フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

カレー

2017年8月16日 (水)

静岡市 銀座酒場こさむ もつカレーライス トッピング目玉焼き

22

Dscn0141_1657


Dscn0152_1658

22_2
Dscn0142_1659


Dscn0144_1660

22_4
Dscn0145_1661

22_3
Dscn0146_1662

22_5
Dscn0148_1663


Dscn0149_1664

1_2

Dscn0151_1665

先日、ポニーテール禁止の校則がある。という事を書いたが、うなじにそそられるから

禁止と言うのが理由らしい。

つまり、校則を考えた石頭共のフェチズムを生徒に押し付けている。

そう、考える事が出来る。

恐らく、校長も教育員会も、うなじを見ると興奮するのだろう。

自分たちがこれほど興奮するのだから、若い中学生だと事件になるかも?

そう、考えたのでしょう。

当然、手つなぎも禁止でしょう。

大沢くんと高山さん、可哀想。w



前回トンテキを食べた八木春で、もつカレーライスを食べよう!

すると、kの日は休み。w

ええええ????人生、もつカレーモードなのに!!!

どこかの店が本日の日替わりで、もつカレーライスがあったが、他にないのか?

すると、あったな!

この前、もつカレー祭りの時、もつカレーライスを食べたが、その時の居酒屋が

ランチと言う事で、もつカレーライスを出している。

入ってみましょう。

「ランチはもつカレーライスしかないけど」

かき氷売り場にいたマダムが、話しかける。

もつカレーとかき氷があるではないか!

「構いません!もつカレーライスをください!」

「トッピングで目玉焼きとチーズが選べるけど」

「目玉焼きでお願いします」

それほど待たずにカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!














800円と言う価格であるが、福神漬け、ミニサラダなどは無し。

大盛りが可能かどうかは聞かなかった。

何となく、目玉焼きを選んで正解だったと思う。

では一口、モグモグ・・・もつはむにゃむにゃした食感でやわらかい。

ベースのカレーは辛いとは思わないが、スパイスなどを感じる大人向けの仕上がり。

もつの旨みなどがカレーに溶け込み、美味い。

目視で確認できる具材は、もつのみ。

ご飯に対して、カレーのルーは多めです。

ご飯が少ないとも言えるが。w

もつのクセは感じません。

むしろ、缶詰のもつカレーなどの方が、クセを感じました。

居酒屋メニューにはもつカレー焼きそばがあるね、どんな感じなのでしょうか?

目玉焼きを崩し、カレーと共にいただきますが、カレーに目玉焼きって、私自身

かなりご無沙汰な食べ方かもしれません。

カレーに玉子が絡むとマイルドになりますが、このカレーはマイルドはいらないかな?

カレーライスとして食べるのであれば、何か刺激が欲しいかな?

もつカレーうどんなんか面白そうだね。

あるかもしれないけど。

そして完食。

2度目のもつカレーライスですが、美味いには美味い。

辛さ調節が出来ると面白いかな?

珍しくこれの激辛なら食べてみたいと思いました。w

 

ここで一句

     昼間より

        夜のもつなら

             華麗かな?


お盆なのでサービス画像を1枚。

Dsc09866_01

涼しいね~。

2017年8月 5日 (土)

沼津市 夢珉 夢珉カレーセット

22
Dscn1846

Dscn1847

22_2
Dscn1845


Dscn1833


Dscn1834


Dscn1835

22_4
Dscn1836


Dscn1837


Dscn1838

22_3
Dscn1840


Dscn1841

22_5
Dscn1842


Dscn1843


Dscn1844

プレミアムフライデー。

まったく関係なし。

朝は相変わらず早い。

そう、日常など政府の政策で簡単に変わることなど無いのだ。





伊豆家分店はすでに、過去になっていたか。

伊豆家の天丼、その中で分店のかき揚げ丼。

とうとう幻の味になった。

しかし、近所にはラーメン店がある。

未だ訪れた事の無い店、開拓しましょう。

店の名前は夢珉。

ムーミンと読むのであろうが、ここでムーミンを連発してもジェネレーションギャップに

私は落ち込んでしまう。

ここは見栄を張ってでも、ムーミンは使わない。

ユーミン・・・古い。

ファンに逆らっても古い。





メニューを見る。

マジ、安い。

セットメニューはバーゲンというか、プレミアムフライデー。

ただ、最近思うのは俺の金銭感覚は、所帯持ちからするとずれている。

なるほど、所帯持ちのブロガーのブログは悲しい。

大きなお世話だが、悲しい。

そして独身は、虚しい。

人を思う心が乏しい。

でも、カネはある。w

ランチの1000円と言うボーダーラインを超えるか否か?

もっとカネのある者にとっては、レベルの低い争いだろうが。w

しかし、税込み価格690円のセットメニューか、安いね。

町の食堂と言うか、ラーメン店と言う事を考えると、かなり安いでしょう。

そんな店の心意気を感じるメニューを選んでみましょう。

麺類もいいが、何故かカレーライスがあるので、カレーライスのセットをいただきましょう。

選んだのは「夢珉カレーセット690円」辛さが選べるが、デフォルトで注文する。

やがてカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!











挽肉カレーとあったが、何故かウインナーが一本、浮かんでいる。

それと、何故かサラダの破片がカレーに少々浮かんでいる。

そして茹で玉子が半身乗っている。

何故にこのビジュアルなのか?まるでマーク・ロスコの絵を見た様な印象である。

まあ、いい。

目の前にあるのは絵画では無い、カレーライスである。

では一口、モグモグ・・・ややアッサリな印象を感じる挽肉カレーである。

カレールーの味わいは、市販のカレールーからチョイスすると、何になるか?

むしろ、市販のカレールーの方が凝った物が多いと思う。

サービスエリアや駅のカレースタンドで食べるような、香りなどが抑えられた物。

しかし、そこは職人の技が注ぎ込まれ、あとからじわじわとコクが来る。

ウインナーは皮つきのシャウエッセンみたいなもの。

サラダには、ドレッシングがかけられている。

卓上の揚げネギや揚げニンニクの出番はなさそうだ。

カレーのルーが足りないことは無いだろう。

ライスのボリュームもある方だと思う。

そのライスすべてにカレールーが浸み込んでも余りそうだ。

辛さに関しては、全く辛味を感じない。

むしろ、辛さを求めれば!と思った。

じわじわ来る刺激があれば、カレーの評価はまた違う物になるだろう。

やがて完食。

セットというから、ラーメンスープも付くのか?と思ったがそれは無し。

福神漬けの代わりに、白菜漬けとらっきょがついていた。

他の客はラーメンとチャーハンのセットを注文していた。

私も何とか、期間限定の冷やし中華を食べるべく、再訪問をしたいと思った。

 

ここで一句

     ねぇムーミン

         ムーミン知らない

                 時代だな

2017年6月26日 (月)

静岡市 銀ぶらマルシェ 清水もつカレー祭り もつカレーライスとコスプレもいた二十二景

22_11

Dsc_7819_1140

22_12
Dsc_7820_1141

22_13
Dsc_7818_1139


Dsc_7794_1123


Dsc_7795_1124


Dsc_7796_1125


Dsc_7797_1126

22_14
Dsc_7798_1127

22_15
Dsc_7800_1128


Dsc_7801_1129


Dsc_7803_1130


Dsc_7805_1131


Dsc_7806_1132


Dsc_7807_1133


Dsc_7809_1134


Dsc_7812_1135


Dsc_7814_1136


Dsc_7815_1137

22_16
Dsc_7817_1138

22_17
Dsc_7824_1142


Dsc_7825_1143


Dsc_7793_1122

我々は、豊田議員という、新しいダークサイドのヒロインを得た。

学歴、経歴に関しては、キラ星の様な方であるが、性根だけは、泥酔状態の

クソオヤジと変わらないものであった。

さて、今後このダークヒロインはどうなるのか?














毎度の事なのだが、河岸の市やマグロ館で食事をすると、2時間半駐車場が無料。

勿体無いので、いつもエスパルスドリームプラザ訪面に散歩に行く。

しかし、何度行ったか数え切れないほど行ったので、飽きてきた。

清水の次郎長関連も行った。

そこで、清水駅周辺にシフトした。

以前、八木春でトンテキを食べたのだが、あの時、アーケード街など歩いてみた。

はっきり言って閑散としたアーケード街だが、この日は日曜日、何かあるか?

行ってみると、銀ぶらなどと言うイベント?をやっていた。

このアーケード街、清水駅前銀座というらしい。

初めて知った。w

もつカレーがなんちゃらかんちゃらと書いてあったが、風のせいでよくわからん!w

とにかく行ってみるか。


行ってみると、真っ先目に入ってきたのが、コスプレーヤー。

コスプレのお姉ちゃんが5人ほど?

さて、この場合どうしましょう?

声をかけて撮影をするべきか?

一眼レフも持っているし、綺麗な写真が撮れるでしょう。

しかし、東京ゲームショウで筋金入りのレイヤーを見て来た私。

今回は遠慮しましょう。

本当は撮影をしたいのだが、女子高生みたいだし、私のブログで拡散するのは

やめましょう。

遠巻きで撮影をし、更に奥へ行くともつカレー祭り開催中。

歩道の中心にテーブルとイスを置いて、もつカレーで生ビール一杯、

そんなシチュエーションが楽しめる。

もつカレー、この清水ではもつ煮の味がカレーなんですよ。

よく分からないけど。

私自身、もつカレーは何度か食べた気がしますが、やはり缶詰の味が記憶に残る。

缶詰のもつカレー、味がうんぬんよりももつのクセが丸出しで、美味くは無かった。

それ以来、もつカレーは食べた記憶が無いが、八木春にもつカレーライスがあるので、

それを食べる為に再訪問もいいだろうと、考えていた。

しかし、今目の前にもつカレーライスが500円とある。

もつカレーのチヂミとかコロッケ、餃子などいろいろアレンジメニューもある。

居酒屋こさむの前にあった店で、もつカレーライスを注文する。

「静岡新聞の取材が来たよ~」

ん?と思ったら、それらしき女性が一人、カメラを持って撮影しているが、

もしかして、私もその関係と思われました???w

確かに、この場で一眼レフを持っているのは目立つ。w

ま、そんなのは気にせず、もつカレーの撮影を済ます。

さっそくいただきましょう。

もつカレーの中は、もつしかないね。

当たり前かもしれないが、じゃが芋ニンジンなどは無し。

500円などでカレーのサイズは半カレーサイズかな?福神漬けなどは無し。

では一口、モグモグ・・・美味しい。w

自慢するほどもつカレーを食べてはいないが、このもつカレー美味い。

まず、もつのクセがまったく感じられない。

カレー自体はとろみがあり、ご飯によく絡む。

メインのもつは非常にやわらかい。

これ、もつが苦手な方でも大丈夫でしょう。

ムニムニ食感がダメだ!という方以外は、美味しいと思うでしょう。

辛さは子供でも大丈夫な辛さです。


「はい、パパとお嬢ちゃん、一緒に並んで撮りましょう」

静岡新聞のお姉さん、隣で忙しいな。w

何枚撮影をしているのだ?w何だったら俺が撮ってやろうか???w

やがて完食。

空いた器は、買ったところが引き取ってくれました。

その後、アーケードをぶらぶらして帰るのだが、アーケード周辺を3周くらいした。w

おかげで無料駐車場代の2時間半、有意義に使いました。

ワニの串焼き?食べたかった。w

 

ここで一句

     もつカレー

         美味い店なら

               ハズレ無し?

2017年6月10日 (土)

伊東市 わらじ庵 カツカレーそば

22_12
Dscn1148_1068

22_13
Dscn1161_1069


Dscn1149_1070

22_14
Dscn1150_1071


Dscn1151_1072


Dscn1152_1073


Dscn1154_1074

22_15
Dscn1155_1075


Dscn1156_1076

22_16
Dscn1158_1077


Dscn1159_1078

22_17
Dscn1160_1079

天網恢恢疎にして漏らさず、という諺があるが、淫行恢恢疎にして漏らさず、だな。

小出はJINでいい役者だな~と思っていたが、もう、復活はありえないな。

酒癖が悪いらしいが、まあ、人間誰しも酔えばおかしくなる。

私もそうです。w

しかし、ねえ~未成年の淫行はまずいよ。

それと食べログね。

あれもまずいよ、主食がうどんの人。

あちらからフォロワー申請が来たんだよね。

こちらもフォローしたけど。

何で、一緒に過剰接待の席に誘ってくれないのか?w

奢るのはよくあるけど、奢られたことが無いぞ!

奢って!ww










どこのイベントか忘れたが、岩手県の駅-1とかいうパンフレットを貰った。

それを最近になって、中身を熟読しているのだが、カツカレーそばというのがある。

カツカレーそばか・・・試しに検索してみる。

提供している店があるが、福岡とか遠いわ!w

う~む、カツカレーそばを食べる為に、岩手まで行くのか???

そんな時、私の記憶の片隅で、どこかでカツカレーうどんの看板を見たような・・・

最近、老化の激しい我が脳味噌だが、食い物に対する執着心は衰えてなかったか?

伊東市にあったわ!

よし、行ってみよう!









よし、着いた。

車は有料駐車場に止めた。

店の名前は「わらじ庵」。

初訪問になるが、この界隈の店は何軒か食べ歩いている。

何より、福福亭まで歩いて数分の距離である。

恐らく、通り過ぎた時にカツカレーうどん?と思ったと思う。

思ったと思うので、その様に思ったのである。

食べる事に関しては、サスーンクオリティーな記憶力を誇るな。w

丁度開店したところであった。

店内には先客が5名ほどいた。

一応、メニューを見るが、カツうどんって何よ?

カツカレー蕎麦を目当てに来たが、カツうどんとは何じゃい?

普通に考えれば、かけうどんの上にカツがのる。

いや~、気になりますね。

ところで、カツカレー蕎麦は1700円か。

税込とはいえ、いい値段だな。

私としては、大盛りにしたいところだが、大盛りだと2000円近くになりそうだ。

取り敢えず、カツカレー蕎麦1700円を注文する。

私は、カレー南蛮に関して、蕎麦とうどんと選べるのであれば、蕎麦を選ぶ。

うどんは何となく味が分かる様な気がしましてね。

蕎麦だと、何かイレギュラーな味わいがあるかもしれない。

「ここは煙草は吸えるのですね」

先の客がスタッフのお姉さんに尋ねる。

「ええ、うちは煙草は大丈夫なんですよ」

蕎麦屋で煙草が吸えるのも珍しいね。

すると、吸い始める。

まだ食べていないからいいけど、食べている最中だったら最悪だな。

それにしても待つ。

自分一人が待っているわけではなく、先客の爺様、婆様の4人も待っている。

やがて、ジイサマ、バアサマに天ざるが出され、次の爺様に蕎麦が出る。

そして私の番、

20分ほど待ったか?

最近、待たされることが多いような気がする。

今回は、ちゃんと順番通りの提供だが、満席になったらどうなるやら?

では、記念撮影をし、いただきま~す!










ビジュアル的にはなかなか宜しいのでは?

普通盛りを注文したが、ボリューム感がありますね。

まずはお出汁を事逗ずずz・・・ややあっさり目かな?

ダシは出ていますが、カレー南蛮と言うことを考えると、個人的にもっとガツンと

来た方が好みでございます。

蕎麦は細切りです。

大盛りを注文しなかったが、蕎麦の量はケチケチせずに、たっぷり入っています。

では、カツをいただきましょう。

カツは厚みは特にありませんが、カラリと揚がっています。

では一口、モグモグ・・・カツのサクサク感はありませんが、肉から衣が剥がれる事も無く、

カレーの浸みこんだカツは美味いですね~。

先ほど、ダシはあっさり目かな?と書きましたが、カツの旨みとの相乗効果で、

コクが出ますね。

肉自体は筋などを感じることもなく、普通に噛み切れるやわらかさ。

入れ歯でも大丈夫かな?勿論、肉自体も美味い。

う~~~ん、これは美味い!!!

生玉子がのっているので、玉子を崩し、蕎麦に絡める。

蕎麦は細切りだがブツブツ切れることもなく、汁をたっぷりとその身に纏う。

アツアツなので、火傷に注意しながら蕎麦を啜る。

蕎麦のややざらっとした食感と、カレー南蛮が合うね。

具にはスライスした玉葱が少々ですか。

味は濃いとは思いません。

卓上に七味があるが、一切のカスタムアイテムを使用せずに、食べ続けます。

先述したように普通盛りですが、ボリューム感はあります。

お出汁もたっぷりで、半ライスがあってもいいかもしれません。

やがて完食。

お出汁も完飲です。

カツのコクがお出汁に浸み出て、食べ進むうちに美味いよな~、と感じました。

後は価格かな?税込み1700円は天ざるそばの並みより50円安いだけ。

ああ・・・でも食べてみる価値はあるかな?

味とボリュームには満足しました!

あと、昼時は禁煙にしてくれ~!

 

ここで一句

     カツカレー

        お米だけでは

              勿体無い?

2017年5月20日 (土)

静岡市 とんかつ宇田川 カツカレー

22_20

Dscn0792_980

22_21
Dscn0793_981

22_22
Dscn0794_982


Dscn0795_983


Dscn0796_984

22_23
Dscn0797_985


Dscn0798_986


Dscn0799_987

22_24
Dscn0801_988

最近やらなくなった事。

ウォーキング、筋トレ。

いけません!これはいけません!無理をする必要はありませんが、日々鍛錬。

昔は、3か月でジョギングシューズに穴が空いたのに、半年ほど履いていない。

これはイケません!

だから、旅先で上り坂を見ると、絶望感を感じるのです。w

さて、いつから開始しするか、トレーニングを。w





ホビーショーは1時間少々いたかな?

どこかで飯を!と考えたが、メッセ周辺は特に飲食店が無い。

メッセにフードコートやらなにやらあるが、食べたいと思わない。

駐車場から出て、どこかで食べるか。

そう考え、駐車場を出ようとすると、まさかの渋滞。

駐車場を出るまで渋滞、出ても渋滞。

あ~~~~、何なんだ!この界隈は!

それでも何とか渋滞を切り抜け、静岡市内を走りだす。

この時点で、私の脳内の選択肢は、素麺の楽亭か宇田川の2択であった。

楽亭どこだったか?とか考えているうちに、宇田川に決める。

ようやく宇田川に到着すると、時刻は1時半を過ぎていた。

ランチタイムを少し過ぎたが、営業はしていた。

中に入ると、先客の残した食器が、テーブルに置いてあった。

カウンター席は誰もいなかったので、いつも通り、カウンター席へ。

すると、愛のファミリー劇場と思っていたオヤジさんは、エキサイトしていた。

未だ片づけられていない食器を見る限り、忙しかったのであろう。

丁度その時、他の客が頼んだカツ丼が運ばれた。

なるほど、忙しい上にカツ丼か、アドレナリンが放出されるわけだ。

私が、カウンター席に座ると、オヤジは奥様にブツブツ言ってた。






約1年ぶりになるのか?

昨年の8月に訪問をしたようだ。

注文するのは決まっていた。

カツカレー970円を注文する。

その後も客が入ってきて、ロースカツ定食のAだBだと注文が入る。

「はい、ロース入れたよ」

「ロース出るよ!」

渡る世間は鬼ばかりの様である。

「こんなところにバケツを置いて、邪魔じゃないの?」

奥様も負けずにやり返す。

この日、この時間帯は夫婦二人で切り盛りをしているためか、余裕がないのだろう。

それにしてもこの夫婦、当たり散らしてもすぐ冷める。

これが阿吽の呼吸なのであろう。

傍から見ると、おいおいと言う部分があるが、これがこの夫婦の営業姿勢であって、

ちゃんと、料理は出てくるので、心配はいらない。

私としてはここ数年、愛のファミリー劇場みたいな雰囲気だったので、

久々の緊張感?である。w

やがてカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!











ランチのカツカレーとの違いは、皿の大きさと模様か?

ランチのカツカレーと比べ、気持ちボリュームがあるように思うのと、カレーに玉葱が!

「味噌汁・・・」

オヤジが遅れて味噌汁を提供する。

味噌汁の中は、大根、油揚げ、ネギのようだ。

ではカレーを一口、モグモグ・・・あ~~~~~ウメ~~~~~~!!!!!!

このカレー、カツカレーのためだけのカレーなんだよね。

辛さなどは特に感じないが、実に奥深い味のするカレーである。

カレーライスというメニューが無いのが、不思議に思うほど美味い!!!!

スパイスの味わいなどは薄めだが、コクがあります。

ルーに脂肪分などは無いようだから、かなりしっかりダシを取っているのでしょう。

カツは勿論揚げ立て。

アツアツで、口の中が火傷しそうなほどである。

カツはやわらかく、脂身も美味い。

あ~~~~美味いな~~~!!!!

この値段でこの味、私の中では最高のコスパのカツカレーですね。

ご飯は気持ち、多い感じ。

ホカホカのご飯で良いですね。

味噌汁も具が多く、たっぷり入っております。


一段落したのか、奥様がお冷の継ぎ足しに回ります。

忙しくても、気配りは忘れません。

やがて完食。

オヤジ、満足~~~~!!!!

ここのカツカレーは最高だ!!!

今回は、宇田川愛の劇場第1幕のつもりだったが、宇田川劇場第7幕にした。w

今回は、シン・宇田川だった。w

 

ここで一句

     平和より

        たまには欲しい

              刺激感

2017年5月18日 (木)

伊東市 二番館 ビーフカレーランチ、ホットコーヒー

22_10

Dscn0788_924


Dscn0776_925


Dscn0777_926


Dscn0778_927


Dscn0780_928

22_11
Dscn0781_929


Dscn0782_930


Dscn0783_931


Dscn0784_932

22_12
Dscn0785_933

Dscn0787_934

稀勢の里の化粧まわしが、北斗の拳のラオウになるらしい。

更に、懸賞幕に歴代スカイラインが登場するという。

その前に、ベルばらの懸賞幕が出たりして、相撲ファンではない者の、

興味を惹こうとしている。

何しろ、私もその戦略に釣られている。w

稀勢の里には天将奔烈か北斗剛掌波を是非とも、披露してもらいたい。w










山菜とか魚を沢山食べると、カレーとかソースの味がするものが食べたくなる。

腹いっぱい、ヒラマサのカマを胃に詰め込んだが、まだ何か詰め込めそうである。

しかし、ここはコーヒーでも飲んで、一服しよう。

伊東市内で割と贔屓にしている二番館に行ってみた。

店の前に一番館があり、どちらにするかはお好み次第。

ただし、二番館にはハヤシライスが無い様だ。

こちらの店、喫煙可である。

ランチなど、割と魅力的なのだが、喫煙可なのがランチ時は悲しいね。

まあ、田舎の喫茶店なので、仕方がないが、東京オリンピックで喫煙はどうなるのか?

「ご注文は?」

「ビーフカレーランチ、ホットコーヒーで」

まだ食うのか?

食うのだ!

カレーなのですぐに登場、記念撮影をし、いただきま~す!









カレーはソースポットに入れられてきました。

レトロ感のある喫茶店ですが、提供方法もレトロ感アリですね。

そういえば、この店のど真ん中に、戦艦大和の大きな模型が置いてあります。

この店、3回目だと思うが、今頃気が付いたか?w

カレーをライスにかけて、では一口、モグモグ・・・香りが少々独特かな?

自家製カレーなのでしょうが、こってりした味わいの中に、独特の香りを感じます。

何だろうな、この香り?カレーではあまり使われないような香りだな。

辛さはほとんど感じませんが、甘口とは思わない。

ライスの量は、標準的な量だと思います。

何しろ嬉しいのは、カレーソースの量が多い。

足りなくて白飯だけ食べる、というのは無いだろう。

特に具らしいものは感じませんが、ドロッとしたソースは色々な物が溶け込んでいます。

う~ん、美味しい。

あっという間に完食。

そして、コーヒーが登場し、一服。

食後にコーヒーを飲むなんて、滅多にない人生を送っていると、感じたこの日であった。w

ああ・・腹が一杯。

 

ここで一句

    華麗には

         生きられないが

                加齢する

2017年4月18日 (火)

足柄上郡 すず華 カレーセット

222

Dscn0369_429

22_2
Dscn0370_430


Dscn0373_431

22_3
Dscn0374_432


Dscn0376_433


Dscn0377_434

22_4

Dscn0381_435


Dscn0383_436


Dscn0384_437


Dscn0386_438

22_5
Dscn0387_439


Dscn0389_440


Dscn0390_441


Dscn0391_442

今回の桜前線、よく歩く。

歩くのはいつもの事だとしても、上り坂が多い。

長興山も距離はそれほどでも無いが、ひたすら上りの階段。

そして、これから公開される桜前線も、上り坂であった。

上り坂2連発、お楽しみにしてください。

その前に、栄養をつけないと!

寄という地であるが、以前も書いたが、蝋梅で初めて訪問をし、何となく気になる場所。

その寄で、枝垂桜祭りをやっている。

蝋梅で来た時に、枝垂桜なんかあったか?ならば、確認してみよう!

だが、飯だ。

気になっていたのだが、寄という地に食堂などはあるのか?

テレビ神奈川のデビの番組で、パン屋らしきものがあるのは知っていたが、

ちゃんとした食堂はあるのか?

あった!

すず華という食堂があった!

店の事を調べてみると・・・すでに訪問してネットにあげている者がいたか。w

恐らくネットでは、2番手になるのか?

蓮舫だったら2番でも褒めてくれるな。

店の前には川が流れ、喉かな風景である。

店専用の駐車場の確認は出来なかったが、すぐ近くに公衆トイレがあり、

無料の駐車スペースというか、空き地がある。

どこかの会社の営業マンが、会社の看板を背負った車の中で寝ている。

サボっているのか?休憩をしているのか?

この場合、同じサラリーマンとして、休憩をしていると思うしかない。

彼は、恐らく昼飯を済まし、休憩をしているのだ。

そんなサラリーマンを横目に、店に向かう。

訪問時間は13時20分頃であった。

この店、昼の営業は14時までなので、急いで食べよう。

中に入ると、先客は2名。

年配の夫婦が2人であった。

店内は、やや暗めの印象で、中央に大きな一枚板のようなテーブルがあり、

窓側には、掘りごたつ風なテーブル席がある。

先客が中央のテーブル席にいたので、私は窓側に。

因みに、中央のテーブルは、5~6人は大丈夫と思われる。

靴を脱ぎ、テーブルに座る。

メニューは、壁と卓上にあるが、卓上に無いメニューが壁に貼ってあったりする。

その中でも焼きカレーか・・・まさかの焼きカレーだな。

カタ焼きそばも面白そうだな。

メニューにはセットメニューがあるが、何がセットかよくわからない。

「セットって何が付くのですか?」

接客担当のマダムにクエスチョンしてみる。

すると、カレーセットとかチャーハンセットと言うのは、ラーメンプラスミニカレー、

ミニチャーハンという意味である。

ラーメンにミニ天丼でも面白いかもしれないが、私としてはド定番のミニカレーにした。

940円になる。

先客はラーメンを注文していた。

やがて、セット登場、記念撮影をし、いただきま~す!



それにしても、先客のオヤジ、よく喋るわ!

ず~っと喋りっぱなし。

男のお喋りは好かないね。w

サラダが付き、ミニカレーといいながらも、半カレーに近いね。

ラーメンはまるまる一人前だし。

コスパに関しては、いいのではないだろうか?でもラーメンは530円なんだよね。

まずはラーメンから行きましょう、スープを事逗ずず・・・う~~ん、美味い。

香りが、昔懐かしいラーメンの香りです。

まあ、カンスイの香りともいえますが。

醤油ダレが強調されたものではなく、ふんわりと醤油が香る感じ。

しっかりとダシが出ていて、美味しいスープです。

次に麺を啜ります。

麺は細麺ストレート、やや、やわらかい印象ですが、その中にもコシを感じます。

うん、美味しいラーメンだ!でも、ワカメは要らないかな?

シンプルで美味しいラーメンだけど、ワカメの味と香りは要らないかも?

次にカレーをいただきます。

カレーのルーの中には、小さな肉片があり、その他には具は見当たらない。

では一口、モグモグ・・・少し辛味を感じる大人の味わい。

何となく、業務用の様な気がしないでもないが、業務で使用だから業務用でもいいのか?

旨みのあるカレーで、どっしりとした味わいがあります。

カレーを食べた後、ラーメンスープを啜ると、スープが負けたわ。w

昔懐かしいラーメンは、大人の味わいのカレーの主張に負けたわ。

カレーの味が口に残り、ふんわりした美味さを感じなくなった。

先に麺を食べていてよかったわ。

サラダは、ドレッシングがすでにかけられた物でした。

やがて完食。

内容的には満足です。

味も、コスパもい違法だと思います。

何より、店の周囲のシチュエーション。

アナタも、ここでさぼりたくなるかも???w

 

ここで一句

     息抜きを

        それを世間は

             さぼりだと!

2017年4月 7日 (金)

台東区 東照宮第一売店 カレーそうめん

1_8
Dsc_5422

Dsc_5423

1_9
Dsc_5425



Dsc_5403


Dsc_5404


Dsc_5405


Dsc_5408


Dsc_5410


Dsc_5411


Dsc_5412
1_10
Dsc_5413



Dsc_5415


Dsc_5416


Dsc_5417
1_11
Dsc_5418



Dsc_5419

井の頭公園から上野公園にやってまいりました。

今年も、上野公園の桜をご紹介したいと思いますが、平日だというのに、凄い人です。

桜前線ではなく、花見客前線になりそうです。w

少し、公園内を様子見していると、突然カレーそうめんの幟が目に入る。

はて?一昨年に来た時に、こんな幟はあったか?

気が付かなかった、というのが正解だろうか?

それと共に、何となくテレビで見たような気がする。

胃の中はメンチカツだらけだが、素麺ならするりといけるでしょう。

中に入ると満席。

スタッフが相席でもいいか?と言われ、大丈夫と答えるが、少し待てと。

暫し席が空くまで待つ事にした。

店の外観は、非常に年期を感じるもの。

この店の名前はどこにあるのだ?と探すと、店の横にあった。

店の名前は「東照宮第一売店」。

上野の東照宮の参道入口付近にある売店である。

外から見ると、ジュース類やお土産類が置いてあり、よく見ないと中で食事が出来ると、

思えないかもしれない。

もっとも、ここで食事?と思ってしまうかな?失礼だが。

席が空いたので、中に入ると、山小屋と海の家を足したような・・・w

中も年期を感じさせる。

メジャーな方のサイン色紙もあり、割と有名みたいですね。

注文は勿論、カレーそうめん600円。

ところどころに、支払いは料理と引き換えらしい。

それほど待たずにそうめん登場、記念撮影をし、600円をお支払いで、いただきま~す!










茹でた素麺の上にカレーがかかっているだけぢゃないか!

遠目から見たら、カレーライスに見えるかもしれない。

ところで、素麺といえば静岡の楽亭。

あそのこカレー素麺と比べると、貧弱な心象は否めない。

しかし、味じゃ!

味はどうじゃ?

「温かいうちによく混ぜて食べてね」

スタッフの上野マダムが、食べ方を指南する。

言われた通りに、よ~く混ぜる。

マリスミゼル。

混ぜたところで食う!

ところで、スプーンとフォークか?

フォークでくるくるして食べる。

モグモグ・・・美味いな。w

カレーは玉葱などの甘みが出ているし、ベースがしっかりしている。

恐らく、ラーメンスープを使用しているのでしょう。

バーモンドカレーの様なカレーだが、旨みを感じるカレーです。

辛さは殆どありません。

具には玉葱と豚肉くらいしか、確認できません。

素朴な味わいでありながら、美味い。

家庭で出そうで出せない味わいかな?

カレーライスの注文が多いのも納得。

素麺は、注文ごとに茹でており、しっかりとコシを感じるし、のど越しもいい。

私は七味をかけてみた。

うん、ややスパイシーになり、香りも大人だね。

ボリューム的には物足りないが、600円だからね。

やがて完食。

ラーメンとか食べてみたいですね。

桜見物のお客で、次々とお客が来ていましたが、お客同士が席を譲りあったりして、

いいね~、日本人は!!!粋だね!!!

しかし、不忍の池周辺を散策していたら、自転車に乗ったじいさんが転んだのよ。

すると、近くにいた欧米系の初老の夫婦が、ダイジョウブデスカ?と手助けしたのよ。

じいさん、ありがとう、大丈夫!と何度も言っていたね。

てやんで~!江戸には、上野には、国籍関係なく、人情がいっぱいだぜ!

なんか、胸がいっぱいになったぜ。

 

ここで一句

    上野では

        アーメンよりも

             そうめんか?

2017年3月27日 (月)

小田原市 すき家小田原西店 黒毛和牛ビーフカレー

Dscn0267
1
Dscn0255

1_2
Dscn0256



Dscn0258


Dscn0261

1_3
Dscn0263

1_4
Dscn0264



Dscn0265


Dscn0266

さあ、休みだ!

お出かけだ!

朝飯だ!

と、言うわけで、すき家に。

お邪魔したのは小田原西店。

本来であれば、またもや魚市場食堂で食べればいいのだが、すき家が期間限定で、

カレーを販売している。

カレーといえば、ポークカレーがすき家にはあるが、黒毛和牛だと。

ポークカレーを贔屓して、何度か食べているので、気になりました。

朝の9時ころにお邪魔しましたが、先客は数名ほど。

カウンター席に座り、メニューを見ると、キムチ牛丼が気になるが、こちらのメニューは、

他の方にお任せしましょう。

私は、牛丼はあまり食べません。

ハンバーグ、牛丼は私が意識的に食べないものです。

いつの日か、私がお勧めする牛丼やハンバーグをご紹介出来たら、そう思っております。








ビーフカレーは税込で890円。

辛さは1種類。

何故かワカメスープが付く。

リケンとのタイアップですか?

リケンのワカメス~ぷ!

並盛と大盛りがあるが、並で十分でしょう。

すぐにビーフカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!










カイエンペッパーかチリペッパーがかけてある。

香りは特に特徴がある香りは感じない。

見た目は欧風カレーである。

これと同じような物を吉野家で提供しているね。

ボリューム感は並でも十分と思えるが、これは890円の食いものである。

すこし、寂しくないかい?

もっと食べたくないかい?

アンちゃんは、そう、思ったよ。w(分る方だけ分る)

まずは一口、もぐもぐ・・・

モグモグ・・・

も~ぐたん(分る方だけわかる)

濃厚なルーであるが、旨味がトギャザーしない。(分る方だけ分る)

味自体は悪くは無いが、旨味不足と思う。

ルーの中には、肉のみが存在する。

スジ肉というか、旨味が出そうな部位を使い、味を構築しようとしているが、

ポークカレーに比べ、気合いが空回りしている気がする。

思うに、高価格路線を狙っていると思うが、ならば選択肢を多くしてほしい。

つまり、辛さである。

私は辛い物が苦手だが、このカレーを食べて思ったのが、辛さが欲しいと思った。

脂肪分が多く、コラーゲン等も多いゆえに、口当たりはまったりである。

それ故に、刺激を求めたい。

むしろ、辛口濃厚黒毛和牛カレーライスで良いと思う。

ガキは食べないでしょう!これは。

辛さと濃厚のバランスを求めては?

ポークカレーと同じ辛さでは、差別化は難しい。

むしろ、刺激と旨味の絶妙なバランス、この方向性が良いかと。

ワカメスープ、完飲しました。w

期間限定で試すのはいいけど、チャレンジ精神を感じないものを客は求めるかね?

何を提供し、何を得ようとしているのか?

何を客に食べさせたいのか?

その結果、何がプラスになるのか?

違いますかね???





ここで一句

     味よりも

        何かを感じ

            快感を

 

2017年3月18日 (土)

静岡市 戸隠エスパルスプラザ店 カレー丼セット(おろし)

22

Dsc_4714


Dsc_4715


Dsc_4716

22_2
Dsc_4717


Dsc_4718


Dsc_4720

22_3
Dscn0129


Dscn0131


Dscn0132


Dscn0133


Dscn0134


Dscn0135


Dscn0136

22_4
Dsc_4723


Dsc_4724

清水河岸の市からエスパルスドリームプラザまで、何度歩いた事であろうか?

思えば清水という地に、良く来るようになった切っ掛けは、平家物語である。

勿論、CR平家物語である。

設置店が減り、とにかく平家物語を打ちたい!それだけで清水まで来たこともある。

今は、その店も無くなっている。

まさしく、諸行無常。

あの当時は、パチンコをするだけで、どこかで食事をした記憶が無い。

どこかで食べたと思うが、思いだせない。

食べていない可能性の方が高いかもしれない。

そして今、清水まで来てパチンコなどすることは無く、何かを食べて帰る。





この日は、遊歩道にフリーマーケットが出ていた。

「小遣い稼ぎになるのでは?」

そんな気持ちでの出店であろう。

しかし、小遣い稼ぎになるには、需要と供給が必要である。

需要がかなり少ないと思われるその場を離れ、ドリームプラザへ行く。

わざわざここまで来たのは目的があり、ホワイトデーのお返しである。

話は変わるが、ホワイトデーの当日、コンビニでコーヒーを買った。

セブンカフェなので、セルフで落とす方式のコーヒーなのだが、横に同じくコーヒーを買った

見も知らぬおばはんが、「今日はあれね、関係無いけどホワイトデーね」。

なんか知らんが、ヒトの顔を見ながらニヤニヤしている。

「ああ・・・」私は適当に流した。

何を言いたいのか分からないが、見知らぬアンタに、何か渡せ!と言うのか?

それとも何か?ホワイトデーのお返しを買ったのか?とでも言いたかったのか?

ちゃんと、当日の前に買っておいたわ!w

お返しやら、土産やらこの日はいろいろ買い込み、もう一軒行くか!ということで、

未訪問の店を探す。

すると、ドリームプラザ内の蕎麦屋に興味がいく。

店の名前は「戸隠そば」。

確か、静岡市内に本店があり、人気のある店だという情報は得ていた。

その支店らしいので、入ってみることに。

行列も無く、中に入ると、席に案内される。

カウンター席は無いようで、テーブル席のみになる。

私の隣は女性2人で、近いよ。w

テーブルの隣席との間隔は、広かったり、狭かったりする。

出入りの関係であろう。

注文する物は決まっていた。

セットメニューである。

丼ぶりものと蕎麦の組み合わせだが、この店の売りは冷たいおろし蕎麦の様なので、

それとカレー丼のセットにした。

税込みで1080円である。

注文を済ますと、刻みねぎの入った入れ物が出てきた。

少なくとも、出てきたネギは全部使っても、文句は言われそうは無い様だ。w

やがてセットが登場、記念撮影をし、いただきま~す!












大きなグラスにたっぷりの水が入っている。

最初はお茶であったが、メニューによっては、水も提供されるようだ。

カレー丼を食べれば、水が欲しくなるからね。

見た目のボリューム感は、価格相応という感じです。

おろし蕎麦であるが、最近似た様な景色を見た。

静岡駅前の三久である。

あの店は茶蕎麦での提供であったが、この店は普通のお蕎麦。

普通のお蕎麦と言う表現は、正しくないかもしれないが、普通である。

恐らく、この店のおろし蕎麦が人気なのであろう。

それをマネされているとも言えなくもないが、根拠も無いので断定は避ける。

そばつゆはすでにかけられているので、美しきビジュアルを崩し、混ぜ混ぜする。

絹さや、海苔、天かす、大根おろし、おろし生姜の具材を蕎麦と共に混ぜ合わせる。

ところで、この蕎麦は手打ち?違うようね。

では一口、ズルズル・・・おつゆは甘さも辛さもやや控えめ。

一口食べて、凄くワサビが欲しいと思ったのですが。

しかし、ワサビは無いようです。

仕方がないので、ネギと七味を投入し、少し刺激を求めました。

これ、ネズミ大根みたいな大根おろしだと、面白い味になるだろうね。

その分、価格も上がるだろうが。

蕎麦はしっかりしたコシを感じます。

俗にいう二八蕎麦なんだろうけど、結構しっかり感のある蕎麦です。

私はやや刺激が欲しいと思ったけど、大根おろしと生姜でさっぱりと、

いただくける味ですね。

人気があるのも分かる様な気がします。

次にカレー丼をいただきます。

カレー丼は、カレー南蛮に使う様な、透明感のあるもの。

カレールーではなく、カレー餡ですね。

玉ねぎとかしわ肉が見えます。

レンゲが付いてきたので、それでいただきます。

モグモグ・・・うん、美味しい。

まさしく蕎麦屋のカレーです。

ダシが効いていて、これは美味い。

辛さは控えめで、これなら私も発汗をしなくて済みそう。w

すると、ここで蕎麦湯が出てきた。

ウソ!皿のお蕎麦で蕎麦湯?






セットには味噌汁が付いてきますが、こちらも美味しい。

先に蕎麦を食べ終え、カレー丼も完食。

蕎麦湯をお皿に残ったおつゆに足します。

大きな杯で飲むように、蕎麦湯を飲み干す。

ボリューム的は大食いの方には物足りないでしょうが、年配者には十分でしょう。

次回は本店に入ってみたいと思いました。






帰り道、ぬこ達に癒されました。w

 

ここで一句

     御蕎麦屋で

        傍にいたのは

              お姉さん

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水