フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

広島県 グルメ

2014年9月17日 (水)

廿日市市 あなご重 厳匠 特盛あなご重、かきフライ3個

Dsc_6335

Dsc_6364


Dsc_6387


Dsc_6371


Dsc_6374


Dsc_6376


Dsc_6378


Dsc_6379


Dsc_6380


Dsc_6383


Dsc_6385

やっぱり、腹は減る。

それにしても、紅葉饅頭とはこれほど凄い、勢力を誇示していたのか?

お土産といったら、紅葉饅頭のバリエーションの中から選ぶような選択肢。

私の脳内では、揚げ饅頭などテレビなどで得た知識がグルグルと駆け巡る。

なんか、紅葉饅頭を食べないと、モグリの様相さえ感じる。

しかし、私は紅葉の誘惑を避け、穴子丼一本勝負にした。

何故に穴子丼か?

それはガイドブックで見たからだ。

基本的に私の食べ歩きの原点は、ガイドブックである。

どこにでもあるような無料のガイドブックなどを見て、興味を惹いた店に行く。

その他はインスピレーションである。

最近の記事の中で、インスピレーションの最たるものが「佐の川」である。

この店は自分の中では当たり!である。

そんな自分のインスピレーションを信じ、宮島内で美味い穴子丼を探す。

すると、以前テレビやガイドブックで見たような店が数件あった。

本来、穴子丼であれば、フェリーに乗る前の宮島口にある店が有名らしいが、

せっかくなので、宮島内で食べる。

その中で気になったのが、唯一、穴子重を掲げる店である。

この店の情報は殆ど知らないが、自家製のタレ使用と言うことと、価格が安いこと、

特盛メニューがあったので、この店を選んだ。










店の名前は「厳匠」。

この店を選ぶ前に、穴子丼の価格などいろいろ見て歩いたが、どこと比較しても安い。

安ければいいものではないが、とにかく腹が減っている。w

何より最後に選んだ理由は特盛と、店内満席。w

時間的にランチタイムそろそろ終了時間で、満席なので選びました。

中に入ろうとすると、「満席です!」と入口で言われる。

私からすると、若き店主らしいが、一人で切り盛りしているようだ。

この店以外、行きたい店がなかったので、待つことにした。

あ~、店の斜め前にデカイしゃもじがあるね。

一応、記念撮影をしておきますか?

約20分は待ちましたでしょうか?

ようやく、店内から夫婦2人連れがお帰りになり、店内へ。

店内は狭い、テーブル席が3卓で、そのうち2卓を若い姉ちゃん2グループが占拠。w

2グループともそろそろ食べ終えようかとしていた。

少し、タイミングが悪かったか?

注文は特盛あなご重2100円とかきフライ3個450円にした。

かきフライは時期尚早だと思うが、歩き疲れてスタミナ補給のつもり。

やがて、姉ちゃんグループは退散、この店では食器の後片付けをお願いしている。

先述の様に、店主一人で切り盛りの様なので、仕方がないか?

すると、かきフライが先に来た。

コロンと3個が小皿に乗るだけで、レモンなどは無し。

では、記念撮影をし、いただきま~す!








アフアフ、揚げ立てのかきフライは美味いね!

卓上にソースがあったのでかけてみると、広島らしく甘みを感じるお好みソースみたい。

好みはあるでしょうが、これはこれで美味い。

そして、メインの穴子重が登場です。

蓋を開けると・・・うわ~~!まるで穴子のひつマムシみたいや~!w

穴子は食べ易い様に一口サイズの大きさにカットされている。

穴子は焼きアナゴ、茹ででも蒸しでも無い。

自家製のタレの為か、照りが美しい。

そしてこれに吸い物と沢庵が付く。

記念撮影をし、いただきま~す!










重に入っていると、どうしても鰻を食べるような気になってしまう。

まずは穴子を一口、モグモグ・・・サッパリ、香ばしく美味い。

旬をやや過ぎたかもしれないが、まだまだ穴子の美味い時期、

もっと脂が乗っているかと思いきや、意外にもヘルシーな感じ。

前日に穴子の一本寿司を食べましたが、茹でた物と比べ、ねっとり感が少ない。

これは脳内で、うな重を食べている!と錯覚を起こし、そんな印象になったのかも?w

自家製のタレは出来るだけで甘さを排除し、キレのあるタレ。

穴子と言うと、寿司屋で甘いツメダレを塗って食べることが多いので、

甘さを感じにくいこのタレは、人によっては好まれないかもしれない。

私としてはキレがあり、後味が残り難い味わいは好感が持てる。

ところで、私が注文したのは特盛穴子重。

見た目からも、穴子は2尾使用ですかね?

2尾使用で2000円超えるぐらいなら、観光地としては安い方では?

ご飯はカタメですかね。

それにタレが浸み込んでますが、ツユダク過ぎず、これも好印象。

ご飯の量は女性サイズかな?大食漢はご飯大盛りがいいと思います。

お吸い物は手毬麩と三つ葉が浮かんでいますが、ダシはしっかり出ています。

食べ進むうちに穴子のやや焦げた感じが、量が多いせいか、気になりますが、

これは許容範囲でしょう。

炭火焼ではなく、ガスコンロで焼かれたものです。

そのため、香ばしさよりも気になったと思います。

やがて、完食。

満足です。

ややサッパリした切れ味の良い穴子重です。

店主の応対も不可な部分は無かったです。

超有名観光地で、一番コスパに優れた穴子重だと思います。


そういえば、この頃鰻がご無沙汰だな。w

 

ここで一句

     穴場なら

        少し外れが

            いいみたい?

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水