽す。

普段、ネギラーメンなどを注文することの多い、禰宜の私としては(ウソ)、

ネギを残すなんてありえない!w

そして完食。

蕎麦自体は間違いなく美味かった。

そばつゆの上品さが、好みの分かれるところであろうか?

そんな方は卓上の七味やワサビをドバドバ入れてください!w

ネギだけで蕎麦を食べる事に関して、食べにくいとは思わなかった。

子供以外で蕎麦をこぼすようなら、神経科に行ったほうが・・・


余談であるが、それぞれのテーブルには布巾が置いてある。

お手拭きと思って、手を拭いてしまったわ。w

更にそれで目元も拭いたわ。

アホか!www

 

ここで一句

     食べにくい

        肉が無いのに

             難かった?

2016年4月24日 (日)

郡山市 ラーメン亭三番 餃子、ビール、ねぎとんこつラーメン

Dscn8595


Dscn8596


Dscn8597


Dscn8598


Dscn8599


Dscn8600


Dscn8602


Dscn8603


Dscn8604


Dscn8605


Dscn8606


Dscn8607


Dscn8608

ぼくはね、郡山で初めてお酒が飲める!と思い、ワクワクしていた。

下調べしておいた店に行ったのだが、まさかの定休日。

事前リサーチと違うじゃねぇか!

まあ、こんなことはよくあることよ。

北海道でも何度かあった。

仕方がないので代替え店を探す。

・・・ねえ~し!

ホテルから1キロ近く歩いたが、居酒屋らしい店は見つからず。

遠くまで行けばあるのだろうが、タクシーを使うのはプライドが許さん。w

徒歩で帰ることのできる範囲で探すと、ラーメン店を見つける。

「ラーメン亭三番」

事前情報何も無し。

行き当たりばったりもいいだろう!入ろう!

中に入ると割と広い店内。

カウンター席とテーブル席、小上がり席とある。

先客は3名、オヤジが一匹とカップル2人。

テーブルが開いていたので、テーブル席に座る。

まずはビールを飲もうと思うが、生ビールは無し。

ツマミは・・・餃子だけ?

麺類は充実している。

豚骨スープが売りの様だが、味のバリエーションやトッピング、セットメニューなどがある。

飯を食うのであれば重宝する店であろうが、酒を飲みたい者には物足りない。

仕方が無いのでビールと餃子を注文する。

ビールにはお通しが付くので、それでグビグビと飲む。

・・・グラスにね、ビールの泡が付くのだが、グラスの洗浄が良く無い証拠だね。

綺麗なグラスなら、泡は付かないよ。

そんな事を頭に思い浮かべながらビールを飲む。

本来なら至福の一杯のはずであるが、とにかく疲れた。

飲まないで寝ればいいのに、意地で飲んでいる様な気がする。

お通しはレタスと胡瓜の和え物?悪くは無い。

結局、餃子が焼ける前にビールを飲み干す。

餃子を持ってきた時点で、ビールを追加する。

ビールは500円で餃子は250円。

餃子は安いね。

肝心の餃子は宇都宮餃子風。

宇都宮餃子風=みんみん風=どこでも味わえる餃子の味。

卓上に七味ニンニクなるものがあるので、それを餃子のタレに投入。

これ、いいかもしれない。

ラー油の代わりに入れてみたが、刺激と香りが楽しめる。

餃子を食べ終え、ビールを飲み干す。

「すいません、ネギトンコツラーメンください!」

このまま帰ろうかと思ったが、焼きカツを食べてから何も食べていない。

それほど待たずにラーメンが提供される。








何というか物足りない感じである。

税込800円のビジュアルなのだが、ネギが少ないね。

木耳が目立つ。

まずはスープを事逗ず・・・ライトな感じの豚骨スープ。

因みに注文時、味の好みや茹で加減などは聞かれなかった。

塩豚骨があるので、この場合薄口醤油をベースにしたタレなのだろうが、

しょっぱいこともなく、いい塩梅。

臭みなども特に感じない。

麺は細麺やや縮れ麺。

これは意外であった。

麺はもっちりした食感とのど越しで、やわらかい印象の麺。

何故にこの麺なのか?と思うが、博多ラーメンとか九州ラーメンなどとは謳っていない。

卓上にはおろしニンニクがある。

私はおろしニンニクを投入し、七味ニンニクも入れる。

味にアクセントが出来たので、このまま食べ進む。

チャーシューはバラ巻きタイプ、まあまあですね。

なんだかんだで麺は完食。

カウンターに座っていたオヤジの背中が、何故か侘しく感じた郡山の夜だった。w

 

ここで一句

     ラーメン屋

         酒より麺を

             食べる為

2016年4月22日 (金)

郡山市 仁亭  仁亭風焼きかつ

Dsc_8575


Dsc_8574


Dsc_8561


Dsc_8562


Dsc_8563


Dsc_8564


Dsc_8565

Dscn8590


Dscn8591


Dscn8592


Dsc_8566


Dsc_8567


Dsc_8568


Dsc_8569


Dsc_8570


Dsc_8572


Dsc_8573

Dscn8594

郡山に泊まることになった。

2泊することにしたのだが、まずはチェックインの前に昼飯である。

郡山で昼飯と言えば・・・仁亭!!!

いや、福島市まで行き、円盤餃子を食べるのはどうだ?

円盤餃子の人気店を検索したのだが、人気店は軒並み夕方から。w

ほえ?何故に昼間の営業をしないのだ?

餃子=ツマミか?

客単価アップのために、夕方からの営業なのか?

昼間から営業をしている店もあるが、やはり有名店に行きたい!

という理由で円盤餃子は諦める。

結局仁亭だが、店の前に行くと開店は11時半から。

私の到着時刻は11時前。w

ガソリンを補給したり、うろうろしたりで時間を潰すが、店の駐車場で待つことにした。

開店まで15分ほどだが、すでに車は4台ほど止まっている。

駐車場に入れると、接客担当のマスターが駐車場の車を控えに来る。

この店のシステムがどうなのかは知らないが、順番待ちのノートなどは無い。

やがて開店時間になると、店に招かれる。

どこに座ってもいいと言うので、座敷席の一番大きな丸テーブルに座る。

カウンター席もあるのだが、人気店なので相席も仕方がない。

しかし、私は5人は座れそうな席に一人、ポツンと座ったのだが・・・一人だけ?

何とこの店、お客さんには余計な気配りを与えないため、相席はしないのだ!

「うちはこういうシステムですから」

接客担当のマスターはそう答えた。

いやいや、逆に心苦しい心境である。w

しかし、お言葉に甘え、のんびりくつろぎましょう。

まずはメニューが手渡される。

メニューはおなじみの扇子である。

扇かもしれないが・・・w

前回は仁亭風焼きカツを食べたが、違うのを食べてみるか?

ハンバーグ焼きカツが面白そうだが、多分メンチのことじゃない?

う~~ん、どうしようかな~?

結局、前回と同じ「仁亭風焼きカツ1700円」にした。

この店、ご飯のお替り自由なのだが、サラダのお替りも自由。

徹夜で運転をし、滝桜を撮影しまくり、阿武隈洞で探検をし、胃に入れたのが油揚げ2枚。

当然、腹は減りまくり。

遠慮なくお替りをさせていただきましょう。

すると、まずはお絞り、お茶、桜餅が提供される。

何故か料理が提供される前に、桜餅が提供されるのだが、食後でもいいのでは?

そしてお絞りだが、まずは最初のお絞りである。

この店の凄いというか、素晴らしいところは、お絞りが食後にも提供される事。

桜餅を食べ終えたころ、マスターが胡麻入りの小鉢を持ってきて、ゴマを擦れと言う。

私はお言葉だが、私はゴマをするのが苦手である。

人の顔色を伺いながらオベンチャラを言うのは苦手であるし、プライドが許さない。

「ゴマをよ~く擦ってください」

すりゴマの事ね。w

今度は2度目なので、ゴマをスリスリし、香りを引き立たせる。

そして、卓上のソースをそこにどぼどぼと投入する。

すると、まずはサラダが提供される。

このサラダ、トマトなどは無いがかなりのてんこ盛りである。

そしてドレッシングが2種類提供される。

醤油ベースの和風ドレッシングと、フレンチドレッシングである。

醤油ベースは醤油の味が濃く、ショッパイと感じる物。

フレンチは逆にアッサリしており、ミルクがベースなのか?と思われる物である。

2種類をブレンドしてもいいが、空の器を提供されたので、そこに小分けに入れて、

食べる都度にドレッシングをかけ、食べるスタイルにした。

結局、和風は一度だけで、フレンチばかりで食べる事になったが。

やがてメインの焼きカツ登場、記念撮影をし、いただきま~す!












テーブルの上には、サラダ、ドレッシング、ご飯、味噌汁、お漬物、焼きカツが乗る。

一気に卓上はフェスティバル状態になる。

なるほど、これなら相席で詰め込まれたから、客同士が変に遠慮をするかもしれない。

「辛いのは好きですか?」

マスターが唐突に話しかける。

「ええ、好きですが」

嘘を言った。w

するとマスターはマスタードを先ほどのすりゴマソースにぶち込みねりねりする。

「どうぞ」

ああ・・・前回も同じことをされたわ。w

まずはカット済みの焼きカツを一切れつまむ。

すると、中からトロリとチーズが垂れてくる。

仁亭風焼きカツとは、カツの間にチーズを挟んだものである。

それをソースにどっぷりと浸ける。

白飯の上に乗せると、口に放り込む。

モグモグ・・・ウメ~~~~!!!!!

ソースの酸味と辛味、ゴマの香りの中から肉とチーズのコラボの旨みが加わる。

肉は軟らかく、チーズのトロミと相反するような食感は感じない。

パン粉の衣はサックリとした食感で、揚げた物と違い、軽さを感じる。

焼きカツの良さはこのサックリ感と軽さである。

トンカツは好きだが、揚げ物はどうもという女性陣にお勧めしたい食べ物である。

タダシ、カロリー的には揚げた物と大差はないと思うのだが。w

ご飯はややカタメの炊きあがりだと思うが、米が美味い!

米が美味ければご飯がススム!

私はバクバクと食べ進む。

途中、味噌汁を口に含むのだが、この味噌汁、大きなお椀にたっぷりと入っている。

なめこの味噌汁なのだが、風味も良く美味い味噌汁である。

カツを半分ほど食べ終えたところで、ご飯が無くなる。

ご飯の量は少なくはないが、やはり腹が減っている。

ついでにサラダも完食し、サラダのお替りも所望する。

ご飯もサラダも最初と殆ど変わらぬ量で提供された。

ベースのソースは単体だとやや酸味が強いと思う。

この酸味がチーズ入りのカツには相性がいいのかもしれない。

焼きカツは揚げた物と違い、やはり油の加減が少なく感じる。

何よりもサクサク感が大きな魅力だと思う。

そして、肉を味わうために塩で・・・などと言う食べ方はヤメ!

とにかくソースにどっぷり浸けよう!

飯、肉、チーズ、パン粉、ソースなどが一体となり、思わず微笑む。

「お替りどうですか?」

コンシェルジュサービス的なマスターが全ての客に気配りをする。

待たされる客は「まだか?」と思うだろうが。w

やがてすべてを食べ終えると、お茶とお絞りが提供される。

お絞りは冷たいものだった。

お茶はウーロン茶ですね。

「ゆっくりしてくださいね、うちはこういうやり方なんですから」

比較的バクバクと食べていた私に、マスターは声をかける。

いや~、満足!お会計をするとマスターがまたもや声をかける。

「うちはこのやり方ですから、気にしないでくださいね。」

マスター、私の車のナンバープレートを当然、見ているので、遠方よりの客に対し、

気配りをしてくれた。

満足です!

是非とも3回目訪問の機会を作りたいが、開店前に並ばないといけない様だ。w

 

ここで一句

 

    おもてなし

            後ろを見ると

             表出ろ!

2015年4月23日 (木)

会津若松市 マルモ食堂 ソースかつ丼

Dscn5086


Dscn5087


Dscn5088


Dscn5089


Dscn5093


Dscn5095


Dscn5096


Dscn5097


Dscn5098


Dscn5101

さあ、飯だ!

三春滝桜と鶴ヶ城にて桜の撮影を終えた私は、食事をすることにした。

時間はまだ10時半過ぎだった。

朝の6時前から観光をすると、これほど余裕のある観光ができるのか?w

だが、鶴ヶ城周辺は9時くらいから暖簾を出している店が多いようですね。

この周辺だと、ラーメンとかソースかつ丼だが、私は違うものを選んでいた。

それはラーメン二郎である。

会津若松駅前にラーメン二郎があるので、この日の昼はそこに決めていた。

営業開始15分間に駐車場に車を止めると、店の前に行く。

・・・臨時休業。w

ぷ。

ぷぷ。

ぷぷぷ。

寝ずに福島まで来て、まさかの臨時休業!

人間不信になりそうだわ!w

しかも後で調べたら、第3日曜日定休、不定休だと!

完全にリサーチ不足。

私が悪いのです。w

仕方がないので、駅前で食事処を探すものの、見当たらない。

近所にはスーパーや日帰り温泉施設などがあるが、食堂などは見当たらない。

あっても営業開始前か、定休日のようだ。

「あ!あった!」

マルモ食堂なる食堂が暖簾を出している。

営業開始から100年経過らしい。

私はここに避難するかのように、入店した。











時刻は11時だが、店の中に先客はいない。

店内は時間の経過を感じさせる、古いものであった。

テレビはブラウン管式のテレビが置いてあるが、スイッチは入っていない。

店内は広く、テーブル席がメインのようだ。

おそらく、このテーブルも椅子も同じものは2度と手に入るものではないだろう。

昭和レトロという言葉で表現するのは容易いが、時間に流されないものがある!

という表現が相応しいかもしれない。

しかし、創業100年以上らしいので、明治や大正の面影はなく、昭和では

まだまだ新しい方なのかもしれない?

着席すると、接客担当らしきおばあさまがお茶を運んでくる。

何を選ぶか迷うが、ラーメンかかつ丼しかないでしょう!?w

悩んだ末にソースかつ丼900円を注文。

それほど待たずにかつ丼登場、機縁撮影をし、いただきま~す!










なかなかいいじゃないですか。

ソースは浸すのではなく、上からかけるタイプですかね。

ソースの香りが鼻腔をくすぐりますが、どこかで嗅いだような・・・

味噌汁とお新香が付いてきます。

まずは味噌汁を事逗ずz・・・うん、美味しい。

ワカメとネギが入っている。

次にメインのカツを一口、モグモグ・・・揚げたてで美味い!

肉自体も美味しい!

豚肉はソースの香りが先に来るためか、特に豚肉特有の匂いは感じない。

肉の厚さは1.5cm~2cmというところでしょうか。

なかなかジューシーで軟らかい肉だと思います。

揚げ具合もよく、衣の部分もサクサクです。

肝心のソースですが、どこかで食べたような・・・市販のソースですかね?

カツの下にはキャベツが敷いてありますが、この量が適量ですね。

ご飯とカツとキャベツが、バランス良く食べられる。

ご飯の量はまあまあでしょうか。

通常であれば、十分満足が出来る量だと思います。

やがて完食。

私が食べ終えるまで他に客は一人。

昼時なのに、朝定食を頼んでいました。

全体的に低価格で、1000円以上のメニューは見当たりませんでした。

二郎に行けなかったの残念ですが、新たな御縁を頂いた気がしました。

 

ここで一句

     マルモとは

         どんな意味かと

               聞いたのか?

2013年4月22日 (月)

郡山市 焼きカツ 仁亭 仁亭風焼かつ

Photo_2Dscn7554
Photo_3

Dscn7553


Dscn7551

Dscn7546

Dscn7548
Photo_4

Dsc_9414
Photo_5

Dsc_9415

Photo_6

Dsc_9417


Photo_7

Dsc_9418


Dsc_9420

Dsc_9421

Dsc_9422

Dsc_9423

Dsc_9424

私がブログを開始し、食べ歩きをするようになり、料理の画像も添付するようになった時、

レイアウトの参考にしたのが、食べログである。

冒頭に料理の画像があり、あとはレポートが記載されている。

現在は大きな画像であるが、画像が大きくなっただけで、レイアウト的には変化なし。

画像と文章を分離している。

それでもたまに違う方法をやってみたりするのだが、「これがデー家だ!」というのが、

今以外見当たらないので、この先、ず~~っとこのスタイルだろうね。







このところ、ほぼ毎日のようにブログを更新しているが、暇な時に書き溜めしている。w

この前も1週間分書き溜め、頭からブログの事を切り離した。

しかし、書き溜めるにはそれなりにネタが必要である。

休日はブログのネタ探しになっているが、それが楽しくもあり、苦しくもある。

だが、狭いながらも苦しい我が家、という言葉があるように?苦しみを楽しんでもいる。

書き溜めるにはそれなりのエネルギーと集中力、継続力が必要だ。

何でもそうだが、スイッチのオンとオフは必要なのだ。

嫁や子供がいれば今の様な更新は出来ない、と思うし、彼女がいたら、

それこそブログどころではないだろう。


相変わらず、負け惜しみの屁理屈は自分でも天才だと思う。w










3年前、喜多方に行った時、訪問予定をしていたのが「仁亭」である。

しかし、ラーメンを2杯食べ、ラーメンバーガーを食べた胃はそれ以上を望まなかった。

何よりも、時間的制約もあり、まさしく「悔い(食い)の残る思い」だった。

そして遂に、3年前の悔いを食うべく、郡山に寄り道した。

今回の福島遠征に於いて、極限まで空腹にした。

何しろ、居眠り運転を防止するには空腹感が一番!(私の場合ね)

過去に、目の周りにメンソレータムのラブを塗ったり、虫さされのキンカンを塗ったり、

ひたすら刺激路線で眠気を防止してきたが、一番良いのは眠い時は寝る。

寝た方がいいのだ。

だが、眠気は出来るだけ抑えたい。

だから空腹が一番なのだ。

世の中、腹が膨れて眼が冴える奴なんているかい?いないだろう???

伊達屋では大盛りチャーシューメンだったが、滝桜と二本松城を歩き回り、

腹が減って、腹が減ってどうしようもない胃にはトンカツ定食は余裕で入る。

伊達屋をあとにし、約1時間後に仁亭に到着。

今回もカーナビのおかげで全く迷うことなく到着。

1時過ぎに到着したが、店内は半分ほどのお客。

前の客の食器のバッシング作業のため、暫し待つ。

その間に扇子の形をしたメニューを渡され、メニューを決める。

当然、「仁亭風焼きカツ1600円」を注文。

やがて、席に案内され緑茶が出されます。

ウエルカムお菓子?として桜餅が出されました。

桜の葉に程よい塩気の効いたそれはなかなか美味いね。

次にサラダが小皿と言うよりは中型のボールに近い入れ物で提供。

ドレッシングも2種類、なみなみと出され、焼きカツの登場を待ちます。

やがて、焼きカツが登場し、記念撮影をし、いただきま~す!













それにしてもなかなかのボリュームですね。

サラダは本当にテンコ盛りで他の客のお替りを見ると、同じサイズで提供ですよ。w

お味噌汁もナメコと豆腐と三つ葉の内容ですが、大き目のお椀になみなみと入っている。

ご飯もたっぷりだな~、これでお替り自由なんだね!

この内容なら静岡の五郎十のご主人も「むむむむ!!」と思うんじゃないか?w

メインの焼きカツは大きいには大きいが、厚みは普通かな?

ところで、焼きカツの食べ方だが、白ゴマの入った小さなすり鉢を渡され、

それをセルフでスリスリしたのち、卓上のソース壺?からそこに注ぎ入れ、

たっぷり浸けて食べてくれ、との事。

さて、いざ食べようとすると「お客さん、ゴマをスリスリしましたか?」と

接客担当のご主人がチェックに来た。w

どうも、私のゴマスリが不十分らしく、ご主人がスリスリしだした。w

まあ、確かに私はゴマスリが下手である。

社会でのゴマスリ下手がまさか、郡山の焼きカツ店で露呈するとは!w

ご主人は完璧にゴマスリをすると、卓上のソースをこれでもか!というほど注ぐ。

「辛いの好きですか?」といって、焼きカツに添付されたマスタードも投入。

なんかいい歳こいたオレだが、ゴマスリのイロハを改めて教えて貰ったな。www







ではソースをたっぷり浸けてご飯にライドオンして喰らう。

う~~~~~~む!美味い!!!

ソースは酸味が少々強めですかね?

焼きカツにはレモンを絞ったが、レモンだけの酸味では無いね。

揚げカツとは違い、パン粉の衣はサックリ感というよりも、ザックリした感じ。

そして、中の肉は真ん中に切れ込みが入れられ、チーズと大葉が入る。

チーズは結構、たっぷり、とろ~りと入っている。

チキンカツにチーズインの経験は何度かあるが、ポークでは初めてかな?

でも、メニューには仁亭風焼きカツのチキンがあったな。w

肉自体は容易く噛み切れ、この肉をカタイと思う方はいないでしょう?

やわらかな中にも程よいジューシーさがあり、美味いね~。

揚げカツもちゃんと、油切りをしてあればクドイ!などと思う訳も無いが、

焼きカツは全体的な香ばしさは揚げカツに譲るとしても、衣の香ばしさと

サッパリな部分のコントラストを楽しむのもいいかもしれない。

今回、私は腹が減り過ぎており、いつもならソースを浸けず一口!をしなかった。w

最初から最後までソースをたっぷり絡め食べた。

従って、私の印象は肉の旨味云々カンヌンよりも、ソースで食わせるタイプ。

再訪問がすぐにでも可能であれば、じっくり味わって食べたいね。







食べている途中、「ご飯お替りどう?」「サラダお替りどう?」と尋ねてくる。

サラダに関しては葉物野菜中心なので、これで十分。

ドレッシングは醤油ベースの和風と、シーザーサラダドレッシング風の2種類。

個人的には当然、和風ですね。

ご飯も刻んだ柴漬け状のものが少し添えられています。

これもカツと共に食べ進みますが、ラーメンを食べていなければ、お替りをしたでしょう。

すべてを食べ終えると、新たにお茶が提供されます。

なんと、ほうじ茶ですね。

ニクイサービスです。

食前食後のお茶をかえ、更におしぼりも新たにだされました。

いやはや・・・味もサービスも最高だね!!!

伊達屋でも心地よいサービス&ホスピタリティー。

そして、仁亭でも気配り、心配りで満足満足。

3年ぶりの福島訪問は、目も心も、お腹も大満足でした。

あ~~~どっちもすぐに再訪問したい!!!!!

 

ここで一句

    復興の

       役に立つなら

             通いたい

Photo

2010年10月20日 (水)

喜多方市  道の駅喜多の郷 ふるさと亭 ラーメンバーガー。

Dscn1373

Dscn1360

Dscn1366

Dscn1367

Dscn1368

Dscn1369

Dscn1370
さて、今回の最大の目的であるラーメンバーガー。

これを食わずして帰れるか!ということで喜多方の郊外、

国道121号線沿いにあります。

来てみて意外に思ったのが、テイクアウト出来ない事。

つまり、レストランの店内で販売しており、レストランの中で食えということ。

メニューにはラーメンピザなど面白そうなものもあるが、

味には期待してないので、基本メニューのラーメンバーガー350円を注文。

ウエイトレスのお姉さんが仰々しく持ってきた。

「熱いのでお気をつけください」

凄く熱いです。

アツアツの食べ物です。

パンの代わりに茹でた麺を型に入れて圧縮して焼き上げている。

外側はカリカリ感があり、中はモチりとした食感がある。

具は鳥肉のものも選べるが、私はチャーシューを選択。

ラーメンのスープをアレンジしたと思われるタレ状のものが中に

入っているが、これがやや物足りない。

もっと味が濃くてもいいんじゃないかな?

ジャンクフードなんだし。

パンの代わりとはいえ麺なんだし、控えめな味付けは

焼き麺をそのまま食べているようなもの。

卓上のコショウをかけるとややアクセントになったが、

やはり味自体がぼやけた印象で全体的に満足感低し。

アイデアは素晴らしいのだから改良を求めますね。

ここで一句

     語る価値

          無いけど食べろ

                  話題性

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水