フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

イルミネーション

2017年11月26日 (日)

掛川市 つま恋サウンドイルミネーション ~さらば、つま恋の二十四景

22_23
Dsc_1536

Dsc_1537


Dsc_1538

22
Dsc_1540

22_2
Dsc_1543


Dsc_1545

22_3
Dsc_1551


Dsc_1553


Dsc_1555


Dsc_1558


Dsc_1559


Dsc_1560


Dsc_1561


Dsc_1565


Dsc_1569


Dsc_1573


Dsc_1578


Dsc_1583


Dsc_1588


Dsc_1590


Dsc_1600


Dsc_1594


Dsc_1603

22_4
Dsc_1606

つま恋サウンドイルミネーションに行ったのは、2015年。

いや~~~、それは良かった。

音とイルミネーションの融合、それは良かった。

余りにも良かったので、次の年も訪問しました。

しかし、規模は縮小され、何となく物足りなさを感じる。

だが、ホテルの屋上から展望は、素晴らしかった。

だが次の年、つまり昨年、つま恋は経営破たんをした。

勿論、イルミネーションは無し。

そして今年、サウンドイルミネーションの復活を知る。

内容は違っているにしても、同じ感動があるはず!

音と光の感動があるはず!

そして、期待を持って訪問しました。

入場方法が多少違いましたが、入場した瞬間、失望がありました。

再建し、初めてのイルミネーションとはいえ、今までのノウハウが残っているはず。

音は良かった!しかしそれはBGMであって、イルミネーションとの連動は

さほど感じる事は出来なかった。

屋上からの展望も無くなった。

漆黒が多いと思った。

残念、ただそれだけ。

 

ここで一句

      思い出が

          褪せ無いように

                 蓋をする

2017年1月22日 (日)

袖ヶ浦市 東京ドイツ村ウインターイルミネーション~寒くて震えた三十八景

1_8

Dsc_3407

Dsc_3414

1_9
Dsc_3430


Dsc_3432

1_10
Dsc_3434


Dsc_3436

1_11
Dsc_3439


Dsc_3441

1_12

Dsc_3443


Dsc_3445


Dsc_3446


Dsc_3447


Dsc_3448


Dsc_3449


Dsc_3451


Dsc_3454


Dsc_3455


Dsc_3457


Dsc_3458


Dsc_3465


Dsc_3466


Dsc_3469


Dsc_3470


Dsc_3471


Dsc_3473


Dsc_3476


Dsc_3485


Dsc_3487


Dsc_3488


Dsc_3491


Dsc_3497


Dsc_3504


Dsc_3505


Dsc_3508


Dsc_3510


Dsc_3511


Dsc_3519


Dsc_3520

昨年、イルミネーションは2か所しか紹介をしてないので、せめてもう1カ所と思う。

幕張に行けば、ドイツ村は近いんじゃないの?

そう考え、オートサロンからドイツ村に向かう。

ドイツ村には丁度、日没の頃に到着する。

点灯式をやるらしいので、それまで待つことに。

寒い。

寒い。

寒すぎる。

この日は、この冬1番の寒さと言われた時。

寒さ自体は、防寒着でどうにかなるが、カメラを持つ手の感覚が無くなる。

とっとと撮影をし、切り上げるか!と思っても、敷地がひたすら広い。

手抜きをすれば、読者様は喜ぶまい!

速足ではありますが、要所要所の撮影はちゃんと行いました。

ところで、イルミネーションの印象ですが、派手さや豪華さは感じません。

何と言いましょか、手作り感を感じました。

ロケーションを生かして、上手にイルミネーションをしていると思いました。

目玉の場所が無い代わり、落ち着いて散歩が出来ると言うか。

そして、今回を機会に、カテゴリーにイルミネーションを設定しました。

カテゴリーをクリックすると、今まで行ったイルミネーションが分かる様にしました。

参考にしてみてね。

 

ここで一句

    寒くても

       一人でいては

             冷えるだけw

2016年12月 2日 (金)

稲城市 よみうりランド ジュエルミネーション~中は広いぜ五十七景

1_2

Dsc_2207

今回私はナイト入園料のみです。

Dsc_2205


Dsc_2211


Dsc_2209

ここのイルミもスケールがデカイ!

Dsc_2212


Dsc_2213


Dsc_2214


Dsc_2223


Dsc_2227


Dsc_2229

オヤジ一人なので、乗り物は無し。w

Dsc_2230


Dsc_2233


Dsc_2238


Dsc_2244


Dsc_2248

家族連れやカップルには最高だろうね!

Dsc_2250


Dsc_2255


Dsc_2263


Dsc_2264

オヤジ一人で来るところではない!w

Dsc_2268


Dsc_2265


Dsc_2279


Dsc_2280


Dsc_2283

1_3

Dsc_2285



Dsc_2288


Dsc_2292


Dsc_2294


Dsc_2296


Dsc_2298

↓オリジナルの焼きそばUFOのデザインが出来る。

Dsc_2303


Dsc_2304


Dsc_2306


Dsc_2308


Dsc_2310

日産ファクトリーです。

Dsc_2315


Dsc_2317


Dsc_2320


Dsc_2321

噴水ショーは追加料金無しで見られます。

Dsc_2324


Dsc_2326


Dsc_2330


Dsc_2335

↓回転してます。

Dsc_2346


Dsc_2354

フードコートみたいなものも沢山あります。

Dsc_2368


Dsc_2374


Dsc_2377


Dsc_2381


Dsc_2387


Dsc_2388


Dsc_2393

お土産は日テレ関係や色々あります。

Dsc_2394


Dsc_2395


Dsc_2396


Dsc_2397


Dsc_2399

イルミネーションを追い求め、第2弾であります。

今回は初訪問になります「よみうりランド」のジュエルミネーションを見に行きました。

私自身はよみうりランド自体が初訪問になり、まさかこの齢で!と言うものがあります。w

イルミネーションは、午後4時からになりますが、夜用のナイトパスなどがあり、

それを買えばアトラクションなどは乗り放題みたいですね。

私はイルミネーションの撮影が目的なので、入園料だけになります。

園内は広い!!!!!その一言です。

そして、遊園地が物の見事にイルミネーションに装飾され、じつに鮮やか。

全部で500万球使用ということですが、ポイント、ポイントを抑えたそれは、お見事です。

とにかく園内が広いので、全部見るのに2時間みっちりかかりました。

噴水ショーは無料で見られます。

多分、観覧車やゴンドラに乗れば、最高の景色が撮影出来ると思いますが、

今回は何にも乗らず。

ケチと言うよりも、園内が広いので、とにかくくまなく観察する事に専念しました。


私見としまして、オヤジ一人で来るところでは無い。w

誰でもいいから2人以上で行きなさい。

午後4時から入園し、アトラクションやアクティビティーを楽しみ、それらを楽しみながら、

イルミネーションを楽しむ。

勿論、イルミネーションだけでも楽しめます。

イルミネーションの密度が高いとは思いませんが、配色というか、コンセプトが良い!

まさしく宝石。

輝きに安っぽさを感じなかった。


お土産は日テレ関連や日清食品などが幅を利かせていました。

駐車場代は1500円、入園料1200円。

ああ・・せめて30代の時に来たかった。www

 

ここで一句

    わが青春

      電飾沢田

         TOKIOかな?

2016年11月18日 (金)

伊東市 伊豆ぐらんぱる公園グランイルミ~有料が増えた六十一景

さあ、イルミネーションの季節です。 

今年の1番手は、伊豆ぐらんぱる公園のグランイルミです。

Dsc_2041

昨年はクジャクだったが、蝶に変わったゲートです。 

華やかさが増した気がします。

Dsc_2042


Dsc_2043


Dsc_2046


Dsc_2047

今年のテーマは宇宙人らしい。 

何故宇宙人にしたかは不明。

Dsc_2048


Dsc_2050


Dsc_2051

当然、ETですね。

Dsc_2053


Dsc_2055


Dsc_2057


Dsc_2058


Dsc_2061


Dsc_2062


Dsc_2066


Dsc_2067


Dsc_2069


Dsc_2071

パンダ発見。

Dsc_2075


Dsc_2077


Dsc_2078


Dsc_2080


Dsc_2083


Dsc_2084


Dsc_2085


Dsc_2086


Dsc_2088

パンダが2体。

Dsc_2089


Dsc_2090


Dsc_2091

このパンダデカイ、鎌倉の大仏位ありそう!

Dsc_2093

怖いよ。w

Dsc_2098


Dsc_2100


Dsc_2102


Dsc_2103


Dsc_2104


Dsc_2105


Dsc_2109


Dsc_2114

華やかさが増しました。

Dsc_2118


Dsc_2119

↓カップル専用シート!

Dsc_2124

有料施設が増えました。

Dsc_2132


Dsc_2135


Dsc_2140


Dsc_2142


Dsc_2144


Dsc_2148


Dsc_2150


Dsc_2153


Dsc_2155


Dsc_2156

↓これは無料です。

Dsc_2163

オヤジが一人で滑る。

Dsc_2167

ひゃっほ~~~~~!!!!!

尻が熱い!!!!!!!!!

Dsc_2170

振り返り、今滑ったスライダーを見たら、虚しくなった。w

Dsc_2176


Dsc_2185


Dsc_2186


Dsc_2189


Dsc_2191


Dsc_2192

我がブログの名物企画になりそうなイルミネーション。

桜前線と同じく、力を入れて撮影しております。

今回はイルミネーションを200万球から400万球に増やしたようです。

昨年に比べ、華やかさが増しましたが、昨年は昨年で良かった。

今年はパンダとランタン花壇ですかね。

無料のスライダーは距離が延長され、スピード感を楽しめます。

有料の遊戯やなんやらがありますが、ほとんど稼働していません。

トランポリンが無料で、賢い親たちは、そこで遊ばしていました。w

音と光のショーは基本的に1曲だけ。

やはり、5曲くらいの方が、音がいいので楽しめると思う。

今年はつま恋が無いので、それに代わる良いイルミネーションが出来ました。

夜は駐車場が無料になります。

 

ここで一句

     パンダより

        普通にラッセンが

               好きかもね?

2016年2月 8日 (月)

掛川市 つま恋サウンドイルミネーション~リベンジの四十景

Dsc_6044


Dsc_6045


Dsc_6046


Dsc_6048


Dsc_6049


Dsc_6050


Dsc_6052


Dsc_6056


Dsc_6073


Dsc_6075


Dsc_6077


Dsc_6079


Dsc_6083


Dsc_6085


Dsc_6087


Dsc_6089


Dsc_6094


Dsc_6096


Dsc_6097


Dsc_6098


Dsc_6099


Dsc_6100


Dsc_6105


Dsc_6107


Dsc_6110


Dsc_6112


Dsc_6123


Dsc_6125


Dsc_6126


Dsc_6128


Dsc_6130


Dsc_6135


Dsc_6145


Dsc_6155


Dsc_6164


Dsc_6166


Dsc_6177


Dsc_6187


Dsc_6191


Dsc_6193

2014年に行って来たつま恋イルミネーション。

間違いなく、音の良さでは群を抜くイルミネーションに、もう一度行きました。

じつは、前回行った時、いろいろ事情がありまして、展望台からの

イルミネーション撮影を、断念しました。

今回はそのリベンジだったのですが、確かに展望台からの眺めは最高でしたが、

前回よりも、規模が縮小してましたね。

歩行距離が短くなりました。

う~~ん、確かに撮影したところがメインなのですが、コスト削減を感じました。

音もよくて、良いところなんですが、やはり、最後は「あれ?」と思いました。

2014年と見比べていただくと、一目瞭然ですね。

http://zard.air-nifty.com/blog/2015/01/post-ccf6.html

写真は今回の方が多いけど。w

 

ここで一句

     減らすのは

        体重以外は

             やめましょう

2016年1月28日 (木)

相模原市 プレジャーフォレスト さがみ湖イルミリオン~ここも凄いぜ!六十四景

1
Dsc_5329

Dsc_5335

Dsc_5342

Dsc_5345

Dsc_5348

Dsc_5349

Dsc_5354

Dsc_5358

Dsc_5366

Dsc_5367

Dsc_5371

Dsc_5375

Dsc_5389

Dsc_5384

Dsc_5411

Dsc_5394

Dsc_5402

Dsc_5405

Dsc_5408

Dsc_5409

Dsc_5399


Dsc_5401

Dsc_5413

Dsc_5417

Dsc_5421

Dsc_5424

Dsc_5426

Dsc_5431

Dsc_5452

Dsc_5451

1_2
Dsc_5457


Dsc_5459

Dsc_5462

Dsc_5466

Dsc_5469

Dsc_5471

Dsc_5472

Dsc_5474

Dsc_5475

Dsc_5478

Dsc_5468

Dsc_5483


Dsc_5484

Dsc_5487

Dsc_5491

Dsc_5500


Dsc_5504

Dsc_5512

Dsc_5517

Dsc_5520

Dsc_5523

Dsc_5530

Dsc_5539

Dsc_5544

Dsc_5553

Dsc_5559

Dsc_5561

Dsc_5568

Dsc_5571

Dsc_5575

Dsc_5576


Dsc_5585

Dsc_5590

Dsc_5591

秋に紅葉の撮影が出来なかったので、その代わりというか、

私が追いかけたのはイルミネーション。

2014年、行くつもりでいましたが、行けませんでした。

そして、行ってきました。

素晴らしいの一言です。

550万球のイルミネーションが敷地内をすべて覆い尽くすような光景は圧巻!

リフトも乗りましたよ!オヤジ一人で!w

毎度の事ながら、オヤジ一人で行く所ではありません!

彼女と行きなさい!

女房と行きなさい!

子供と行きなさい!

初デートで行きなさい!

野郎同士でもいいので行きなさい!

余談ですが、前売り券を買った方がスムーズに入場できます。

車なら、開園前に入場は当たり前。

駐車場1000円。

入場料800円。

リフト往復400円。

私は2時間、たっぷり楽しみました。

今の自分には、これ以上綺麗に撮れない!

毎度の事ながら、名前の知らないカップルさん。

後ろ姿を撮影させていただきました。

ありがとうございます。

2016年1月24日 (日)

伊東市 伊豆ぐらんぱる公園 グランイルミ~昼間は遊園地?の四十一景

Dsc_5062


Dsc_5065


Dsc_5066


Dsc_5067


Dsc_5069


Dsc_5074


Dsc_5075


Dsc_5077


Dsc_5090


Dsc_5091


Dsc_5093


Dsc_5096


Dsc_5104


Dsc_5111


Dsc_5113


Dsc_5118


Dsc_5121


Dsc_5129


Dsc_5131


Dsc_5134


Dsc_5135


Dsc_5138


Dsc_5146


Dsc_5148


Dsc_5163


Dsc_5165


Dsc_5185


Dsc_5190


Dsc_5207


Dsc_5208


Dsc_5217


Dsc_5219


Dsc_5221


Dsc_5224


Dsc_5225


Dsc_5226


Dsc_5227


Dsc_5230


Dsc_5232


Dsc_5233


Dsc_5234

浜松のフルーツパークとフラワーパークでは、少々物足りない印象だった。

使用球100万球以上のイルミネーションを探すと、新設で伊豆のぐらんぱる公園で、

150万球のLEDを使用したイルミネーションがあるという。

300万球使用のフルーツパークは、駅の電飾が余計でしたね。w

ところで、ぐらんぱる公園ですが、昼間に入った記憶が無い。

イルミネーションで、初めて中に入ります。

すると、奥行き感というか、広々とした印象。

私としては、つま恋サウンドイルミネーションを思い出した。

ショータイムなどがあり、サウンドもなかなか頑張っている。

全体的な印象はつま恋リスペクトで、オリジナリティを感じるもの。

初参加?にしてはなかなか頑張っていると思いました。

ラストにスライダーにオヤジ一人で乗りました。

スライダーはローラーのある滑り台です。

童心に戻って楽しみました。

無料なので、安心して滑ってください。

駐車料金は無料で入場料だけです。

私はフルーツパーク、フラワーパークよりも楽しめましたが、

フルーツパークには噴水ショーがあったね。

あれは良かった!

子連れはスライダーを無限ループで遊ばせて、カップルは広大な電飾を楽しみましょう。

2016年1月16日 (土)

浜松市 フルーツパーク、フラワーパーク~イルミネーション2か所同時の五十八景

Dsc_4849


Dsc_4851


Dsc_4854


Dsc_4857


Dsc_4861


Dsc_4863


Dsc_4865


Dsc_4868


Dsc_4869


Dsc_4872


Dsc_4875


Dsc_4880


Dsc_4882


Dsc_4884


Dsc_4888


Dsc_4890


Dsc_4894


Dsc_4897


Dsc_4898


Dsc_4901


Dsc_4904


Dsc_4905


Dsc_4907


Dsc_4912


Dsc_4914


Dsc_4915


Dsc_4920


Dsc_4923


Dsc_4926


Dsc_4933


Dsc_4937


Dsc_4953


Dsc_4956


Dsc_4958


Dsc_4961


Dsc_4962


Dsc_4965


Dsc_4968


Dsc_4981

Dsc_4986


Dsc_4987


Dsc_4988


Dsc_4989


Dsc_4990


Dsc_4993


Dsc_4994


Dsc_4997


Dsc_5000


Dsc_5008


Dsc_5009


Dsc_5014


Dsc_5018


Dsc_5022


Dsc_5025


Dsc_5040


Dsc_5041


Dsc_5044


Dsc_5047

2014年、いろいろなところに行きましたが、その中で、一番お勧めだったのが、

イルミネーション3部作。

なばなの里、つま恋サウンドイルミネーション、御殿場時之栖。

短いスパンの中で、一気にイルミネーションを見に行きました。

この3か所、どこも甲乙つけがたく、オヤジ一人で見に行ったのが勿体無いほど。

そんな、夢見る乙女の気持ちを抱かせてくれた場所に行きたくなった。

一応、LEDの使用数が100万球以上の場所を探すと、浜松に2箇所ある。

フルーツパークとフラワーパークである。

どちらも行けば初訪問になるので行ってみた。

距離的に近いので、一晩に2箇所巡るのだ。

まずはフルーツパークだが、新東名の浜松サービスエリアのスマートETCが近い。

しかし、私はホテルに荷物を置いてから向かったので、それは実感できなかった。

駐車場は無料。

開園時だったが、花火が上がっていた。

あとよさこいのパフォーマンスも見てないが、やっていた。

入場料は御殿場にもあった噴水のショーを含めた1000円を選ぶ。

で、中に入ると、あまり、華やかさを感じない。

ここは使用電球数が300万球のはずだが、300万球を感じない。

つま恋サウンドイルミネーションより100万球多いのに、感じない。

光のトンネルも思ったより短く、電球が少なく感じる。

恐竜もいるし、見どころは多いはずなのに華やかではない。

噴水ショーは十分楽しめたが、これに関しては御殿場と同じだね。

バナナ温室など、無料で入れるのだが、それほど面白くはない。

「こんなものかな?」と思いつつ、フラワーパークに向かうと、電球が少ない理由が分かる。

フルーツパーク駅という電車の駅があるのだが、駅舎が電飾で飾られている。

そこからフルーツパークまでの歩道が電飾で飾られる。

なるほどね。

本来、園内に飾れば華やぐであろうものを、そっちに使ったか?

同じ時之栖イルミネーションであるが、御殿場の方がお勧めですね。

何しろ、御殿場は噴水ショー以外は無料だし。

次にフラワーパークに行く。

なんとか8時前に入場する。

入場料は500円。

中に入ると・・・ここは100万球か?

何というか、100万球とはこんなにも寂しいものか?w

カップルや親子連れはいいかもしれないが、オヤジ一人だとやや寂しい。w

この2か所をハシゴするよりも、つま恋に行けば良かったか?

ああ・・・レリゴーの感動が忘れられない。w

 

ここで一句

    すいません!

        スマホ渡され

            他人撮る 

2015年1月 8日 (木)

掛川市 つま恋サウンドイルミネーション~音と光の三十六景

Dsc_9584


Dsc_9586


Dsc_9590


Dsc_9741


Dsc_9592


Dsc_9595


Dsc_9596


Dsc_9599


Dsc_9600


Dsc_9606


Dsc_9610


Dsc_9617


Dsc_9619


Dsc_9629


Dsc_9632


Dsc_9638


Dsc_9641


Dsc_9644


Dsc_9649


Dsc_9662


Dsc_9673


Dsc_9680


Dsc_9682


Dsc_9686


Dsc_9687


Dsc_9698


Dsc_9702


Dsc_9703


Dsc_9710


Dsc_9714

Dsc_9719

Dsc_9725


Dsc_9734


Dsc_9727


Dsc_9736


Dsc_9742

イルミネーション撮影も面白いですね。

人が多いけど、暗いからモザイクをかける必要もないし。

そこで、またもや出かけました。

向かったのはつま恋です。

観光リゾート地なのですが、日帰り温泉、室内プールなどいろいろあります。

そんなつま恋の冬のイベントとして、LEDを200万球使用したイルミネーションがあります

なばなの里、時之栖と続く第3回目になります。

到着したのは日没の午後5時前。

すでに車が押し寄せていました。

入場ゲートがあり、イルミネーションを見に来た!と言ったら、奥に行けと。

奥でチケットを買って、入場してくれと言われるが、歩くね。w

駐車場から会場まで少し歩きます。

会場はホテルの中に入り、庭に向かうような感じでしょうか?

するとそこには音楽が奏でられるイルミネーションの庭がありました。

そして、松たか子の歌が流れたとき、私も余韻に浸る感動をいただきました。

何よりも音がいい!前回、前々回よりも音がいい!

さすがつま恋。

ここも是非ともお勧めしたい。

彼女を、嫁を、父ちゃん、母ちゃんを、子供を、ジジババを連れて行ってあげなさい!

片思いの彼女を、普段感謝を言えない人を連れて行ってあげなさい!

倦怠期の夫婦も行きなさい!

3か所全部行きなさい!

オヤジ一人で行く場所で無い。

そっと、愛を囁いて、好きだと言いなさい。

つま恋に愛に恋。

 

ここで一句

     光には

        音が加わり

             感動が

2014年12月31日 (水)

御殿場市 御殿場高原 時之栖 冬のイルミネーション~寒くて震えた四十二景

Dsc_9241

Dsc_9245

Dsc_9248

Dsc_9253

Dsc_9254

Dsc_9264

Dsc_9265

Dsc_9267

Dsc_9274

Dsc_9275

Dsc_9276

Dsc_9280

Dsc_9283

Dsc_9291

Dsc_9294

Dsc_9296

Dsc_9300

Dsc_9301

Dsc_9309

Dsc_9310

Dsc_9313

Dsc_9317

Dsc_9332
1_2_8
Dsc_9339

Dsc_9382

Dsc_9383

Dsc_9342

Dsc_9346

Dsc_9348

Dsc_9366

Dsc_9369

Dsc_9371

Dsc_9372

Dsc_9374

Dsc_9380

Dsc_9385

Dsc_9386

Dsc_9389

Dsc_9390

Dsc_9391

Dsc_9401

Dsc_9414

今年最後の更新となりました。

最後は御殿場の時之栖です。

この日は日没直後に伺いました。

有料個所もありますが、基本的に無料です。

これだけのイルミネーションがタダで見られるなんて・・・

なばなの里、もうけ過ぎや!w

ところで、今年は本当に良く出かけました。

そんな意味も含め、今年の想い出10選です。

※やはり、ここは来てよかった。

良かったという表現は不適切かもしれないが、いろいろ考えさせられました。

陸前高田、南三陸 奇跡の一本松と防災対策庁舎~現実の四十七景

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/05/post-bee5.html

※今年の1月、桜前線の序章ということで行きましたが、なかなか良かった。

下田市 爪木崎水仙まつり~市内も含めた五十九景

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/01/post-22.html

※こちらは南伊豆ですが、一面の菜の花は見事!

賀茂郡 みなみの桜と菜の花まつり~石廊崎までの五十三景

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/03/post-55a6.html

※自分でも良く歩ききったと思う。w

山県市 山寺立石寺~1015段登った先に・・・五十一景

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/05/post-f2ba.html

※豪快な景色を堪能しました。

鳴門市 鳴門公園~エスカヒル鳴門、渦の道、大鳴門橋から見る三十八景

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/09/post-15.html

料理もありますよ。

※品の良い味と美味さに感動でした。

茅野市 京風しなの料理 きよみず 鱒重(月)、鮎の塩焼き

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/08/post-3af9.html

※ここはいいですよ!飲兵衛を自負するなら是非!

甲府市 どてやき下條 生ビール、レバー塩焼き、どてたまご

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/08/post-592f.html

※人生初のタレカツ丼は何としてでもまた食べたい!

新潟市 とんかつ太郎 カツ丼、わかめ汁

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/07/post-8.html

※この店のぶっ飛び船盛は・・・w

足柄下郡 丸入水産 まるいり定食

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/03/post-2.html

※オヤジさんは健在だった。サービスも。w

下田市 とんかつ一(はじめ) ひれかつ+カキフライ

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/02/post-1965.html

今年も1年、お付き合いいただき、ありがとうございました。

公開スペースも500MBほどになりました。

来年も全力で行きます!

 

ここで一句

 

    大晦日

 

       一度はしたい

 

            鐘付きを

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水