フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

そば

2017年7月10日 (月)

伊豆市 イズーラ修善寺そば処 椎茸そば(冷)

Dscn1573_1282

22
Dscn1574_1283


Dscn1583_1292


Dscn1584_1293


Dscn1575_1284

22_2
Dscn1576_1285


Dscn1577_1286


Dscn1578_1287

22_3
Dscn1579_1288


Dscn1580_1289


Dscn1581_1290


Dscn1582_1291

修善寺駅の立ち食い蕎麦の店で、男女2人の中学生が椎茸蕎麦を食べていた。







「大沢くん、今 私のお蕎麦食べたでしょう?」

「い、いや・・・た、食べてないよ」

「うそや、私がスマホ いじっている間に椎茸とった!」

「・・・美味しそうだったから。椎茸が美味しそうだったら」

「それが理由?」

「本当だよ」

「大沢くん、私と間接キスしたかったのとちがうの?」

「ち、ちがうよ!」

「大沢くん、顔が真っ赤や!」

「高山さん、ちがうよ、ちがうよ」

「ほな、椎茸蕎麦の味を説明してよ」

「分かったよ・・・蕎麦は挽きぐるみみたいな感じで、蕎麦の色が黒っぽい。

やや幅があって、のど越しはツルツルした食感。いざ食べてみると蕎麦の風味も強く、

美味しい蕎麦です。椎茸はどんこと呼ばれる種類かな?と思わせるほど、肉厚。

その肉厚の椎茸を甘辛く煮て、蕎麦のトッピングとして使用。

ボクが頼んだのは、冷たい椎茸そばだけど、のど越しがよく、冷たいおつゆも

出汁もそこそこ感じ、しょっぱ過ぎずに美味い。でも、椎茸蕎麦として食べてみると、

椎茸の味と蕎麦の味が相反すると思う。椎茸は勿論美味いけど、蕎麦の具としては

味が甘辛すぎて、蕎麦とマッチしていないと思う。むしろ、この椎茸は白飯のお供が

合うのではないかとボクは思う。そしてこの蕎麦であれば、ぶっかけ系が美味いかと。

おろし蕎麦みたいなのが合うと思うし、実際メニューにもそのような物がある。

冷やしメニューであるならば、冷やし貝割れ蕎麦がお勧めだし、実際店のお勧め。

こんなところでしょうか?」



「大沢くん、凄いわ!まるでどこかのコンパニオンばかり撮影しているブロガーみたい」

「ぼ、ボクはコンパニオンは撮影しないよ」

大沢は一眼レフカメラを出した。

「ふ~ん、では誰を撮影するの?」

「・・・」

「聞こえないわ」

「た、高山さんを撮影したい・・・」

「大沢くん、それって・・・」

「うわ~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

大沢はそのままどこかに走り去ってしまった。

高山は大沢の残した荷物を胸に抱きかかえた。

その顔には笑みが漏れていた。















今回の内容、ラジオが好きな方なら分かる。

分からない方は永久に分からない。

ああ!!青春っていいな~~!

 

ここで一句

    甘酸っぱい

        大人になると

             酸っぱいだけ

2017年7月 6日 (木)

厚木市 ゆで太郎 夏野菜とゲソのかきあげそば(冷)

Dscn1525

22_9
Dscn1524

22_10
Dscn1511

22_11
Dscn1512


Dscn1513


Dscn1514

22_12
Dscn1515

22_13
Dscn1516

22_15
Dscn1518


Dscn1520


Dscn1521

22_14
Dscn1522

22_16
Dscn1523


Dscn1527

小田原厚木道路を東名の前で降りる。

すると、いつもと違う光景があった。

降りてすぐにゆで太郎が出来ている。

ゆで太郎・・・私の初体験は池袋に会議で出張で来た時だった。

何か朝飯を食べないと死ぬな?と思ったので、たまたま見つけたゆで太郎に入る。

そこで食べたのが、元気玉そば。

中に入っていたのは、生玉子、肉、揚げ玉だった。

この時、ジャンキーな蕎麦を提供するな、と思ったが、食べてみると蕎麦のレベルが高く、

おつゆはともかく、立ち食いレベルでは結構、味の良い蕎麦を出すな、と思った。

2012年に初めて行ったが、池袋の店は何故か無くなっていた。

その時、サービス券を貰ったが、無料サービスが充実し、他の店で使うか?と思うも、

都内以外ではなかなかゆで太郎がない。

富士そばや箱根そばは沢山あるのに。w

すると、私にしてみればランチの行動範囲である厚木に出来た。

これは行くしかあるまい!

ゆで太郎の蕎麦がまた、食べる事が出来る。

私はワクワク和久井映見の心境で、店に訪れた。

入口には現在お勧めのメニューが飾ってある。

中に入ると新しいので清潔感があるが、セルフサービスなので、椅子やテーブル、

ポップなどに汚れや乱れがある。

まあ、これは利用する側が、セルフサービスの範疇をどこまでか?を考える事により、

改善もされるし、改悪もする。

つまらぬ経営視点で考えながらも選んだのは、夏野菜とゲソのかき揚げ蕎麦大盛り。

税込みで620円になる。

注文後、ぼけ~っと待つ。

店内では自家製麺コーナーがあり、スタッフが製麺作業をしている。

人件費を考えると、単価の安い蕎麦をより多く、長い時間沢山提供できるか?

それ以外、営業収支を黒字に持っていく方法は無い。

客単価を上げるにはセットメニューがあるが、カツ丼、海老天丼、カツカレー、豚バラ丼と、

いろいろ充実はしている。

やがて番号を呼ばれ、蕎麦を取りに来いと呼ばれる。

かき揚げは揚げたてね、ワンダフル。

蕎麦を受け取った反対側にトッピングコーナーがある。

ゴマやわさび、七味、紅ショウガなどいろいろ置いてある。

私が注文した物を考えると、七味、ゴマ、揚げ玉かな?

お~~い、揚げ玉空っぽだぞ!補充を頼むよ!かき揚げを頼んでも揚げ玉が欲しいの。

ではテーブルに着席し、記念撮影をし、いただきま~す!












620円と言う事を考えると、まあまあのボリューム感でしょうか?

標準的ともいえますが、セルフなんだからもっと盛れよ!と思いたくもなる。

まずは蕎麦をズルズル・・・う~~ん、シコシコ!!!チュルチュル!!!

やはり、ゆで太郎の蕎麦は美味かった!

のど越しや食感を考えると、そば粉と小麦粉の割合は同割りでしょうか?

二八レベルは無理だし、三七の割合も価格を考えると無理。

ならば四六か五五でしょうね。

それでも、自家製麺のおかげでしょうね、蕎麦の風味も感じるし美味い。

立ち食い界の中では、間違いなく美味しい!(いつも座って食べているが)

その分、おつゆがマイルド過ぎるかな?

蕎麦にはインパクトを感じるが、おつゆにはインパクトを感じない。

かき揚げはサクサクですね、美味い!

ゲソや枝豆などが入り、ボリュームもなかなか。

山葵が欲しいので、ワサビを投入するが、小袋入りで面倒だな。

やがて完食。

これから、サービス券があるのでちょくちょく利用しそうです。

とにかく、私の行動範囲にゆで太郎が出来た!

ありがたいことです。

 

ここで一句

     茹でたては

        すし太郎では

             無いですね

2017年7月 4日 (火)

鎌倉市 みの和 皿そば

22

Dscn1481_1246


Dscn1482_1247


Dscn1483_1248

22_2
Dscn1484_1249


Dscn1485_1250

22_3
Dscn1486_1251


Dscn1487_1252

22_4
Dscn1490_1254


Dscn1491_1255


Dscn1492_1256


Dscn1493_1257

テレビで、肉汁うどんを紹介をしていたのよ。

急にたべたくなっちゃった。

しかし、埼玉か・・・遠いな。

さすがの私も、都内を抜けるコースは遠いし、つらい。

そうなると、近場と言うか横浜あたりまでで店を探すしかないか。

いろいろ検索をしまして、何軒か探し当てました。

この先ちょこちょこ、肉汁うどんが登場すると思います。






平塚と大船に肉汁うどんを提供する店がありました。

まずは大船から行きましょうか。

ナビに店を入力すると、迷わず到着をしましたが、途中松竹前という交差点がある。

松竹前?大船映画村?鎌倉シネマワールド!!!

そうです、私は鎌倉シネマワールドのオープンの日に現場にいた、数少ない生き証人。w

あの時、誰一人として役者さんなどに出会うことはありませんでした。

そのシネマワールドもあっという間に無くなり、鎌倉女子大学になった。

撮影所も無くなったようです。

歴史を感じますね。

ところで、何でその時鎌倉シネマワールドのオープン日にそこにいたのか?

自分でも謎です。

唯一、撮影した写真がありますが、外観だけだし。w

昔から、挙動不審の私です。

ところで、目指すお店には駐車場が無いので、離れた有料t駐車場に車を止めます。

歩いて店まで行き、店内へ。

11時過ぎの時刻だったが、先客は無し。

店内はシックで落ち着いた内装であるが、こじんまりとしている。

テーブル席がメインになる。

メニューを見ると、おや?肉汁うどんは?大きなメニュー表には、肉汁うどんの名は無い。

セットメニューやらなにやらあるが、皿蕎麦?ボリュームがありそうですね。

急に浮気心が沸いてきた。w

皿そば720円ですが、かき揚げ、トロロ、なめこおろしと3種類の中から選ぶ事が出来る。

私はかき揚げを選んだ。

ボリュームを確認すると、蕎麦の量は約400g、2人前以上あるらしい。

注文後、何気に卓上やら壁のメニューを見ると、肉汁うどんがあった!w

う~~ん、まあいいや!また来ればいいし!

それほど待たずにお蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!










簀の子が敷いてあるとはいえ、なかなかのボリューム。

蕎麦は見た目で判断すると、手打ちではない。

機械打ちですね、コスパ考えれば当然そうなるでしょう。

では蕎麦を一口、ズルズル・・・しっかりと蕎麦の風味も感じ、コシもある。

細いが長い蕎麦ですね。

つけ汁はたっぷりとはいっているが、つゆは辛目。

どっぷりと浸けるとしょっぱいので、半分ほど浸し、味の調整をする。

ネギとワサビが多めですね。

特に、ワサビの量が多いです。

この場合、ワサビを蕎麦に擦り付けて、中尾彬風に食べます。w

もっとも蕎麦好きなら誰でも知っている食べ方ですね。

かき揚げは干しエビが中に入った物。

つゆに浸し、サクサクと食べます。

揚げ技もなかなかですね、からっと揚がっています。

蕎麦は確かにボリュームがありますが、するするといけます。

他の客も皿蕎麦を注文をしていますね、人気メニューなのでしょう。

やがて完食。

蕎麦湯をいただき、まったりとします。

コスパに優れたメニューだと思います。

蕎麦って、物足りないよね、という方にはもり蕎麦が2人前で720円食べられる、

と、言う事を考えると、お勧めです。

次回は必ず肉汁うどんを注文します。

 

ここで一句

    肉汁が

      あっさり軽い

           皿になる

2017年6月10日 (土)

伊東市 わらじ庵 カツカレーそば

22_12
Dscn1148_1068

22_13
Dscn1161_1069


Dscn1149_1070

22_14
Dscn1150_1071


Dscn1151_1072


Dscn1152_1073


Dscn1154_1074

22_15
Dscn1155_1075


Dscn1156_1076

22_16
Dscn1158_1077


Dscn1159_1078

22_17
Dscn1160_1079

天網恢恢疎にして漏らさず、という諺があるが、淫行恢恢疎にして漏らさず、だな。

小出はJINでいい役者だな~と思っていたが、もう、復活はありえないな。

酒癖が悪いらしいが、まあ、人間誰しも酔えばおかしくなる。

私もそうです。w

しかし、ねえ~未成年の淫行はまずいよ。

それと食べログね。

あれもまずいよ、主食がうどんの人。

あちらからフォロワー申請が来たんだよね。

こちらもフォローしたけど。

何で、一緒に過剰接待の席に誘ってくれないのか?w

奢るのはよくあるけど、奢られたことが無いぞ!

奢って!ww










どこのイベントか忘れたが、岩手県の駅-1とかいうパンフレットを貰った。

それを最近になって、中身を熟読しているのだが、カツカレーそばというのがある。

カツカレーそばか・・・試しに検索してみる。

提供している店があるが、福岡とか遠いわ!w

う~む、カツカレーそばを食べる為に、岩手まで行くのか???

そんな時、私の記憶の片隅で、どこかでカツカレーうどんの看板を見たような・・・

最近、老化の激しい我が脳味噌だが、食い物に対する執着心は衰えてなかったか?

伊東市にあったわ!

よし、行ってみよう!









よし、着いた。

車は有料駐車場に止めた。

店の名前は「わらじ庵」。

初訪問になるが、この界隈の店は何軒か食べ歩いている。

何より、福福亭まで歩いて数分の距離である。

恐らく、通り過ぎた時にカツカレーうどん?と思ったと思う。

思ったと思うので、その様に思ったのである。

食べる事に関しては、サスーンクオリティーな記憶力を誇るな。w

丁度開店したところであった。

店内には先客が5名ほどいた。

一応、メニューを見るが、カツうどんって何よ?

カツカレー蕎麦を目当てに来たが、カツうどんとは何じゃい?

普通に考えれば、かけうどんの上にカツがのる。

いや~、気になりますね。

ところで、カツカレー蕎麦は1700円か。

税込とはいえ、いい値段だな。

私としては、大盛りにしたいところだが、大盛りだと2000円近くになりそうだ。

取り敢えず、カツカレー蕎麦1700円を注文する。

私は、カレー南蛮に関して、蕎麦とうどんと選べるのであれば、蕎麦を選ぶ。

うどんは何となく味が分かる様な気がしましてね。

蕎麦だと、何かイレギュラーな味わいがあるかもしれない。

「ここは煙草は吸えるのですね」

先の客がスタッフのお姉さんに尋ねる。

「ええ、うちは煙草は大丈夫なんですよ」

蕎麦屋で煙草が吸えるのも珍しいね。

すると、吸い始める。

まだ食べていないからいいけど、食べている最中だったら最悪だな。

それにしても待つ。

自分一人が待っているわけではなく、先客の爺様、婆様の4人も待っている。

やがて、ジイサマ、バアサマに天ざるが出され、次の爺様に蕎麦が出る。

そして私の番、

20分ほど待ったか?

最近、待たされることが多いような気がする。

今回は、ちゃんと順番通りの提供だが、満席になったらどうなるやら?

では、記念撮影をし、いただきま~す!










ビジュアル的にはなかなか宜しいのでは?

普通盛りを注文したが、ボリューム感がありますね。

まずはお出汁を事逗ずずz・・・ややあっさり目かな?

ダシは出ていますが、カレー南蛮と言うことを考えると、個人的にもっとガツンと

来た方が好みでございます。

蕎麦は細切りです。

大盛りを注文しなかったが、蕎麦の量はケチケチせずに、たっぷり入っています。

では、カツをいただきましょう。

カツは厚みは特にありませんが、カラリと揚がっています。

では一口、モグモグ・・・カツのサクサク感はありませんが、肉から衣が剥がれる事も無く、

カレーの浸みこんだカツは美味いですね~。

先ほど、ダシはあっさり目かな?と書きましたが、カツの旨みとの相乗効果で、

コクが出ますね。

肉自体は筋などを感じることもなく、普通に噛み切れるやわらかさ。

入れ歯でも大丈夫かな?勿論、肉自体も美味い。

う~~~ん、これは美味い!!!

生玉子がのっているので、玉子を崩し、蕎麦に絡める。

蕎麦は細切りだがブツブツ切れることもなく、汁をたっぷりとその身に纏う。

アツアツなので、火傷に注意しながら蕎麦を啜る。

蕎麦のややざらっとした食感と、カレー南蛮が合うね。

具にはスライスした玉葱が少々ですか。

味は濃いとは思いません。

卓上に七味があるが、一切のカスタムアイテムを使用せずに、食べ続けます。

先述したように普通盛りですが、ボリューム感はあります。

お出汁もたっぷりで、半ライスがあってもいいかもしれません。

やがて完食。

お出汁も完飲です。

カツのコクがお出汁に浸み出て、食べ進むうちに美味いよな~、と感じました。

後は価格かな?税込み1700円は天ざるそばの並みより50円安いだけ。

ああ・・・でも食べてみる価値はあるかな?

味とボリュームには満足しました!

あと、昼時は禁煙にしてくれ~!

 

ここで一句

     カツカレー

        お米だけでは

              勿体無い?

2017年6月 9日 (金)

厚木市 楽食 柚子鴨つゆせいろ+ミニかき揚げ丼

Dscn1146_1053

22_6
Dscn1128_1054


Dscn1130_1055

22_7
Dscn1137_1060


Dscn1134_1059

22_8
Dscn1139_1061

22_10
Dscn1140_1062

22_11
Dscn1141_1063


Dscn1142_1064

22_9

Dscn1143_1065


Dscn1144_1066


Dscn1145_1067

卓球の躍進が素晴らしい。

若い世代が、確実に力をつけてきている。

少子化と言われながらも卓球に限らず、様々なスポーツで、日本人が頑張っている。

これは、東京五輪が楽しみであるが、その前に東京五輪のマスコットも気になる。

今までオリンピックマスコットで、記憶に残るほどのキャラはいたか?

冬季大会の長野五輪のマスコット、スノーレッツのアイテム、持っています。w

今見ると、不細工な鳥ではないか!これだけ見ると、選考落ちの作品にしか見えん!

ゆるキャラに負けないマスコット、お待ちしております。











厚木まで来たので、パチンコを久々にやってみた。

勝ちました!

先月は、ほとんどやらなかったので、小遣い稼ぎになりました。

小遣いが増えたので、もう一軒行きましょう。

適当に車を走らせると、蕎麦屋を発見。

近所には、かつやもどきのチェーン店があるが、以前訪問しているね。

気になるので入ってみましょう。

店の名前は楽食。

十割蕎麦を提供するらしいが、以前あちらこちらで十割蕎麦を出す店がありましたね。

殆ど、潰れたようですが、手打ちではなく、機械でのプッシュ式の蕎麦だったので、

その様な蕎麦で十割ではね、食べないでしょう。

ところがこの店、駐車場に結構車が止まっています。

期待出来そうです。

店の中に入ると、結構御客が入っています。

時刻は午後2時前、1人だと告げると、カウンターにどうぞと。

カウンター席と、テーブル席があるが、カウンター以外はほぼ満席。

メニューを見ると、いろいろあるようですが、カレー南蛮は無いようです。

蕎麦とミニ丼のセットがお勧めの様なので、それにしましょう。

いろいろ悩んだ末に選んだのは、柚子鴨せいろ蕎麦とミニかき揚げ丼のセット。

鴨せいろが1140円でセットで1580円。

注文後待ちます。

・・・

・・・

・・・

15分後くらいかな?私の前に注文した客の品が登場。

もうすぐか?

・・・

・・・

・・・

「お待たせしました」

約25分かな。

待ちましたよ!

後から来た客は、10分少々で提供されましたが?

何だったのでしょうか?

せいろとかき揚げ丼ですが、かき揚げ丼は、ミニと言うには、相応しくないサイズかと。

私自身、せいろよりも丼ぶりが主役かな?と思えるサイズですよ。

ところで、塩が有るけど何に使うの?提供時に説明は無し。

まあ、想像するには、蕎麦に塩をかけて食べろ!ということでしょう。

天丼に塩かける奴もいないでしょうが、天茶にすれば必要か?

私としては、待たされて説明不足なので、久々に心は曇り空ですね。

まずは蕎麦をいただきましょう。

蕎麦は太麺ですね。

極太ではないですが、割と太めの蕎麦です。

こちらも水切り後、少々時間の経過を感じますね。

つけ汁に少し浸けて啜ります。

ズルズル・・・咀嚼を要求するタイプですね。

蕎麦の香りや甘みを感じますね、コシもあります。

細切りの蕎麦を食べる事が多いですが、太めの蕎麦もいいですね。

咀嚼することで、蕎麦の主張をより、感じる気がします。

つけ汁は、鴨肉の細切れが沢山入っています。

合鴨の旨みというよりも、ベースの鰹出汁の方が、良い感じかな?

割とあっさりした鴨汁の印象。

つけ汁は濃い目ですが、蕎麦の浸け具合で調整しましょう。

鴨は細切れですが、ネギは斜め切りで沢山入っています。

鴨ねぎ蕎麦ということでもいいかもね?w

蕎麦を食べ終えたところで、天丼にいきましょう。

立ち食い蕎麦のかき揚げよりも大きいかな?やはり、ミニサイズではないね。w

揚げ立てのかき揚げは、ホクホクで美味い。

丼ツユはあっさりタイプですが、しっかりとかき揚げの味を生かしている。

ご飯もホカホカで美味い。

むしろ、私としては蕎麦よりもかき揚げ丼の方が、好印象。

このかき揚げ丼と味噌汁で、提供してもらえないでしょうか?

やがて完食だが、蕎麦湯がまだ?

蕎麦湯が来る前に、卓上にあったポットは何だ?と思い、おつゆに入れちゃった。

これ、お茶ではないですか!w

すると、気が付いたスタッフが慌てて蕎麦湯を持ってくる。

そのスタッフに、「この塩ナニ?」と質問。

「蕎麦を食べるときに・・・」

最初に言わなければ、分からないよね。

謝罪したけど。

蕎麦湯は濃厚で、それ自体でも十分旨みがある。

蕎麦湯に塩を少し投入し、飲みました。

読者も気分が悪くなるから、あまり文句は書きたくないが、

私としては、久々に相性が悪いというか、ちょっと残念ですね。

 

ここで一句

     分かるのは

         これがホントの

               塩対応

2017年5月 8日 (月)

日光市 ゆばとそば処 いづみや ゆばそば

22
Dsc_6756

Dsc_6757


Dsc_6758


Dsc_6759

22_2
Dsc_6761

22_3
Dsc_6762


Dsc_6763

日光で食べ物と言うと、湯葉。

それしか思いつかない。

勿論、周辺にはラーメン店やレストランなどがあるが、この日、胃の状態は良く無い。

ホテルで朝飯もしっかり食べたので、腹が空かない、

胃に負担の少ない蕎麦を選ぶことにしたが、どこで食べるか?

車を止めた駐車場周辺を歩くと、湯葉を使用したトマトラーメンやハンバーガーだと。

湯葉も新しい波が来ているね。w

湯葉自体、インパクトのある味ではないので、インパクトを求めると、そうなるか?

すると、元祖湯葉蕎麦を名乗る店がある。

ここでいいか・・・









店の名前はいづみや。

泉美を連想させますね。w

外観は新し目で、綺麗ですね。

店の予備知識などは当然の事ながら、まったくありません。

中に入ると先客は2名ほど、寂しいですね。

テーブル席オンリーの店内は、外観と同じで、新し目で綺麗。

メニューを見ると、湯葉蕎麦か五目湯葉蕎麦以外、選択肢が無いように思える。w

少し迷うが、湯葉蕎麦にした。

税込1000円であるが、内容を考えると少し高めかな?

いつもは大盛りにするが、もたれ気味の胃だったので、普通盛に。

それほど待たずに蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目はカマボコの様な湯葉が目立つ。

内容は巻き湯葉、佃煮湯葉、揚げ湯葉の3種が入っている。

ではまずは蕎麦をズルズルと・・・手打ちではないですね、でも自家製麺ぽい印象。

不揃いの蕎麦がそれを証明している気がする。

コシはまあまあある方だと思うが、蕎麦としての印象は弱い気がする。

次にお出汁をいただく。

事逗ずずz・・・意外と薄味ね。

ショッパサが来るかと思ったら、意外や意外、まろやか。

湯葉という食材を使用しているので、味が濃いと湯葉の風味が飛ぶ、とお考えですかね?

ところで、普通盛を注文したが、意外とボリュームがある。

丼ぶり一杯に蕎麦が入っており、大盛りを注文しなかったが、満足できる。

次に湯葉をそれぞれ頂くが、揚げ湯葉と佃煮湯葉が、ダシにコクと言うか味を加える。

巻き湯葉は、う~~ん湯葉ね~~と言う感じです。

あっさりした蕎麦に、薄味のお出汁、それに湯葉。

お腹はいっぱいになるが、味の印象は薄いですね。

完食はしましたが、天ぷらそばが食べたくなりました。w

あ~、華厳の滝とかいろいろ行きたかったな~。

那須も近いし、悔いの残る今回の旅だ。






ところで、今回の旅行はこれでフィニッシュです。

いろいろ食べ歩きたかったのですが、車の移動距離が多く、あまり歩かず、

腹がそれほど減らず、苦労しました。

中日が雨だったのも残念ですね。

私自身、初めての秋田旅行でしたが、出来れば、もう一泊したかった。

それと、車で行くのは疲れる。w

ドライブが大好きな私ですが、暫く、長距離ドライブはいいや!w

そして、今回の旅行で沢山写真を掲載したので、公開スペースをかなり、消費しました。

ブログを再開し、1年と半年経っていませんが、2.5GBと消費しました。

つまり、あと2.5GBしか残っていません。

今のペースだと、来年の12月まで持つかどうか?

私自身は、東京オリンピックまで書きたいと思っていましたが、無理。w

とにかく、いつまで書けるか分かりませんが、見てくださる方のために、頑張ります!

 

ここで一句

    湯葉よりも

        豆腐を食えと

              思ったよ

2017年4月29日 (土)

柴田郡 菅生PA下り 丹誠庵 自家製かき揚げ丼ミニそばセット

1

Dscn0529

1_2
Dscn0510

1_3
Dscn0511



Dscn0514

1_4
Dscn0516

Dscn0519

Dscn0524
1_5

Dscn0521



Dscn0527

1_6
Dscn0532

世の中には、ゴールデンウィークと言うものがあるらしい。

世間の皆様は、最大9連休とかするらしい。

ふ~~ん、なるほどね。



G・Wに休むよりも、平日に休んだ方が得である。

行列も無い、渋滞も無い.

ただ、イベントなどが無い事が多い。

ならばイベントに関係ない事、それは桜前線だ!

桜の開花を追えばいい!

そんな鉄砲玉理論により、休日に出掛ける事になった。

出発時間は午前5時。

もう、寝ないで出掛けるのはやめました。w

本当に、寝不足で死にます。w

睡魔と闘いながらの運転はやめました。

いつもよりも1時間早く起きて、出掛けました。

この日は、目的地まで、飲まず食わずで行くつもりでした。

出発時間が遅かったので、出来るだけ早く、目的地に着くために。

しかし、宮城県の菅生PAで負けました。

ガソリンを給油し、トイレに行ったら腹が減りました。

(蕎麦なら腹が膨れないだろう)

だが、注文した物はかき揚げ丼とミニ蕎麦セット。




ところで、この時点で福島は通り過ぎています。

今年は三春滝桜は無しです。

岩手県の一関にも、桜前線で行きましたね。

今年の桜前線、枝垂れ桜が多いと思いませんか?

これは、私の壮大なる伏線なのです!

桜前線第壱拾四陣、その伏線の意味が明らかになります!








あ、かき揚げ丼ね、蕎麦ね。

美味しかったけど、油切れが悪いと思った。

胸やけはしなかったが、腹が減らないね。w

あ~~~、道路のわきには雪がある!

ここはどこ???

 

ここで一句

    政宗も

       胸やけするか

              かき揚げで

2017年3月18日 (土)

静岡市 戸隠エスパルスプラザ店 カレー丼セット(おろし)

22

Dsc_4714


Dsc_4715


Dsc_4716

22_2
Dsc_4717


Dsc_4718


Dsc_4720

22_3
Dscn0129


Dscn0131


Dscn0132


Dscn0133


Dscn0134


Dscn0135


Dscn0136

22_4
Dsc_4723


Dsc_4724

清水河岸の市からエスパルスドリームプラザまで、何度歩いた事であろうか?

思えば清水という地に、良く来るようになった切っ掛けは、平家物語である。

勿論、CR平家物語である。

設置店が減り、とにかく平家物語を打ちたい!それだけで清水まで来たこともある。

今は、その店も無くなっている。

まさしく、諸行無常。

あの当時は、パチンコをするだけで、どこかで食事をした記憶が無い。

どこかで食べたと思うが、思いだせない。

食べていない可能性の方が高いかもしれない。

そして今、清水まで来てパチンコなどすることは無く、何かを食べて帰る。





この日は、遊歩道にフリーマーケットが出ていた。

「小遣い稼ぎになるのでは?」

そんな気持ちでの出店であろう。

しかし、小遣い稼ぎになるには、需要と供給が必要である。

需要がかなり少ないと思われるその場を離れ、ドリームプラザへ行く。

わざわざここまで来たのは目的があり、ホワイトデーのお返しである。

話は変わるが、ホワイトデーの当日、コンビニでコーヒーを買った。

セブンカフェなので、セルフで落とす方式のコーヒーなのだが、横に同じくコーヒーを買った

見も知らぬおばはんが、「今日はあれね、関係無いけどホワイトデーね」。

なんか知らんが、ヒトの顔を見ながらニヤニヤしている。

「ああ・・・」私は適当に流した。

何を言いたいのか分からないが、見知らぬアンタに、何か渡せ!と言うのか?

それとも何か?ホワイトデーのお返しを買ったのか?とでも言いたかったのか?

ちゃんと、当日の前に買っておいたわ!w

お返しやら、土産やらこの日はいろいろ買い込み、もう一軒行くか!ということで、

未訪問の店を探す。

すると、ドリームプラザ内の蕎麦屋に興味がいく。

店の名前は「戸隠そば」。

確か、静岡市内に本店があり、人気のある店だという情報は得ていた。

その支店らしいので、入ってみることに。

行列も無く、中に入ると、席に案内される。

カウンター席は無いようで、テーブル席のみになる。

私の隣は女性2人で、近いよ。w

テーブルの隣席との間隔は、広かったり、狭かったりする。

出入りの関係であろう。

注文する物は決まっていた。

セットメニューである。

丼ぶりものと蕎麦の組み合わせだが、この店の売りは冷たいおろし蕎麦の様なので、

それとカレー丼のセットにした。

税込みで1080円である。

注文を済ますと、刻みねぎの入った入れ物が出てきた。

少なくとも、出てきたネギは全部使っても、文句は言われそうは無い様だ。w

やがてセットが登場、記念撮影をし、いただきま~す!












大きなグラスにたっぷりの水が入っている。

最初はお茶であったが、メニューによっては、水も提供されるようだ。

カレー丼を食べれば、水が欲しくなるからね。

見た目のボリューム感は、価格相応という感じです。

おろし蕎麦であるが、最近似た様な景色を見た。

静岡駅前の三久である。

あの店は茶蕎麦での提供であったが、この店は普通のお蕎麦。

普通のお蕎麦と言う表現は、正しくないかもしれないが、普通である。

恐らく、この店のおろし蕎麦が人気なのであろう。

それをマネされているとも言えなくもないが、根拠も無いので断定は避ける。

そばつゆはすでにかけられているので、美しきビジュアルを崩し、混ぜ混ぜする。

絹さや、海苔、天かす、大根おろし、おろし生姜の具材を蕎麦と共に混ぜ合わせる。

ところで、この蕎麦は手打ち?違うようね。

では一口、ズルズル・・・おつゆは甘さも辛さもやや控えめ。

一口食べて、凄くワサビが欲しいと思ったのですが。

しかし、ワサビは無いようです。

仕方がないので、ネギと七味を投入し、少し刺激を求めました。

これ、ネズミ大根みたいな大根おろしだと、面白い味になるだろうね。

その分、価格も上がるだろうが。

蕎麦はしっかりしたコシを感じます。

俗にいう二八蕎麦なんだろうけど、結構しっかり感のある蕎麦です。

私はやや刺激が欲しいと思ったけど、大根おろしと生姜でさっぱりと、

いただくける味ですね。

人気があるのも分かる様な気がします。

次にカレー丼をいただきます。

カレー丼は、カレー南蛮に使う様な、透明感のあるもの。

カレールーではなく、カレー餡ですね。

玉ねぎとかしわ肉が見えます。

レンゲが付いてきたので、それでいただきます。

モグモグ・・・うん、美味しい。

まさしく蕎麦屋のカレーです。

ダシが効いていて、これは美味い。

辛さは控えめで、これなら私も発汗をしなくて済みそう。w

すると、ここで蕎麦湯が出てきた。

ウソ!皿のお蕎麦で蕎麦湯?






セットには味噌汁が付いてきますが、こちらも美味しい。

先に蕎麦を食べ終え、カレー丼も完食。

蕎麦湯をお皿に残ったおつゆに足します。

大きな杯で飲むように、蕎麦湯を飲み干す。

ボリューム的は大食いの方には物足りないでしょうが、年配者には十分でしょう。

次回は本店に入ってみたいと思いました。






帰り道、ぬこ達に癒されました。w

 

ここで一句

     御蕎麦屋で

        傍にいたのは

              お姉さん

2017年3月13日 (月)

豊島区 総本家 美濃屋文右衛門 重あい鴨追加3枚

22_20

Dscn0031


Dscn0032


Dscn0033

22_21

Dscn0034

22_22
Dscn0036


Dscn0037


Dscn0038


Dscn0039

22_23
Dscn0040


Dscn0041

会議に行ってもブログのネタ探しをしなければならないとは。w

この日は、噴水広場でイベントやっていましたが、じっくり見ている暇など無い!w

先ほど定食が、あまり腹に溜まらなかったので、次の店へ。

満腹にすれば会議中、眠くなるが、その辺は我慢でしょう!w

サンシャインでランチは、20年近く前から利用しているので、久々にあの店に行くか。

蕎麦屋なのだが、昔から何度か利用している。

ブログを始めてからは、利用していないので、丁度良いのでは?と思った。

店の名前は総本家美濃屋文右衛門。

この店の蕎麦の提供方法が面白い。

小さなせいろに蕎麦を盛り、それを積み重ねていく。

店の前を通ったら、お待たせしません!と言うので入店しようとすると、

喫煙席で良いか?と。

「アイアムはノースモーカー」と流暢なイングリッシュで返事をする。

冗談じゃないよ、煙草の臭いを嗅ぎながら、飯なんか食べたくないよ。

それにしても、サンシャインという場所で、本当に長く、営業を続けている。

ここ数年、出張で利用した同じフロアーの店なんか、何軒か消えている。w

その意味でも、この店を紹介する価値はある。(個人的見解)








やがて席に案内されると、待っている間に注文を済ませていたので、すぐに来た。

確かに早い。

注文したのは、重あい鴨そば980円。

追加せいろが110円の3つなので、全部で1310円である。

早い話が、鴨せいろである。

鴨せいろと考えた場合、蕎麦の大盛りというか特盛に近いので、安いかな?

基本は3段だが、何段でも可能である。

勿論、重ねる高さには限度はあるが。

私は2~3枚追加するのが当たり前だったので、この日は3枚追加にした。

それにしてもよく食う。w

どうせ、夜は食べないので、これでいいのだ。w

蕎麦には、うずらの玉子と海苔、ゴマ、ネギが添えられる。

うずらは珍しいよね?

どうせ鴨せいろなので、つけ汁に全部ぶち込む。

そして蕎麦をつけて啜る。

ズルズル・・・濃い目のつけ汁に、蕎麦が浸され、鴨の脂とつけ汁を纏う。

うん、美味しい。

蕎麦は製麺機でしょうね、とても手打ちとは言えませんが、のど越しがよく美味い。

どことなく、駅蕎麦の様な印象でも無いが、風味も味わいも良い。

つけ汁は濃い目、鴨の脂が浮いているが、嫌味な印象は無い。

鴨肉はペラペラ、昔からペラペラであるが、価格を考えれば仕方がない。

他にネギが浮かぶが、面白いのは牛蒡が入っている。

ささがき牛蒡なのであるが、下味が入っている。

恐らく、親子丼などに併用するのであろう。

つけ汁は、うずらを入れても、それほどまったりするわけではなく、濃い目のままだ。

ところで、味の感想を詳細に書いているが、食べている間は、時間との闘いで、

ズルズルと豪快に蕎麦を啜っている。

早食いは得意ではないが、がっついて食べている。w

すると、早々に蕎麦湯が登場する。

ところでこの店、注文した物すべての提供が早い。

カツ丼であろうが、野菜天蕎麦であろうが、どんどん出てくる。

客の回転重視なのであろうが、時間の無いサラリーマンには重宝されるだろう。

落ち着いて食べたければ、ランチタイムの外した方がいいかな?

蕎麦湯を飲み干し、お会計を済ます。

せいろ1枚のサービス券を貰うが、次にこの店に来るのは何年後かな?

多分、今回は15年ぶりくらいかな???w

さあ、午後の会議だ。

 

ここで一句

     久しぶり

        齢は取っても

             量同じ

2017年3月 1日 (水)

中郡 大磯パーキングエリア上り 肉そば

 
22_3
Dscn0087_278
どうにも納得がいかない。
何故、私は肉そばを選んだのか?
天玉そば、ちく天そばなど、ボリューム感のあるメニューより高い肉そば。
当然、肉がたっぷり入っているだろう、という淡い期待を抱く。
しかし、出てきたのは・・・
Dscn0088_279
異議あり!
この肉そばに意義あり!


Dscn0090_280
価格が400円代であれば納得しただろう。
何故にこれが620円?
ホワ~イ?


Dscn0091_281
ところで、私にとって、大磯パーキングエリアとは、
東に旅立つための中間休憩地点である。
そう、明日の更新を期待せよ!
そのため、今日は手を抜く。w
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水