フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

栃木県 ラーメン

2014年4月 9日 (水)

佐野市 万里 チャーシューメン、餃子

Dscn0549

Dscn0550

Dscn0551

Dscn0552

Dscn0553

Dscn0554

Dscn0555

Dscn0557

Dscn0558

Dscn0562

Dscn0564

Dscn0566

Dscn0568

なんか知らんが、スカイマークのCAの夏服が話題になっている。

スカートが短い!ということで特集をいろいろな番組でやっている。

私としてはもっと凄いものを見て、撮影しているのに、あの程度で宮根誠司などが、

「なんでやねん!」(と言ったかどうかは知らないが)と大騒ぎしている方が、

何を祭の燃料をぶち撒いているのか?と勘繰りたくなる。w

宮根さん、・・・ミヤネ屋で特集をしたりして、アンタ、エロオヤジだね。w

まあ、それをしっかりチェックしているオレも同類だけどね。ww







話題作りに成功したスカイマークだが、佐野ラーメンはどうだ?

宇都宮餃子が消費量全国1位を奪還したが、佐野ラーメンは霞んでいるのか?

いや、さのまるというゆるキャラの登場で、佐野の知名度は上がったと思う。

そんな佐野に久しぶりにお邪魔した。






お邪魔したのは万里。

佐野インターを降りて、5分かかったか?

余所者からしてみれば交通の便は良い。

なんと、この近所にはいってつがあるよ。

土地勘がないとはいえ、この周辺はラーメンの激戦地なのか?

カーナビですぐに店は分かったが、店の前の駐車場はいっぱい。

店の裏手に駐車場があるので、そちらに止める。

店構えは大きい方でしょう。

店内に入ると、中央にカウンター席があり、左右に小上がり席がある。

今回はカウンターに座ったが、小上がりだと相席覚悟らしい。

ちなみに、ダイヤモンド☆ユカイのポスターとサインが何故かあった。w

着席と同時に注文を尋ねられる。

いろいろあるが、チャーシューメン840円と餃子400円を注文した。

ラーメンが出来る間、店内を見渡す。

店は結構、年期を感じる。

この地に店を構えて、相当経過したと思われる。

ところでラーメン作りだが、いっぺんに9杯作っていた。

麺揚げの手際はいいが、9杯か?多過ぎない?

一連の流れを見ていると、最初の一杯目から最後に配膳終了まで、やはり長いね。

だが、ラーメンの完成と餃子の完成がほぼ同時なのは感心。w

私のロットは5杯だった。

やがて、ラーメン完成、記念撮影をし、いただきま~す!










佐野ラーメンでチャーシューメンを注文するのは正解だね!

丼ぶり一面を覆い尽くすチャーシューはどの店もお得感を感じる。

まずはスープを事逗ずずz・・・美味い!!!

一口目から美味い!と思えるほど、よく旨味が出て、インパクトがある。

醤油ラーメンなのだが、しっかりと醤油の香りを感じるスープ。

なるほど、これなら13時過ぎていたが、満席なのも納得!

次に麺をいただく。

麺を引きずり出すと、平打ちの太麺。

手打ちなので、不揃いであるが、幅広い麺はきし麺みたいな印象もある。

ああ・・・刀削麺みたいな印象もある。

どちらにしても、今まで食べた佐野ラーメンの中で一番、幅広麺である。

おもむろに一口啜る。

チュルチュル・・・美味い!ピロピロパロパロした食感ですね!

何となく葛切りのような感触ですね。

う~~む、さすがに麺はやわらかい方かな?

当然、提供するほうもこれでいい!と思って作っているのだろうが、

のど越し、食感共に楽しいが、やわらかいかな~というものはある。

しかし、何でもかんでもカタメならいいか?というものでもない。


チャーシューはやわらかく煮込まれ、美味いね~。

ボリュームもあるし、佐野ラーメンの必須アイテムだね。w

勿論、味付けはラーメンとのバランスをちゃんと考えて、味付けされています。

メンマは業務用ですね。

少し食べたところで餃子が登場。

私は醤油と酢だけで食べるタイプです。

まずは一口、モグモグ・・・美味い!

焼き加減がいいです!

皮のサックリ感が心地よい。

中の餡ですが、野菜中心の餡ですが、どこかで食べたような味。

どこかの店の餃子、というより日常的に食べなれた餃子の味わいです。

根底に宇都宮のみんみんみたいな、有名店の味をモチーフにしたような・・・

そんなスタンダードな味の印象を受けました。

勿論、美味しいですよ。w

やがて、完食。

ラーメンも餃子も美味しかった!

久々の佐野ラーメンですが、満足満足!

麺がやわらかい感じがするけど、お客が引っ切り無しに来て、満席状態を

キープするのもわかる気がします。

まだまだ美味しい店があるようなので、佐野市には近々再訪問すると思います。

そんな再訪問の気持ちを損なうのが渋滞。w

帰りは大橋ジャンクションで渋滞でした。

停車中に暇なので写真撮影。

普段、なかなか見られないジャンクションの内部でした。w

 

 

ここで一句

              渋滞は

         税が増えても

               無関係

2014年4月 7日 (月)

真岡市 麺屋 祥元 にぼまぜ

Dscn0546

Dscn0533

Dscn0535

Dscn0537

Dscn0539

Dscn0541

Dscn0542

Dscn0544

Dscn0545

テレビ神奈川でダイアモンド☆ユカイがラーメンを紹介していた。

ロックンローラーがラーメンの食べ歩きか?

どうせなら内田裕也がやればいいのに。w

でもなんか知らないが、見ちゃいましたよ。w

栃木のラーメンを紹介していて、ゆるキャラのさのまると店を巡っていた。

そんな中で、この店を紹介していた。

そういえば、佐野ラーメンもご無沙汰なので、栃木に行ってみるか?

そんな軽い気持ちで朝6時半に出発をした。






カーナビで住所入力をして驚いた。

到着予定時刻が11時?

え?そんなに遠いの?

まあ、いい。

とにかく出発だ!

朝早いから道は空いている。

安全運転でゆっくり飛ばす。w

交通ルールを守って飛ばす!

小田原厚木道路は360円になっていた。

料金所が2か所あるので、720円、往復1440円!高い!高いぞアベ総理!

東名は早々と渋滞情報が出ていた。

朝の時間帯はどこに行っても渋滞に嵌る。

そのまま東京料金所を通過し、予定通り用賀インターまで渋滞。

ところで、ドライバーの皆さん。

東京料金所から用賀まで3車線ありますよね。

この場合、一番流れが良いのは一番左車線です。

首都高に入る車線ではないので、流れがいいです。

だが、一般道に降りるので、首都高に乗るために、右側に合流しなければならない。

ずるい方々は一番左から、最後の最後で真ん中車線に合流します。

でも、これはちと、ずるい。

結論から言えば、右端の車線が一番流れが悪い。

これで何回目か忘れたが、いつも右端を走っているので、間違いないと思います。









首都高の大橋ジャンクションに入るまで時間を食う。

だが、あとはスムーズだった。

そのまま東北道に乗り、一路真岡市を目指す。

途中で佐野を通り過ぎる。

北関東道を水戸に向かい、ひたすら走る。

すると、真岡インターの一つ手前のインターで降りろとナビがいう。

?一瞬悩んだが、そのまま降りて気が付いた。

このナビはこのインターより先は未完成になっている。

結局、15分以上の遠回りをすることになる。

途中、トイレ休憩などあったが、何とか11時を過ぎたころに到着。

ラーメンのために4時間半のドライブか?

あ~疲れた。

ここで一句

     カーナビは

         最新型が

              便利です!


一句詠んでいる場合ではない!

本題のラーメンのレポがない。w

店の名前は祥元。

お店はかなり大きい。

何でもロックンローラーの番組の話だと、以前は回転ずしの店だったらしい。

店に入ると、意味もなく、空間が存在し、テーブルレイアウトがまさしくそれ!

カウンター席とテーブル席があるが、テーブル席からはラーメンを啜る音が響くが、

客の姿は全く見えない!w

ズルズル音が店内に響く。w

着席し、メニューを眺めると、バリエーションがかなり豊富。

しかし、にぼまぜを食べに来たので、それを注文。

2軒行く予定だが、朝ごはんを食べていないので、大盛りを注文する。

にぼまぜ880円だが、支払いは後払い。

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!







大盛りを注文したが、まあまあのボリューム感。

チャーシューが2枚とモヤシ、メンマ、海苔とネギ、そして煮干しの粉がのる。

これらをぐちゃぐちゃと混ぜ混ぜし、食べます。

あ~~~それにしても煮干しの香りがたまらんね!

この香りで食欲がわきますよ。

まぜそばの範疇なのだが、汁は多め。

ツユダクまぜそばと言えますね。

では一口、ズルズル、ちゅるちゅる・・・煮干しになっちゃう!!!

香りが鼻腔を通過し、口に煮干しの旨みが広がる。

脂分は多いのだが、ギタギタしたものはそれほどない。

煮干しはエグミ、苦みは控えめ。

煮干しの粉は粉々に粉砕されており、骨や皮の粒状感はほとんどない。

これは面白い!!!




使用している麺だが、表面はツルツルしている。

私としてはパスタのような麺だな?と思った。

表面がツルツルしているが、タレとの絡みは悪くない。

麺は太麺ストレートタイプ。

麺自体のコシはある方だと思うが、小麦の味わいは弱い。

ツルツルシコシコ麺ですかな?

味の要は醤油ダレ。

塩加減は強くはない。

醤油ダレプラス、煮干しダレも入っているようで、それがマイルド感を生む。

チャーシューは薄めのものが2枚。

特筆すべき味は無かった。

やがて完食。

麺を食べ終えたあと、残ったタレを口に含む。

この店ではつけ麺のスープ割がセルフなので、スープをいただいてもいいかな?

私は試さなかったが、タレの量は多めなので、飲みたくなりますね。

正直な話、わざわざ高速を飛ばしてまで、というほどではないですね。

でも近所にあれば助かるお店だと思います。

このラーメンを食べたとき、北海道で天ぷらラーメンを食べたのを思い出した。w

私としては湯河原の飯田商店あたりが、同じものを作ってくれないかと願う。

ニボっちゃんの実績があるので、さぞかし素晴らしいものが!

さあ、もう一軒行くか!

 

ここで一句

    消費税

       上がったおかげで

                一般道?

2013年6月20日 (木)

佐野市 いってつ ねぎチャーシュー、焼ぎょうざ

Dscn8159
Photo_2

Dscn8147

Photo_3

Dscn8149

Photo_4

Dscn8152


Dscn8153

Dscn8154
Photo_5

Dscn8155

何でもそうだが、毎日同じことを続けるのは大変。

ウォーキングにしても、筋トレにしても続けるのは大変。

時間が無い、という言い訳はブログを書いたりしているので、言い訳にはならないが、

体が拒否するというのがある。

つまり、疲れている。

筋肉が休ませろ!ということだが、それを無理やりやると、壊れる。w

私はスタローンのファンでもあるが、あの方は66歳で筋肉ムキムキのアクションスター。

エクスペンダブルズ2を制作するとき、共演者が弛んだ体でいられないように、

己の鍛錬風景や肉体を動画サイトにのせ、共演者がうかうかしていられないようにした、

という逸話があるほどだ。

今の世の中、ストイックでなければ己を保てない時代なのかな?

いや、ストイックであるかないかよりも、やはり自分の意志!

自分を鍛えるのは自分なのだ!

相変わらず、言う事だけなら良い事言うな、オレ。w













さて、今回2軒目はいってつにお邪魔しました。

ここも行列が出来ていました。

期待しちゃいますね。

このお店、道路沿いにあり、見つけ易く入り易く尚且つ駐車スーぺスもかなりありますが、

私が行った時は満車状態。

なんとか駐車スペースを見つけ、入店するとカウンターとテーブル、小上がりとある。

どこのお店も割とキャパシティー多めだよね?

カウンターに座るとメニューを眺める。

他のお客は塩ラーメンの注文が目立つ。

私もどれにしようか悩むが、悩んだ時は一番豪華なメニュー!と、いうわけで、

ネギチャーシューメン950円と餃子400円を注文。

よく、基本のメニューを注文とか言うが、ブログで料理画像の公開をすることを考え、

料理の見栄えも大事と思い、シンプルメニューは極力注文しない。www

やがて、ラーメン登場!記念撮影をし、いただきま~~す!










まずはスープをズズ頭図事ずず・・・あ~美味いぞ!いってつ!!!

やや醤油の色がしますが、醤油の風味よりも先にダシの美味さが広がる。

スープが美味ければ客が来る!あたりまえ~~~。

次に麺をいただきます。

麺を引き揚げるとピロピロ細麺です。

これを啜ると・・・う~~~む、喉越しがいい。

加水率は低めの方ですね、ピロピロした中にボソッと食感があり、

割とカタメの仕上がりです。

白髪ネギは豆板醤だと思いますが、それで和えられピリ辛タイプに。

当然、スープに沈めると、それらが溶けだしスープにアクセントを加えます。

しかし、ベースのスープの旨味は損なわれず、美味い。

チャーシューも佐野ラーメンの常識と思われる、控えめな味付け、

やわらかく煮込まれたおおぶりなもの。

次に餃子をいただきます。

ラーメンに遅れて提供されたそれは当然、焼き立て。

まずは一口、、、あっちちちちち!!!!!あっち~!ジャパン!!!!!!

どこの店も焼き立てだったが、この店の餃子は激アツですよ!

郷ひろみが食べたらGOLDFINGER '99を歌い出しますよ!!!w

熱さの原因は中の餡の密度の高さ。

しっとりゲル状の餡は当然、熱を逃がさない。

餡は野菜主体であるが、肉の存在も割と強めに感じる。

香りというか素材のニオイはそれほど感じないが、旨味が凝縮された印象。

ところで、自家製の皮で作られたそれの食感だが、焼き目は香ばしさと、

若干の歯応えを感じさせてくれるが、餡が熱いのでハフハフいいながら食べ、

皮の印象は・・・よくわからん!www

どちらにしても、火傷注意ながら美味しい餃子です。

これで6軒目の佐野ラーメンですが、どこも美味い!!!

まだまだやめられない、佐野ラーメン巡りです。

 

ここで一句

     激アツは

         パチンコだけじゃ

                無いのだよ

Photo_6

2013年6月19日 (水)

佐野市 らーめん大金 チャーシューメン、餃子(3個入)

Photo_4Dscn8143
Photo_5

Dscn8129

Photo_6

Dscn8130


Dscn8132

Dscn8133

Dscn8134
Photo_7

Dscn8138


Dscn8139

Dscn8140

いつもは書き溜めをして、数日間はブログから遠ざかる事にしている。

他の方はどうかわからないが、毎日毎日びっしりは書けない。

書ける時に書いておき、楽をする。

しかし、このところネタがあるのに、消化しきれない。

言葉が出て来ない。

私のブログのイントロ部分は結構、過去の記事と被っている。

「以前、似た様な事書いたよな~」と思いつつも書いている。

私の大好きな大藪晴彦さんも、違う題名の小説なのに、

「この部分、あの小説とまったく一緒じゃん!」というのがあった。w

小説家でもそういことがあるのだから、私の様なパッパらパ~は不思議でもなんでもない。

だが、それも許されないぐらい、言葉が出て来ない。

イントロ部分をやめて、書けばいいかもしれないが、このイントロ部分が「デー家」だと

思っているので、止める訳にはいかない!

そんな事を書きつつも、本日分のイントロ終了。

さて、本題に入ります。w













吉田うどんもそうだが、最低10軒は訪問しないと。

と、いうことで佐野ラーメンを食べるべく、3度目の訪問。

今回も、食べログでの上位を自分で選択し、訪問。

まず一軒目はらーめん大金。

ナビを頼りに訪れると、開店10分前に到着。

しかし、訪問したのが土曜日のためか、すでに10人近くの待ちが。

人気店は場所や地域を問わず、開店待ちが発生しますね。

これだけで、期待感十分ですよ!

11時半開店で暖簾を掲げる前にヘッドスライディング!

お一人様なので、カウンターに座る。

店内はテーブル席と座敷、カウンターがある。

白を基調とした店内は割と新めで綺麗。

カスターセットも綺麗です。

餃子が5個入りと3個入りがあり、連食予定なので3個入り240円を選択。

麺は勿論、チャーシューメン700円。

入店し、10分ほどで完成、記念撮影をし、いただきま~~す!!!










この店も醤油か塩か分からない透明感のあるスープ。

まずはスープをズズ頭図事厨逗ずずず・・・うほ!美味い!!!

最初の一口目は塩気がチクンと舌を刺すが、あとはひたすらまろやか。

この店も、優しい味わいの中に深いコクと旨味を蓄えたスープです。

なるほど、美味い!!!

次に麺を啜ります。

青竹手打ち麺は、中太麺の範疇に入ると思いますが、滑らかな喉越し、

踊る様な食感、やわらかいか?と思わせるも、粘り腰の麺。

そして、美味しい店共通の麺に粉っぽさが無い。

麺を打つ時、加水率を高くすると打ち易いと思うのだが、うち易かろうが無かろうが、

麺のコシやツヤを出すにはかなりの重労働と思われます。

地域の食文化や伝統を守るためとはいえ、毎日御苦労さま!

何よりも、行列を生み出す味の努力も怠らないのは大したものです。









この店も大ぶりなチャーシューがどーん!と3枚。

この内容で700円ならお値打ちだよね。

チャーシューは煮豚ですが、スープの味を壊さない味付けが施され、

口に入れるとほぐれるようにとろけます。

う~~む、美味い!!!

メンマも極端な味付けはされておらず、シャキシャキした歯触りが印象的です。

さて、合間に餃子をいただきます。

餃子は羽付きタイプですね。

割と大ぶりな餃子は5個だと食べ応えがありそうですね。

自家製と思われる皮は、羽付きですが、歯応えはそうでもない。

香ばしさはあるが、焼き目の歯応えも、皮自体の食感もそれほどアピール無し。

しかし、中の餡は結構自己主張が強め。

野菜中心であっさりめなんですが、香油とアクセントのある野菜を使用しています。

勿論、ニンニクも隠し味ではない程度、感じます。

あ~~~美味いな~~~。

餡がワイルド系で美味いよ。

宇都宮餃子とパイの奪い合いだな、佐野餃子。www

そしてすべて完食!!!

ラーメンも餃子も美味い!!!

行列が証明する、納得の味でした。

 

ここで一句

     青竹の

        色が褪せたら

            竹打ちか?

Photo

2013年6月 9日 (日)

佐野市 中華そば ほりこし チャーシューメン

Photo_14Dsc_0160

Dsc_0161

Dsc_0163

Dsc_0164
Photo_15

057

Photo_16

049


051
Photo_17

053


054

昔はそんなに努力をしなくても、何でも出来る人間だと思っていた。

何でも出来るから「俺はいつか必ず出世する!」と思っていた。

しかし、世の中甘くは無い。

努力をしても結果が出せない様になってきた。

一番身近な話題だと、ダイエットと筋力トレーニング。

鍛えると筋肉は悲鳴をあげ、骨格は軋む様になり、体重は増えはしないが、

落とそうとしても落ちなくなった。

努力をしても褒められない年齢になり、ひたすら結果を求められるようになる。

だが、今一番ベストな努力をしているかといえばそうではない。

陽の目を見ない努力の積み重ねが大事なのだ。

この前の日本VSオーストラリアの引き分けという結果を見て、そんな事を思った。






ところで、今日は私の誕生日。

その誕生日プレゼントとしては偶然過ぎるほど偶然だが、昨日、40万アクセスを達成。

20万アクセスから30万アクセスまで約8か月以上。

30万から40万まで半年かかってないよ。

昨年末に30万アクセスだからね。

本当に、年々、月々、日々伸びるアクセスに感謝。

訪問していただいた方にまた、訪問していただけるように、頑張ります。

自分を磨けばアクセスが伸びる、そんな手応えを感じる日々です。












佐野厄除け大師周辺にはラーメン店がいくつかある。

有名店巡りもいいが、地域密着、地元客御贔屓的な店を巡るのもいい。

青竹手打ちという手間のかかる手法でありながら、出前をやっている店も数軒ある。

喫茶店の様な外観の店もあった。

その中で、路地裏で出前もしている「ほりこし」にお邪魔してみた。

佐野厄除け大師の近所だが、路地裏と言う観光客相手には少々不利な場所。

店の中を覗くと先客は1名。

入店すると御夫婦2人で切り盛りしている様子。

メニューを見るとシンプルな構成だが、餃子が無い。

ワンタンメンも面白そうだが、ここはやはり定番のチャーシューメン800円にした。






店内はカウンターとテーブル席がある。

座敷もあるようだが、プライベートスペースにも見える。

白を基調とした店内は新しめで清潔感もある。

カウンターに座るとテレビを眺めながらラーメンを待つ。

そんな完成を待つ合間に出前の電話が鳴り、御主人はバイクで行ったり来たり。

やがて、ラーメンが完成し、記念撮影ののち、いただきま~す!









店内にはタレントの色紙が何枚か飾られていた。

タレントの色紙がある店では撮影許可は尋ねないことにしている。

「尋ねなくても絶対大丈夫!」という変な確信がある。w

ところでラーメンだが、4軒目にして、醤油の色合いがハッキリしたスープ。

これなら誰が見ても醤油ラーメンだね。

それにしても、チャーシューがビッシリだよ。

佐野ラーメンを食べる時は絶対、チャーシューメンだね。

どの店もケチケチしている様子も無く、食べ応えがありそう。

まずはスープを図事厨逗ッズずずz・・・おほ!美味い。

鳥ガラベースで良くダシが出ています。

アッサリしてますが、奥行きのあるスープです。

次に麺ですが、手もみで出したと思われるピロピロ感のある外見。

麺を啜ると・・・う~む、小麦粉!熟成というよりも打ち立ての印象。

やわらかめの印象ですが、コシが無い訳ではない。

喉越し重視の麺だと思います。





さて、チャーシューを食べてみますか。

これもバラ巻きタイプの茹で豚スタイルですが、口に入れると・・・豚だね。

肉質としては豚を強調する香りが口に広がります。

やわらかく、味付けも控えめなチャーシューですが、肉肉しい重量感があります。

メンマは自家製でしょうが、こちらも食べ易い味わい。

当日、2軒目の佐野ラーメンですが、麺よりもチャーシューの方が多いのでは?

と思うくらいのボリューム感。

どんぶりはややこじんまりとしたものですが、食べ応えがあります。

何よりも醤油のアプローチが強いので、慣れ親しんだ感覚を生みます。

結局、スープまで完飲。

あ~~腹いっぱいだよ。

出前の比率が多いので、間違いなく周辺地域に愛されているお店でしょう。

有名店とは違う、佐野ラーメンの魅力をまさしく、味わいました。w

ここで一句

    お店より

       家で食べたい

            味もある

Photo

2013年6月 8日 (土)

佐野市 手打ちラーメン 日向屋 チャーシューメン、餃子

Photo_10044

Photo_11
034
Photo_12

036


038
Photo_13

040


041

042

048

毎日酒を飲む日々だが、飲まなくてもいい日々もあった。

車が無いと困る日々だが、無くてもいい日々があった。

無くてもいい時代から、無いと困る時代。

不便とは何が不便なのか?

便利とは何が便利なのか?

私が思うに、人間は移動をしなくてもいい時代を目指そうとしていると思う。

今まで、移動時間を考慮していたが、それを考えなくてもいい時代を目指そうとしている。

誰かが言った。

人間は歩かないことを求めるようになり、平均寿命は縮まると。

しかし、

医学の進歩は運動不足でも100歳まで生きられる術を得ようとしている。

長く生きることは素晴らしい。

だがそれは、人間として歩き、話し、食べ、誰の助けも要らないことが前提だと思う。

寝たきりにはなりたくないな。




佐野市に再訪問。

2軒だけでは青竹手打ちの魅力は堪能できない。

1日で3軒、4軒、5軒と訪れるのもいいが、飲食店に対する客の最低限のマナーは

空腹感だと思う私にとって、ノルマ的な訪問はどうなんでしょうか?

ならば答えは簡単。

また行けばいい。

日本国内において、また行けない地など無い。

交通費が幾らかかろうが、関係ない。

客のマナーは空腹。

それだけ。




前回と比べ、首都高の渋滞は短く、東北道までは割とすいすいと進む。

カーナビの到着予定時刻は10時10分。

渋滞が予想外だったので、早く着き過ぎてしまった。w

どこで時間を潰そうか考えたが、近所に佐野厄除け大師があるのでそちらに。

関東の三大師といわれるが、私自身は初訪問。

いざ到着してみると・・・意外と普通ね?

普通と言う表現が適正かどうかわからぬが、どこでも見かける寺院のような感じ。

何よりも、墓地が隣接しているし、惣宗寺が正式名称らしいが、一応参拝をする。

参拝を済ませると、撮影をしようとするが、あまり、撮影ポイントも無く、

間が持たないので、出発する。

訪問目的の日向屋には10時半過ぎに通過すると、先客2名。

周辺散策の意味も兼ねてドライブするも・・・小麦の収穫と、田んぼばかり。

う~~む、栃木は長閑である。

意味も無く走り回り、日向屋に向かう。

丁度、5分前に到着すると行列は6名になっていた。

11時になるとドドドド!とお客がヘッドスライディング状態でやってきた。

しかし、11時になっても店は開かず、11時10分を過ぎたあたりでようやく開店。

店内に入ると、カウンターと座敷、テーブル席とあり、キャパは多そうだが、

あっという間に満席に。

そして空席待ち状態に。

私はカウンターでチャーシューメンと餃子を注文。

チャーシューメン800円、餃子400円。








ところで、一斉に入店した客であるが、店側は誰が何番目か取りあえず把握していた。

面白いのは2杯ずつ作ったり、5杯ぐらいいっぺんに作ったりしていた。

餃子の関係もあるが、二人で入って、先に片方が出て、一人はまだ、ということを

しないようにしているとお見受けしました。

なかなか細やかな気使いをしているようです。

そして、店主のラーメン作りがなかなか凄い。

どんぶりをお湯で温め、スープ張り、麺揚げがパフォーマンス的要素を持っている。

カウンター席だと、そのパフォーマンスを眺めているだけで間がもちます。w

やがて、餃子が焼き上がり、その後ラーメン到着。

記念撮影をし、いただきま~す!










まずはスープをズズ頭図zずず・・・ウマ~~~~~~~~~~~~~~!

素材のダシが良く出ているのは勿論ですが、まろやかな味わいです。

塩気とか醤油とか尖った部分が一切なく、口に含んだ瞬間からじわと旨味が広がります。

見た目は塩ラーメンに近い様な色ですが、醤油の香りもほんのりします。

このスープだけで行列するのが分かる気がする。

次に麺を啜ります。

こちらも青竹手打ち麺ですが、営業中はその様子をうかがえる訳も無く。

見た目はピロピロ感はないですね。

不揃いですが、中太麺のストレートな感じです。

啜ると・・・うほほほ!美味い。

包丁で乱切りしたような麺ですが、手もみ行程は無い様ですね?

ザクッ!とした食感の中に弾力があり、喉越しも良く、これは美味い!

次にチャーシューですね。

チャーシューはバラ巻きタイプで大ぶりです。

箸で持ち上げるとホロリと崩れそうです。

やわらかく煮込まれたそれは、味付けは控えめでスープとのバランスもいいです。

チャーシューは250円アップになりますが、納得のボリュームと味です。

メンマは業務用のニオイが少々しましたが、普通ですね。

次に餃子をいただきます。

餃子はやや大き目ですが5個で400円。

まずはパクリ!とそのまま一口。

焼き加減は良いです。

皮は自家製なんですかね?少々もっちりした感じがありますが、特筆する部分は無し。

しかし!餡が美味い!!!

ザックリしたやや粗めの野菜餡が詰まった餃子は美味い!の一言。

あ~~~~これ美味い!!!

佐野で餃子を食べるのは2軒目だが、ラーメンも美味ければ餃子も美味い。

佐野の餃子は宇都宮餃子の範疇に入るのかな?

価格としては高めの設定だが、餃子としてはハイレベル。

宇都宮も美味いが、佐野の餃子も美味い。

因みに餃子のタレは醤油と酢で自分で作ります。






すべてを食べ終えると、麺大盛りにしなかったのを後悔しました。

ブログでは3軒目の佐野ラーメンですが、納得の味と人気です。

そして、店内に響く「ありがとうございました~~~~~~~~~!」と響く女性の声。

わざと伸ばしていると思いますが、ラーメン作りといい、接客といい、

佐野のラーメンパフォーマンス店と言ってもいいでしょう。

まだ訪問したい店はあるのですが、是非とも再訪問をしたいものです。
    

ここで一句

     麺作り

        手打ちだけでは

              ありません

Photo

2013年4月30日 (火)

佐野市 とかの チャーシューメン、餃子

Dscn7631
Photo_7

Dscn7648

Photo_8

Dscn7632


Dscn7639

Dscn7640

Dscn7641

Dscn7643

Dscn7644

Photo_9

Dscn7634


Dscn7645

Dscn7646

Dscn7647

親バカという言葉があるが、バカ親の方が今の時代、いいかもね。

親がバカだから子供もバカ。

子供は親の背中を見て育つ、というから子供は親を超えられない、ということかな?

子供は親以下の人間には簡単になれるが、親以上の人間になるには努力が大事。

努力を教えるのが親だと思う。

楽して何でも出来るなんて事、ある訳が無い。

勉強をしないでテストが出来る訳が無い。

楽して勝利を掴める訳が無い。

親は子供に努力の重要性を教え、実践させてこそ子育てあり、教育である。

先日、パチンコで大勝し、そんなことを思った。w










さて、佐野ラーメン2軒目は「とかの」です。

1日80食限定らしいので、限定に触発され向かいました。

店はすぐに分かったのですが、駐車場が分からん。

近くに有料駐車場は無く、少々探すもお店が契約している駐車場があるじゃん!

段ボールに手書きで書かれたそれは、分かり辛かった。

ところでこの店、かなりの人気店らしいです。

開店前に到着しましたが、10人前後の行列が!

開店と同時に客は吸いこまれ、私は結局表で4番目に。

椅子に座ってぼけ~~~~っと待っていると更にお客が来て、また行列。

正直、外観は古ぼけていて、そんなに美味いのかよ?と思ってしまう。

だが、ラーメン店はそういう店がまだまだ美味いのです!

すると、並んでいる時点で接客担当の奥様が「餃子食べる?」と聞きに来ました。

焼きあげるのに時間がかかるのか?それとも餃子も数量限定か?

多分、そんなことだと思います。

一応、餃子1人前400円を注文しました。

10~15分ぐらい待ったかな?店内に案内されてました。

うほ!店内も年期を感じますね。

でも卓上のカスターセットは綺麗ですし、清潔感は保たれています。

餃子は注文済みなので、麺類を新たに注文します。

もう、デー家の定番、チャーシューメンでいいでしょう?

チャーシューメン900円を注文しました。

やがて、餃子が登場し、時間差でラーメン登場。

記念撮影をし、いただきます!!!










それにしても佐野ラーメン2軒目だが、チャーシューがいいですね!

丼ぶり一面に広がるチャーシュー畑は、見ただけで脳内に輪舞(ロンド)が奏でられる。w

まずはスープをズズ頭図事厨逗ずずz・・・うほほい!美味い!!!

豚骨と鶏ガラの旨味が抽出されたそれは、口の中に広がる美味さ。

味は今回も醤油と塩の中間のような味わい。

この前、富津で食べた鈴屋とは違い、醤油のアプローチは抑えめ。

その分、ダシの旨味が際立ちます。

ああ、、、ウメ~~!!!






次に麺を引き出します。

これもピロピロ、パロパロ麺ですね。(どんな麺じゃ?)

手打ちとしては細麺の方ではないでしょうか?

これを啜るとコシや歯応えよりも、喉越しを楽しむ麺だと思われます。

あ~でも、この麺美味いな~。

スープと麺の相性もいいです。

これなら開店前に並ぶのも頷けます。



次にチャーシューをいただきます。

これもスープとの一体感があり、やわらかく煮込まれたそれは、俗に言うバラ巻きタイプ。

脂身と肉のバランスもよく、美味い!

そして、ボリュームあるし。

ラーメンより300円上乗せになりますが、納得。




さあ、ここで餃子を食べましょう。

餃子は5個で400円という、通常レベルでは少々割高感があります。

しかし、提供されたその見た目は餃子界の結城紬。

まずは目で、食べさせてくれます。

卓上の醤油と酢だけでタレを作り、すこ~しだけ浸けてまずは一口。

う~~~~む!美味い!!!

食感が最高です。

こんがりキツネ色の焼きめのついたそれは、まず歯に当った瞬間、

モナカの皮のような、サクッとしたファーストコンタクト。

そのまま噛むと薄い飴細工を噛んだようなねっとり感を感じ、餡に到達します。

餡は野菜中心で、特別味付けに特徴は感じません。

むしろ、餡よりも皮の食感を楽しむ餃子だと思いました。

皮は当然、店主の手打ちなのでしょう。

サクッ!モチッ!とした皮はワンダフルの一言。

その分、餡がもっとジューシーなら最高だと思うのですが・・・

しかし、ラーメンも餃子も美味いのは間違いない。

この店ではスープを全部飲んじゃいました。

その後、喉が渇いたのは言うまでも無いですが。w

2軒ハシゴしましたが、どちらも大満足の美味しさでした。

 

ここで一句

     見た目より

          味が大事な

               麺世界

Photo_10

2013年4月29日 (月)

佐野市 麺屋ようすけ チャーシューメン

Photo_2Dscn7629
Photo_3

Dscn7623

Photo_4

Dscn7625

Photo_5

Dscn7626


Dscn7627

Dscn7628

夢を叶えるCMを良く見かける。

企業がCMのために一般公募し、それをCM上で達成させたもの。

ところで、オレの夢はなんじゃろか?

有るようで無いし、無い様で有る。

即答出来ない、ということは無いのだ!w

敢えて夢と言えば、坂井泉水さんの生ライブを見たいが、無理。

無くなった人を生き返らせるなんて無理。

10代に戻って人生をやり直したいが、無理。

そんなこと誰でも考える事だが、無理。

結局、オレの夢とは実現不可能なことばかり。

実現不可能だから「夢」なんでしょう?

実現可能な事は「目標」だと思いますが?




リアルな夢も見られない人間に成り下がったか?





この前、福島まで行った時、栃木県も更新していないので、いつ行くか?と考え、

当然、「今でしょ、ナウでしょ!」と思い、栃木へ。

佐野ラーメンを食べに行きましょう、と考え佐野まで来たが、お久しぶりです。w

もう、10年以上前の話になってしまうのか?

どこの店で食べたのかも覚えてないよ。www

今回は全くの初心者のつもりで佐野ラーメンの食べ歩きをします。



ところで、東名の東京料金所から首都高に入るまで、そして渋谷か駒澤まで。

なんであんなに渋滞するのかね?

勿論、渋滞情報は事前に分かるが、東北道に向かうには避けて通れないし。

湾岸ルートも勿論あるが、保土ヶ谷バイパス、大井料金所など、渋滞があるから同じ。

そんなせいか都内を抜けてのドライブは避けていました。w

今回も長過ぎる渋滞に耐え、栃木までやっと到着。

カーナビの指示に従い、車を進めると簡単にお店を発見。

佐野ラーメン一軒目は「麺屋ようすけ」にしました。






4車線の道路沿いにあり、看板も目立ち、一発で発見しました。

駐車場は非常に広く、山岡家みたい?

店内に入ると、これまた広々とした店内です。

テーブル、カウンター、座敷と席があります。

「どこでもどうぞ」というので、テーブル席を占拠。w

ほぼ開店時間だったが、先客が3名。

チャーシューメン830円を注文し、少々待つ。

やがて、ラーメン登場!記念撮影をし、いただきま~す!!








見た目はチャーシューがワンダフルですね。

「おら~!肉食え!!!」みたいに存在感のある量です。

まずは最初の儀式としてスープをズズ頭図事厨逗ずずz・・・うん!美味い!!!

骨系のおダシが良く出ています。

ところで、スープのお味ですが、塩と醤油の中間みたいですね。

富士吉田うどんの味噌と醤油のハイブリッドみたいです。

東京で言ったら勝丸のミックスみたいかな?

透明感のあるスープは丁寧に旨味が抽出され、美味い、美味い!

塩加減は化学調味料も使用しているせいか、若干強く感じます。

スープを全部飲み干すと、喉が渇きそうです。


次に佐野ラーメンの最大の特徴とも言うべき、手打ち麺をいただきます。

青竹を使って麺を打つのがそれなんですが、営業中は見られる訳も無し。w

麺を引き揚げてみると、割と太麺だと思います。

手打ちのため、不揃いな麺です。

麺を啜ると・・・う~~~む!麺が踊る!!!

ピロピロしたところと、もちもちしたところ、軟らかいところ、カタイところ。

様々な食感の麺が踊る踊る。

口の中はまるで麺のダンス会場や~~~!(またヒコマロw)

ただ、スープの味わいが麺に勝っていると思われ、麺自体の味はあまり感じない。

次にチャーシューをいただきます。

830円という価格ですが、納得のボリュームですね。

むしろお得感を感じますよ。

おもむろにチャーシューを摘まむと、大ぶりで厚みもあります。

そのまま口の中に入れると・・・ウマ~~~。

スープと一体感の有るお味は程よい味付け。

やわらかく、肉肉しく、食べ応えあり!





スープは全部飲み干しませんでしたが、なかなか美味い!!!

いつもは大盛りを注文する私ですが、連食のためしませんでした。

しかし、ボリューム感があり、満足満足。

それにしても手打ち麺は久々に食べるが、いいね~。

自家製麺とは明らかに違います。

喉越しも食感も楽しく、美味しい。

そして、広々したこの店は家族連れでも安心して訪問出来ますね。

この店は餃子も評判が良い様なので、再訪問してみたいです!

 

ここで一句

     手打ち麺

          足で踏んだら

                うどんかな?w

Photo_6

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水