フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

静岡県 旅行 観光

2017年8月21日 (月)

袋井市 法多山~遠州三山風鈴まつり かき氷食べたよ!三十九景

22

Dsc_8868_1744

22_2
Dsc_8870_1746


Dsc_8871_1747

22_3
Dsc_8874_1748

22_4
Dsc_8875_1749


Dsc_8877_1750


Dsc_8879_1751

22_5
Dsc_8880_1752


Dsc_8881_1753

22_6
Dsc_8882_1754


Dsc_8884_1755

22_7
Dsc_8885_1756


Dsc_8886_1757

22_8
Dsc_8887_1758


Dsc_8889_1759

22_9
Dsc_8890_1760


Dsc_8891_1761


Dsc_8894_1762


Dsc_8895_1763


Dsc_8896_1764


Dsc_8899_1765


Dsc_8901_1766

22_10
Dsc_8910_1768


Dsc_8911_1769


Dsc_8913_1770

22_11
Dsc_8914_1771


Dsc_8915_1772


Dsc_8916_1773


Dsc_8917_1774


Dsc_8918_1775


Dsc_8919_1776


Dsc_8922_1777

22_12
Dsc_8923_1778


Dsc_8936_1784

22_13
Dsc_8927_1779


Dsc_8929_1780

22_14
Dsc_8932_1781

22_15
Dsc_8934_1782

22_16
Dsc_8935_1783

遠州三山風鈴まつりの最後は、法多山(はったさん)。

ほったさんと飲みたくなるような。

こちらは参道が途中、工事をしておりますが。基本的に良く歩く。

ゆるやかな参道を歩いたら、心臓破りの階段。

階段は、小さな女の子が、数えながら歩いてました。

107段あったそうです。

107段上った先には、立派な本堂がありました。

割と本堂が新しいかな?と思いました。

そのためか、ここには浴衣美女は似合わないかな?と思いましたね。

可睡斎に負けなくらい、風鈴が展示してありましたが、風情は感じなかった。

いろいろと見てまわり、帰路にはだんご茶屋があったので、そこで一服。

厄除氷なるものが、500円で販売しておりました。

近頃は、かき氷でも1000円オーバーは当たり前。

500円なら気軽にいただけそうです。

注文時、ミルクをどうするか聞かれましたが、勿論、お願いしました。

ミルクと言っても練乳です。

出て来た物は、団子付きの抹茶ミルク。

これがね、美味しかったのよ。

何年ぶりでしょうか?かき氷を食べたのは。

汗ダクダクの中で食べるかき氷、美味いに決まっている。

御団子も名物のようですが、買いませんでした。

そして、これにて遠州三山風鈴祭りは終了です。

どうでしたでしょうか?

ゆり園を切っ掛けに知った可睡斎から、風鈴祭りをご紹介しました。

私自身、袋井にこの様な仏閣があるのは知りませんでしたし、

風鈴祭りも、浴衣美女がいれば楽しいかも?w

ところで、法多山には家族連れが多いと思いました。

無料の遊戯施設があったけど、それは小さいものだし。

家族サービスでこの様な所を巡るのが、流行なのでしょうか?

それにしても、蒸し暑かった。w

 

ここで一句

     かき氷

       なんであんなに

              高いのか?

2017年8月19日 (土)

袋井市 油山寺 遠州三山風鈴まつり~本堂までは歩くよ三十四景

1

Dsc_8786_1710

1_2
Dsc_8787_1711



Dsc_8788_1712


Dsc_8789_1713


Dsc_8790_1714
1_3
Dsc_8794_1715



Dsc_8796_1716


Dsc_8800_1718
1_4
Dsc_8798_1717



Dsc_8801_1719


Dsc_8802_1720


Dsc_8803_1721


Dsc_8810_1722
1_5
Dsc_8812_1723

1_6
Dsc_8814_1724

1_7
Dsc_8815_1725

1_8
Dsc_8816_1726



Dsc_8820_1728


Dsc_8821_1727

1_9
Dsc_8825_1729



Dsc_8828_1730


Dsc_8829_1731


Dsc_8830_1732


Dsc_8831_1733
1_11
Dsc_8832_1734



Dsc_8834_1735


Dsc_8835_1736


Dsc_8836_1737


Dsc_8838_1738


Dsc_8841_1739


Dsc_8844_1741
1_10
Dsc_8843_1740



Dsc_8845_1742


Dsc_8847_1743

可睡斎から車で5分くらいかな?風鈴まつりを求め油山寺に来ました。

油山寺は{ゆさんじ)と読むそうですが、観光案内所の方によれば、あぶらやまでも

いいらしいが、本当かよ?w

こちらは近所に無料駐車場があるので、そちらに車を止める。

山門がなんじゃらかんじゃららしいが、確かに城の様な山門。

確かになんじゃらかんじゃららしいな。w

歩き進むと、御祈祷所と本堂は別棟で、本堂まではかなり、歩かないといけないらしい。

まずは風鈴祭りなので、御祈祷所で風鈴を探す。

すると、こちらは南部鉄でも使用した鉄の風鈴がぽつりぽつりとある。

可睡斎と比較すると、圧倒的に少ないが、風情はある。

ああ・・・こちらでも浴衣姿の若く、美しいモデルさんが欲しい。

庭園、風鈴、そして縁側で涼む浴衣姿の女性。。。

激しく妄想が膨らむ世界観が、そこにはあった。w

その後、宝生殿という300円を払わないと入れない中に入る。

なかなかおもしろいものがあるが、撮影禁止なので諦める。

ごりやくめぐりという、薄暗い中をヒノキの香りが広がる中を、仏像を眺めながら

歩くところがある。

これは神秘的でなかなかいいですね。

さあ、本堂に行きますか。

本堂は山中のハイキングコースの様なところを歩く。

すると、途中でるりの滝という場所がある。

どんなところかと思ったら、これが滝?というくらい細い。

正直な話、上には小便小僧がいて、そこから出ているのでは?と思った。

むしろ、滝の前にある休憩所みたいなところの、天井画が凄い!

どこかで見た「鳴き龍」みたいな画ですよ。

そして歩く。

いつのまにか、階段になっている。

歩くな~~~。

私の旅は、いつも徒歩で歩くことが前提だな。w

この日は曇り空で、気温も低く、やや蒸し暑い感じだったが、汗まみれ。w

上半身は雨でも降られたみたいになった。w

そして到着。

三重の塔があり、薬師本堂がある。

中はどこにも撮影禁止と書いてないので、遠慮なく撮影をする。

さざれ石に願いを込め、戻る。

まだ公園やらなんやらあるが、そちらはパス。

さあ、次だ!

 

ここで一句

     避暑に来て

        着替えが欲しい

              寺巡り

2017年8月18日 (金)

袋井市 可睡斎~遠州三山風鈴まつり 癒しを求めて三十四景

22

Dsc_8722_1676


Dsc_8723_1677


Dsc_8726_1678


Dsc_8728_1679


Dsc_8729_1680

22_2
Dsc_8731_1681

22_3
Dsc_8733_1682

Dsc_8735_1684

Dsc_8734_1683


Dsc_8736_1685


Dsc_8738_1686


Dsc_8740_1687


Dsc_8744_1688

22_4
Dsc_8745_1689


Dsc_8747_1690


Dsc_8748_1691


Dsc_8750_1692


Dsc_8752_1693


Dsc_8754_1694


Dsc_8755_1695


Dsc_8756_1696

22_5
Dsc_8759_1697


Dsc_8760_1698


Dsc_8761_1699


Dsc_8763_1700

1

Dsc_8764_1701


Dsc_8769_1702


Dsc_8770_1703


Dsc_8771_1704


Dsc_8776_1705


Dsc_8778_1706


Dsc_8780_1707

22_6
Dsc_8781_1708


Dsc_8785_1709

お盆の真っ最中。

一日、休みが取れた。

どこへ行こうか?

東名高速道路が2本ある静岡が無難である。




可睡ゆりの園。

それは見事であった。

何より、今まで知らなかった事を恥じるほどであった。

そのゆりの園の隣の「可睡斎」。

なんじゃ?と思った。

寺か?

あらためて検索をし、遠州三山風鈴まつりを知る。

面白そうだ。

海に行かず、山に行かず。

そんな私にピッタリw。

風鈴が生み出す涼。






森村誠一さんは、風鈴の音は騒音だと言う。

夜に、寝ようかと言う時に、うるさいだろう。

だが、自叙伝は切子細工。

硝子とは、奏でる物か?否か?

駐車場は有料駐車場に入れました。

お金を集金箱に300円、自主的に入れるものです。

日本以外では考えられないシステムですね。

中に入ると、神社なのでしょうが、期間限定で風鈴が飾ってある。

なかなか風情があっていいのでしょうが、今回だけは一人ではなく、二人で来たかった。

いや、その場で浴衣姿の美しき女性をモデルとして、撮影をしたかった。

風鈴に目を向け、そっと手をかざす様なポーズで一枚。

とにかく、浴衣姿の美しい女性とともに、バンバン写真を撮りたいと思った!

 

行く前にモデル募集すればよかった。w

風鈴だけでは間が持たないので、いろいろ散策をする。

天狗の面がありますね。

曹洞宗では天狗様がご神体なのでしょうか?

大雄山もそうだったし。

それにしても天狗様のお鼻、立派でございます。

男は常に立派でありたいもです。w

さあ、次に行きましょう。

 

 

ここで一句

    この日雨

        神が与えた

            曇り空

Dsc_1488

和服美女見本

2017年8月 2日 (水)

島田市 新金谷駅周辺~トーマスも商売上だ二十景

22_11

Dsc_8647_1577


Dsc_8648_1578


Dsc_8649_1579


Dsc_8650_1580


Dsc_8651_1581


Dsc_8661_1582


Dsc_8665_1583


Dsc_8668_1584


Dsc_8675_1585

22_12
Dsc_8683_1586


Dsc_8684_1587


Dsc_8685_1588


Dsc_8687_1589


Dsc_8690_1590


Dsc_8691_1591


Dsc_8698_1592


Dsc_8699_1593

22_13
Dsc_8702_1594


Dsc_8704_1595


Dsc_8705_1596

狙ったわけではないが、川根温泉に行くのが面倒だと思ったのよ。

新金谷駅でSLを撮影して、お出かけしました!みたいな感じで、読者様を欺こうとした。

すると、丁度この日、トーマス機関車のお披露目だったみたい。

先日、清水のもつカレー祭りにいた静岡新聞の女性カメラマン?もいたし。w

ところでトーマスもこのブログでは3回目?

いい加減乗れよ!と読者様が言いそうだが、乗らない。

電車は好きではない。

フェリーには乗ったが、電車はいやだ!

路面電車も見かけたが、乗りたいとは思わない。

函館で路面電車に乗ったが、あれから20年以上乗っていない。






今年、電車には乗ったか?






ここで一句

    手抜きとは

         言われたくない

              今日のネタ

2017年6月26日 (月)

静岡市 銀ぶらマルシェ 清水もつカレー祭り もつカレーライスとコスプレもいた二十二景

22_11

Dsc_7819_1140

22_12
Dsc_7820_1141

22_13
Dsc_7818_1139


Dsc_7794_1123


Dsc_7795_1124


Dsc_7796_1125


Dsc_7797_1126

22_14
Dsc_7798_1127

22_15
Dsc_7800_1128


Dsc_7801_1129


Dsc_7803_1130


Dsc_7805_1131


Dsc_7806_1132


Dsc_7807_1133


Dsc_7809_1134


Dsc_7812_1135


Dsc_7814_1136


Dsc_7815_1137

22_16
Dsc_7817_1138

22_17
Dsc_7824_1142


Dsc_7825_1143


Dsc_7793_1122

我々は、豊田議員という、新しいダークサイドのヒロインを得た。

学歴、経歴に関しては、キラ星の様な方であるが、性根だけは、泥酔状態の

クソオヤジと変わらないものであった。

さて、今後このダークヒロインはどうなるのか?














毎度の事なのだが、河岸の市やマグロ館で食事をすると、2時間半駐車場が無料。

勿体無いので、いつもエスパルスドリームプラザ訪面に散歩に行く。

しかし、何度行ったか数え切れないほど行ったので、飽きてきた。

清水の次郎長関連も行った。

そこで、清水駅周辺にシフトした。

以前、八木春でトンテキを食べたのだが、あの時、アーケード街など歩いてみた。

はっきり言って閑散としたアーケード街だが、この日は日曜日、何かあるか?

行ってみると、銀ぶらなどと言うイベント?をやっていた。

このアーケード街、清水駅前銀座というらしい。

初めて知った。w

もつカレーがなんちゃらかんちゃらと書いてあったが、風のせいでよくわからん!w

とにかく行ってみるか。


行ってみると、真っ先目に入ってきたのが、コスプレーヤー。

コスプレのお姉ちゃんが5人ほど?

さて、この場合どうしましょう?

声をかけて撮影をするべきか?

一眼レフも持っているし、綺麗な写真が撮れるでしょう。

しかし、東京ゲームショウで筋金入りのレイヤーを見て来た私。

今回は遠慮しましょう。

本当は撮影をしたいのだが、女子高生みたいだし、私のブログで拡散するのは

やめましょう。

遠巻きで撮影をし、更に奥へ行くともつカレー祭り開催中。

歩道の中心にテーブルとイスを置いて、もつカレーで生ビール一杯、

そんなシチュエーションが楽しめる。

もつカレー、この清水ではもつ煮の味がカレーなんですよ。

よく分からないけど。

私自身、もつカレーは何度か食べた気がしますが、やはり缶詰の味が記憶に残る。

缶詰のもつカレー、味がうんぬんよりももつのクセが丸出しで、美味くは無かった。

それ以来、もつカレーは食べた記憶が無いが、八木春にもつカレーライスがあるので、

それを食べる為に再訪問もいいだろうと、考えていた。

しかし、今目の前にもつカレーライスが500円とある。

もつカレーのチヂミとかコロッケ、餃子などいろいろアレンジメニューもある。

居酒屋こさむの前にあった店で、もつカレーライスを注文する。

「静岡新聞の取材が来たよ~」

ん?と思ったら、それらしき女性が一人、カメラを持って撮影しているが、

もしかして、私もその関係と思われました???w

確かに、この場で一眼レフを持っているのは目立つ。w

ま、そんなのは気にせず、もつカレーの撮影を済ます。

さっそくいただきましょう。

もつカレーの中は、もつしかないね。

当たり前かもしれないが、じゃが芋ニンジンなどは無し。

500円などでカレーのサイズは半カレーサイズかな?福神漬けなどは無し。

では一口、モグモグ・・・美味しい。w

自慢するほどもつカレーを食べてはいないが、このもつカレー美味い。

まず、もつのクセがまったく感じられない。

カレー自体はとろみがあり、ご飯によく絡む。

メインのもつは非常にやわらかい。

これ、もつが苦手な方でも大丈夫でしょう。

ムニムニ食感がダメだ!という方以外は、美味しいと思うでしょう。

辛さは子供でも大丈夫な辛さです。


「はい、パパとお嬢ちゃん、一緒に並んで撮りましょう」

静岡新聞のお姉さん、隣で忙しいな。w

何枚撮影をしているのだ?w何だったら俺が撮ってやろうか???w

やがて完食。

空いた器は、買ったところが引き取ってくれました。

その後、アーケードをぶらぶらして帰るのだが、アーケード周辺を3周くらいした。w

おかげで無料駐車場代の2時間半、有意義に使いました。

ワニの串焼き?食べたかった。w

 

ここで一句

     もつカレー

         美味い店なら

               ハズレ無し?

2017年6月21日 (水)

下田市 白浜神社~縁結びの御祈祷が10分1000円の十七景

22_13
Dsc_7775

Dsc_7757


Dsc_7758


Dsc_7759


Dsc_7760

22_14
Dsc_7762


Dsc_7761


Dsc_7764


Dsc_7765


Dsc_7766


Dsc_7767

22_15
Dsc_7768


Dsc_7769


Dsc_7770

22_16
Dsc_7771

22_17
Dsc_7772


Dsc_7773

下田の帰路、白浜神社に立ち寄りました。

私、ここに来るのは初めて。

じつはここの噂、昔からいろいろ聞いておりますが、私が体験したお話をしましょう。

今から約20年前かな?

会社の先輩が、彼女が出来なくて悩んでいました。

その当時、30代半ばの先輩は、毎日毎日彼女が欲しいと願っていました。

先輩は、見た目はイケてないのですが、性格はいい奴なんです。

一緒に飲みに行けば、斎藤清六のマネをしたり、仮面ノリダーのレンタルビデオ男を

したりして、そこのスタッフのお姉ちゃんが、腹抱えて笑い転げるほど面白い。

「甘栗坊やがお送りする 村のぉ~~ 時間のぉ~ ジカンです!!」

「レンタル れんたる~~!」

お姉ちゃん、笑い過ぎて悶絶をしていた。w

とにかく、良い奴なんです。

そんな良い先輩は、徐々に仕事よりも彼女を作る方に、専念しました。

そしてある日、私に興奮気味に言いました。

「下田の白浜に、最高の縁結びの祈禱師がいるらしい」

確か、内容はそうだったと思います。

それが神社だったのか、祈祷師だったのか、霊能者だったのか?失念しましたが、

白浜なのは間違いないです。

先輩は、祈祷してもらい、見事彼女が出来ました。

しかし、祈祷師に言われたらしいです。

「今、彼女を作ると、アナタは失うものがある」と。

だが、女性大好きな先輩は、とにかく彼女が欲しい!ということで、祈祷してもらいました。

見事、彼女は出来たのですが、その後、先輩は転勤をし、会社を辞めました。

彼女が出来て、毎日デートみたな生活だったと思います。

それからの消息は不明です。

どこかに再就職はしたらしいが、それ以降は・・・

因みに、私はちゃんと先輩を名前で呼んでいましたが、一部では「キョンシー」と

呼ばれていました。

この話、実話です。






今思うに、白浜の祈祷師の所に行ったと思われますが、その当時、白浜神社が

縁結びだということは聞いていた。

南の桜など、下田市方面に来ると白浜神社の事、先輩の事を思い出していたのですが、

未だかつて、一度たりとも行ったことはありませんでした。

しかし今回、ついに白浜神社に訪問です。

いざ、訪れてみると、小さな神社だと思います。

小さな神社ですが、いろいろありますね。

特に、目の前に社があるのですが、その裏に本殿があるという。

私は本殿参拝をしました。

さすがに神域です、と書いてあったので、そこから先の撮影は遠慮をしました。

本殿参拝後、縁結びの社に行きましたが、小さいね。

そこには、御祈祷10分1000円と書いてある。

つまり、お参りもいいが、1000円でちゃんと御祓いもしますよ、ということ。

しかも所要時間10分。

私が訪問時、誰も10分のそれをやっている方はいませんでした。

私はお賽銭を入れて、礼拝をしました。

今まで、数数の縁結びの場所を訪れましたが、縁無しをその度に感じる始末。

果たして今回、どうでしょうか?w

因みに、特派員はこちらにお参りをし、見事、結婚したそうです。

期待できるか???

 

ここで一句

      期待より

         合コンすれば

                早いかな?

2017年6月19日 (月)

下田市 下田公園あじさい祭~唐人お吉のお墓まで五十九景

22_4

Dsc_7695


Dsc_7566

22_5
Dsc_7567


Dsc_7569


Dsc_7570


Dsc_7572


Dsc_7573


Dsc_7576


Dsc_7577


Dsc_7580


Dsc_7581

22
Dsc_7584


Dsc_7585


Dsc_7592


Dsc_7598


Dsc_7614


Dsc_7617


Dsc_7618


Dsc_7620


Dsc_7621


Dsc_7623

22_6
Dsc_7628


Dsc_7629


Dsc_7635


Dsc_7642


Dsc_7645


Dsc_7653

22_7
Dsc_7657

22_2
Dsc_7660


Dsc_7661


Dsc_7662

22_8
Dsc_7667


Dsc_7671


Dsc_7670


Dsc_7674


Dsc_7676


Dsc_7679
22_9
Dsc_7680


Dsc_7681

22_3
Dsc_7689


Dsc_7694


Dsc_7697


Dsc_7701


Dsc_7702

22_10
Dsc_7735


Dsc_7706


Dsc_7710

22_13
Dsc_7711


Dsc_7712

22_11
Dsc_7707


Dsc_7714

22_12
Dsc_7713


Dsc_7716


Dsc_7718


Dsc_7719


Dsc_7721


Dsc_7727


Dsc_7732


Dsc_7734

下田公園は2度目なのですが、その時は紫陽花は咲いて無かった。

過去ログを見ても、下田公園単体では紹介していない。

道の駅やら何やらと一緒に紹介をした記憶があるので、爪木崎の水仙を見に行った時、

少し、紹介をしています。

今回はじっくりと、紫陽花をご紹介しましょう。

この日の開花状況は5分咲き。

だが、ところどころで大輪の紫陽花が咲きほこり、十分見ごたえがあります。

当然、撮影をするのですが、撮影を重ねると、似た様なアングルばかり。

そこで、他の写真を求めて、市内に赴く。

いろいろと撮影をし、最後に訪れたのが、唐人お吉さんのお墓のある「宝福寺」。

こちらは、坂本龍馬飛翔の地とかあり、ああ・・昔、福山が・・・と思った。

看板の画像、似てますよね?

お墓を見ますか?と思ったが、お墓を見る為には、400円を払わないといけない。

「おカネ払わないと見られないの?」

思わず、受付のおばちゃんに言ってしまいました。

記念館の中の料金も入っていて、記念館の中の展示物は撮影が可だという。

ならば、初訪問の敬意も含め、入場。

・・・お吉さん、哀れで悲しい人生ですね・・・

亡くなった後も悲惨です。

そんな非情な人生に、400円なら・・・

 

ここで一句

     紫陽花も

        霞んでしまう

            お吉かな

2017年6月14日 (水)

袋井市 可睡ゆりの園~フォトコンテストに挑むぜ七十二景

1

Dsc_7557

1_2
Dsc_7556



Dsc_7554
1_3
Dsc_7221

1_4
Dsc_7230



Dsc_7242
1_5
Dsc_7253



Dsc_7257


Dsc_7261
1_6
Dsc_7262



Dsc_7265


Dsc_7269
1_7
Dsc_7273



Dsc_7276


Dsc_7280


Dsc_7284


Dsc_7285


Dsc_7292


Dsc_7293
1_8
Dsc_7298



Dsc_7325
1_10
Dsc_7329



Dsc_7331


Dsc_7349


Dsc_7351


Dsc_7352


Dsc_7353


Dsc_7354


Dsc_7357


Dsc_7370


Dsc_7371
1_9
Dsc_7376



Dsc_7377


Dsc_7378

Dsc_7379


Dsc_7381


Dsc_7382
1_11
Dsc_7384



Dsc_7386
1_14
Dsc_7387



Dsc_7398



Dsc_7390


Dsc_7392


Dsc_7393

1_12
Dsc_7399



Dsc_7402


Dsc_7403


Dsc_7406


Dsc_7429


Dsc_7419


Dsc_7436



Dsc_7445


Dsc_7448

Dsc_7455


Dsc_7459


Dsc_7460


Dsc_7469


Dsc_7470


Dsc_7487


Dsc_7501


Dsc_7512


Dsc_7515


Dsc_7517


Dsc_7522


Dsc_7523
1_13
Dsc_7530


Dsc_7538


Dsc_7552

Dsc_7453


Dsc_7456


Dsc_7498

Dsc_7486

ブログを再開後、現時点では1年と半年を過ぎてはいないが、

ブログの残り容量は2.4GBを切りました。

早い!早すぎる!

そして、私の車、購入後1年と7カ月。

1万6千を超えた。w

ええええ???どこにいった????www

最終回がどんどん近付く。







桜前線を終えた後、静岡ホビーショー、富士川クラフトパークと行ったが、

正直、ゲームショウまで怠惰な日々が続く。

そんなある日、可睡ゆりの園の存在を知る。

フォトコンテストを開催しているらしい。

私のカメラは10年前のデジカメ。

面白い、挑戦してみましょう!

道具として、カメラの性能、レンズの種類は重要。

劣るからこその挑戦。

誰も見た事の無い、ゆりの園の画像を!

己の存在、それしかない!



しかし、実際に行ってその光景に言葉を失う。

ゆりとは可憐である。

だが、密生すると、これ程の感動を生むのか?

北海道の富良野を彷彿させる様な光景。

ラベンダーでは無く、ゆりが描く花の絨毯。

私の求めるアングルを撮影しまくる。

この中の何枚かを、フォトコンテストに応募します。

入選すると、本名が出るか?

ま、いいか!www

 

ここで一句

    ゆりの花

      重ねて見たは

         コンパさん

2017年5月19日 (金)

静岡市 静岡ホビーショー 大人が夢中な五十景

22

Dsc_7083_974

22_19
Dsc_7091_977


Dsc_6952_935


Dsc_6954_936

22_2
Dsc_6955_937

22_3

Dsc_6958_938

Dsc_6957_939

22_4

Dsc_6961_940

22_5

Dsc_6964_941


Dsc_6970_942


Dsc_6972_943


Dsc_6975_944

22_6
Dsc_6976_945

Dsc_6977_946

Dsc_6979


Dsc_6984_947


Dsc_6990_949


Dsc_6991_950


Dsc_6993_948

22_7
Dsc_6997_951

22_8
Dsc_7005_952


Dsc_7007_953


Dsc_7010_954

22_9

Dsc_7013_955

22_10
Dsc_7018_956


Dsc_7022_957


Dsc_7025_958


Dsc_7031_959


Dsc_7038


Dsc_7042_960
22_11
Dsc_7044_961

22_25

Dsc_7047_962

22_12
Dsc_7053_963


Dsc_7054_964

22_13
Dsc_7056_965


Dsc_7062_966

Dsc_7065_967

22_14
Dsc_7067_968

Dsc_7072_4


Dsc_7070_969

22_15

Dsc_7074_970

Dsc_7075_971

22_16
Dsc_7080_972
22_17
Dsc_7081_973

Dsc_7077

Dsc_7084


Dsc_7085_975


Dsc_7088_976


Dsc_7092_978

22_18
Dsc_7094_979

イベントと言えば、幕張メッセか東京ビッグサイト、最低でもパシフィコ横浜。

それ以外のイベントには、まったく興味を示さない私。

そんなある日、静岡でホビーショーがある事を知る。

場所は、ツインメッセ静岡。

ツインメッセ静岡と言えば、静岡オートスタイル。

静岡でオートサロンみたいなものが開催されるので、行ったことがある。

正直、悲惨であった。w

やはり、東京オートサロン、モーターショーは凄い!

そんなトラウマがあるので、ツインメッセでホビーショー?と思ったが、

入場料が無料だというので、行くことにした。

秋田旅行で金を使ったので、無料のイベントはありがたく感じます。

高速道路も、富士SAのスマートETCを使えば、ストレスなく、静岡市内まで行ける。

そして、出掛けたのだが、いつもポールポジションを目指す私が、この日は起きれず。w

9時のオープンに間に合わない。

しかも、現場近くは渋滞。

メッセの駐車場は満車で、隣のショッピングストアーの駐車場へ。

飯も食わずに、ホビーショーの中へ。







ラジコンなどいろいろありますが、基本的にはプラモデルのご披露ですかね?

プラモデルという表現は専門家にすれば、相応しくないと思うだろう。

カスタムメイドされたフィギュアや、綺麗な塗装をされた車などなど、幼少期、

プラモデル造りをしたことがあるものであれば、見ているだけでも面白い。

何より、私としては、エアーガンの試射が出来たのが嬉しい。

玉は勿論出ないが、エアーガンの重量感などを楽しみました。

残念だったのは、コスプレ美女に出会えなかった事かな?

それにしても、人は多いがこれ程物静かなイベントも珍しい。w

参加型と言うよりも、見学型のイベントでしたね。

来年行くのか?コスプレ美女がいれば。w

 

ここで一句

     ガンダムも

         コスプレ居れば

                撮りますよw

2017年4月20日 (木)

駿東郡 富士霊園~墓参りと桜見物が出来る三十八景

22_20

Dsc_6034_492

22_21
Dsc_6035_493


Dsc_6039_494

22_22
Dsc_6041_495


Dsc_6043_496


Dsc_6044_497

22_23
Dsc_6045_498

22_24
Dsc_6051_499

22_25
Dsc_6054_500


Dsc_6057_501

22_26
Dsc_6059_502


Dsc_6060_503


Dsc_6061_504

22_27
Dsc_6069_505


Dsc_6077_506


Dsc_6085_507


Dsc_6092_508

22_28
Dsc_6095_509


Dsc_6099_510


Dsc_6102_511

22_29
Dsc_6103_512


Dsc_6104_513


Dsc_6106_514


Dsc_6107_515


Dsc_6109_516


Dsc_6112_517


Dsc_6116_518


Dsc_6122_519


Dsc_6125_520


Dsc_6127_521


Dsc_6143_522


Dsc_6147_523


Dsc_6148_524


Dsc_6153_525

22_30
Dsc_6164_526


Dsc_6168_527


Dsc_6169_528


Dsc_6176_529

桜前線初登場の富士霊園。

静岡では有名な桜の名所なのですが、霊園なんですよね。

私、霊感が強くて、時々写真に余計な物が写るので、敬遠していた部分があります。

今回撮影を終えて、写真を見て不思議に思ったのが、天気が良かったのに明るくない。

特に桜が艶やかに写っていない。

何か影が出来るというか、暗いというか・・・

それとも、私の気のせいか?カメラがおかしいのか?それとも・・・ひぇええ~~~!!!

しかし、見晴らし台からの桜並木は最高でしたね。

喪服に身をかためた方々と、ブルーシートの上で家族で寝転んで、桜を楽しむ姿。

さすがに酒を飲んで、どんちゃん騒ぎの方はいませんでした。

だが、近所には富士スピードウェイがあり、遠くからカーレースの爆音が聞こえました。

霊園であるということを、忘れさせる雰囲気があります。



それと、また上り坂ですよ。

天気が良かったから、汗びっしょりですよ!

帰りはひざが少し、笑い気味でしたよ。w

今年の桜はもう、終わりですが、来年の花見に、皆さんも加えてみては?

 

ここで一句

     また上り

       桜見るには

            試練だね

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水