フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

三重県 ラーメン

2013年12月29日 (日)

伊勢市 横丁そば 小西湖 焼豚満開横丁そば

Dsc_1882


Dsc_1877


Dsc_1879


Dsc_1881


Dsc_1883


Dsc_1885


Dsc_1887


Dsc_1890


Dsc_1891

久しぶりの伊勢神宮は、あまりの参拝客に少々辟易。

やはり、式年遷宮効果は半端では無かった。

これで初詣となったら、どれほどの参拝客で溢れかえるのか?

初詣は江ノ島大師に行く予定の私だが、要らぬ心配をしてしまった。w

ところで、伊勢参りの楽しみと言えばおかげ横丁である。

これで3回目の伊勢参りだが、おかげ横丁をとことん楽しんでいない。

今回は横丁を隅から隅まで、トイレまで使用し、楽しんでみた。






牛串を食べたり、フグのから揚げを食べたりしたが、やはりしっかり食事をしたい。

伊勢と言えば伊勢うどんだが、伊勢うどん以外にも何か美味い物はないか?

洋食屋の看板に惹かれたが、多分、唯一と言えるかもしれないラーメンの看板。

路地裏のラーメン屋、横丁そばにつられ、行ってみた。

すると、そこは確かに路地裏で、狭い通りの中にオープンスペースであった。

当日は寒かった。

いくら温かいラーメンとはいえ、冷たい風が吹きすさぶ中で食べるのは気が引けたが、

よくよく見渡すと、おかげ横丁はオープンスペースが多い。w

それに路地裏のおかげか、それほどビュービュー風もこない。w

私はこの店でラーメンを食べることにした。









店の名前は横丁そば小西湖。

まずはメニューを眺める。

メニュー構成はシンプルである。

基本の横丁そば、チャーシューメン、そして具無しそば、以上である。

あとはツマミ類やトッピングが少々。

メニューを見て気になったのが、レア状態のチャーシュー。

これはもう、焼豚満開横丁そば1100円を頼むしかないでしょう?w

注文する物が決まったら、レジカウンターで料金先払い。

その時に整理用に番号札を渡される。

あとは好きな席に座り、メニューの完成を待つ。

私は路地沿いの席に座り、待つ。

因みにお茶などはセルフ。

お茶を飲もうと注ぐと、冷たい!!!

この寒いのに冷たい物しか無いのか?

やがて、私の番号を呼ぶ声が聞こえる。

手を揚げて、ここよ!と伝える。

では記念撮影をし、いただきま~す!









いや~~、なんと華やかなチャーシューメンなんでしょうか!

実際、間近でみると生ハム状のチャーシューである。

その生ハム状のチャーシューが丼ぶりの縁を飾り、丼ぶり中央には加熱され、

中までしっかり火の通ったチャーシューが何枚かあった。

1100円という価格であるが、見た目の不満は無いね。

では、まずはスープを一口、ズズずず頭図z厨・・・うん、美味い。

松阪牛の骨などを使用したスープと言う事であるが、牛骨のクセは無い。

クセは感じないが、少々独特の香りがあるね。

それを人はクセというのか?

香ばしいような香りですがね。

むしろ、色々な素材から抽出された旨味が感じられ、食べ易いものがある。

最初の一口はアッサリ感じるが、口の中にコクが残る。

スープの味は醤油ベースなのだが、トゲトゲしいものは感じられず、まろやか。

やや脂肪分が強めであるが、これは誰にでも受け容れられる味でしょう。

業務用の化調たっぷりスープかと思いきや、なかなかやるじゃない。






次に麺。

細麺であるが、若干のウエーブがある。

チュルチュル・・・うん、ややカタメの茹であがりかな。

喉越しもよく、これはこれでいいかな?

少し、プリプリ感がありますね。






さあ、いよいよチャーシューだ!

まずは生ハム状のものを一枚・・・薄!!!!!

まさしく生ハム並の薄さ!!!!!

この場合、タタキ状と言った方がいいのかもしれないが、余りにも薄いので、

生ハムですね。w

モグモグ・・・う~~~~~む、香ばしさを感じる生ハムだな~。

薄いけど、結構歯応えはあります。

歯応えを考慮して、この薄さなんでしょう。

周囲は加熱されているのですが、中心はレア。

ローストビーフの様な肉汁滴るレア感ではない。

やはり、これはハム!

生ハムの技法を取り入れたチャーシューや~!






なんか書いていて、ハムなのかチャーシューなのか分からなくなってきた。w

食べている最中に卓上の辛味やコショウを入れてみた。

まったりしたスープにアクセントが出た。

そして完食。

う~~む、そういえば大盛りにしなかったな。

大盛りが出来るかどうか確認すれば良かったが、多分出来ないでしょう。

麺のボリュームとしては少ない方かもしれませんが、肉で満足出来ました。



全体的に悪くは無い。

個性的なチャーシューを除けば、美味しい牛骨ラーメンです。

チャーシューは好き好きがありそうですね。

レア感のある肉を嫌う方も多いでしょうから。

そんな方は具無しを選んではいかがでしょか?

ラーメン通を自認する方は是非、具無しを選んでください。

 

ここで一句

      横丁を

         曲がると出会う

               個性的

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水