フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

栃木県 グルメ

2017年5月 8日 (月)

日光市 ゆばとそば処 いづみや ゆばそば

22
Dsc_6756

Dsc_6757


Dsc_6758


Dsc_6759

22_2
Dsc_6761

22_3
Dsc_6762


Dsc_6763

日光で食べ物と言うと、湯葉。

それしか思いつかない。

勿論、周辺にはラーメン店やレストランなどがあるが、この日、胃の状態は良く無い。

ホテルで朝飯もしっかり食べたので、腹が空かない、

胃に負担の少ない蕎麦を選ぶことにしたが、どこで食べるか?

車を止めた駐車場周辺を歩くと、湯葉を使用したトマトラーメンやハンバーガーだと。

湯葉も新しい波が来ているね。w

湯葉自体、インパクトのある味ではないので、インパクトを求めると、そうなるか?

すると、元祖湯葉蕎麦を名乗る店がある。

ここでいいか・・・









店の名前はいづみや。

泉美を連想させますね。w

外観は新し目で、綺麗ですね。

店の予備知識などは当然の事ながら、まったくありません。

中に入ると先客は2名ほど、寂しいですね。

テーブル席オンリーの店内は、外観と同じで、新し目で綺麗。

メニューを見ると、湯葉蕎麦か五目湯葉蕎麦以外、選択肢が無いように思える。w

少し迷うが、湯葉蕎麦にした。

税込1000円であるが、内容を考えると少し高めかな?

いつもは大盛りにするが、もたれ気味の胃だったので、普通盛に。

それほど待たずに蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目はカマボコの様な湯葉が目立つ。

内容は巻き湯葉、佃煮湯葉、揚げ湯葉の3種が入っている。

ではまずは蕎麦をズルズルと・・・手打ちではないですね、でも自家製麺ぽい印象。

不揃いの蕎麦がそれを証明している気がする。

コシはまあまあある方だと思うが、蕎麦としての印象は弱い気がする。

次にお出汁をいただく。

事逗ずずz・・・意外と薄味ね。

ショッパサが来るかと思ったら、意外や意外、まろやか。

湯葉という食材を使用しているので、味が濃いと湯葉の風味が飛ぶ、とお考えですかね?

ところで、普通盛を注文したが、意外とボリュームがある。

丼ぶり一杯に蕎麦が入っており、大盛りを注文しなかったが、満足できる。

次に湯葉をそれぞれ頂くが、揚げ湯葉と佃煮湯葉が、ダシにコクと言うか味を加える。

巻き湯葉は、う~~ん湯葉ね~~と言う感じです。

あっさりした蕎麦に、薄味のお出汁、それに湯葉。

お腹はいっぱいになるが、味の印象は薄いですね。

完食はしましたが、天ぷらそばが食べたくなりました。w

あ~、華厳の滝とかいろいろ行きたかったな~。

那須も近いし、悔いの残る今回の旅だ。






ところで、今回の旅行はこれでフィニッシュです。

いろいろ食べ歩きたかったのですが、車の移動距離が多く、あまり歩かず、

腹がそれほど減らず、苦労しました。

中日が雨だったのも残念ですね。

私自身、初めての秋田旅行でしたが、出来れば、もう一泊したかった。

それと、車で行くのは疲れる。w

ドライブが大好きな私ですが、暫く、長距離ドライブはいいや!w

そして、今回の旅行で沢山写真を掲載したので、公開スペースをかなり、消費しました。

ブログを再開し、1年と半年経っていませんが、2.5GBと消費しました。

つまり、あと2.5GBしか残っていません。

今のペースだと、来年の12月まで持つかどうか?

私自身は、東京オリンピックまで書きたいと思っていましたが、無理。w

とにかく、いつまで書けるか分かりませんが、見てくださる方のために、頑張ります!

 

ここで一句

    湯葉よりも

        豆腐を食えと

              思ったよ

2017年4月 9日 (日)

台東区 牛かつ あおな御徒町本店 霜降り黒毛和牛

22_12

Dsc_5574_412


Dsc_5575_413

22_13
Dsc_5577_414

22_14
Dsc_5578_415

Dsc_5580_416

22_15
Dsc_5581_417

Dsc_5582_418

22
Dsc_5583_419


Dsc_5584_420

22_17
Dsc_5586_421

22_16
Dsc_5587_422

すき焼きを食べていないね。

このブログで、すき焼きを紹介したことがあったか?

三重県か、滋賀県か忘れたが、豪快で面白いすき焼きを提供する店がある。

そこをご紹介しようと、昨年いろいろ調整したのだが、訪問が出来なかった。

基本的に車での移動が大前提の私、電車で移動すれば、移動時間の短縮になるか?

新幹線で行けば、車内で寝てられる。

今回、新幹線と電車での移動で、車と電車のハイブリッド旅行もいいかも?と、

思った15の夜だった。w









御徒町界隈をうろうろしていた。

飯を食べる為にである。

御徒町と言うと、ぱんちょに入りたくなるのだが、今回はパス。

まだ入ったことの無い店を目指す。

それにしても、昼から飲んでいますね!

昼飲みの出来る店はどこも満席空席待ち状態。

勿論、客がスカスカの店もあるが、この日は月曜日。

老若男女が昼からガンガン酒を飲んでいる。

私は、他人が酒を飲んでいるのを見ると、飲みたくなるタイプ。

そんな私だが、昼から飲んだことはほとんど無いね。

飲むのであれば、夕方5時とか6時頃ですね。

そんな楽しい昼飲みの出来る店の中には、ランチを提供する店もある。

そこで食べるか?と思いつつも、パス。

少し歩くと、牛かつの看板を見つける。

新し目の店なので、そこにした。

そういえば、ローストビーフ丼ブームであったか?

そのムーブメントは、少しは落ち着いたのか?

そこへきて、にわかにビーフカツブームが来たのか?来てないのかい?どっちだい?

店の前には数人の行列が出来ているが、アジア系のフォリナーの皆さん。

スタッフが英語で話しかけるが、うまくかみ合わない。

スマホの翻訳アプリを使ったりで、なんとか注文を得る。

私は流暢な日本語で注文する。

注文したのは霜降り黒毛和牛定食1814円。

この店、白米か16穀米か選べるが、当然、16穀米。

別売りでワサビがあるが、一応、ワサビは付いてくる。

足りなければ、買えということか。

10分ほど待った時点で、中に入れとスタッフが招く。

店内はテーブル席とカウンター席とあり、私はカウンター席へ。

明るい木目のカウンター席の前は厨房になっており、スタッフがテキパキと動く。

すでに注文済みだったので、速やかに料理は提供された。

「娘が写真を撮って、て言ってたわよ」。

隣の中年夫婦が囁いた。

コンデジで撮影するつもりだったが、一眼レフを取り出し記念撮影、いただきま~す!







こざっぱりとした印象の定食であるが、彩りはいい。

まるでラウル・デュフィの絵画を彷彿させる。

サラダも千切りキャベツのライドオンではなく、ベビーリーフなどを使い、鮮やかである。

スタッフの説明だと、まずはワサビで食べろと言う事。

そして、油塩、醤油で食べ、卓上の岩塩もどうぞという。

では、ワサビをのせて醤油に少しつけていただく。

牛かつは薄切りで、大きさもそれほどないが、大盛り系のメニューもある。

モグモグ・・・あれ、ベリーレアで、肉が冷たいね。

こうなると、パン粉を纏った牛タタキである。

だが、霜降りの濃厚な味わいが口に広がる。

肉は美味い!確かに美味い!

牛かつ=アツアツと思うと、面食らうかな?

肉の色を見れば、アツアツには見えないけどね。

確かに、ワサビが合いますね。

牛刺しの世界かな?これはもう、かつという概念は捨てましょう。

サラダには塩ドレッシングと言ったかな?

それをかけていただきます。

サラダは、根菜類などもあり、シャキシャキの食感を楽しめます。

肉と対比させるためでしょうか?

ドレッシングも美味しい。

スープがワカメスープで、こちらは在り来たりかな。

十六穀米ですが、ややモチっとした食感です。

十六穀米だ!ヘルシーだぞ!というような主張は感じません。

肉の繊細な味わいに合わせた様なご飯です。

タレは油塩が面白いと思ったかな?昔食べたレバ刺しのゴマ油のタレみたい。

でも、ワサビだね。

ワサビはたっぷりのせましょう。

辛味は、肉の脂分で消えますよ。

やがて完食。

美味しいと思います。

今回注文したのは霜降りですが、いろいろな部位が楽しめるミックスと言うのがあります。

残念ながら、私の時には売り切れでした。

味はいいと思います。

ベリーレアが嫌いでなければ、是非どうぞ。

 

ここで一句

    冷えてても

        加熱処理は

             済んでます!

2011年11月 8日 (火)

栃木市出流町 元祖手打ち蕎麦 いづるや 名代盆ざるそば5合盛り,天麩羅盛り合わせ

Dsc_1050

Dsc_1039

Dsc_1034

Dsc_1040

Dsc_1042

Dsc_1021

Dsc_1028

どうも秋になってから過ごし易い気候が続き、カロリー消費が落ちている。

人間痩せる為には身体を動かし、汗をかかなければならない。

だが、涼しい気候は汗が出ない。

ならばしょうがない。

食べるもので調整しなければならない。

低カロリー食品で腹を膨らませればよい。

先月、仙人小屋と自然屋とハシゴをしたがキノコ主体の食事なため、

満腹にはなったが体重は増えず、良かったのだが・・・最近へヴィー。

このところ肉が多く、自分で設定しているボダーラインを超えそうだ。

それはマズイ!

ドライブを兼ねてヘルシーな食事を腹いっぱい食べたい!

そこで思いついたのが、栃木県出流町である。

ここは東北道の栃木インターを降りてそれほど時間がかからない山奥に、

蕎麦処がいくつもあり各店が味を競い合っている。

10年以上前に一度訪れた事があり、ブログに載せるにもいい所だと思う。

人生2回目の出流町、土曜だがスムーズに到着できるか?

朝7時前に部屋を出ると一年ぶりの東北道を目指した。

首都高用賀入り口から渋滞をしていたが、大渋滞には嵌らず川口インターに到着。

しかし、東北道に入ってから佐野藤岡から10km近い渋滞。(;´Д`A ```

前もって分かっていたのでここは辛抱。

渋滞を抜け、栃木インターを降りるとナビが教える通りに進む。

ナビが無くても迷い難いと思います。

昔来た時はナビ無しでスイスイでしたから。

しかし、出流町に向かう道路の途上で何が大変かというと、ダンプの往来の多さ。

何故なら道路周辺には石灰岩などを掘り出すプラントが数多く点在する。

道路も出流町に近づくにつれ狭くなり、気をつけないとすれ違いが出来ない所もある。

そこを抜けると出流町である。

私が訪れたのは昔と同じ店、元祖手打ち蕎麦のいづるやである。

到着したのは11時15分くらいであったが、駐車場はほぼ満車。

他県ナンバーの車が多い、すれ違うのはダンプばかりだったがいつの間に・・・w

店内に入ると、一組待ちだったがすぐに案内された。

注文するのは決まっていた。

5合蕎麦である。

5合とは蕎麦粉を5合使っていると意味。

名物は一升蕎麦である。

蕎麦粉を一升使っているもり蕎麦の事です。

この地域独特なものかは分かりませんが、蕎麦を腹いっぱい食べるには最適?

正式には盆ざる蕎麦といい、蕎麦は6合でも7合でも出来る。

前回も5合盛りだったので、どれくらいの量かは分かっている。

付け合わせは当然天ぷらだが・・・舞茸、野菜、海老盛りとあるが、

いろいろなものが入っている盛り合わせにした。

蕎麦が1500円で天ぷらが750円、合計2250円。

しかし、客が引きも切らず入ってくる。

土曜日とはいえ、大繁盛ですね。

数組の待ちのお客が居ますよ。

やがて注文の品が来た。

まずは天ぷらだが、値段の割に寂しいような。

遅れて蕎麦登場。

圧巻ですね。

見た目のハッタリとボリュームは物の見事にシンクロしている。w

改めてこれ、俺一人で食うのかよ?という見た目だが、蕎麦だからね。

5合蕎麦は2~3人前となっているが、私にしてみれば蕎麦の2~3人前なんか楽勝。

まずは蕎麦だけをそのまま啜る。

お!!!

昔より美味くないかい?

昔はボソボソな感じだったが、今回は強いコシと風味を感じる。

見た目は典型的な田舎そばで蕎麦殻の黒い点々が目立つ。

香りもいいね、打ち立て、茹で立てだね。

うん!ここの蕎麦は美味い!!!!!!

ツユは薄目。

薄目だが、蕎麦にはツユを半分くらい漬けて啜りこむ。

いいね~~、美味しいです!

しかし、量が多いため普段は絶対やらないツユにネギとワサビを入れる。

これに天ぷらをつけて食べ、その後蕎麦を啜る。

天ぷらは海老、人参、舞茸、茄子、インゲンの盛り合わせ。

勿論揚げたて。

食べ終える頃に蕎麦湯が登場。

蕎麦湯も全部飲み干しました。

う~~~~~~~~~~~~む!満足!

久々に美味しい蕎麦を腹いっぱい食べた。

このいづるやの他にもお蕎麦屋さんは沢山ありますが、

私としてはここだけでいいと思えるほどクオリティーが高いと思います。

蕎麦好きな方、特に田舎蕎麦ファンの方にはお勧めです!

だいたい2度目に訪れると「味落ちたな?」と思うのが人の常ですが、

間違いなく、昔より美味しいと思いました。

何より客がどんどん来ていました。

他のお店は・・・半分くらいの入りかな?w

栃木インターに割と近い場所に蕎麦の名店あり!

ここで一句

     美味い蕎麦

         蕎麦は側にて

                食べたいね

ここで一言

     ダンプと土埃を抜けるとホッとするね

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水