フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

肉類グルメ

2017年12月 7日 (木)

榛原郡 食彩あしざわ カツ丼

22_5
Dsc_1863_3239

Dsc_1864_3240


Dsc_1866_3241

22_6
Dscn1437_3242


Dsc_1868_3243

123_2
Dsc_1870_3244


Dsc_1871_3245


Dsc_1872_3246

22_8
Dsc_1873_3247

22_7
Dsc_1876_3248

NHKの受信料について、最高裁での判決が下された。

受信料の契約締結は合憲。

世の中に900万世帯以上あるといわれる、受信料の未払い。

テレビ設置時に遡って支払う義務があると、判断された。

これは大変だぞ~。

受信料貧乏が発生する可能性大だが、どうなることやら?

私???実家はちゃんと払っています!w








蕎麦とかやくご飯だけで、私の胃袋が満たされるわけがない。w

もう一軒いきましょうか?と向かったのが、千頭駅。

トーマス機関車などで何度か訪れています。

この界隈、飲食店がいくつかあるので、そこで食事をしようと思いました。

その中で、以前から目を付けていた店に行くと、休み。w

う~~む、このところ天が見放したような様な事が続くな。w

そこで、千頭駅駅の裏手にある「音戯の里」側にある飲食店、あしざわに訪問する。

こちらも気になっていた店だが、訪問日は丁度、紅葉の見ごろの時期。

駐車場も満車状態が続き、観光客でにぎわっている。

2時近い訪問であったが、店は営業をしていて、店内は賑わっていた。

中に入ると、カウンター席とテーブル席があり、私はカウンター席に案内される。

メニューを見ると、いろいろありますね。

セットメニューもあるようなので、それにしましょう。

カツカレー蕎麦セットがいいね。

「すいません、これください」

「申し訳ありません、※印のものは本日できません」

マジ卍?

とても卍ではあ~りませんか!

う~む、紅葉時期で客が多いのが分かるが、メニューの制約が約半分というのも、

少々かんがえものではあり卍?

多少考えるが、鹿刺し定食もいいが、鹿刺しを食べたい気分では無い卍。

ここはカツ丼に卍固めで良いでしょう!

私は、1!2!3!だあ~~!という気分で、カツ丼卍セット(そんなものは無い)を注文。

それほど待たずにカツ丼登場、記念撮影をし、いただき卍!










何となくゴージャス松野なカツ丼である。

器の関係だろうか?少し庶民とは離れた気がする。

中心にカツがのり、玉子は加熱しきれていない微妙な半熟期。

これに豆腐とワカメ、ネギの入った豆腐と香の物が付く。

カツ丼の具にはカツ以外は玉葱だけか?

庶民派と離れていながら、シンプルないで立ちである。

では、まずは一口、モグモグ・・・割と品のある味わい。

味付けが濃いかと思ったが、そうではなく、割り下の味付けが控えめで、玉子とカツの

味わいを、シンプルに味わう。

そんなカツ丼だと思う。

カツの味わいは、肉汁じゅわ~ではないが、こちらもシンプルに肉の味が伝わる。

特別名のある肉を使用してるとは思わないが、味は悪くない。

勿論、揚げたてのカツを使用しているので、アツアツで美味い。

ご飯にも割り下が浸み込むが、少々ツユダクの印象。

ツユダクも人それぞれなので、私の場合はツユダクは、まあいいでしょう、という印象。

玉子の部分は十分に撹拌され、黄身と白身は一体化されていた。

黄身や白身の半生部分があるのもいいが、この一体感は親子丼みたいな感じ。

遠くから見ると、親子丼に見えなくも無いか?

全体的にボリューム感はあるが、個人的にカツが小さいかな?と思った。

チェーン店のカツ丼を食べると、個人経営のカツ丼はどうしても高く感じる。

しかし、味噌汁付けたらチェーン店も価格が上がるので、悪くはないな?と思える。

味噌汁もシンプルに美味い。

調理人が一緒なので、味の方向性がよく分かりますね。

奇をてらうのを嫌い、シンプルな構成でシンプルに味わう。

それが私の感想です。

やがて完食。

先述したように、シンプルな味わいで品よく仕上げられたカツ丼だと思います。

ターゲットは、年配者ですかな?

次回はセットメニューだが、来るのであればトーマス?

 

ここで一句

    カツ丼に

       卍固めは

          できません

2017年12月 3日 (日)

厚木市 ごはん処 かつ庵 厚木長谷店 チキンカツカレー

22
Dscn1401_3144

Dscn1402_3145

22_2
Dscn1408_3148


Dscn1409_3149


Dscn1406_3147


Dscn1410_3150

22_3
Dscn1412_3151

22_4
Dscn1413_3152


Dscn1415_3153

22_5
Dscn1417_3154

22_6
Dscn1421_3155

私の人生に於いて、ランチタイム前の昼飯は重要である。

10時からの営業をしているのであれば、それは歓迎し、訪問しなければならない。

しかし、何故にわざわざ厚木まで来て「かつ庵」なのか?

それは、急にカレーが食べたいと思ったからだ。

カレーといえば「すき家」のカレーだが、それほど熱心に食べたい味ではない。

世の中に溢れる手ごろに食べられるカレー。

それを求めたら、かつ庵に来てしまった。

ゆで太郎でもカレー蕎麦を注文するかもしれない。(メニューにあるかどうか未確認)

男はカレーが好きなのである。

何しろ、カレー臭を発するのも男。





駐車場に車を止め、中に入ると先客はいなかった。

11時前に食べる。

それも10時半。

俗に言うエアーポケットの時間か?

この広い店内に、店員と私しかいない!

ハンターチャンスとアタックチャンスが一緒に来た様な時間帯だ。

じっくりとメニューを眺め、何を食べるか考える。

「チキンカツカレーをください」

「申し訳ありません、ご注文は目の前のタブレットでお願いします」

口頭による注文が、ここでは通用しないことを思いだした。

タブレットをちょいちょいちょいと操作をし、チキンカツカレーを注文する。

すると、店内にチャイムが鳴動し、注文決定をスタッフが確認する。

私は自分がアナクロ、いやアナログな人間とは思っていないが、最先端を行っているとは、

到底思わない。w

注文決定後、暫し待つ。

やがてチキンカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!









税込702円か、ボリューム的には満足できるが、カレーのルーの量が何とかならんか?

チキンカツは大きく、粗目のパン粉がカラッとした揚がり具合を演出している。

ライスは標準サイズだが、満足できる見た目である。

だが、カレーのルーは足りないよな。

では、まずは一口、モグモグ・・・ルーはややスパイシーで大人の味わい。

ルーの中に固形の具材は無いが、溶け込んだ素材の美味さを感じさせる。

キレの良い味わいだと思う。

ライスはホカホカでツヤがある。

この手の店では、米の美味さも重要だろう。

カツは粗目のパン粉がきつね色に染まり、食欲をそそる。

食べてみると、パン粉のサクサク感とパン粉自体の美味さを感じる。

店内には、自家製だという生パン粉。

肉質自体は特筆する物は感じず、一般的な美味さである。

ジューシーな味わいは無いが、ふわっとした美味さはある。

ルーを掬い過ぎない様に留意し、食べ進む。

正直、ルーの追加は別料金であるのだろうか?

私が見たところ、それは無かったと思う。

とにかく、ライスとカツだけが残らない様に、食べ進む。

最悪、卓上のソースで食べると言う方法もあるが。

やがて完食。

702円と言う価格を考えると、納得できる味とボリュームだが、

ルーの追加があると利用したいと思った。

 

ここで一句

     ライスより

          ルーが多くて

               悩みたい

2017年11月20日 (月)

伊豆市 みやしろ 焼肉定食

22_5
Dscn1250_2992

Dscn1251_2993


Dscn1252_2994


Dscn1254_2995


Dscn1257_2996

22_13
Dscn1259_2997


Dscn1260_2998

22_14
Dscn1262_2999

22_15
Dscn1263_3000


Dscn1264_3001


Dscn1266_3002


Dscn1267_3003

22_16
Dscn1268_3004

22_17
Dscn1269_3005

気になる店の、気になるメニューを求めて、3回目の訪問となったのが「みやしろ」。

名物と言うか、店主一押しが「ロース丼」。

確かにコスパを考えると、ここでは必ずロース丼を注文しろ!とお勧めするが、

この様なメニューを出す店の、他のメニューも気になる。

特に、最高価格帯1000円のメニュー、焼肉定食とカツ定食。

どんなものが出てくるのだろう!

麺類もまだ未食なので、食べてみたい。

この日も、開店と同時に店に侵入をした。

焼肉定食にしましょう!焼肉定食をください!

すると、「ロース丼でなくていいの?」と言われる。

2度食べれば十分でしょう!

とにかく、焼肉定食1000円がどのような物か?確認したい。

料理が出来るまでの間、久しぶりにコミック雑誌を見ながら待つ。

真男塾だと!男塾連載しているよ!そのうちバトル路線になるでしょう。w

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











何というか、圧倒的な物やサプライズ感は感じない。

焼肉てんこ盛りを想像していたが、至って普通。

だが、茶碗にこんもりと盛られたご飯は、ボリュームがありそうだし、小鉢が3品か。

内容的には価格相応より、ちょっとお得感があるわね、そんな印象。

焼肉は豚バラ肉をタレで焼いた物、それに千切りキャベツでマヨは無し。

小鉢は、ワサビの茎の酢漬け、ごぼうサラダ、肉団子、沢庵が2切れに、ワカメの味噌汁。

では、焼肉を飯と共に口の中へ。

モグモグ・・・味濃い目でご飯が進みますね。

タレの味わいは、醤油ベースのタレ。

エバラではないね。

千切りキャベツにもタレが絡み、キャベツも立派なおかずに変身する。

次にワサビの茎の酢漬けをいただく・・・う~~ん、ピリッとして美味い!!!

これ、美味しいではないですか!

茎からワサビの風味が漂い、ピリピリした刺激がいいですね。

時々、ウッ!と辛味があるけど。

ごぼうサラダは、マイルドですね。

肉団子は既製品だけど、3個もあればおかずとして、重宝します。

味噌汁は、味噌が多いよ。w

ダシ感は少なく、味噌が多いのでショッパ目ですね。

それでも、ご飯が多いからバクバク食べ進みます。

やがて完食・・・の前に珈琲登場。

ロース丼の時もそうだったが、珈琲が付いて来たが、麺類ではどうなのか?

やがて完食。

ボリュームはありますが、奥様が「ご飯足りる?」と尋ねてきます。

今回ばかりは、お替りをしそうになりました。

ええ、何だかんだでおかずが沢山あったので、足りなく感じました。

次回はカツ丼か麺類ですね。

麺類は必ず大盛りで注文します。

予告として、あんかけラーメン大盛りを・・・

 

ここで一句

    肉ならば

        てんこ盛りだと

              妄想し

2017年11月17日 (金)

静岡市 喰海 ローストビーフ丼

22_41
Dscn1215_2964

Dscn1214_2965


Dscn1202_2963

22_42
Dscn1216_2966

22_43
Dscn1204_2967

22_44
Dscn1206_2968

22_45
Dscn1207_2969

22_46
Dscn1209_2970


Dscn1210_2971

22_47
Dscn1211_2972

大道芸、一番早い物でも11時からだった。

10時前に到着をし、駿府城公園内をうろうろし、ベーコンを食べたりしたが、

先に昼飯を食べようか?と思っても、それらも11時から。

順番的には大道芸は、ランチの後からなのですが、駿府城公園が先だったので、

大道芸を先に公開しました。

前日のモーターショーと合わせると、画像枚数100枚を軽々と突破。

スクロールをするのが面倒かもしれませんが、宜しくお願いします。

青葉通りのパフォーマンスをチラッと見て、本日第1回目のランチをする事に。

どこにしようか探すと、ランチメニューの大きな看板を見つける。

店の入口は見えなかったが、地下にランチをやっている店がある。

メニューにはローストビーフ丼、グリーンカレー、ねこまんま、網焼き豚丼、日替わり、

静岡おでんと無国籍風?

ねこまんま丼って何よ?w面白そう!

店の名前は「喰海」、予備知識は無い。

ここにしましょう!

細い階段を降りると、店の入口がある。

中に入ると、スナックというかカラオケバー。

メインは夜であろうが、ランチ営業もしているようですね。

席はカウンター席がメインのようですね。

ランチメニューは、ボードに書いてありましたが、内容は表と一緒。

ローストビーフ丼が美味そうに見えたので、それにします。

税込みで1000円になります。

スタッフは店主とマダムが2人だな。

男一人、女二人ですね。

因みに、この時点で先客はゼロだが、注文後二人入店してきた。

それほど待たずに丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!










丼ぶりはやや小さめだが、はみ出したローストビーフはGoodですね。

薬味と玉子の黄身、タレなどがかけられており、ビジュアル的に食欲が増します。

ではビーフを一口、モグモグ・・・ニンニクが効いたタレで、美味い!!!

ニンニクの効き具合が、すこ~し気になるが、このややワイルドな味付けがいいですね。

肉は勿論輸入肉でしょうが、輸入肉特有のクセや匂いも感じず、やわらかい赤身です。

もっとも、ニンニク風味のタレが、クセを消していると言えるかもしれませんが。

タレの味付けは、強調し過ぎない甘辛さ。

ご飯はほかほかご飯、タレが浸み込み、美味いですね。

今まで何度かローストビーフ丼を食べて来たけど、美味しいね。

スープは玉子スープ。

アツアツのスープで、旨みもあります。

漬物は、白菜漬け。

ひたすら食べ続けると、隣の客には網焼き豚丼が登場。

それも美味そうですね。

う~~ん、誰かねこまんま丼を注文しないか?w

やがて完食。

ご飯よりも、肉が多い気がした。

内容的に満足ですが、女性や営業マンは、ニンニクが効いているので、

ブレスケアを忘れずに。w

 

ここで一句

    ビーフより

      やはり気になる

            ねこまんま

2017年11月10日 (金)

江東区 ほうずきや チキンのあったかみぞれ煮定食(豚カツ変更)

22_52

Dscn1136


Dscn1134


Dscn1148


Dscn1137


Dscn1138


Dscn1139


Dscn1141

22_53
Dscn1142


Dscn1145


Dscn1146


Dscn1147

炎上。

何かにつけて炎上。

ネットニュースに必ず出てくる炎上は、その主役は殆ど芸能人。

炎上商法という言葉もあるので、炎上イコール知名度アップ!となるが、

必ずしもそうならないのが、今の世の中。

当たり障りのない発言ばかりでは、退屈だ。










この日の夜は、ホテルに泊まるわけではないので、もう一軒行きましょう。

店の前には、定食メニューが並び、揚げシュウマイ定食とか、素人さんが大好きな

メニューが充実をしていますね。

私もチキンのあったかみぞれ鍋定食なんか、おもしろそうではあ~りませんか!

よし、2軒目はここにしよう!

店の名前は「ほうずきや」前回ここで食べた時に、気になっていた店でもあります。

中に入ると一人なので、大きなテーブル型のカウンター席?に案内される。

正面に兄ちゃんが座っておるけど、気にはならない。

一応メニューを見るけど、予定通りチキンのあったかみぞれ定食にする。

すると、「チキンは切れたので、豚カツになりますが、いいですか?」と。

限定20食なので、豚カツで代用ですか?

「ああ、別にいいですよ、それで」

私は安請け合いをする。

こちらの店も15時閉店で、後から入って来た客に説明すると、みな帰っていく。

やがて、定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目は実にデラックスな感じであるが、よく見ると、チープな感じである。

カツの上に大根おろしとなめ茸がのる。

カツが、どう贔屓に見ても美味そうに見えない。

あとお盆ですが、汚れが残っていますよ。

上から7枚目の画像の左隅、汚れが残っていますが?

カメラで撮影したから、証拠が残る。

嫌な時代ですね。w

では早速カツを一口、みぞれ煮ということですが、大根おろしになめ茸ですね。

カツはサイコロ状に切ってあります。

口に入れると、激熱!熱いアツイ!水を思わず口に含む。

肉はそれほど美味いと思わないが、激熱なのでそれで良し!としましょうか?

味に関しては、塩味?塩ベースのダシで煮込んでいますが、肉に味が着き過ぎ。

しかもムッシュムラムラでムラのある塩加減。

ひとつはしょっぱく、ひとつは味を感じない。

一枚のカツで、よくぞこれだけムラがあるな、という印象。

なんか、違うの注文すれば良かったか?

みぞれ煮の味付けはさっぱりで、肉がショッパイ。

ご飯もお吸い物も普通にいただきましたが。

一応、全部頂きました。

正直、美味しくいただけませんでした。

残念。

 

ここで一句

     証拠あり

        しらねえ~とは

              いわせねえ

2017年11月 5日 (日)

江東区 長寿韓酒房 デジ焼肉定食(肉ダブル)

22_34

Dsc_0760

22_35
Dsc_0758


Dscn1078


Dscn1077


Dscn1079


Dscn1080

22_36
Dscn1082

22_37

Dscn1083


Dscn1084


Dscn1085


Dscn1086


Dscn1087

22_38
Dscn1088


Dscn1089

撮影を続けていたら、2時を過ぎていた。

入場したのが10時半近くであったから、4時間以上歩くか、立っている。

さすがに歩き疲れる。

何より、朝食べた朝のそばセットのカロリーをすべて消費した。

腹が減った!

ランチに出かける事にしたが、再入場する?

飯を食べたら、歩くのが嫌になるであろうから、再入場はしないことにした。

ビッグサイトを後にして、私が向かったのはゆりかもめの反対側にある、TFTビル。

ランチと言えば、このビルのレストラン街でしているね。

もう少し、歩けばヴィーナスフォートとかあるのだが、とにかく飯である!

3時になったら、ランチ営業を終了する店が多いので、とにかく飯!

そういえば、このビルのレストラン街もそろそろ全店制覇の道が見えて来た。

イオンモール幕張、清水河岸の市、TFTビル。

興味が無い方にはどうでもいい、全店制覇への道が見えて来た。

しかし、いずれも全店制覇しないであろう。

どうでもいい。w

レストラン街を奥に進むと、韓国家庭料理の店を見つける。

私としては焼肉以外は無縁な韓国家庭料理。

いいですね、ここにしましょう。

中に入ると、テーブル席がメインで、ややダークな印象を受ける室内装飾。

メニューを見ると、参鶏湯もありますね。

少し肌寒いこの日、チゲ鍋の種類の多いこの店、温まりそうです。

しかし、私の興味を惹いたのは、デジ焼肉定食の肉ダブル。

デジとは韓国語で豚を意味するらしいが、普通に豚ダブル焼肉定食と表記すれば、

まるで二郎ワールドの様な雰囲気を醸し出すと思うのだが・・・w

韓国式辛ちゃんぽんも面白そうだな。

営業終了が15時というので、調理が早そうなデジ焼肉定食肉ダブル1500円を選ぶ。

私が入店したのが14時半前だが、あとから来る客は15時終了と告げると、帰る。

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!




期待を裏切らないボリュームだな。

これだけおかずの量があれば、ご飯が足りないね。

因みに、ご飯はお替り自由です。

副菜もいろいろ付いていて、税込み1500円なら納得できますね。

スープはワカメスープですが、自家製ですよね!

では豚肉を一口、モグモグ・・・マイルドね。

味付けはもっと刺激が来るものかと思ったら、意外とマイルド。

塩加減も控えめで、ガテン系が喜ぶ味付けとは違う。

肉に豆板醤らしきものも少量付いているが、隠し味程度でしょうね。

味のベースは醤油ですが、都会の味の味付け。

ちょっと物足りないので、卓上に一味があったので、それを散らします。

こちらもガツンと来る辛味は少なく、多少入れ過ぎても汗は出ないね。

うん、でも美味しい!白いご飯が進みます。

韓国料理店らしく、箸は金属製の物ですね。

ある意味、この箸はエコです。

海苔は韓国海苔であるが、香りの少ない海苔に、塩とごま油が塗ってある。

日本のツヤツヤした海苔と比べると、海苔の風味は弱いが、おかずとしてはいいでしょう。

白い飯にはこのままでも十分イケます。

サラダにナムル、キムチなどが付き、箸休めにはもってこいですね。

ご飯の量は茶碗に軽く一杯、という印象。

やはり、おかずが多くご飯が足りない。

おかずが3分の1以上残った状態で、ご飯のお替りをお願いする。

食べていて思ったのが、韓国風なのかな?日本と比べると、生姜テイストが少ないね。

それがマイルドだと思わせるのかな?

結局気が付けば、一味をかけながらおかずを食べているし。

ワカメスープはしょっぱくなく、美味しくいただきました。

やがて完食。

味も、ボリュームも満足です。

刺激感が少し欲しいのが正直な感想ですが、味はいいです!美味しい!

ご飯お替り自由なので、おかずが多くても安心。

モーターサイクルショーの時に、再訪問をしてみましょう。

 

ここで一句

     韓国は

        やはり辛いと

             思うわな

2017年10月29日 (日)

小田原市 すき家 早川店 カレー南蛮牛丼中盛り

22_15

Dscn1006


Dscn1017

22_16
Dscn1007

22_17
Dscn1009

22_18
Dscn1011

22_19
Dscn1012

22_20
Dscn1013


Dscn1014


Dscn1015

22_21
Dscn1016

人間、手のひら返しとよく言うが、今回の選挙はまさしくそれ!

小池都知事の神輿を担ぎたい輩が、選挙後、それを拒む。

確かに、都知事は言い過ぎた。

自滅したといえるが、選挙前に助け舟として、群がった皆さん。

芥川龍之介の蜘蛛の糸みたいですよ。

まあ、糸を切ったのは都知事ですが。

野党の手のひら返しに、お釈迦様は嘆いていることでしょう。












牛丼は食べない私だが、たまには手のひら返しで食べてもいいのでは?

何というか、たまに湧き出るジャンク愛。

牛丼がジャンクかどうかは、個人の勝手だが、すき家の牛丼はジャンクでしょう?

ハンバーガーを殆ど食べない私としては、牛丼はジャンクなんです。

もっとも、私としてはすき家はカレー屋でもある。

そうか・・・牛丼にカレーがかかっていれば、いいのか!

すると、期間限定か通年メニューか分からぬが、カレー南蛮牛丼なるものがある。

すき家のカレーは好き!を宣言している私としては、これはどんなものか興味がある。

以前、すき家のカレーと牛丼の合い掛けを食べ、ず~っとカレーにしよう!と思った。w


入店したのはすき家の早川店。

2度目か?

入店すると先客は無し。

メニューを見る。

私としては、食欲の湧かないメニューばかり。。。

おでんを売っているな。

すき家は外食チェーンのコンビニだな。

もはや何でもありだ!

この前も、麺類を食べたし。

予定通り、カレー南蛮牛丼中盛り610円を注文する。

すぐに牛丼登場、記念撮影をし、いただきま~~~・・・・・・・・・・・・・
















なんてインスタ映えしないビジュアルなんだ!

私のカメラ、撮影技術が劣っているとはいえ、このビジュアル、何とかならぬか?

むしろ、牛丼の部分いらん!カレー南蛮丼でいいのでは?

それにしても、何故に中盛りを頼んだ?

並み盛りで良かった。

とにかく、残さず食べる!

ではまずは一口、モグモグ・・・カレー南蛮の部分は、和風テイストが感じられ、悪くない。

久しぶりに食べるすき家の牛丼の部分は、相変わらずショッパイ!

味付けが濃く、塩分を感じる。

私は吉野家も久しく食べていないが、すき家のこの味の濃さが、苦手である。

勿論、牛丼に関しての事だが。

それに比べ、カレーはマイルド。

牛丼のしょっぱさをカレーがカバーしている様そう。

カレー南蛮は葱が主役か?

油揚げとかどこ?どこどこ?ドコモ?

何となく、食べていてファックだと思った。

丼物を食べていてファックに思う瞬間とは?

味噌汁が無い。

丼物に汁物が無い。

まさしく、画竜点睛!棚から牡丹餅、田中から美奈子。

バブル時代であれば、味噌汁付で1000円か?

汁物をつければ800円近くなるのか?

今の時代、その価格はファックである。

仕方がない、水で流し込む。

ここで、卓上のカスタマイズアイテムを見る。

紅生姜、七味、ドレッシングなどなど・・・

私は、紅生姜と七味に出陣を願い出た。

七味は合うが、紅生姜とカレーは、フォークダンスで指一本しか触れていない男女だな。

男女と言う表現も久しぶりだ。

森羅万象二極一対!

今気が付いたが、すき家の七味はそれほど辛くはない。

私はもしかしたら、日本を失墜させるような疑惑に首を突っ込んだのかもしれない。

これは、もしかしたら「オデッサファイル」なのか?

この七味なら、いくらかけても悲鳴を上げる辛さなど感じないのでは?

ファティマ第3の予言。

それは、すき家の七味はそれほど辛くはない。

大司教は、それを見て恐れおののいた。

グランドクロスが近づいている!!!

人類滅亡まであと365日。

さらば~地球よお~












何というか、様々な妄想を抱かせる食べ物である。

カレー南蛮のおかげでするすると米は入る。

やがて完食。

私の目から、涙が溢れていた。

食べたよ、残さずに。

610円のカルマを克服したよ。

ホラーのいない世界。

それこそ桃源郷。


すき家のカレー南蛮牛丼中盛りで、これ以上の文章を書ける方、いますか??w

 

ここで一句

   味よりも

      妄想詰め込み

           ご満悦

2017年10月27日 (金)

静岡市 金とき池田店 特テキライス

22
Dscn0970

Dscn0972

22_2
Dscn0973

22_3
Dscn0974


Dscn0975


Dscn0976


Dscn0977

22_4
Dscn0979


Dscn0980


Dscn0981


Dscn0983

22_5
Dscn0985

22_6
Dscn0987


Dscn0988

22_7
Dscn0989


Dscn0990

下剋上である。

ベイスターズが、日本シリーズである。

今から19年前、横浜町田の万葉の湯で、日本シリーズ優勝を見届けた。

あれから19年、監督はダンディ坂野の持ちギャグを未だに使用?しているラミちゃん。

日本シリーズゲッツ!アンドターン!リバース!

見事、優勝をゲッツ!して欲しい。









この前、金とき池田店に初訪問を果たしたが、どうも注文する物が違っていた様だ。

この店では、特テキを食べないといけない様だ。

どこに行く宛も無い休日だったので、金ときリベンジをしてみた。

開店と同時に入店すると、先客は数名。

前回、順番待ちだったのだが、平日と休日では集客率が違うね。

平日は余裕もいいところ。

カウンター席に座り、メニューを眺める。

ステーキ目的で入店したが、グラタンとかカレーとか興味がありますね。

ランチで100円ほど価格が安くなっていたので、予定通り特テキランチを頼む。

税込みで1450円だが、ランチタイムの時だけ、ライスの大盛りがタダらしい。

私は普通盛で頼む。

ナポリタンと同じように、千切りキャベツだけのサラダが提供される。

そして、特テキライス登場、記念撮影をし、いただきま~す!








上方から見ると、ボリュームがある様に見えるが、横から見ると横隔膜だな。

特テキとは、ハラミステーキの事で有って、このハラミステーキが売りだという。

焼肉屋でハラミはメジャーであるが、洋食店でハラミ提供は珍しい?

表面積はあるが、厚さは無い。

しかし、ハラミステーキは2枚提供で、それでボリューム感を演出している。

ステーキには味付けがされているが、ステーキソースが別に付く。

だが、ステーキソースは掛けずに、肉を浸けて食べろと言う。

まずはフォークとナイフで肉を切り、そのまま食べてみる。

モグモグ・・・間違いなく輸入肉だと分かる味と香り。

メニューにも輸入肉を謳っているので、そのへんは何の問題も無い。

味付けは、醤油ベースのタレに浸けこんで焼いているのかね?

肉はやわらかく、噛み切るのに何の苦もない。

ステーキソースに浸けて食べると、味が濃くなり、これはこれで美味い!

むしろ、ソースの味をライスに浸み込ませ食べると、飯がススム。

ライスはツヤツヤの米で、なかなか美味しい。

味噌汁を口に含むと、更に感動が!

なんてことはない、ワカメの味噌汁だと思ったら、非常にコクのある味です。

最初、ワカメの味噌汁なのに、脂が浮いている!と思ったら、挽肉の様な肉片が

味噌汁の底にいくつか沈んでおります。

成程ね、肉で出汁を取っているんだ!

それで、このコクが出ているわけね。

ステーキよりも、味噌汁の方が輝いているわ。w

添え物に、マカロニのケチャップ炒め、インゲン、ポテトが付きます。

やがて完食。

う~~ん、肉自体の味わいは、牛角あたりと大差が無いと思います。

ハラミなので、多少肉のクセもあると思います。

後はコスパですね。

この価格であれば、静岡には「さわやか」があるので、そっちに行くかな?

看板メニューでありますが、本店で食べてみたかった。

それに尽きると思います。

ナポリタンは美味かった!

他にメニューも豊富だし、他の客は焼肉定食などを注文してたから、

次回はフライとか頼んでみますか?

 

ここで一句

      ステーキに

         カネを惜しまぬ

               ステキだわ

2017年10月21日 (土)

伊東市 桂林 焼肉定食

22_2

Dscn0908_2802

22
Dscn0907_2803

22_3
Dscn0889_2804


Dscn0892_2806


Dscn0893_2805


Dscn0894_2807

22_4
Dscn0895_2808


Dscn0896_2809


Dscn0897_2810


Dscn0899_2811

22_5
Dscn0901_2812

22_6
Dscn0903_2813

22_7
Dscn0904_2814


Dscn0905_2815

22_8
Dscn0906_2816

車で煽る。

いけないことです。

しかし、高齢者の運転が多い昨今、その車の後ろにいたら、イライラしない訳がない?

制限速度が40キロ、50キロの道路で、それ以下の速度で走られたら、

そりゃ~イライラしますよ!

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?なんてのが昔ありましたね。

しかし、時はカネ成りって、いうではあ~りませんか!

料理の世界も時間節約レシピが好評と聞きました。

まあ、カルシュームを沢山取って、イライラしない体質にしましょう。













赤のれんのもつ煮定食狙いで、2度ふられた私。

またも、赤のれんに行くか?と思ったが、近くにボリュームがありそうな店がある。

焼肉定食が有名らしいが、そこに行ってみますか?

定休日とか営業開始時間がよく分からないが、行けばなんとかなる。

為せば成る!なさねばならぬ何事も!

行ってみたら店は開いていた。

11時開店のようだ。

駐車場は店の回りに何台か止められる。

店の前には手書きのメニューなどもあり、本日のお勧めの様である。

やはり、焼肉定食がお勧めの様だが、ニンニク入りや肉の大盛りもある。

中に入ると、先客は無し。

カウンター席とテーブル席、小上がり席がある。

私は3人程座れるカウンター席に座る。

目の前には灰皿がありますね。

それほど広くない店内なので、煙草を吸う客がいたら最悪だな。

私は大体開店直後を狙って入店する。

それは例え、店内が喫煙可であっても、他に客がいなければ、煙害は無い。

それを見越して入店している。

一応、メニューを見るがセットメニューがお勧めみたいね。

それにどのメニューもボリュームがありそう。

一通り、目を通すがやはり焼肉定食にしましょう。

焼肉定食を注文し、ボケ~っと待つ。

やがて焼肉定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










綺麗な表現ではないが、肉にタレがべったりと纏わりついている。

濃厚な味わいが、見た目からもビシビシ伝わってくる。

おや?と思ったのが、千切りキャベツにマヨネーズがない。

別に私はマヨラーではないし、川崎麻世にも興味は無いのだが、この濃厚そうなタレに、

マヨは合うのでは?と思ったし、卓上も一応、マヨ探しをしてみた。

・・・無いね。

しかし、レモンが添えられていたので、それで酸味をプラスせよ!と言う事かな?

では、まずは肉を一切れ、いただきます。

モグモグ・・・う~~ん、やや甘辛いタレがイイね~~~!美味い!!!

肉はやわらかく、十分に噛み切れる。

タレの味わいだが、見た目ほどしょっぱくはない。

レモンを絞り酸味を足すと、コッテリの中に爽やかさを感じる。

白い飯と共に口に入れれば、血沸き肉躍る楽しさがある。

肉は特にブランド豚を使用しているわけではないが、肉は美味いね。

千切りキャベツにタレが浸み込み、それと共に飯を食べても美味い。

定食にはサラダが他に付き、漬物も付く。

汁物は、玉子スープであった。

ご飯の量は多いでしょう。

しかし、おかずのボリュームもあるので、ご飯とおかずのバランスは良いと思います。

スープの味わいは上品で、この店で提供される麺類も、期待が出来そう。

肉はバラ肉で4枚ですね。

価格は980円ですが、内容は価格を上回っているとおもいますが、私としては、

肉の大盛りを注文すれば良かったか?

1280円でどれほどのボリュームか?検証したかった。w

やがて完食。

もう、ガテン系は大喜びの味と内容でしょう。

麺類もおおいに気になるお店でした。

ギャンブルが好きな方は、すぐ近くに伊東競輪があります。

私は、競輪はやりません。

 

ここで一句

    焼肉で

      白飯染めて

           喰らい付く

2017年9月23日 (土)

富士市 京昌園 別館はなれ カルビ3種盛り、シマ腸、カクテキ、生ビール、ハイボール

Dscn0600_2225

22_19
Dscn0599_2226


Dscn0598_2244


Dscn0565_2227


Dscn0567_2228


Dscn0568_2229

22_21
Dscn0569_2230


Dscn0571_2231


Dscn0572_2232

22_23

Dscn0573_2233


Dscn0576_2234


Dscn0577_2235


Dscn0579_2236

22_24
Dscn0582_2237


Dscn0584_2238


Dscn0587_2239

22_20
Dscn0589_2240


Dscn0593_2241


Dscn0594_2242

22_22
Dscn0596_2243

男の価値観って、背中だよな。

スーツではなく、ワイシャツ1枚、Tシャツ一枚で醸す世界。

偉そうなことを言っても、背中の丸い奴って、ダメだよな。

出来る奴の背中、出来ない奴の背中。

張っているか、丸まっているか。

真っすぐか?曲がっているか?

白いワイシャツ1枚の背中。

薄いベールが描く世界、それこそ人生。

疲れた背中はすべて、縮んで見える。










私が旅に出て、夜の楽しみと言えば、飲むこと。

普段、なかなか居酒屋に行けないので、ホテルに泊まり、歩いて行ける範囲で飲む。

これが良いのですよ!

取り敢えず、歩いて帰ることが大前提なので、飲み過ぎ注意で飲みますから、

酔ってきたな?と思ったらそこで打ち止め。

介護者がいれば、とことん飲みますが、ソロで飲むときは理性があるうちにやめます。

昔、北海道などで、訳が分からないくらい飲んで、いろいろあったので。w

今回、ホテルのすぐ隣にある「京昌園 別館はなれ」ですが、2度目の訪問となります。

前回は、クリスマスで来たのか?

前回の記事を読むと、少し虚しさがあるな。w

昨年のクリスマスに来て、8千円近く、飲み食いをしたようだが、今回は少し抑える。

昼間に沢山食べたので、それほど食べたくはない。

店に入ると、指を一本出し、1人だと告げる。

すると、この日は客が少ないのか、スムーズに案内される。

前回と似た様なテーブルに案内される。

この店の良いところは、完全個室みたいな感じで仕切られるので、一人で来ても

気兼ねなく、焼肉や酒を楽しむことが出来る。

メニューを見ると、ロース5種盛りか・・・いや、カルビ3種でいいでしょう。

税抜き2980円のカルビ3種盛りと、シマ腸780円、カクテキ400円を注文する。

白菜キムチでもいいのだが、量が多かったので、食べ過ぎでもジアスターゼ酵素のある

カクテキの方がいいでしょう。

飲み物は当然、生ビール税抜き550円。

それほど待たずに焼肉登場、記念撮影をし、かんぱ~い!









カルビは一応、2人前らしい。

上カルビ、中落ちカルビ、特選カルビとあるが、どれも良いサシの入りですね。

シマ腸は前回食べて、美味いと思ったのでリピートです。

まずは生ビールをぐいっ!とやり、シマ腸から焼く。

私は、ひとつひとつ焼いて摘むことにしているので、まとめ焼きはしません。

焼き上がったので、卓上のタレをアレンジし、いただく。

モグモグ・・・ウメ~~~!!!!!シマ腸が濃厚で美味いよ!!!!!

なんか、体に悪そうな脂が多いみたいだけど、この濃厚さは、クセになりますね。

味噌ダレの味わいも良いですよ、白飯があったらさぞかし進むでしょうね。

次にカルビを焼きますが、中落ちカルビという、サイコロステーキみたいなものを焼く。

焼き上がったら、口に放り込む、モグモグ・・・ウメ~~~!!!!!

こちらも、脂質異常症になりそうな脂が、悪魔の囁きの様な美味さを生み出す。

むは~~、美味いわ!

これならビールがススムということで、お替り。

上カルビも船場吉兆の女将の囁きみたいな、誘惑を感じる美味さがあります。

特選カルビは、悪魔が来りて肉を焼く、というところでしょうか?

魅惑を感じる美味さでした。

本当に、今回のカルビの3種盛りは、個人的には大当たり。

脂を拭い去るために、ハイボールを注文。

カクテキは、大根の時期はまだ早いと思われ、大根自体の味わいは少ない。

味付けは、ニンニクを感じさせるものの、少し、フルーティーな味わい。

生ビール2杯、ハイボール2杯を空けたところで、腹がいっぱいになる。

読者にしてみれば、「この程度で?!」と思うかもしれないが、私は普段は夕食抜き。

ましてこの日は、昼間の焼肉定食が効いているので、もはやこれまで。w

それに、1時間ほどかけてじっくり焼きながら飲んだので、腹が膨れました。

カクテキも、量が多かったし。

お会計をすると、全部で6739円。

高いのか?安いのか??

多分、富士に泊まったら、また行きます。w

帰路、コンビニで缶ビールとハイボールを買いました。w

 

ここで一句

    個室なら

       裸で食べて

           いいですか?

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水