フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

静岡県 海鮮

2018年6月29日 (金)

沼津市 めし処 晶 刺身定食

777
Dscn4050

Dscn4049

777_2
Dscn4048


Dscn4039


Dscn4037


Dscn4038


Dscn4041

777_3
Dscn4042


Dscn4043


Dscn4044

残り200MB少々。

そろそろ最終回をどうするか?考えないと。

しかし、第壱部が完璧な終了をしたので、アイディアが浮かばない。

誰か、私のブログの最終回に出ませんか?

最終回は人の美で終わらせたいと思うので。

応募待ってます!

無ければ・・・オファーする!

最終回に出てくれと!!(誰に?)







梅雨の時期ではあるが、夏が迫ってきている。

一番、嫌いな季節である。

何故、そんなに夏を毛嫌いするのか?

暑いから。

それ以外理由は無い。

一日中汗をかき続ける。

健康的でありながら、恐ろしく体力を消耗する。

暫く、健康的な食生活をしないと・・・(出来るかな?)










この店、昼間に開いているのを初めて確認したわ!

沼津インターの通称グルメ通り。

そこの国道246号に合流する陸橋付近に、一軒の店がある。

存在は、かなり前から知ってはいたのだが、昼間に開いているのを見たことが無い。

居酒屋なのであろうが、場所的に車が無いとつらい場所。

夜だけ営業の飯処?とも思っていた。

しかし、この日。

店が開いていた。

時刻は11時半、入ってみましょう。

店の名前は「晶」。

恐らく「あきら」であろうか?

店の前が駐車スペースなので、そこに車を止める。

中に入ると、少々雑然とした店内。

やはり、夜は居酒屋らしいね。

座敷席とカウンター席があるが、座敷がメインだね。

私は座敷席に座ると、メニューボードを見る。

定食類がいろいろあるが、煮魚や焼き魚など魚がメインかな?

ならば、刺身定食1000円を選びましょう。

因みに、先客は一人。

厨房内は年配のご夫婦ふたりで、切り盛りをされているが、弁当を作っているね。

弁当5人前を、奥様がどこかに配達に行った。

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











刺身は鯵とサーモン、鮪か。

それに小鉢が3品。

内容的には悪くはないね。

ご飯の量はやや少なめかね?

小鉢はもずく酢、大根の煮物、奴か。

それぞれ小鉢は美味しい。

大根はブリ大根みたいだが、ブリでは無いようだな。

刺身はそれぞれ美味しい。

サーモンは脂がのっているので、美味いね。

鮪もいいと思います。

おかずが多いので、ご飯がすすみますが、私としては量的に物足りないな。

味噌汁は美味しいです。

先客は店主の知り合いのようですが、店主は煙草を吸い始めたな。

またか・・・w

居酒屋ランチは、タバコ遭遇度が高いな。

やがて完食。

禁煙席を欲しい気がするが、難しいね。w

 

ここで一句

     居酒屋で

        健康求む

             無理な事?

2018年6月28日 (木)

沼津市 にし与 生シラス丼

777_5
Dscn4025

Dscn4026


Dscn4027


Dscn4028

777_6
Dscn4030


Dscn4032

777_7
Dscn4033

今月も暇な様で忙しい様な・・・

忙しい様で暇な様な・・・

カネがある様で無い様な・・・

カネが無い様でやりくりをしたとか・・・

ところで、私は独身である。

独身なのに、へそくりがある。

これって、意味があるかしら?










前回、にし与に行った時、地味すぎた。

値段は良いのに、インスタ映えをしない画像であった。

インスタ映えを狙える画像を求め、またにし与に行った。

ところで、私のインスタだがそれがあるとか無いとかは、どうでもいい事。w

私としては、インスタ映えをしている画像を超えたい!

一眼レフをお持ちであれば、みんな考えるでしょう。

沼津港に到着をし、にし与に向かう。

まだ朝が早い時間。

中に入ると、先客は数名。

カウンター席に座り、メニューを見る。

しかし、今回はすでに決めていた。

生シラス丼を食べたい!

何気にこの店の生シラス丼は、ボリュームがあるので時々頼む。

それでも、何か本日のお勧めみたいな物は無いか、メニューを見るが…

無い様なので、生シラス丼1100円を注文する。

それほど待たずに丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!











噂によると、男の客だとご飯の盛りが多くなるらしいこの店。

見た目だけでご飯の量はすでに満足である。

キャラブキの佃煮はいつもの事。

しじみの味噌汁もいつもの事。

私はおろし生姜を醤油に溶かし、まわしかける。

では一口、う~~ん!美味しい!!!!!

生シラスのトロっとした食感が良いですね~。

御飯はホカホカで、、冷たい生シラスとの温度のコントラストもいいですね。

生シラスというと、江ノ島のとびっちょなのだが、未だにあの店には入った事が無い。

周辺の違う店ばかり、入っている。

ところで、静岡の用宗港で生シラス丼を販売しているが、あそこは大きめ。

シラスというよりも、白魚サイズ。

田子の浦港も一度行って、生シラスを食べましたね。

あの時は、シラスが不漁だとか言って、寂しい物でした。

そんな事を考えると、この店はいつも安定している。

味噌汁は、シジミのダシが出て美味しいね。

やがて完食。

ぺろりといただきましたが、ボリューム感は満足です。

丼ぶりにはハズレが無いが、いつになったらカツとハンバーグを食べるのであろうか?

 

ここで一句 

     トンカツは 

         朝食替わりは 

               無理ですな

2018年6月16日 (土)

賀茂郡 大衆磯料理 磯辺 イカの丸焼き+ライスセット

777_25
Dscn3871

Dscn3856


Dscn3859


Dscn3860

777_26
Dscn3865


Dscn3867

777_27
Dscn3868

777_29
Dscn3869

777_30
Dscn3870

今年河津桜を見に行った時、気になる店があったので行ってみた。

・・・本日定休。

毎度の事ながら、ネットで情報を得ていれば、無駄足を踏まなくて良かったはずだが、

この日は火曜日。

水産関係の休日は、何故か水曜日と日曜日に集中している。(個人的感想)

火曜日はやっているだろう!という気持ちで行ったら、休みか。

どうしましょう?

そこで、ある店を思いだした。

前回鉄火丼を注文したが、意外や意外美味い!と思った店である。

私はそこへ行ってみた。







店の名前は「磯辺」。

前回は献立表の中から注文したのだが、ホワイトボードに本日のお勧めがあった。

単品価格プラスライスセット500円だったかな?

鉄火丼2000円オーバーを注文した私だが、単品プラスライスセットでも似た価格になる。

何より、鉄火丼が美味かったので、期待を込めての再訪問である。

11時少し過ぎに入店すると、先客は無し。

丸太の様なテーブル席に座り、ホワイトボードのメニューを眺める。

座敷席だとオーシャンビューになるようだが、丸太のテーブル席でも見えなくはない。

金目鯛にイカ、サザエにかつおか・・・イカの丸焼きでいいんじゃない?

私はイカの丸焼きとライスセットを注文する。

イカが1500円でライスセットが500円で、プラス消費税である。

合計2160円か?いいでしょう。

何より、イカがワタ付きなのが、選んだ理由です。

やはり、イカはワタが無いとね。

暫し待ったのち、定食登場。

記念撮影をし、いただきま~す!









イカはやや細身の印象だが、大きさはある。

ご飯セットのご飯は、器に比べると、少し少な目か?

まずはイカを一口、う~~ん、美味い!!!!!

鮮度に関しては普通と思われるが、やや甘辛のタレがいいね!美味しい。

次にワタの部分を絡めて食べる。

モグモグ・・・濃厚で美味いわ~!

イカの活き造りを今年食べたが、あの時もワタがあった。

鮮度のいいワタは美味かったが、焼くと濃厚さが際立つね。

これは美味い!!!!!

甘辛のタレとワタが絡み合い、ご飯もススム!

何より、これで酒を飲みたいわ!

ビールでもハイボールでも何でも来いだな!ツマミとしても逸品!

イカの身自体は、咀嚼力を求めますね。

よく噛んで食べると、イカの旨みが溢れます。

味噌汁は、ワカメの味噌汁。

プチサラダが付き、香の物が付く。

御飯は少ないかな~、イカが美味いからご飯がススムのは間違いないが、

もう少し量が欲しいな~。

おろし生姜が添えてあるので、それで時々清々しさを感じる。

その後、他の客が入店すると注文したのは「アジ丼」。

こちらはアジのなめろうが、丼ぶりの上にてんこ盛りになっていた。

濃い目のタレがかけられていたね。

それもよさげだね。

やがて完食。

最後まで、濃厚な味わいが消えないものでした。

ずっしりとした味わいを感じるが、タレが濃い目なので少食の方は、後半飽きるかも?

しかし、濃厚で美味いのは事実。

鉄火丼以上に満足しました。

 

ここで一句

    イカ焼きに

       重要スパイス

            ワタなのね?

2018年6月15日 (金)

伊東市 波魚波 特大きんめかま塩焼き定食

777_22
Dscn3854

Dscn3843


Dscn3844

777_23
Dscn3846


Dscn3848


Dscn3849


Dscn3850

777_24
Dscn3852

前回食べた、ひらまさのカマの塩焼きがトラウマになっていた。

もしかしたら、前回を上回るカマがあるのか?

そんな若干新宿2丁目が入った私は、伊東市の漁港直営「波魚波」に行った。

前回訪問時に書いたが、初訪問は凄く印象が良かったが、行けば行くほど印象が落ちた。

そんな逆三段スライド方式な店であったが、これで最後と思った前回の訪問で、

逆転サヨナラ満塁ツーベースヒットを放った!w

約1年ぶりの訪問になるが、今回も逆転サヨナラタイムリーエラーはあるのか?

私は期待を持ちながらも、滑った時の事を考えてオチも考えていた。

店内に入ると、先客は2組か?

私は入店後、左隅のテーブルに座る。

ほぼ定位置の席だな。

この席だと、表の景色はほぼ見えない。

メニューは、この日専用だというものを差し出される。

鰆のカマもいいが、特大金目鯛のカマ焼きか?

それでいいか・・・

「スタッフ~、この特大金目鯛のカマ焼きをちょ~だ~い!ちょ~だ~い!」(盛ってます)

「ご提供まで25分から30分くらい、かかるわよ~」(盛っています)

「いいわよ~、待つわ~。お待ちしますわ~」(盛ってます)

焼き立てが提供されるのは、間違いないので、待つ事にした。

店内は冷房が効いているな。

Tシャツ一枚だと寒いかもね。

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!

大きいには大きいが、驚くほどではない。

綺麗に焼けて美味そうだが、価格を考えると、このサイズで半身の塩焼きでもいいかな?

金目鯛自体が高級魚なので、価格的に2000円オーバーは当たり前として、

先日の千葉のおさかな倶楽部では、中型の金目鯛の煮付け定食が2000円だったか?

そんな事を考える。

カマといいながら、頭部の塩焼きである。

余すところなく、いただきましょう。

身の部分については、美味い!の一言。

皮の部分はパリパリで、身の部分はホクホク。

塩加減はほんのりとした物。

大根おろしが添えられているので、それに醤油を垂らし、身と共に食べる。

ご飯の量は私としては、標準的。

お替りが可能の様だが、お替りはしなかった。

味噌汁は、ワカメの味噌汁。

小付けとして、ひじきの煮物が少し。

カマは目ん玉の部分も食べたが、目ん玉を口に入れることはしなかった。

やがて完食。

美味しかったですが、ボリューム感はどうでしょうか?

見た目のインパクトよりも、腹は満たされないと言うのが本音でしょうか?

つまり、結局身の部分が食べたい!そう思ってしまいました。

鰆かカマスの方が良かったかな?

難しいね~。

この店。

 

ここで一句

    見た目より

        中身が欲しい

              気がしたの

2018年6月 9日 (土)

静岡市 ごはん屋さくら まぐろカツ定食、生シラス小鉢

777_7
Dscn3768

Dscn3767

777_8
Dscn3765


Dscn3743


Dscn3744


Dscn3745


Dscn3746


Dscn3747


Dscn3748


Dscn3751

777_9
Dscn3752


Dscn3755


Dscn3756


Dscn3757


Dscn3758


Dscn3759


Dscn3760

777_10
Dscn3761


Dscn3762

先日、アベマTVでBORDERを全話見た。

面白いよ!

当初、波留と小栗旬の刑事仕立ての恋愛ものと思い、見る気も無かったが、

途中から見たらそんなものは存在せず、結構ハードな刑事ものだった。

しかし、録画などは当然しなかったので前半の数話分はず~っと見られなかった。

今回全話視聴し、その面白さに魅了された。

続編が昨年放送されたが、3年も経過したら・・・でも面白かった。

何とか、続編の続編出来ませんかな?テレビ朝日さん。w







最近、何かと由比に来ているな。

どこか新しい店に入ろうか?それとも・・・

私はごはん屋さくらに入った。

生桜海老丼でも食べるか?と思ったが、この店の日替わりメニューも気になる。

前回、鹿メンチは私としては、ハズレだと思ったが、今回はどうだ?

そんな気持ちでの再訪問である。

開店して間が無く、平日だったため、駐車場も空いておりスムーズに店内へ。

カウンター席に案内され、メニューを見る。

レギュラーメニュー掲載のメニューもあるが、お勧めなのは本日のお勧めメニューである。

この日は、生シラスがあり、生シラス丼もいいかな?と思ったが、鮪カツ定食か・・・

私は悩んだ末に、鮪カツ定食と生シラスの小鉢を注文した。

2つ合わせると、いい値段になるが2000円以内に納まるからいいか?

桜海老が有名な由比であるが、生シラスもいいでしょう!

暫し待つと、生シラスが登場し、定食も登場!記念撮影をし、いただきま~す!







この店の魅力は、アットホームな接客も売りであるが、この鮪カツに関しては

メニューとしても十分魅力的であると言える。

鶏のささ身より大き目な鮪カツが2本と、サラダの盛りがインスタ映えしますな。

生シラスは勿論、オンザご飯ですね。

生シラス丼として食べます。

まずは鮪カツを一口、ソースは一般的なトンカツソースとマスタードベースと思われる物。

普通のソースでいただきます。

う~~~ん、アッサリサッパリしたカツですね、美味い!!!

チキンに間違える方はいないでしょう!間違いなく鮪です。

ジューシー感などは特にありませんが、ヘルシーなカツをいただいている!

少し海の匂いを感じると言うか、美味しいです!

お椀は桜エビなどが入った、お吸い物タイプ。

こちらも美味しい。

御飯はお替り自由で、半分ほどお替りをしました。

途中でマスタードソースに変更すると、ソースよりもいいかな?

サッパリ感が増して、バクバクいけますね。

サラダは千切りキャベツとポテトサラダが付きます。

それらをカツに纏わせて食べるのもいいでしょう。

生シラスは、微かに苦みを感じる。

苦みも旨みのひとつですね。

やがて完食。

腹がいっぱい!(勿論、沖漬け丼のあとですからw)

非常に、ボリューム感がありながらサクサクバクバクといけました!

今回は大当たりですね!

また行きます!

 

ここで一句

      メタボなら

         まぐろのカツで

               ヘルシーに

2018年6月 8日 (金)

静岡市 浜のかきあげや 沖漬け丼セット+かきあげ1枚

Dsc_5881

777_2
Dsc_5860


Dsc_5861

777_3
Dsc_5863


Dsc_5865


Dsc_5866


Dsc_5867


Dsc_5868

777_4
Dsc_5869


Dsc_5870

777_5
Dsc_5872


Dsc_5874

777_6
Dsc_5875


Dsc_5878

初めてではないでしょうか?

我がブログ、思い出に残るイベント5!

2017年東京ゲームショウ

http://zard.air-nifty.com/blog/2017/10/post-8df4.html

3年ぶりのゲームショウは、画像として満足。




2005年東京モーターショー

http://zard.air-nifty.com/blog/2009/07/specialanother-.html

汐見吏沙さん、抜群でした!




2009年東京ゲームショウ

http://zard.air-nifty.com/blog/2009/09/post-9275.html

多分、本格的にイベント画像としてご紹介。




2011年東京オートサロン

http://zard.air-nifty.com/blog/2011/01/post-c32d.html

初期の頃の画像としては、よく撮れていると。


2010年静岡オートスタイル

http://zard.air-nifty.com/blog/2010/04/post-b626.html

こんなマニアックなイベント・・・

カテゴリーにイベント、もしくはイベントコンパニオンがあります。

どうぞ、そちらをご覧下さい。

私自身、汐見吏沙さんのインパクトは本当に強烈!

いまのなお、スプラッシュで仕事を続ける汐見さんに。

出会って良かった!

それだけは、ブログ終了前に伝えたかった!









6月になり、暑い。

この時期、イベントはなんだ?東京おもちゃショー?

う~~ん・・・行かない!

規模は違うが、静岡のホビーショーに行ったし。

段々、出歩くのが苦痛の時期ですね。

歩くだけで汗まみれになる。

ところで、ブログの残りスペースは300MBを切っております。

2~3か月は面白くないネタが続くと思われます。w










そうか・・・10月は終了という事を前提にすると、撮り損ねた画像がある。

私は、由比港に行った。

浜のかきあげやに行き、沖漬け丼のセットとかき揚げ一枚を注文する。

セットを受け取ると、沖漬け丼はいきなり茶漬けにする。

ここまでは前回と同じである。

次に、かき揚げをその上にのせる。

そして記念撮影。

私は沖漬け丼の茶漬けの上に、かき揚げをのぜる画像を撮るために、ここに来た。w

たったそれだけの話である。

前回も同じものを注文したが、かき揚げをのせて天茶漬けみたいにしたら美味いよな!

と、思いつつも最初にかき揚げを載せるのを忘れてしまった。w

秋の漁期にやるか!と思ったが、秋の漁期にはこのブログが終了しているであろう。

たったそれだけのことで、浜のかきあげやに来たのだ!

写真撮影後、食べてみる。

サクサクの食感の茶漬けは美味い!!!

沖漬け丼の茶漬けも十分美味いが、油分が加わることでコクが大いに増す。

ところでかき揚げ丼を注文し、茶漬けにするのも有りだと思うが、

それだと丼ツユを含んでいる。

かき揚げ丼を丼ツユ無しで注文し、茶漬けにして卓上の桜海老の塩で味付け。

それもいいかもしれないが、そんな面倒な事をする方、いますか?w

どちらにしても、今回は裏メニューということで、皆さんの記憶に入れておいてもらえれば、

私はいいかな~と思うわけですよ。

まあ、これで浜のかきあげやのネタも終了でしょうか???

 

ここで一句

     裏メニュー?

        裏に無いから

              表だね

2018年5月20日 (日)

伊豆の国市 伊豆之助 でんでん天ぷら定食

Dscn3563


Dscn3562

111
Dscn3551


Dscn3552

111_2
Dscn3555


Dscn3558


Dscn3559


Dscn3560

111_3
Dscn3561

何かいろいろと忙しくなりそうである。

私の事ですが。

それはそれで、良い事なのかもしれませんが・・・











この日、どこで何を食べようか?

そんな事を考えながら運転をしていた。

特派員から、「沼津の魚河岸流れ寿司どうよ?」と以前勧められたのだが、

私は清水ドリームプラザの店で、それほどいい印象は無い。

そう書くと、悪かったのか?と思われるが、価格的にあら~そうなの~?という印象。

つまり、結構いい値段だったな、という事。

大仁の流れ寿司に入ろうか悩むが・・・やめた!w

そのまま車を走らせると、伊豆之助に入る。

丁度、開店時間だったので、客は私一人だけ。

毎度の事ながら、入口にお品書きがあるので、それを見る。

でんでん天ぷら定食?

鯵アジ定食か鰯のフライ定食にしようかと思ったが、でんでんですか?

でんでんと言えば、お笑い芸人ですよ。

ええ、私も古い人間ですので、でんでんといえばお笑いスター誕生ですか?

知らない方は全く、知らないし、知っている方は、ああ・・・!!と思うでしょう。

そんなお笑い芸人の天ぷら定食ですか?

店内に入ると、お品書きなど一部リニューアルをされていた。

「すいません、でんでんって何ですか?」

私は奥様に尋ねる。

「シロムツの事です」

シロムツは、相模湾で獲れる魚ですね。

私としては、シロムツなら・・・あ~~なるほど~~と思いますが、でんでんでは通じない。

シロムツをでんでんって言ったことなど、一度も無い。

まあ、これは地域性の問題ですが・・・

私はでんでんの天ぷら定食1000円を注文する。

それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











シロムツが3匹にしし唐、舞茸、南京の天ぷらが付き、小鉢として玉子焼き、奴が付く。

味噌汁はワカメだが、桜海老らしきものが浮かんでいる。

では、さっそくシロムツ事でんでんをいただきましょう。

アツアツの天つゆに、大根おろしと生姜を入れ、でんでんを付けます。

モグモグ・・・あふ~~~!!!アツアツでホクホクで美味い!!!!!

でんでんの身は、ばらけやすいので、食べ方を注意しなければならないが、

白身魚でありながら、旨みもあり、これは美味しい!!!!!

キスよりも、個人的にこちらの方が好みかもしれない。

あ~~~美味いわ~~~!!!!!

冷や奴には、醤油を少し垂らし食べる。

厚焼き玉子はしっかり感がある食感で、美味い。

しし唐も、南京も、舞茸も美味しい。

天つゆは品の良い味で、淡白なでんでんの味を損なわない。

私は、白飯を搔き込み食べる。

2匹目、3匹目とでんでんを食べる。

小骨があったのは愛嬌ですね。

ホクホクの身は美味いな~~~!!!

今度、どこかでシロムツの天ぷらがあったら、それを注文しよう!

味噌汁も一般的な美味さでした。

やがて完食。

でんでんの天ぷらは、美味かった!!!

同じものをまた、食べたいです!

でんでんは煮魚が一般的だけど、天ぷらは最高です!

 

ここで一句

    シロムツが

       全然知らぬ

            名前とは!

2018年5月19日 (土)

沼津市 愛鷹PA上り The・黒はん丼

111_16
Dscn3539

Dscn3540


Dscn3542

111_17
Dscn3544


Dscn3545

111_18
Dscn3546


Dscn3548


Dscn3549


Dscn3550

遠出をしたので、もう一軒行きましょうか?

しかし、ランチタイムを過ぎていたし、すでに高速道路上である。

私は愛鷹PAに立ち寄ると、フードコートをチラリと覗く。

あらま!黒はん丼ですって!あらあら・・・おやま~!

これなら、読者様も「それはなんだべや?」と興味をお持ちになるでしょう。

アタシはね、券売機で黒はん丼をぽちっとな!としたのね。

価格は610円なのね。

安いのか高いのか分からないわ。

やがて、おばちゃまが「Aの56番!Aの56番!」と呼ぶのよ。

なんか、刑務所の中みたいじゃない?

刑務所に入ったことは無いけどね。

な~んだ!アタシのことね!と思って、丼ぶりを取りに行ったのよ。

「ご飯に味が付いているので、そのまま食べて」というのね。

あら~、味付きなんだ~と思ったわ。

一応記念撮影をして、お手手のしわとしわを合わせて、いただきま~す!










しらす丼でもいいんぢゃね?

黒ハンペンは一口サイズになっていたわ。

では一口、モグモグ・・・黒ハンペンのフライだけど、味付けは天丼みたいな味付け。

アタシは静岡県人だけど、ハンペンと言ったら白くて厚くてふわふわのやつね。

黒ハンペンは、ブログであちらこちら出掛けるようになり、静岡で食べる事が増え、

へ~、そうなの~~と言う感じで、食べたわ。

白いハンペンと違って、しっかりした食感と素材の魚介の旨みが特徴ね。

全体的にもっさりした味わいね。

何か刺激が欲しいわ。

個人的に、生姜やワサビをベースにした丼ツユでもありぢゃねえのかな?

釜揚げのシラスも淡白な味わいだし、何か薬味か何かで刺激が欲しいわ。

逆にフライをソースで食べさせてもいいかもね?

この辺は、それぞれ好みがあるだろうから、そういうチョイスが出来てもいいわね。

ご飯の量が多い方だと思うわ。

この前に、余脂肪ラーメンを食べたから、少し苦しいかもね。

やがて完食。

食べ終えてから、七味をかけても良かったか?と思ったわ。

 

ここで一句

    黒よりも

       白が好かれる

             ハンペンは?

2018年5月 6日 (日)

静岡市 浜のかきあげや 沖漬け丼セット、かき揚げ追加

223_4
Dsc_4886

Dsc_4869

223_5
Dsc_4870


Dsc_4871


Dsc_4872


Dsc_4876


Dsc_4878


Dsc_4880


Dsc_4881

223_6
Dsc_4883

GWも今日で終わりか・・・

9日連続勤務をしたが、その前に桜前線第十三陣のため、遠出をした。

めちゃくちゃ疲れた。w

9日連続勤務よりも、遠出の方が疲れたわ。w

ところで、毎年GWに訪問者数が前年越えをし、毎年最高を更新してきたのだが、

今年はついに、前年割れの様である。

前年比、マイナス13人少ない。

ついに頭打ちか・・企業でいえば前年比未達で、マイナス成長か?

どうする?

テコ入れが出来なければ、潔く良く散ろう。

それが桜だ。







 

この時期、桜海老を食べなければ。

私のブログでは、恒例行事となりました「桜海老を食べる」。

山菜と同じく、この時期是非とも食べたいものです。

伊勢海老の方が、濃厚で美味いのは分かっています。

しかし、淡白な旨味をぎゅ~っと凝縮した桜海老も、いいものです。

この日、平日であったが、テーブル席はほぼ満席。

時刻は11時頃。

注文時は並ばずに済んだ。

注文したのは、沖漬け丼セットにかき揚げを1枚追加。

内容としては、沖漬け丼、味噌汁、かき揚げ2枚となる。

かろうじて空席があったので、そこに座ると沖漬け丼を持って、ポットのところへ。

沖漬け丼に関して、私はいきなりお茶漬けで行きます。

たっぷりとダシを注ぎ、沖漬け丼全体を浸す。

席に戻ると、桜海老を撹拌し、半生状態にする。

卓上には桜海老の塩、無料の漬物などがある。

私は、漬物をいただくとさっそくいただく。

ズルズル・・・沖漬け丼をサラサラと口に運ぶ。

う~~ん、美味しいね。

桜海老の旨味、海苔の香り、ネギの香り、山葵の香り、ダシの旨味。

贅沢で美味しいお茶漬けです。

かき揚げは、桜海老の塩をかけていただく。

まだ温もりの残るそれは、カリッ!とした食感と桜海老の旨みと香ばしさが口に広がる。

屋根があるとはいえ、港の風を受けながら食べるそれは、美味いな~。

あまり風が強いと、容器が飛ばされるので、ほどほどがいいが。

茶漬けを半分ほど食べたところで、あることを思いだした!

かき揚げで天茶!

私は、かき揚げを投入し、天茶で食べてみた。

これ、いいと思いますよ!

かき揚げはしっとりしながらも、食感は残る。

味噌汁はいつもの通り美味く、漬物で口直し。

やがて完食。

毎度毎度ですが、美味しくいただきました。

当然、秋の漁期にも行きます!

 

ここで一句

     天茶なら

        お茶が欲しいが

               ダシで食う

2018年4月13日 (金)

伊豆市 きびなご寿し 味千 地魚盛り合わせ

157_8
Dsc_4243

Dsc_4244


Dsc_4246


Dsc_4247

157_9
Dsc_4249


Dsc_4250

157_10
Dsc_4252


Dsc_4253


Dsc_4254


Dsc_4255


Dsc_4256

Dsc_4257

157_2
Dsc_4258

157
Dsc_4263


Dsc_4264


Dsc_4265

今年は、桜の開花と私の休日がシンクロしなくて、満開前ばかりでした。

ようやく、満開の画像をお見せすることが出来ましたかな?

ところで、食事に関しては地味目な画像が続きましたので、少し派手な画像を・・・









この店の前をほぼ一年に一度、通過していると思う。

FINAL SEASONなので、来年西伊豆まで来るかどうかわからない。

ならば、今回寄るべきであろう。

店の名前は「きびなご寿し 味千」。

店の情報に関しては、多少入手している。

きびなごに関してはググって欲しい。

私にしては、ワカサギみたいな魚?という印象がある。

ところで、以前西伊豆で鯵寿司を食べた。

鯵寿司自体は、珍しい物ではないだろうが、鮨自体に特徴があった。

さて、どんなものを提供してくれるのか?

店は、国道の横にあるが、側道の様な道に入ることになる。

車は店の前に止めさせてもらう。

入口には、うどんと寿司とかメニューの貼り紙がある。

うどんと寿司でも1300円か?少し高い印象がある。

中に入ると先客はゼロ。

入口のすぐ横にストッカーがあり、そこにはきびなご寿しといなり寿しが陳列してある。

「もしかして、これを買うのか?」

丁度その時、どこかの奥様が一人、入って来た。

店の奥から店主?らしきオバサマが登場する。

「おふたり?お持ち帰り?それとも召しあがる?」

夫婦に間違えられた。w

奥様と言っても30代か?そちらは持ち帰りで、私は食べていくことに。

すると店主は、メニューは一種類しか無く、きびなご寿しだけかそれに、

地魚を混ぜるのか?どちらにする、と聞かれる。

どうも、メニューに関してはバリエーションが少なく、基本、きびなご寿しだけと

思った方が良いようだが、この店、朝早くから営業をしてるみたい。

私の様に、昼頃に訪れる客が珍しいのかもしれない。

何しろ、あと2食ほどしか提供出来ないという。

私は地魚入りのきびなご寿しのセットを注文した。

価格は1700円。

注文後、店内で大人しく待つ。

すると、テイクアウトの予定の奥様は、子供と亭主を連れてきて、店で食べると言う。

持ち帰りのきびなご寿しは、保存性を高める為、酢が効いていると言われたからだ。

個人的には酢の効いた方が好きだが、酢が苦手なのか?

家族3人、まだ決め切らない様だ。

やがて、きびなご寿し登場、記念撮影をし、いただきま~す!

なかなか良いボリュームである。

寿司ひとつひとつの大きさは、結構ありますね。

サラダ、デザート、吸い物、サザエが付く。

地魚はメジナとアカギを使用という。

メジナは知ってはいるが、アカギは知らないな~。

「アカギって何ですか?赤魚みたいな魚ですか?」

すると、店主はそれとは違うという。見せてやりたいが、切ったので原形が無いと。w

ではきびなご寿しを食べてみる。

モグモグ・・・サッパリした味わいである。

きびなご自体の味わいは、それほど特徴のある味ではない。

白魚の様に、クセの無い味わいと少し、プチっとした食感がある。

きびなごの下には、薬味が入っている。

大葉、茗荷、ネギなどが入っており、それぞれ違う味わいになる。

山葵などは入っていない様だが、山葵はいらないかもね。

味が繊細なので、刺激や香りの強い山葵だと、きびなごが生きないのかも。

メジナはしっかりした食感で、旨みが強い。

白身の魚であるが、噛み締めると旨みを感じる。

アカギもしっかりした旨みを感じる。

メジナもアカギも鯛の様な美味さがいいですね。

姫さざえのつぼ焼きは、メスであったか?

肝を最後まで引きずり出すと、最後まで黒っぽい物だった。

しかし、特に苦みなども無く、美味いサザエであった。

サラダは葉物が中心だが、満足感は高い。

シャキシャキ感があり、サラダの素材の鮮度も良いようだ。

途中、吸い物をいただく。

事逗ずz・・・う~~~~~~ん!!!!!美味い!!!!!!!!!!!!

俗に言うアラ汁の分野であろうが、実に旨みが良く出ている。

なんというか、美味すぎてほっとする味である。

細かい骨や鱗なども無く、品よくまとめられている。

あ~~~~~~、このお椀、美味いわ~~~~~~!!!!!

小鉢の酢の物もいただく。

結局、家族連れは店主に促され、お土産のきびなご寿しを買って帰った。

店主は優柔不断なお客ね!とぼやく。

ぼやくのはいいが、客のいないところでぼやいた方がいいよ。

私、一応お客だから。w

デザートを食べて、やがて完食。

美味い!!!!!満足!!!!!

ボリュームもある。

格安なセットもあるが、訪問時は売り切れ。

地魚の入ったセット選ぶが、これは大正解!

メジナ、アカギ、美味しく堪能しました。

来年も西伊豆に行くかもね?w

 

ここで一句

     小さくて

         しかし大きい

              満足度

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 東京都 演劇 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 居酒屋 | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 茨城県 グルメ | 茨城県 旅行、観光 | 茨城県 海鮮 | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水