フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2018年8月14日 (火)

静岡市 入船鮨エスパルスドリームプラザ店 海鮮たっぷりまかない丼

Dsc_7352

328_5
Dsc_7350


Dsc_7353


Dsc_7354

328_6
Dsc_7355


Dsc_7356


Dsc_7359

328_7
Dsc_7361


Dsc_7364

ああ・・だめだ・・・ネタ切れだ。

カメラの不調というアクシデントに見舞われ、ネタ取集が出来なかった。

ところで、一眼があるのだから、それでいいだろう!と思うであろう。

私は大衆食堂では、極力一眼は使いたくない。

観光地の食堂などは遠慮なく一眼だが、普段はコンデジでこっそり撮りたい。

そして、いまだにスマホが無い現実。

ガラ携ではなく、スマホならコンデジ代わりになる。

私もSNSをもっと活用しないと!

Facebook、アカウントを削除しました・・・w

Facebook、大きなお世話なことが多すぎるんだよ!















河岸の市からエスパルスドリームプラザまで歩く。

・・・暑い!!!汗が噴き出てくる。

汗をかいてもかいても、汗は出てくる。

ドリームプラザに到着すると、鮨横丁へ・・・チャーハン専門店?

らーめん燕の近くにチャーハン専門店が出来たのか?

いや、以前来た時にもあったよね。

う~ん、チャーハンか・・・食べてみたいね。

しかし、海鮮が食べたいな。

横丁に来ると、あちらこちらの店で呼び込みをしている。

私が来る前日、祭りがあったようでさぞかし賑わったことでろうが、

さすがに夏休みとはいえ、平日。

お客は少ない様だ。

何処にするか迷うが、横丁の一番奥の入船寿司ですが、敷居が高そうではあるが、

賄い丼なるリーズナブルな物もある。

ここにすっぺ!(どこの方言じゃ!)

中に入ると、テーブル席に案内される。

一応メニューを見る。

そう言えば、ここ数年回転寿司ばかりだな。

別に、回転寿司が悪い訳ではない。

寿司を食うなら海鮮丼!みたいなものが私の中にあり、海鮮と言えば海鮮丼か?

私は賄い丼1274円を注文した。

注文後、店内を観察。

店構えは敷居が高そうだが、中に入るとそうでもない。

何処の誰か知らない方のサイン色紙も飾ってあり、肩ひじ張る様な様相ではない。

カウンターで、一貫一貫注文するタイプの店では無いようですね?

特にランチ時は。

やがて丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!









細かく刻まれた魚介が散りばめられ、その上に温泉玉子がのる。

こちらのワサビは、生おろしタイプ。

チューブ入りのものでしょうが、好印象。

目に見える具材は、鮪の剥き身、海老、鯖、サーモン、イカなどなど。

ワサビを醤油に溶かし、かけ過ぎない様に回しかける。

そして、玉子を崩しいただく。

御飯は酢飯であるが、かなり軽いですね。

ていうか、上品。

具材は細かく小さいが、それぞれがしっかりと素材の美味さを放つ。

う~ん、美味い!!!!!

温泉玉子があるので、全体的にまろやかで終わるのかと思いきや、さすがですね。

賄いではあるが、食べた者が勉強になる様な味わいです。

海老も小さいながらもプリっとした食感も健在。

これは美味しい!!!!

お椀は吸い物であるが、こちらは一般的な美味しさ。

丼には、〆鯖など味が濃い目の具材も入っている。

しかし、玉子のおかげで具材の味が突出する事が無く、全体的にバランスよく食べられる。

丼ぶり全体に一体感が生まれ、これはいいですね!

ご飯の量は私としては丁度いいかな?

小さめの丼ぶりで、量が少ないかな?と思いましたが、食べ応えはあります。

やがて完食。

少なくとも今回いただいた丼ぶりに関しては、技と工夫を感じました。

品のある味わいで美味しかったです。

そうなると、他のメニューも気になりますね。

財布に余裕がある時に、再訪問します。w

 

ここで一句

    人の世も

           温泉玉子で

            丸くなる?

2018年8月13日 (月)

静岡市 岸家 天然本まぐろ丼 特上

328
Dsc_7337

Dsc_7335


Dsc_7336

328_2
Dsc_7338


Dsc_7340


Dsc_7341


Dsc_7343

328_3
Dsc_7345


Dsc_7346

328_4
Dsc_7348

今月、2回目の休日。

まさかのコンデジの操作不良。

何年ぶりだ?ガラ携での撮影。

一眼レフ?当然持ち歩いていた。

しかし、ラーメン店なので車内に放置。

ネタ切れ必至の今月。

カウントダウンの音色が聞こえるこの頃。

これでいいのか?












近頃、清水区周辺の出現率が、非常に高い私である。

別に、清水周辺を盛り上げようとか、この界隈が好きだとか、特に感慨深い物は無し。

行き易い。

それだけかもしれない。

東名も富士川サービスエリアのスマートETCを利用し、それからはストレスなく、

清水港や清水駅周辺まで到着する事が出来る。

何より、清水港河岸の市に行けば、まだ訪問をした事が無い店がある。

全店制覇をする気は無いが、まだ入った事の無い店に入りましょう。

う~ん、やはり「みやもと」が気になるな。

大トロ丼が税抜き1600円?う~ん、う~ん、う~ん。。。食べたいけどパス!

マグロ館の方に行くと、すでに客で賑わっている店がある。

「岸家」か、まだ入った事はないね。

店の前にはメニュー画像が大きく貼り出されている。

天然本鮪丼か・・・これにするか。

私は店内へ。

窓側のテーブル席を案内される。

・・・暑いね。

ロケーションはいいが、直射日光が暑いですよ。

私は、店内側に座る。

メニューを見ると、いろいろあるが天然本鮪丼でいいでしょう!

「本鮪丼の特上を所望いたす候」

「本鮪丼特上で候?」

「候、候、さぶらうで候」

「ですですとクドイで候」

やがて、丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!










恐らく、この店のハイエンド的な位置づけであろうこの丼ぶり、視覚から訴える物は、

それほどインパクトは感じない。

山葵は粉ワサビですね。

価格的に粉ワサビではなく、チューブ入りでもいいので、生おろし山葵が欲しいですね。

では醤油をかけていただきます。

うん、美味しい。

赤身と中トロみたいな部分がありますが、赤身はヘモグロビンの香りが漂い、

中トロみたいな部分は、味が濃厚で美味い。

御飯は酢飯。

酢の効き方は、鮪を使用のためかやや効いているな?と思わせる。

この酢飯を食べて、むせる方はいないでしょう。

ご飯の量は多いとは思えませんね。

私としては、物足りない量です。

味噌汁はワカメですか、一般的な美味しさです。

漬物は桜漬けと、魚の佃煮でしょうか?鮪かな?

天然本鮪ですが、美味しい鮪丼であることは間違いない。

やがて完食。

税込2646円の丼ぶりではありますが、ボリューム的には物足りない。

やはり、みやもとに・・・

 

ここで一句

     天然は

        養殖よりも

             スリムかな?

2018年8月11日 (土)

小田原市 なか卯小田原鴨宮店 冷やし豚しゃぶキムチ担々うどん

9657
Dscn4471

9657_2
Dscn4474


Dscn4476

9657_3
Dscn4478


Dscn4479

山根

といえば・・アンガールズ。

田中!

といえば、爆笑問題。

アンガールズと爆笑問題がコラボ!

やまね~!たなか~!

そしてもりかけ!

不正入試!

今の時代、逃げ切れるかどうか?

マスコミ次第!w











気が付けば、そろそろお盆の時期。

忙しいですね。

忙しい事は良い事です。

しかし、ブログを書く時間まで無くなる。

困りましたね。

だが、ゴールまでもう少し! さあインドまで走り抜けて!(分かる方だけ・・・ボキャ天)



またなか卯である。

なか卯大好きの私に思われても、仕方がない位なか卯を紹介している。

何故なか卯か?

毎度の事ながら、多彩な商品ラインナップに他ならない。

しかし、注文するのは偏っている。

今回は、度々食べていた担々うどんに、エクストラバージョンが出来たので、

速攻で再訪問という事になった。

何しろ、坦々うどんの上に、キムチ、豚しゃぶがのるのである。

これはなか卯としては、相当ジャンクでは無いかと思われる。

これに刻み生ニンニクでも投入したら、なか卯二郎とも言えそうだ。w

そうだ!なか卯でニンニク臭い料理が食べたい!

その様な妄想を抱きながらも、うどん登場!記念撮影をし、いただきま~す!













まあ…この様な物でしょう。

私としてはこのうどん、過去に大盛りがあったのだが、今は無い。

なか卯に関しては、大盛り商品が少ないのだが、ボリュームを求めるのであれば、

すき家に行け!という戦略なのでしょう。

食べる前に、よ~く混ぜ混ぜする。

キムチも豚しゃぶも坦々味噌とよ~く混ぜる。

そして食う!

喰うべし!

キムチの若干のジャンクさが、今まで食べて来た物との違いを感じる。

うどんはやややわらかめ、いつものことでございます。

今回は肉味噌の味わいが、濃い目に感じます。

なか卯としては少々しょっぱいと思われます。

キムチの塩分が追加されるので、当然といえば当然でしょう。

豚肉は下味無しのものなので、味噌やキムチの味に染まります。

うどんを食べ終えると、いつもより多めの坦々味噌が残ります。

それを、小さなレンゲで掬い、口に運びます。

これにライスを投入して、食べるのもいいでしょう。

ざるうどんを追加して、混ぜてもいいかもしれません。

このうどんを楽しむのは・・・アナタ次第!!!

 

ここで一句

    腹いっぱい

        叫んでみたい

              なか卯でね

2018年8月10日 (金)

静岡市 八木春 もつカレーライス

9657_5
Dscn4470

Dscn4461


Dscn4462


Dscn4463

9657_6
Dscn4464


Dscn4466

9657_7
Dscn4468

この前、清水に来たよね。

七夕だったかな?

雨の中、来ましたね。

それなのに、また来ましたね。

特に意味はないです。

用宗の帰り道、清水の河岸の市もいいよな~と思いつつも、何故かアーケードへ。

こちらのアーケード、まめにイベントなどをやっているようなんです。

特にコスプレ!

一度、見かけたことがありますが、その時は人数が少ないから、撮影をしなかった。

いつの日か、コスプレの大群に出会える!

そんな偶然を求めて・・・飯を食いに来た!w

先日、七夕の時に気になる店があったのだが、休みなのか?それとも夜だけ営業?

う~んどうしましょうか?

すると、以前訪れた八木春が営業中。

トンテキは美味かった!だが気になったのは・・・もつカレー!

私は八木春でもつカレーを食べる事にした。

店内に入ると、先客は無し。

カウンター席に座り、メニューを眺める。

デ、デミグラポークライス!!!

前回来た時に、これありましたか?

いや~、気になりますな。

しかし、初志貫徹もつカレーライス980円を注文します。

それほど待たずにもつカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!











スライスされた玉ねぎが少しのっています。

もつカレーではありますが、バラ肉の塊がありますね。

当たり前ですが、カレーのいい匂いが漂います。

では一口、むふ~・・・美味い!!!!!

そんなに語り尽せるほど、もつカレーを食べ歩いているわけではありませんが、

この店のもつカレーは美味いな~!!!!!

もつ独特の風味とか味わいはありますが、そのクセも味の内なんですよ。

ベースのカレーですが、肉の旨みが良く出ています。

肉の旨みともつの旨みが合わさり、とても美味しいもつカレーになりました。

カレーの中からは、ウスターソースの様な風味を感じます。

これが隠し味なのかな?

カレーにソースを入れるのは、見かけたこともあるし、やったこともある。

しかし、それは味に物足りなさを感じた時ではないか?

だが、この店ではもつカレーの仕上げとして入れているのか?

懐かしさも感じながらも、欧風もつカレーの様な感じもする。

もつはもはや噛み切れない方など、存在するはずもないほどのやわらかさ。

勿論、米も美味い!

辛さに関しては、辛くない。

甘口ではないが、刺激が無い分スパイスの味わいがやや強い気がする。

もつ以外の肉は、やはりバラ肉であった。

もつプラス肉の旨味、そしてソースの風味。

美味い!!!!

その一言!

私は会計後、店主に「美味しかったです!」と告げた。

店主は満面の笑みを浮かべた。

 

ここで一句

   もつ煮より

      感動大きい

           気がしたね

2018年8月 9日 (木)

静岡市 次郎丸 本日のおすすめ丼 ご飯大盛り

328_14

Dsc_7332

9657
Dsc_7307


Dsc_7308


Dsc_7309

9657_2
Dsc_7312

9657_3
Dsc_7316


Dsc_7321

9657_4
Dsc_7322


Dsc_7323

328_15
Dsc_7324


Dsc_7325

山根元会長の嫁は28歳年下。

私に当て嵌めると・・・20代の嫁!

何かを牛耳る事が出来れば、若い女が寄ってくる!

幸せになりたければ、カネと地位と名誉。

例え私が一つ目小僧でも、カネと名誉があれば・・・猫娘以上の女性が寄ってくる。

そんな妄想を抱いた、2018年の暑い夏の日であった・・・







用宗港界隈がざわついている原因は、ここであったか!

今まで用宗港周辺に来て、一度も行かなかった所に、新しい施設が出来ている。

ミナトヨコチョウというらしいが・・・まだ完成してないじゃないか~い!

でも店が2軒か?入っているではないか~い!

そのうちの一軒は、行列が出来ているじゃないか~い!

ナルホド、これがざわざわしている原因なのか!

ならばこのざわつきの店を、確かめてみる必要がある。

私は次郎丸にお邪魔することにした。

店の入口に、順番待ちの紙があるので、そこにオヤジ一人と書く。

それにしてもこの港横丁、まだ横丁の奥はまだ制作中みたいな感じだぞ!

次郎丸の隣には何か店があるが、テイクアウトもできる様だが、ごめんなさい!

どんな店だったか全然記憶にない。

まあどちらにしても、用宗港周辺を活気づかせようという事なのでしょう!

まだ完成していない横丁で、すでに行列店がある!これは素晴らしい!

やがて名前を呼ばれて中に入る。

カウンター席とテーブル席があり、私は窓側のカウンター席に座る。

新しいお店なので、一眼レフで遠慮なく撮影しましょう。

厨房内はオヤジさんが頑張ってますね、接客はお姉ちゃんとお兄さんが担当。

お姉ちゃんが、今日のおすすめ丼の内容を説明する。

「今日のおすすめ丼はね~ シラスと鮪、カンパチだよ~♪うふ」(うふは言ってない)

上鮪丼にしようと思ったが、内容的には十分満足だな。

「おすすめ丼をください」

「ご飯の大盛り無料だよ~♪うふ」(うふは言ってないし、無料ですと言った)

私はご飯大盛りをお願いする。

それほど待たずに丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!












これで900円?税込み?とてもコスパが良いではあ~りませんか!

新鮮な生シラスが丼ぶり一面に広がり、鮪の剥き身とカンパチの刺身が数切れ、

厚焼き玉子がのり、小鉢に肉じゃが、味噌汁が付く。

漁協直営の店よりも、コスパは断然いいぞ!!!

御飯は大盛りなので、十分なボリューム感もあるし、これは素晴らしい!

生シラスを食べるなら、湘南ではなく用宗、しかもこの店!と言い切ってもいいかも???

では早速一口、う~~む、シラスは新鮮だ!こちらのシラスもピンピンとしている。

醤油は出来るだけ、控えめな方がいいかもね。

あまり、醤油をかけるとシラスの繊細な味わいが消えてしまうかも。

御飯はホカホカの御飯。

酢飯ではない。

微かに香る海の香りが食欲をそそるね。

もっとも目の前は港だが。w

鮪の部分も美味いな~。

脂ののり具合も良く、美味しいな~。

勘八は2切れかと思ったら一切れか?

厚焼き玉子も美味しい。

肉じゃがもしっかりと美味しくて、煮汁も全部飲んでしまった。w

御飯の量も満足ですね。

やがて完食。

これなら、どんぶりハウスに客が少ないのがわかるわ!

税込900円でご飯大盛り無料でこの内容!

この店で食べますよ!

食べ比べると、内容が違うとはいえ、誰が考えても漁協直営よりいいと思う。

用宗直営と言って良いかもね。(どんな直営じゃ!)

これは是非とも再訪問をしたいですね。

基本、生シラスと鮪がお勧めの様ですが、桜海老のシーズンは面白そうですね。

私もにし与で生シラス丼などを食べましたが、ここは価格的に優位ですね。

お勧めです!

 

ここで一句

    ジロウとは

       コスパ重視の

            ことなのか?

2018年8月 8日 (水)

静岡市 どんぶりハウス 用宗丼A まぐろ漬け&生しらす

328_13
Dsc_7293

Dsc_7305


Dsc_7294


Dsc_7297

9657_8
Dsc_7299


Dsc_7300

山根会長

田中理事長

これほど、ブラックな印象を持つ方はおるまい!

安倍首相は・・・もりかけ問題がかすみ、一安心???










何と、七年ぶりですよ!

静岡の用宗港にやってきました。

これで通算3回目の訪問です。

過去2回の記事を見ますと、シラスが世間の標準からすると、大きいね。

シラスというより、白魚みたいな生シラス丼であった。

別に、それが食べたくて来た訳ではないが、用宗周辺がざわざわしているという、

情報を得たので来てみた次第。

何はともあれ、7年ぶりに生シラス丼を食べてみますか?

今回は、鮪のヅケが一緒にのった丼ぶり800円を選ぶ。

プレハズ小屋の周辺には、先客がいるが、あまり賑わってはいませんね。

用宗港周辺がざわついているというので、来てみたが、静かな物です。

子連れの客が数組で、のんびりした雰囲気です。

注文後、すぐに丼ぶりは登場、記念撮影をし、いただきま~す!










生シラスとヅケの鮪がのったそれは、意外とこじんまり。

一応、用宗漁港直営のお店だが、内容と価格は妥当と思われる。

生シラスが小さくなっている!

過去2回より、間違いなくシラスが小さい。

シラスの鮮度もいいようで、シラスがぴんぴんしていますね。

鮪から行こうかな?づけを一口、あああ・・・美味い!!!!

鮪のヅケが美味いですよ!濃厚で美味い!!!

ヅケの具合もいいですね、ショッパイとは思わない。

どんぶりハウスで初めて鮪を食べるが、味は良いですよ!

シラスも軽い味わいで美味しい!

やはり、このサイズのシラスがシラスですね。w

シラスは甘味も微かに感じ、鮮度は抜群です。

味噌汁は一般的な味わい。

御飯はホカホカのご飯で、お米も美味しいと思います。

やがて完食。

ちょっとボリューム的に物足りないが、シラスも鮪も満足。

その割には客が少ないな~。

少し、漁港周辺を散策しましょう。

 

ここで一句

     シラスはね

         小さい方が

             美味いよね!

 

2018年8月 6日 (月)

伊勢原市 たちばな 豚バラ飯

3658_4
Dscn4442

Dscn4434

3658_5
Dscn4435

3658_6
Dscn4437


Dscn4438

9657_9
Dscn4439


Dscn4441

毎日暑い日が続くが、書いているのは7月である。

この先、またネタ切れを起こしそうである。

もうラストスパートのつもりで、頑張るしかないが、果たして来月は

ゲームショーまで紹介出来るのか?

かなり、ギリギリだと思いますが、こればかりは成り行き任せ。








なんかガツンと行きたい気分である。

すると、一軒の優良店を思いだした。

「たちばな」に再訪問をしてみましょう。

店の隣にある駐車場に車を止め、店内へ・・・アレ?

本日、手打ち麺終了・・・がば!ごぼ!げべ!

う~ん、この店の手打ち麺狙いできたのだが、12時半を回った時点ですでに終了。

何でもそうだが、ポールポジションを狙わないと、ダメな様ですね。

しかし、ご飯物も結構美味そうなので、それにしましょう。

私は店の中に入ると、カウンター席に座る。

テーブル席とか座敷席とかあるけど、1人はやはりカウンターですよ。

一応、手打ち麺は売り切れね?とスタッフの姉ちゃんに確認する。

ご飯物か・・・どれにしようか?

唐揚げなんちゃらかんちゃらがボリュームがありそうだね。

でも豚バラ飯850円のワンプレートにしよう!

注文後、メニューを見直して少し、後悔する。

チャーシューエッグカレー・・・これは美味そうではあ~りませんか!

う~ん、注文変更したいな~、でももう作り始めているか。

次回のお楽しみにしましょう。

やがて豚バラ飯登場、記念撮影をし、いただきま~す!










割とインスタ映えするビジュアルね。

ボリュームはあるけど、盛り付けなどがお洒落で、これを選んだ俺に人生最後の

モテキ到来か?と思わせる物がある。

スプーンとフォークで食べる様ね。

では一口、割と抑え目というか味付けは薄いかもしれない。

これは、女性の客は一人もいなかったが、女性でも受け入れられる味かもしれない。

ラー油なども入っているのかな?

生姜焼きの味わいではないですね、素材の味を損なわず、軽めの味付けながら

肉を食べる満足感を感じる。

御飯もツヤツヤで美味いね!提供方法がお洒落なので、味もお洒落です。

こんなお洒落な豚バラ飯を食べている私に・・・モテキ到来!(今回2度目の登場)

味噌汁も付き、ボリュームもあるし、満足満足。

やがて完食。

肉も野菜も沢山食べられて、味付けも抑えめなので、ヘルシー感はあります。

次回は早めに来て、麺を食べたい気がしますが、ご飯物も十分魅力的です。

 

ここで一句

    お皿には

       御飯と肉が

            たっぷりね

2018年8月 5日 (日)

秦野市 なか卯 秦野今泉台店 特うな重

3658
Dscn4424

Dscn4425


Dscn4426


Dscn4428

3658_2
Dscn4429


Dscn4431

ひさびさにぶっ飛んだ!

https://www.youtube.com/watch?v=v9GPQP5Treg

コーラス?マジですごい!

https://www.youtube.com/watch?v=rSBZy4roQHw

知らない人生を送ってきた!










夏に何故、鰻を食べないといけないのでせうか?

鰻が少ない、保護しなさい!と言われているのに、何故?

ぼくは夏休みの研究課題として、鰻の生態を追う事にした。

その為には、まず鰻とは何かを目と口とで知ることから始めよう。

ぼくは、なか卯に行ってみた。




坦々麺のアレンジバージョンがある。

それの方が美味そうだな。

でも、ぼくはうな重を選んだ。

特うな重1250円。

名の知れた専門店で食べれば、4000円前後が相場の世界で、1250円。

ぼくはまず、この価格に注目をした。

何故安いのだろう?

もしかして、なんちゃって鰻?

提供されたうな重は、何かが足りないな。

肝吸いが無い。

肝吸いが無いから安いのか?

それにしても、うな重だけだとこんなにも殺風景な景色になるのか?

やはり、漬物とお椀が欲しいが、漬物なら紅生姜が卓上にある。

鰻と紅生姜、すき家で実体験済みだと思ったな。

まあいい、では一口・・・ゼンショーグループは鰻に人生をかけているな。w

すき家の鰻もなかなか良いと思ったが、なか卯もなかなかいい!

タレの味わいも、すき家と一線を画すものだ。

まず鰻そのものに、臭みなどは殆ど感じない。

やわらかく、ふんわりと仕上げられたそれは、専門店には勿論、負けるが、

専門店でも不出来な専門店よりは、これでいいのではないか?

そう思わせる物がある。

タレの味も品良く仕上がっている。

俗に言う「甘ジョッパイ!」というよりも、甘さもショッパサも抑えめに。

京風うどんを提供する店なので、うな重もその方向性でしょうか?

個人的にタレがべったりの鰻と比べると、好印象の味わいです。

錦糸玉子がありますが、味に特に特徴は無し。

食べていると、お茶ではなくお椀が欲しいね。

小うどんのセットなどがあるが、お吸い物が欲しいです。

紅生姜は、鰻に合いますね!w

これが標準装備でもいいのでは?

やがて完食。

コスパ的にも味に於いても、なかなかいいうな重だと思います。

今年はこれだけでいいか?

そう思わせる味だと思います。

ゼンショーグループでは、鰻を食べましょう!w

 

ここで一句

   人類も

       絶滅危惧に

            なるなよな!

2018年8月 3日 (金)

四日市市 来来憲本店 大とんてき定食

625_18
Dscn4383

Dscn4411


Dscn4384


Dscn4385


Dscn4386

625_19
Dscn4387


Dscn4389


Dscn4393


Dscn4395


Dscn4396


Dscn4397

625
Dscn4401


Dscn4402

625_21
Dscn4405


Dscn4406


Dscn4407

625_22
Dscn4408


Dscn4409

625_2
Dscn4410

ブログを見てくれたらポイントサービス。

そんなサービスがあればいいな、と思う今日この頃。

今回の旅行で、ポンタポイントを4500も使った。

何故にそれほどたまるか?クレジットカードのポイントがポンタに変更が出来る。

ガソリンを入れる時、ポンタが使える店を探す。

コンビニはローソン。

それくらいで結構溜まる。

しかし、それに気づくまでに失ったポイントはそれ以上だが。

さて今回、フェリーで鳥羽まで来たが、帰路はフェリーを使わない。

松阪牛を・・・と思ったが・・・前島食堂再訪問もいいが・・・トンテキだ!

四日市名物のトンテキの本命中の本命に行こう!

そして行った。






よし着いた!(この部分いらん)

開店10分前に着いた。

開店まで車で寝るか・・・出来るか!!!

開店5分までだが、店に行ってみる。

すでに先客が5名ほど。

おまえら、フライングゲットだな!

店内はテーブル席や座敷席がメインになるが、5席ほどカウンター席がある。

私はカウンター席に座り、メニューを眺める。

当然の事ながら、トンテキを注文するのであるが、麺類や定食も充実の様子。

大トンテキ定食を注文するのだが、肉の重量250g?それで大トンテキ?

思ったよりもインパクトが無いな。

何しろ、それ以上の店を経験している。

トンカツでも300gで食べている。

御飯、漬物、豚汁がお替り自由だというが、さてどうでしょうか?

1725円という価格も、微妙だな。

焼くのに時間がかかるので、大人しく待つ。

それでも15分くらいで焼き上がり、定食登場!記念撮影をし、いただきま~す!












これが四日市の大本命のトンテキか!若干ご飯が軽めだが、お替り自由なので・・・

まずは肉からですね。

注文時、肉はグローブタイプかこま切れタイプか聞かれたが、インスタ映えを考え、

グローブを選ぶ。

しかし、これだと食べにくいね。

肉にかぶりつくような感じかな?見た目は上品ではないね。

モグモグ・・・ウスターソースベースの味付けで肉はやわらかく、美味い。

ニンニクが3片程入っている。

十分加熱をしてあるので、臭いは気にする必要はないだろう。

それでも3片を口に入れる勇気はない。

明日は仕事なので・・w

豚汁を口に含むと、結構味噌が濃い味噌汁だと思う。

お替り自由な味噌汁であるが、この味噌濃度だと、お替りをする気にはならない。

千切りキャベツにタレを浸み込ませ、飯の上で高速ドリブル。

思うのだが、世の中にはマヨラーがいる。

私はマヨラーを否定する。

何でもかんでもマヨネーズ?お前らの味覚、おかしいよ!

だが今の私は、何故に卓上に無料マヨネーズが無いのかと!

ウスターソースの料理によく合うのは、マヨネーズ!

アンチマヨラーの私でも、キャベツの上にマヨネーズが欲しいと思う。

勿論、個人差があるのは重々承知!

隣の客は卓上の七味らしきものをふりかけていた。

もしかしたらコショウかもしれない。

私は、このトンテキはカスタムアイテムが必要だと思った。

美味い!勿論美味い!

しかし、富士見平のテキニンニクを知った私には、物足りないトンテキなのだ。

トンテキの邪道を先に味わった私には、この優等生は物足りなく感じるのだ!

豚汁に関しても、この店はショッパイと思い、具が少ないと思う。

お替り前提であるとしても、最初から具沢山の豚汁を知ると、これは違うと思う。

風味付けのニンニクも、サラリーマンとしては来来憲の方が支持できる!

しかし、誠の満足感ではニンニクまみれの富士見平を選ぶ。

店の雰囲気は圧倒的に来来憲。

床に猫がいる富士見平は、本当にこれでいいのと思う。

いろいろ考えれば、来来憲であろう!

だが、私は富士見平の魔性のトンテキを支持する。

どちらを選ぶかアナタ次第だが、富士見平を選んだら100ポイント進呈!

だから・・・・なんのポイントだ!w

 

ここで一句

    トンテキの

       味の決め手は

             ニンニクか?

2018年8月 2日 (木)

伊勢市 花々亭 ガーリックシュリンプ、旨かアジタタキ、生ビール、ハイボール

625_14
Dscn4376_598

Dscn4359_589


Dscn4360_590


Dscn4362_592


Dscn4364_593

625_15
Dscn4367_594

625_16
Dscn4372_596


Dscn4373_597


Dscn4361_591

625_17

Dscn4378_599

アドベンチャーワールドから伊勢のホテルに戻って来た。

約5時間コースか?紀伊半島恐るべし!

それと体はへとへとに疲れ切っていた。

今回の旅は、1日に流す量の汗がハンパない!

食べても痩せる!初日などは20代の頃の体重迄落ちた。(すぐに戻ったが)

2日目も前夜に〆で、海老フライサンドとかき氷を食べても痩せていた。

痩せたければ汗をかく!サウナではなく、日常の中で汗をかく!(無理は厳禁)

ホテルに戻り、風呂に入るとホテル内の居酒屋に行く。

皆さんご存じだと思うが、私はルートインホテルをよく利用する。

ポンタポイントが使えるのと、朝飯は勿論だが、夜の酒もカバーできる。

それゆえに利用率が高い。

しかし居酒屋部門だが、必ずしもどこのルートインに有る訳ではない。

今回宿泊した伊勢のホテルにはあったので、時間的に厳しいのでホテルで飲むことに。

勝手知ったるルートイン、適当に座り注文をする。

軽く済ますつもりだったので、ガーリックシュリンプ、旨かアジタタキを注文し、

生ビールを最初の1杯に。

お通しと共に生ビール登場、記念撮影をし、かんぱ~い!









人間とは、特に酒好きは、昼間に己の体を酷使すればするほど、生ビールの美味さが

分かるという、特技がある。(個人的妄想)

生ビールをグビっとやると、思わず両手がシンゴジラの様な配置になる。

このままシャー!と叫びたい気持ちである。

ガーリックシュリンプは味が濃い目の海老の素揚げか?

それほどニンニクを感じないのだが。

次にブラックハイボールを注文する。

すると、来たのは黒いハイボール。

ブラックニッカのハイボールかと思ったら、コーラのハイボールか?

コークハイを飲まない私に、コーラハイボール???

ありえな~い!

まぼろし~!

背負い投げ~!

ひとくち・・・うげ!甘い!人生初、甘いハイボール。

これを一気飲みして、ハイボールを注文。

おお、これよこれ!

次にアジのたたきが来る。

お~い!醤油が無いぞ~!

醤油はどこじゃ~~~!!!

醤油持ってこ~い!

すると、タタキの下に醤油ダレらしきものがある。

つくづく老眼だな。w

ブラックハイボールも、コーラで割ったものと書いてあるし、醤油タレを見落とすし。

はあああ~~~昔は両目2・0だったのに・・・(マジ卍)

アジのたたきはそこそこ美味い。

アジの良し悪しと言うより、タレの勝ちだと思う。

そしてフィニッシュ。

2540円だったかな?

なんか飲み足りないから、コンビニ行き、ツマミを買う。

がんもと厚揚げ。

なんでこの様な総菜が、神奈川西部や静岡東部に売っていないのだ?

栃木に泊まった時、厚揚げがあったよな。

私の味覚って、関西系なのかしら?

お揚げとか豆腐の親類縁者系好きよね。

さあ、明日は帰ることになる。

 

ここで一句

   コークハイ

       これが好きなの

             矢沢ファン?

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん | そば | やきそば | イベント | イベントコンパニオン | イルミネーション | カップ麺、袋麺 | カレー | グルメ・クッキング | コンビニ | ジャンク・フード | スイーツ | トンカツ | パスタ | パン、サンドイッチ、ハンバーガー、ピザ | ラーメン | 三重県 グルメ | 三重県 ラーメン | 三重県 居酒屋 | 三重県 旅行 観光 | 兵庫県 グルメ | 北海道 グルメ | 北海道 ラーメン | 北海道 カレー | 北海道 居酒屋 | 北海道 旅行 観光 | 北海道 海鮮 | 北海道 肉類 | 千葉県 グルメ | 千葉県 ピッツァ | 千葉県 ラーメン | 千葉県 居酒屋 | 千葉県 旅行 観光 | 千葉県 海鮮 | 合体シリーズ | 和歌山県 グルメ | 和歌山県 旅行 観光 | 埼玉県 グルメ | 埼玉県 ラーメン | 埼玉県 居酒屋 | 埼玉県 旅行 観光 | 大阪府 グルメ | 大阪府 居酒屋 | 大阪府 旅行 観光 | 天ぷら | 奈良県 旅行 観光 | 宮城県 グルメ | 宮城県 ラーメン | 宮城県 旅行、観光 | 山口県 グルメ | 山口県 旅行、観光 | 山形県 グルメ | 山形県 旅行 観光 | 山梨県 うどん | 山梨県 とんかつ | 山梨県 グルメ | 山梨県 ラーメン | 山梨県 居酒屋 | 山梨県 旅行 観光 | 岐阜県 グルメ | 岐阜県 ラーメン | 岐阜県 旅行 観光 | 岡山県 そば | 岡山県 グルメ | 岡山県 ラーメン | 岩手県 グルメ | 岩手県 旅行、観光 | 島根県 グルメ | 島根県 ラーメン | 島根県 旅行、観光 | 広島県 グルメ | 広島県 旅行、観光 | 弁当、テイクアウト | 徳島県 グルメ | 徳島県 旅行、観光 | 愛知県 グルメ | 愛知県 旅行 観光 | 新潟県 とんかつ | 新潟県 グルメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝シリーズ | 東京オートサロン | 東京ゲームショウ | 東京モーターサイクルショー | 東京モーターショー | 東京都 グルメ | 東京都 ラーメン | 東京都 旅行 観光 | 東京都 演劇 | 栃木県 グルメ | 栃木県 ラーメン | 栃木県 居酒屋 | 栃木県 旅行 観光 | 栃木県 餃子 | 桜前線シリーズ | 汐見吏沙 | 海鮮グルメ | 滋賀県 グルメ | 神奈川県 とんかつ | 神奈川県 カレー | 神奈川県 グルメ | 神奈川県 ラーメン | 神奈川県 定食 | 神奈川県 居酒屋 | 神奈川県 旅行 観光 | 神奈川県 海鮮 | 福岡県 グルメ | 福岡県 旅行、観光 | 福島県 グルメ | 福島県 ラーメン | 福島県 居酒屋 | 福島県 旅行 観光 | 秋吉契里  | 秋田県 グルメ | 秋田県 ラーメン | 秋田県 居酒屋 | 秋田県 旅行、観光 | 群馬県 グルメ | 群馬県 ラーメン | 群馬県 旅行、観光 | 肉類グルメ | 茨城県 グルメ | 茨城県 旅行、観光 | 茨城県 海鮮 | 酒、アルコール | 長野県 グルメ | 長野県 ラーメン | 長野県 居酒屋 | 長野県 旅行 観光 | 静岡オートスタイル | 静岡県 とんかつ | 静岡県 グルメ | 静岡県 ラーメン | 静岡県 居酒屋 | 静岡県 旅行 観光 | 静岡県 海鮮 | 静岡県 餃子 | 餃子 | 香川県 グルメ | 香川県 ラーメン | 香川県 旅行、観光 | 鳥取県 グルメ | 鳥取県 旅行 観光 | CEATEC | ZARD 坂井泉水