フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

岩手県 グルメ

2014年5月 3日 (土)

一関市 焼肉、冷麺ヤマト 黒毛和牛と生ビール、ハイボール

Dscn0852

Dscn0791

Dscn0792

Dscn0793

Dscn0795

Dscn0802

Dscn0805

Dscn0806

Dscn0807

Dscn0809

Dscn0812

Dscn0814

Dscn0815

Dscn0821

Dscn0816

Dscn0818

Dscn0823

Dscn0827

Dscn0829

Dscn0831

Dscn0836

Dscn0839

Dscn0343001

Dscn0853

Dscn0864

Dscn0854

Dscn0856

Dscn0857

Dscn0859

Dscn0861

Dscn0862

焼肉ファンの皆さん、お待たせしました。

久々の焼肉屋訪問です。

私としては2年ぶりの焼肉屋です。

本当に焼肉を食べません!

今回も焼肉の予定はありませんでした。

一関駅周辺の居酒屋で飲む予定でした。

しかし!中尊寺界隈を2時間以上歩き続け、疲れた。

歩く前に、車で8時間ドライブしてまっせ!w

本当にね、私のブログの読者様、マネが出来るものならやってみなさい!w

そんなこんなでホテルに到着すると、ホテルの真正面に焼肉屋がある。

焼肉、冷麺ヤマトだと。

ホテルから歩いて一分のそこにお邪魔してみた。






ところで、宿泊先のルートインホテルだが、なかなかいい。

基本的に駐車場代はかからない。

朝食付きで7000円以下なので、安いと思う。

何よりも、大浴場付きである。

出雲大社の時も利用したが、一人旅の方にはおすすめします。

しかし、欠点が無い訳でもない。

基本的に高速道路のインター付近にあるので、駅や中心街から遠い場合が多い。

このホテルも駅まで約4kmほど離れていた。

本日の腹の中はそばかっけと牛タンしか入っていない。

しかし夕食は普段から少な目にしているので、焼肉で飲むことにした。

ぱっと見たところ、店の外見は東北の牛角?安楽亭?という感じ。

店構えはかなり大きい方だ。

入店し、一人だと告げるとテーブル席に案内された。

4~5人は余裕で座れる席だな。w

店内は高い天井だが、煙が天井に向かっていく。

コンロの横から吸い込むタイプではないらしい。

メニューを眺めると、2年ぶりの焼肉屋なので、何を注文したらいいか迷う。w

タン塩から入るのだが通常だろうが、タンは明日食べる!

そこで私が選んだのは・・・

もつ煮と生ビールの晩酌セット570円。

黒毛リブロース2180円。

特上カルビ2180円。

黒毛シマチョウ760円。

以上でお願いした。

すぐにもつ煮と生ビール登場、記念撮影をし、いただきま~す!








なんか気持ち生ビール中だが、小さいな。

店によっては生小じゃないか?

ゴクゴク・・・2口で飲んじゃった!w

すぐに生ビール大890円を注文する。

今度は生中にしては大きいかな?と思えるもの。

生ビールがこの店の生命線か?w

もつ煮は辛そうな色だが、まったく辛くなく、おつゆまであっという間にいただきました。

すると、リブロース登場・・・これで2180円?さぞかし美味しいのかな?

2切れほど網の上に乗せ、焼きます。

レア状態でいただきます。

タレは卓上にあるが、塩もある。

タレで食べてみるか、モグモグ・・・うん、肉だね。

2180円という価格が念頭にあるので、期待があったが、私としてはまあまあですか?

リブロースなので、肉の旨みがもっと広がるかと思ったが、それほどでもなく。

刺しの入り具合から上質な肉なのだろうが、美味しいね、と言う感じ。

次にシマチョウ、ホルモンが来た。

これも2切れほど乗せ食べる。

モグモグ・・・黒毛なんだろうね、黒毛でしょう?ふ~~ん。

この段階で生大お替り!さすがに飲み応えがある。

最後にカルビが来た。

さっそく焼く、じゅわ~~じゅわ~~煙が天井に昇っていく~~。

これもタレで食べる、モグモグ・・・ああ・・・美味いね。

これで2180円なんだ、ふ~~ん。

添え物の野菜も焼き、ゆっくりと酒を味わう。

あ~~、久しぶりだな~。

焼肉屋で飲みながら食べるなんて、本当に久しぶりだ~。

本当に、こういうシチュエーションに縁遠い男なんだね~~~。

生ビールが空になったので、ハイボール410円を注文。

肉、酒、肉、酒、野菜。

あ~~、気分がいい。

肉も少ないと思ったが、段々満腹になってきた。

もっと楽しみたいな~、冷麺食べよう!

冷麺フェアということで冷麺が380円なので注文してみた。

酔っていたので、上から2番目の大辛を選ぶ。w

さらにハイボール追加。

すぐに冷麺登場。

冷麺の上にはカクテキが丼ぶりの半分を埋め尽くしていた。w

混ぜる前に辛味の無いスープを飲む。

事逗ず図事逗ず図・・・あっさりかな?

酔ってきているので、細かい味の表現は分からん。

よ~く混ぜ混ぜして食べてみる。

ズルズル・・・辛くないじゃん!!!

拍子抜けするほど辛くない。

カクテキを食べてみると、大根は甘目。

辛くないので一気に啜る。

やがて完食。

合計8670円(内税)

ぶわっはははははは!!!!!!!!

高いか安いか分からん!!!!!!!!!

ロースとカルビを安いのにすれば2000円近く安くなったか?

帰路、コンビニで缶ビール2本を買い、ホテルで飲んだこと書き加えておく。w



因みに、翌朝はホテルの朝食バイキング。

朝ご飯は大事だからね、しっかり食べました!w

 

ここで一句

     焼肉を

        つまみにするなら

             見栄張るな!!!

2014年5月 2日 (金)

西磐井郡 四季の花 そばかっけ

1_2_3Dscn0783

Dscn0779

Dscn0780

Dscn0782

Dscn0785

Dscn0343001_2

 

Dsc_4399

Dsc_4386

Dsc_4387

Dsc_4388

Dsc_4391

Dsc_4392

Dsc_4394

Dsc_4396

Dsc_4398

一関に向かう途中、唯一食べたのが牛タン。

620円だって。

たかくねぇ???


午後4時半を過ぎた。

中尊寺周辺も含め、歩きに歩いた。w

さすがに腹が減ったので、食事をすることにした。

町営の駐車場には蕎麦屋が数件あったので、そこで食事をすることに。

・・・閉店。w

なんと!4時にはどの店も暖簾を仕舞い、終わっていた。

うう、、、このままだと若い姉ちゃんに食いついてしまう!w

すると、少し離れたところに食堂を発見!夜は酒を飲むつもりだったので、

軽く済ませるべく、さっぱりした物を食べようと思った。

「そばかっけ?どこかで聞いたな?」

テレビで得た情報だと、そば粉で出来たワンタンや餃子の皮のようなもの。

「面白そうだ」

蕎麦粉ベースなら、腹の負担も少ないだろう。

私はそばかっけ1010円を注文した。

店内は中途半端な時間のためか、他に客は無し。

小上がりとテーブル席があるが、キャパは結構広め。

お土産などもあるようなので、いろいろ楽しめそうだ。

やがて、かっけ登場、記念撮影をし、いただきま~す!










なかなかいい外見ですね。

テレビで見たかっけは茹でたものを味噌ニンニクなどで食べていた。

この店ではかっけをすいとん風にアレンジしたらしい。

小鉢に菜の花と白い蕪の漬物。

どんぶりは大きめで、大盛りを注文しなくて良かった?w

まずはお出汁をレンゲでずずずずz・・・あっさりして美味い!!!

出汁の中には大根、ニンジン、ネギ、マイタケ、三つ葉、椎茸、少々の鶏肉が入っている。

野菜が多く入っているので、野菜から旨みが出ている。

この旨みが、なかなか良いですね。

味のベースは醤油ベースですが、蕎麦のカエシですかね?

味付け自体は濃いとは思いません。

次にかっけをいただきます。

箸で持ち上げると、ワンタンの皮?ラビオリの皮?ラザニア?そんな感じです。

そのまま食べます。

チュルン!モグモグ・・・美味いよ!

間違いなく蕎麦!俗に二八蕎麦とかいうが、三八蕎麦みたいな感じ。

普通の蕎麦よりものど越しは楽しいかも?

もっとボソボソした感じかと思ったが、ツルツルのっぺり、そんな食感です。

ワンタンと比較したくなりますが、そこまでチュルン!とはしていません。

なんだよ、この店の事、全然予備知識なしで入ったけど、美味いじゃん!

勿論、お腹が空いているのも旨味調味料の増幅要因だろうが、さっぱりして美味い!

卓上の七味をかけても良し、気が付けばレンゲで出汁を夢中になって啜っている。

漬物もいい塩梅。

そして完食!

ふぃ~~~満足!

さっぱりした中にも充実した旨みがあり、ボリューム感もあり、満足な一杯。

「写真が趣味なんですが?」

会計時、料理を写真で撮っていた私に店主が話しかける。

「中尊寺に来たのが初めてなんですよ」

私は答えた。

「そばかっけ、初めて食べたけど、さっぱりして美味しかったです」

テレビで見た話をすると、

「かっけをすいとん風にアレンジしたけど、この周辺の方は味が薄いと」

濃い味が好みだというのは、地域的に納得できるが、こういう味も必要だと思う。

もし、私が地域的に求められる味を作るなら、味噌風味か辛口だろうね。

そうすると、そばかっけでなくても良いと思うが・・・

健康のために、薄味に慣れましょう!!!

 

ここで一句

      血圧は

        塩分油分

            要注意

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水